000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

健康最新情報

PR

Rakuten Ranking

Rakuten Profile


どれみ♪♪さん

努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る

フォローする

Category

Archives

2017/10
2017/09
2017/08
2017/07
2017/06
2017/05
2017/04
2017/03
2017/02
2017/01

Free Space

2005/03/22
XML
 
HOME 「ある・スパ」チェック!(3/22おもいッきりテレビ)

今日のテーマ:美容と健康に女性ホルモンの分泌を高めよう

女性の健康にかかせないのが女性ホルモン
高齢者でも女性ホルモンは分泌されているとはうれしい!!
効果的に分泌させ健康、美容に役立てよう。

女性ホルモンの分泌をうながす生活法とは?


★食事

【黒ゴマ+納豆】

黒ゴマの色素ポリフェノールの一種アントシアニンがリグナンの酸化を防ぐ。又、リグナンは体内に入ることで女性ホルモンと同じ成分になり、分泌量が増える。更にアントシアニンは活性酸素を除去してくれることで女性ホルモンの分泌を高めてくれる。

【発芽玄米+ニンニク】

発芽玄米にはビタミンB1が多く含まれていて、それがニンニクのアリシンの働きを高め、さらに発芽玄米のギャバが脳の視床下部や下垂体などの働きを高めて女性ホルモンの産出量を増やす。

★運動

【へそ運動】
1.横になり、息を吸いながらへその部分をへこませ、つま先を伸ばす。
2.息を吸いながらへその部分をへこませ、尻を持ち上げる
  1日1回 各動作5回

脂肪が多い場所、高齢になると腹や内臓、わき腹など脂肪が多くなるのでへそを動かすことで脂肪組織からレプチンがつくられる(おへそを意識する)

★入浴

全身浴でお湯はぬるめ(38℃)時間は長め(10分間)がよい
入浴後に足を開く運動をするとさらに効果的。

【骨盤のゆがみをとって卵巣をげんきにする運動】
1.両足を伸ばして、90度開く(10回)
2.足の裏を合わせて膝を開く。
  両手でバランスをとりながら、片膝を床に着け3秒。(左右各5回)

骨盤のゆがみがひどい人など女性ホルモンの分泌が低下していて更年期障害の症状もひどい。骨盤がゆがんでいると卵巣を圧迫して女性ホルモンの分泌が悪くなってしまう。そこで一日負担がかかってゆがみが増している骨盤を寝る前に矯正。女性ホルモンが出やすい状態を作ってやる。

★睡眠

ハーブのセージの鉢植えを寝室に飾り、寝る前に15秒間香りをかぐとよい

セージには女性ホルモン様物質が含まれている。セージの香りが視床下部を刺激して女性ホルモンの分泌を増やし、更年期障害も改善する働きがあることが研究からわかった。花と葉に有効成分がある。花が咲いていなくても効果がある


  
 黒五穀参 粉末300g  黒五穀参 発芽玄米(大潟村産) 480g  発芽玄米   ナットウキナーゼ  毎日5粒!キムチニンニク  キムチニンニク メキシカンセージ  メキシカンセージ"
                

Designed by Shion







Last updated  2005/05/16 12:39:55 AM
コメント(0) | コメントを書く
[おもいッきりテレビ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.