000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

どららとジャイ子の ほっこり猫生

PR

プロフィール


dorara923

カレンダー

バックナンバー

2019/10
2019/09
2019/08
2019/07
2019/06

カテゴリ

サイド自由欄

中之島バナー
中之島公園の猫たち《里親募集中》


************************


大阪26匹猫レスキュー

3854cd27c8b25df1bc5d1a3c063b877b8d2d5026_54_2_9_2.gif

ブログが出来ました
経緯など詳しいことはこちらをご覧になってください
おおさか26匹猫レスキュー



***********************


助成金リストバナー



************************



東北地震犬猫レスキュー.com




************************


110308_093805_20110324015518.jpg


************************


クリックで救える命がある。


************************





本間アニマルメディカルサプライ

療法食が安い!
獣医師が厳選したペット用品のお店




本場のベーグルが美味しいお店



GIFアニメ工房~アニメーションGIFバナーも簡単作成♪

キーワードサーチ

▼キーワード検索

全10件 (10件中 1-10件目)

1

心が痛む事

2017/10/04
XML
カテゴリ:心が痛む事
2か月ぶりの更新がこんな怒りに満ちたものになるとは思いもしませんでした
でもこの猫虐待鬼畜男の所業を絶対に許してはならないと思い書くことにしました

埼玉で起きた13匹の猫を虐待殺傷し逮捕された鬼畜男大矢誠
そのあまりの残虐さ、残酷さに怒りがこみ上げました

猫虐待殺傷の一部始終を動画撮影 男の正体、表面は真面目な税理士
※閲覧注意

とても人間がやることとは思えません
鬼畜以下です!


こちらのアニメ動画はある方が猫目線に立って作ってくださった動画です
酷いなんてもんじゃありません
あまりの残酷さと猫の苦しみや恐怖を思うと涙が溢れてとまりませんでした
でも目をそむけずに見てください

【あの猫たちを忘れない】



この鬼畜野郎大矢誠容疑者に懲役刑を求める会」の署名活動があります
15万人の賛同を求めています
ぜひ皆様にもリンク先の記事を読んでいただき
賛同の署名をお願いしたいと思います
(名前とメールアドレスだけで署名できます)

猫に熱湯をかけバーナーなどで虐待死させた大矢誠容疑者を実刑判決に!

執行猶予なんてつけずに実刑に処して欲しい
でも懲役刑になったとしても最高でたったの2年・・・
なんて軽いんだろ
20年でも軽いくらいだわ(怒)


ポチポチッとしていただけるとうれしいです

人気ブログランキング

にほんブログ村
お手数おかけします

もしも本当にデスノートがあるのなら
真っ先にこの鬼畜野郎の名前を書いて
猫にやったこと以上の苦しみや恐怖を与え
地獄へ落としてやりたい






最終更新日  2017/10/04 12:20:30 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/06/04
カテゴリ:心が痛む事
今日の11時過ぎ頃
ダンナが仔猫を連れて帰ってきた

車に轢かれたようで凄く苦しそうにしてるキジ白の仔猫

突然瀕死の仔猫を預けられてプチパニックになってしまったが
とりあえずタオルにくるんで段ボールに寝かせた

どうしようかと焦ったがとにかく病院へ連れて行かなきゃと思った
だけど運悪くかかり付けの病院は今日は休診日

パソコンで近くに病院がないかと検索して
ちょっと家から遠いけど電話して診てもらうことにした

途中で道が分からなくなり、仔猫の状態が気になって焦る
そこへ偶然おまわりさんがいたので聞いてみて教えられた方向へ行ったが
ちょっと分かりづらい場所でまた少し時間をロスしてしまいまた焦る

