664248 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

日々是曇天

PR

X

Calendar

Category

Recent Posts

Archives

Dec , 2021
Nov , 2021
Oct , 2021
Sep , 2021
Aug , 2021
Jul , 2021
Jun , 2021
May , 2021
Apr , 2021
Mar , 2021

Keyword Search

▼キーワード検索

Nov 14, 2008
XML
The History chでやっている全13回のシリーズ。
毎回様々な未確認生物にスポットをあて、科学とテクノロジーによって謎を紐解いていく。

未確認モンスターを追え! 2.サスクワッチの襲撃
MONSTERQUEST

<内容>
カナダ・オンタリオ州にある広大な森は、人がほとんど住んでいない未開の土地だという。この地にいると噂される巨大な類人猿サスクワッチを調査する取材班が体験したことは…。


カナダのビッグフットですな。

それにしても、水上機でしか行けない場所ってのがすごいな。
見渡す限り森と湖だけの土地。
一番近い町から300kmも離れており、道路もなく、シーズン中に釣り人が50人くれば多い方だという。
こりゃ確かに、何かいてもおかしくない雰囲気…。

古くは19世紀、この地を訪れた探険家による巨大な足跡の目撃。
石の採取に訪れた人が、毛むくじゃらの生き物に攫われた話。
最近の話では、釣り人たちが石を投げられたり、ロッジを揺すられるなど。
訪れる人が少ないにも関わらず、妙な体験をしている人は意外と多いようで。

釣り人用のロッジが湖畔にあるのだけど、まぁ、こんな場所だからシーズン中も管理者が常駐しているわけではないと。
そのロッジが、誰もいない時に何者かに襲撃されたことがあったという。

管理者が仕掛けた罠に残っていた血液と毛を採取し、研究所にDNA鑑定を依頼。
人間に似てるが、明らかに人間のものではないという結果が出たそうな。
けれどサンプル自体が劣化などしてるので、更に詳しい調査はもっと時間がいるとのこと。

ロッジに来た釣り人たちが書く記録ノートにも、妙な体験をした話が載っておりましたな。

さて取材班。
4日に渡ってロッジに滞在し、森の中に暗視カメラやサーマルカメラを仕掛けていたけど、映像による収穫はありませんで。

しかし最終日。
スタッフや科学者たち全員がロッジに集まっていた時、森から音が聞こえたり、ロッジに石が飛んできたそうな。
その時の緊迫した雰囲気の映像はあったね。

それでも、「これはっ!」というような劇的な展開や調査結果はなく、やはり○○スペシャルの探検隊っぽく終わってしもた。
うう…orz
このシリーズ、この先もこんな調子なんだろーか?

「いるかもしれないし、いないかもしれない」
ってスタンスはいいんだけど、わざわざ調査班を向かわせて毎度空振りってのはなぁ。
期待してしまうだけに見てて虚しい…。







Last updated  Nov 14, 2008 05:17:31 PM
[TV番組(ミステリー、謎、怪奇)] カテゴリの最新記事


Headline News


© Rakuten Group, Inc.