000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

健康最新情報

PR

Rakuten Ranking

Rakuten Profile


どれみ♪♪さん

努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る

フォローする

Category

Archives

2017/10
2017/09
2017/08
2017/07
2017/06
2017/05
2017/04
2017/03
2017/02
2017/01

Free Space

2005/07/24
XML
 


番組内容を詳しく紹介!

あるある大事典  今日のテーマ:夏の糖分摂取!

あるある大事典2 7/24

夏の糖分摂取

暑いときって、ついつい口にしたくなるのが、
アイスクリームや冷たい麺類ですよね。
それはカラダが暑さと戦うために糖分を欲しているからなのです。

でも摂りすぎた糖分はすい臓からのインシュリンの働きで脂肪に変えられ、
肥満の原因になってしまうことを御存じでしたか?
さらにそのインシュリンを常に出し続ける状態が続くと、
今度は逆に常に血糖の低い状態が続き、夏バテにも?!

夏場の正しい糖分摂取法を知って、この夏を乗り切りましょう!

★糖とエネルギーの関係

糖はカラダのエネルギー生成の材料で、
腸から吸収された糖は血液を通して全身に送られます。

食事によって血糖値が高まると、すい臓からインスリンが分泌されます。
インスリンが、細胞に運搬することで糖をエネルギーとして利用されます。
インスリンが働かないと血液中に糖がたまって、
べとべと血になってしまいます。

★あなたは大丈夫?こんなことしていませんか?

・冷たく甘いドリンク類をがぶ飲みする
・体の芯から冷える冷たいデザートがやめられない
・食欲がないので食事はさっぱりした麺類だけですませる
・空腹でビールを一気飲み

★間違った糖分摂取が引き起こす身体の異変
「夏バテ・夏太り」

室温20℃の涼しい環境と、室温35℃の暑い環境では、
1.5倍もエネルギー消費率が上がります。
糖質もその分、たくさん使われているのですが、
暑い環境でも血糖値はさがりません。
それは筋肉や肝臓などで貯蔵されていた糖が
血液中に入って補給されるためです。
そこで、不足した糖を補おうと、無意識のうちに
糖を求める状態になっているのです。

■冷たいドリンク一気にがぶ飲み・冷たいアイスやデザート

暑さで身体が糖を欲している状態で、
ジュースやアイスクリームなどの吸収のよい糖を一気に摂取すると、
腸から急激に糖が吸収され、血糖値は15分程度で一気に急上昇。

すると、すい臓からインスリンが一斉出動し、
上がり過ぎた血糖値を一気に下げようと働きます。
その結果、30分程度の短時間で体内の血糖値の乱高下が起こってしまいます。

■さっぱりと、めん類だけの食事

めん類には炭水化物(糖質)が多く含まれているため、
めん類だけの食事でも血糖値の乱高下が起こります。

■空腹でビールの一気飲み

アルコール類には糖を含むものもあり、
空腹時のアルコール摂取でも血糖値の乱高下が起こる場合があります

体が糖を欲しているだけの状態で、
「一気」に「空腹時」に「糖だけ」がやってはいけない糖分摂取!

★血糖値の乱高下がいけない理由

血糖値の乱高下を1日のうちに何度も繰り返していると、
大量のインスリンを分泌するために、すい臓に負担がかかります。
さらにインスリンでも処理できずに余った糖は、脂肪細胞へ運ばれてしまいます。
急激な糖分摂取が続くと、夏太りの原因に!

さらに、血糖値の乱高下が続くと、すい臓が過剰反応を起こし、
少量の糖に対しても大量のインスリンを分泌して糖を処理するようになり、
身体全体がエネルギー不足になります。
これが倦怠感・だるさなど、夏バテの症状を起こす原因

★夏の正しい糖分摂取法

1.糖分だけの摂取にしない

めん類を食べるときは野菜や肉などタンパク質をいっしょに摂るようにしましょう。
食物繊維やタンパク質は糖の吸収を穏やかにしてくれます。

2.お酒はおつまみといっしょに
一気飲みは控えて枝豆や冷奴などおつまみといっしょに摂るようにすれば、
血糖値の乱高下を防止できます。

3.糖分はこまめに少量ずつ摂る
ジュースなどは一気にがぶ飲みせず、少量づつ飲むのが
血糖値の急上昇を抑えるコツ。

4.朝食を摂る
朝食は午前中の活動のエネルギー源。しっかり摂りましょう。
バナナと卵や豆乳・ヨーグルトなど、手軽なもので、
タンパク質といっしょに糖分を摂るようにしましょう。

黒糖が夏の糖分摂取に最適!

暑い沖縄では、「黒糖」が夏の糖分摂取の定番です。
サトウキビの絞り汁を精製せずに作った砂糖「黒糖」には、
ビタミンやミネラル類が豊富に含まれ、
黒い成分の「フェニルグルコシド」には、余分な糖を捕らえて腸から排出し、
血糖値の上昇を緩やかにする作用があります。

エネルギー補給には、黒糖で作られた黒飴を2から3時間に1個が目安。
また黒蜜を使ったデザートもいいですね。

沖縄黒糖セット(ウコン黒糖x3 シークワサー黒糖x3)(D)
沖縄黒糖セット(ウコン黒糖x3 シークワサー黒糖x3

☆志村けんプロジェクト 富山から第2弾!

お酒のつまみにはスルメイカ!

スルメイカにふくまれる「タウリン」には、
胆汁の生産を助けて肝機能をアップさせる働きがあります。
さらに「亜鉛」は、肝臓でアルコールの分解を助ける働きがあり、二日酔い予防にも効果が?!

スルメイカの鉄砲焼き・・・おいしそう・・・

☆世界あるある最新報告 アメリカの目によい野菜

ほうれん草

ほうれん草に含まれる「ルテイン」が、紫外線などの影響で目で発生する活性酸素を減らし、水晶体が傷つくのを防ぐので、視力の低下を防いでくれます。
2万人以上の食生活や血液成分、眼の状態などを調査した結果、
ホウレン草の摂取によって、白内障のリスクが35%ほど低下するという報告もあります。

摂取の目安は1日6mg(ほうれん草なら1/4束60g程度)。
ルテインは油に溶けるので炒め物がおすすめ。かさが減るので食べやすくたくさん摂れます。

ほうれん草のたっぷり入ったパイも人気のようです。

*******************************************************
「見つけた!身体にいいこと!マガジン」発行中
「あるある」「おもいッきり 」などTVで話題の健康&ダイエット情報を
毎週月曜日にあなたにお届けします。
登録はこちらから↓↓    バックナンバー
http://doremi3.com/diet/mailmaga-toroku.html
*******************************************************

人気blogランキングへ
お気に召したらクリックをよろしく!励みになります♪



                

Designed by Shion

HOME






Last updated  2005/07/25 08:42:52 AM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.