気ばかり焦りながらもやっと病院へ着いた

急いで診てもらうが、どんな状況で事故にあったのか分からず
外傷はないものの内部がどんな状態なのかを確かめるためにレントゲンを撮ってもらった

その結果、片方の膝の骨折と肺からの出血があるとのこと
頭も強く打っており、ほとんど即死に近い状態で心拍数も段々落ちてきて
すごく危険な状態と言われた

とにかく心臓マッサージをして様子を見るので待合室で待つことに

それから10分くらいたったころに呼ばれて見に行くと
もう心臓が止まりかけの状態までになってしまってて涙が溢れてきてしまった


結局何の治療することも出来ずにその仔猫は息を引き取ってしまった



家に連れて帰り、バスタオルを敷いた段ボールに寝かせてお線香を焚き手を合わせた

病院で聞いた火葬場に電話をして荼毘に付すことになった


名前もないままで逝かせるのは忍びないので
男の子だから「つばさ」と付けてあげた
約2ヵ月のキジ白のとっても可愛いコ
顔をよく見たら眉毛があった


 IMG_6779.jpg


きっと今まで美味しいものなんて食べたことないんだろうなと思って
ゴハンとおやつ、それからまたたびの木とネズミのおもちゃを持たせて
送ってあげることに・・・



つばさ
助けてあげられなくてゴメンね・・・



ダンナに聞いたところ
道の真ん中で倒れてたそう

猫を轢いてそのまま放置した運転手!
どこの誰かは知らないけど絶対許さないから!









最終更新日  2014/06/04 03:51:23 PM
コメント(6) | コメントを書く
2011/04/21
カテゴリ:心が痛む事
「原発20キロ以内を「警戒区域」へ 法的に立ち入り制限」

http://www.asahi.com/special/10005/TKY201104190620.html




「犬猫救済の輪」様より転載


緊急のお願い(原発立ち入り禁止区域のペット救済)
環境大臣にお願いしています。ご協力ください。


追加です。
こちらにも再度あなたの声をお届けください。!


時間がなく、横浜アニマルファミリー様のご協力で、以下、環境大臣あて
「東北関東大震災・立ち入り禁止区域の動物救済のお願い」を作成していただきました。
横浜アニマルファミリー様HPより発信しています。

現地は地獄図です。
横浜アニマルファミリーではこの度、松本龍環境大臣に、被災地特に立ち入り禁止区域に取り残されている犬猫の救出をお願いするメールを出しています。
本日、横浜アニマルファミリーは福島に向けて出発しますが、すでに現地入りしている
他団体からの情報では、屋内に取り残されている猫達は『共食い』『餓死』している。
犬はよろよろと歩いているといったまさに地獄図とのことです。
民間の団体や個人ではどうにも追いつかない状況です。
国に一刻も早く手を差し伸べていただきたいと思います。
横浜アニマルファミリーが環境大臣宛てに送信した文面は次の通りです。
どうか、皆様も環境大臣にお願いしていただけませんでしょうか。


次の文章にご賛同いただけましたら、コピーなどしてご自由におつかいください。



環境大臣  松本龍様、

東北関東大震災・立ち入り禁止区域の動物救済のお願い


非常時のご公務に感謝申し上げます。

現地で取り残されたり徘徊している犬猫等の動物救済を急いでいただきますようお願い
申し上げます。
この区域では避難の際に取り残された犬猫等が餓死したり共食いしたりして目を覆う
惨状です。非常時とはいえあまりにも悲惨な状況です。
迎えに行けない飼い主も、救助に入っている団体、有志国民そして海外のメディアも
苦悩しております。特に飼い主の壮絶な苦しみをお察しくださり、早急に以下の措置を
特段のお取り計らいをもってお願い申し上げます。

1)飼い主自身が迎えや捜索に行けるようにして下さい。
マイクロバス等の手配をするなどの措置をお願いします。
自分で行けない飼い主は愛護団体等に救助を依頼できるよう橋渡しをお願いします。

2)飼い主や愛護団体等が救出したペットを一時保護できる場所を用意してください。
その場所で獣医師による応急治療もお願いいたします。

まだ生きている命がこれ以上苦しまないよう、被災した飼い主はじめ多くの国民の
悲痛な思いをお察しいただき、早急にご検討、お手配のほどお願いいたします。


メールの宛先(環境省、MOEメール)はこちらです。
https://www.env.go.jp/moemail/



犬猫救済の輪

http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-date-20110415.html

※リンク先には悲惨な状況の写真も掲載されていますので、見たくない方は
ご注意ください


時間がありません
どうかご協力よろしくお願いします!







最終更新日  2011/04/21 07:38:48 PM
コメント(3) | コメントを書く
2011/03/16
カテゴリ:心が痛む事
現在群馬県内のある保健所に収容されているミックス犬(女の子)の

預かり先または里親になってくださる方を緊急で募集しています!



詳しくはこちらで下向き矢印

群馬わんにゃんネットワーク
http://blogs.yahoo.co.jp/g_wannet/11560974.html


大震災で大変だとは思いますが、このコの命を助けてあげてください!
どうかよろしくお願いします!






最終更新日  2011/03/16 06:10:58 PM
コメント(14) | コメントを書く
2010/02/08
カテゴリ:心が痛む事
  今日2月8日は

  我が家の長男 とらちゃん(とらえもん)が虹の橋を渡った日です

  今年は7回忌になります



    tora2.jpg



  とらちゃんは駐車場でうずくまっていたところを保護したコ


  両目が目やにでふさがっていました

  生後約1ヶ月半

  
 
  FIP(ネコ伝染性腹膜炎)を発症していて

  あと数ヶ月の命とのことでした




    tora17.jpg


    


    tora21.jpg




   まだ元気だったころのとらちゃん

    カーテンでじゃれるとらちゃん



  6年前の今日

  とらちゃんは私の不注意で4階のベランダから転落し

  病院に行く途中に息を引き取りました


  まだ6ヶ月という短い猫生


  あんな風に逝かせたくなかった

  助けてあげられなかったこと

  どんなに悔やんでも悔やみきれません



  もっと可愛がってあげればよかった

  もっともっと優しくしてあげればよかった

  病気治してあげられなくてごめんね

  幸せにしてあげられなくてごめんね






            
とらちゃんのためにポチッとお願いします
           人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ MIX白黒猫へ
                     ありがとう手書きハート






最終更新日  2010/02/08 03:33:05 PM
コメント(14) | コメントを書く
2010/01/08
カテゴリ:心が痛む事

  最近飼い主によるペットの飼育放棄、遺棄、虐待によって
  命を落とす猫や犬が増えています
  これらの問題を扱った番組が明日放送されますので
  是非ご覧になってください
 




  1月9日(土) NHK総合TV 午後10:15~10:58

   「追跡! A to Z 
   なぜくり返される ペットの悲劇」
            
  
               番組HPはこちら



  予告編を観ただけで涙が出そうになりました


  動物を「モノ」扱いする日本の現状を知ってください



  

        モノ扱いしないで~


        
                ポチッと応援お願いします
       足跡 人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ MIX白黒猫へ足跡
                  ありがと~手書きハート






最終更新日  2010/01/08 04:27:17 PM
コメント(8) | コメントを書く
2009/03/29
カテゴリ:心が痛む事

女子フリーの結果

真央ちゃんはジャンプの転倒が響き

4位という結果になってしまいました

シニアになってから

表彰台に上がれなかったのは初めてのこと

真央ちゃんがどんなに悔しい思いをしているかと思うと

心が張り裂けそうです



キム・ヨナが207点を超える高得点で優勝!!
(ショートの高得点と言い、出来レースとしか思えない)



この結果を知ったとき

あまりにも信じられない気持ちと悔しさで一杯になり

涙がこみ上げてきて止まりませんでした


いったいどうしちゃったの?真央ちゃん

真央ちゃんの沈んだ顔や悔し涙は見たくないよ


また韓国のマスコミにバッシングされるのかと思うと
(明日のワイドショーも)

腹が立つし、悔しくて悔しくて・・・

ホントにホントに勝って欲しかった




なぜ神はかくも真央ちゃんに試練を与えるのか・・・

なぜアスリート失格者が勝利するのか・・・
(高笑いが聞こえてきそうだ)




競技を観る気にもなれないよ

安藤選手の3位は嬉しいし、おめでとうって思うけど・・・



泣きすぎて目が痛いです

当分立ち直れそうもありません







最終更新日  2009/03/29 02:06:55 PM
コメント(10) | コメントを書く
2009/02/08
カテゴリ:心が痛む事

5年前の2月8日も今年と同じ日曜日

良く晴れて風が冷たい日でした

あんな悲しいことが起きるなんて

予想もしていなかった穏やかな休日




最愛の猫を亡くしてから1ヶ月経った9月のある日

やっと悲しみから立ち直ってきた頃

家の近くの駐車場で1匹の子猫と出会いました

その子猫の顔を見ると両目が完全に塞がっていました

一瞬誰かにいたずらされて

接着剤をつけられたのかと思いましたが

よく見ると目やにで塞がっているようでした



動物病院に連れて行って診てもらい

両目を洗浄してもらうと目が見えるように・・・

栄養剤の注射とノミ取りをしてもらい家に帰りました

暖めてあげるように言われたので

暖房を入れ部屋を暖め

タオルを敷いたダンボールに子猫を寝かせました


少しして子猫の様子を見ると何だか息が荒い

心配なのでもう一度診てもらう事に・・・

熱を測ると40度以上の高熱!

大事を取ってそのまま入院しました


お見舞いに行くと小さな声で鳴いて

スリスリしてきます


3日入院して熱も下がり食欲も出てきて

退院出来るまでに回復しました


ところが病院に迎えに行くと・・・


シャーシャー・フーフー言って威嚇しまくりの子猫

弱っているときは甘えてスリスリ

なのに元気になったらシャーシャー(~_~;)


家に帰ってバッグから出すと・・・

サササーと隠れてしまい、顔を見るとまたシャー

TVの後ろに隠れて出てきません

仕方ないのでTVの後ろにタオルとシートを敷き

ペットボトルの湯たんぽを置いて子猫の寝床にしました

出てくるのはご飯の時とトイレタイム

たまに恐る恐る出てきても顔を見るとシャー


そんな子猫に「とらえもん」という名前を夫がつけました

(愛称は”とらちゃん”)

何日かすると徐々に慣れてきてシャーはしなくなりました


保護10日目くらいのとらちゃん
シャーシャーしなくなったとらちゃん



酔っ払いオヤジのようなとらちゃん
猫ハウスでお腹丸出しで眠る”オヤジ”とらちゃん



しっぽを掴んでおねんね
なぜかしっぽを掴んで眠るとらちゃん





一見元気に見えるとらちゃんでしたが

ずっと熱が続いていて貧血もありました


病院で「猫伝染性腹膜炎」かも知れないと言われ

紹介状を書いてもらった東京大学

動物医療センターで詳しく検査をすることになりました

(そこは動物病院の権威です)




お鼻のまわりの模様がキュートなとらちゃん
お鼻の模様がチャームポイントのとらちゃん



検査の結果は・・・

予想してた通り『猫伝染性腹膜炎』でした

もうすでに発症していて、そのせいの高熱と貧血でした


あと数ヶ月の命です」

こう宣告されたときは、覚悟してたとは言え

やはりショックでした


とらちゃんはお腹にシコリが出来るドライタイプの腹膜炎です

腹水が溜まるタイプではないのが救いでした

お腹に針を刺して腹水を抜くなんて

辛い治療をしなくて済むからです



熱があるとは言え比較的元気でとても病気には見えません

ちょっとだけおもちゃで遊んだりもします


あと数ヶ月の命なんてウソだよね

そう思ってました



お腹が膨らんでる
お腹が膨らんでるのはシコリのせい?




でも・・・


年が明けると徐々に食欲も落ち

体重も減っていき足元もふらついていきました


そしてあの悪夢のような出来事が・・・


夫が毛布にくるまっているとらちゃんを

毛布ごとリビング側のベランダに出して日向ぼっこを

させていたときのことです


少ししてベランダを覗いてみると

とらちゃんがいません!


当時の家のベランダはL字型になっていて

リビング側と和室側にベランダがありました

そっちの方に行ったのかと思い

和室側に回ってベランダを見ると

とらちゃんがフェンスをくぐりベランダの淵に!


慌てて窓を開錠し走り寄りましたが間に合わず

とらちゃんは4階のベランダから下へ落ちてしまいました


急いで下に行くと

とらちゃんは口から血を流し息も絶え絶えな状態でした

足で着地出来ずに身体が横になったまま落ちてしまったんです


すぐ病院に連れて行きましたが

病院に行く途中でとらちゃんは息を引き取りました


病院で心臓マッサージをしてもらいましたが

とらちゃんはもう息を吹き返しませんでした



どうしてベランダに出したんだろう

どうして目を離したんだろう

和室の方に回らずリビング側から外に出てれば

落ちずに済んだかもしれない・・・


どんなに悔やんでも悔やんでも悔やみきれない思いで一杯で

自分を責めました


ごめんね とらちゃん

こんなふうにとらちゃんを死なせてしまって・・・


ウチに来て4ヶ月半

たった半年で生涯を終えてしまったとらちゃん

ごめんね・・・



もう今年で5年になるんだね

早いねそんなになるんだね

とらちゃん

毎日天国で美味しいもの一杯食べて

元気に遊んでるかな・・・



お線香を焚き、手を合わせ

とらちゃんに話しかけました



今でもこの時の事を思い出すたび

涙があふれます

これからもずっとそうかも知れません



だって・・・



とらちゃんの命を奪ったのは

この私だから・・・







最終更新日  2009/02/08 05:00:08 PM
コメント(8) | コメントを書く
2008/07/21
カテゴリ:心が痛む事

4年前の今日  

2004年7月21日


1匹の子猫が天国へと旅立ちました




その2週間前のある日

駐車場の車の下で鳴いていた子猫

子猫は目が目ヤニで完全にふさがっていました


急いで子猫を病院に連れて行き、目を洗浄してもらうと

キレイなお目々が現れ、視力に問題はないと言われて

ホッとしました


子猫は生後約1ヶ月で体重600gの小さなおんなのコ


ノミの駆除をしてもらい缶詰をいただいて

家に連れ帰りました



夫に「どら美」と名づけられた子猫は

缶詰をあげるとガツガツ食べていました

もういらないの?ってスプーンですくって

口元に持っていくとまた少し食べます


その甘えたようなしぐさがすごく可愛くて可愛くて・・・



お行儀よく






でもある時異変に気づきました


ゴハンをあまり食べません


横になって寝ていてもすぐ起きてしまい

いつも壁に寄りかかってパンダ座りのような

カッコで寝ていました


最初は面白いカッコで寝るコだなあと思っていましたが、

全身で苦しそうに息をしている姿を見て変だなと思い

病院で検査をしてもらうと


衝撃的な結果が・・・




横隔膜ヘルニア




胃や腸などと胸を隔てるための横隔膜がないため、

それで胸が圧迫され苦しくて、直ぐに起きたり

寄りかかって寝ていたり、ゴハンもあまり

食べられなかったのだと診断されました


横になってねんね






このままだと栄養不足で育たないから

長くは生きられない、

横隔膜の再生手術をするしか方法がないと

告げられました


保護してから10日目のことです



夫と相談して手術をしてもらうことに決めました


手術日は7月21日


当日の午後 どら美を病院へ連れて行き

「元気になって帰って来るんだよ」と声をかけ

自宅に戻って病院からの電話を待つことに・・・




2時間くらいして電話が鳴り、もう終わったの?

成功したかなと思いながら電話に出ると





「お亡くなりになりました」



えっ?


何を言ってるのか分からなかった



「麻酔をかけるとそのまま眠るように逝ってしまいました」



涙をこらえ病院に迎えに行くと、そこには・・・

 

小さな花束を添えられたどら美が横たわっていました





「これでもう苦しい思いをしなくて済むんだね」



お線香を焚き、手を合わせた







でも・・・





たった2週間しか可愛がってあげられなかった




一番心苦しいのは、麻酔のために絶食させねばならず、

お腹すいたよ~ゴハンちょうだいって

何度も甘えて来たのにゴハンあげられなくて

お腹すかせたまま逝かせてしまったこと




もう少し大きくなって体力付いてから手術したほうが


良かったのかもしれない・・・


もっともっと可愛がってあげたかった・・・




わずか一月半の命で天国へ逝ってしまったどら美



なんて不憫なコなんだろう



このコはいったい・・・




なんのために生まれてきたの?


何見てるの?

 







最終更新日  2008/07/21 06:01:35 PM
コメント(4) | コメントを書く
2008/05/25
カテゴリ:心が痛む事
最近「モンスター〇〇〇〇〇」という言葉をよく
新聞やTVなどで見聞きするけど、今度は獣医に
掛かりながら診療費を踏み倒す飼い主が増えていると
いうニュースを目にした

時間外に外車で来院しブランド物を身につけていても現金を
持たずにあちこちの病院で初診を繰り返し、後で支払うからと
ウソの住所や電話番号を教え、獣医師が払うよう請求しても
行政にクレームをつけられたり悪口を言いふらされるので、
獣医師も泣き寝入りをするしかないそうだ怒ってる

そういう飼い主に限って劣悪な環境でペットを飼っていて
手遅れの状態になってから来院し、責任をすべて獣医師に
かぶせるという身勝手極まりない輩だ爆弾爆弾

そういう人間に動物を飼う資格などないっ!!

本当にそんな人間に飼われているペットが可哀想号泣

獣医師会も獣医からの報告がないから分からないなんて
寝ぼけたこと言ってるし怒ってる

ほんっとに腹が立つ怒ってる
くたばれ!!モンスターオーナーどくろどくろ






最終更新日  2008/05/25 05:24:43 PM
コメント(0) | コメントを書く

全10件 (10件中 1-10件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.