000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Dorimushi world

全131件 (131件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 14 >

映画

2009/05/04
XML
カテゴリ:映画





毎年、アカデミー賞作品賞を受賞した作品は必ずチェックしてて、


昨年はノーカントリー、そしてその前はディパーテッド、クラッシュ、ミリオンダラーベイビー・・・





っで、今年受賞したのは”スラムドッグ・ミリオネア”









舞台はインドで、ムンバイのスラム育ちの青年が世界的ククイズ番組”クイズミリオネア”に出場し、


最高金賞の問題に辿り着くっていう話。








監督、ダニーホイル。



うおーっ絶対見たいーっ









っで、早速劇場を検索したら…



・・・新潟で上映してない。。









って事で、ゴールデンウィークは実家(埼玉)に帰ってみよう。








というわけで…



今年のGWは前半は研究室、


後半(4日から)は実家に帰ったーっ








っで、帰ると今年無事に大学進学した弟はサークルの合宿で不在。





今日は早速映画見に行きたいって話を両親にしたら、



両親「じゃぁ一緒に見に行こう」



って事で、両親と三人で見に行った。







両親の映画の好みは、分かりやすくて、のんびりしてて平和なストーリーかミュージカルが好きだから、


ダニーホイルの映画なんて見て楽しいのかなー



ってチョット不安になりながら見たけど・・・








見終わった後、両親むちゃくちゃ気に入ってた(笑)


母「すごいオリジナリティのある映画ねー」



父「いやー久しぶりにいい映画みたなー」






実際、世の中に似たような映画一杯あるけど、


こんな斬新な映画は世界初だろうなーってくらいよかったっ






迫力のあるカメラワークといい、


なんといっても音楽がいいので、




少しでも興味ある方は映画館でみることをオススメします。


インドに行きたくなります。








スラムドッグ・ミリオネア予告編


ココ




主題歌の映画版ミュージックビデオ


youtube





6日に弟が合宿から帰ってきてー


母「スラムドッグミリオネアって知ってる??一昨日見てきたんだけどよかったよーっ○○も行こうよっ!!」




後日、弟を連れて、


両親は映画館で二回見てました。







結局、新潟でも遅れて上映が決まって、


6月に上映始まりましたーっ




(ちなみに俺は三回みました。6月21日現在)













Last updated  2009/06/22 10:31:06 PM
コメント(0) | コメントを書く


2007/05/22
カテゴリ:映画




久しぶりの更新ーっ☆





ゴールデンウィークが終わってから・・・

本格的に始まる講義に、レポートに、部活に、バイトに、絵の制作…etc



気がつけばブログこんなに更新してないの久しぶり。






これから、またチョコチョコ更新してくつもりです。







_____________




5月22日。





前もブログに書いたけど、


映画の好みがあんまり彼女とあわないのはもうお決まりで・・・






っで、社会諷刺してる作品とか、今の社会問題をついてる作品とか・・・



何気にそういうジャンルも好きな俺は、


ブラットピットと役所広司にキャスト決まったときから、「バベル」見たいって思ってた。



だから、まぁそんな好きな人もいないだろうし、一人でこっそり見に行こうかなって思ってた。









っで、そんなこんなで以前、彼女との電話で。














彼女「ねねっバベルみたいー」



俺「ウソン!?」














彼女、絶対絶対好きなジャンルじゃないはずなのに、ビックリ「見たい」発言。






そんなで、「っでも何で見たいって言ったんだろう・・・??」


ってチョット不思議に思いながらも、まぁ嬉しかったり~












っで、彼女と約一ヶ月ぶりに会えて、バベル見に行ったよ。








上映始まって。



次々と始まる迫力の演出に、衝撃を受けながらも、


すごく伝わってくるそのテーマに打たれて、


もっとゆっくりと見ていたいのに映像展開がとても早く・・・




そして映画の生み出すその表現力に圧巻。


そして、もう見終わる頃にはヘトヘト。







「あぁ~久しぶりに映画らしい映画みたなー」って満足にエンドロール見てたら、


彼女、耳元で囁いた。














彼女「ねね・・・早く出ないの?」


俺「・・・っ??」









・・・なんとエンドロールの途中で出てきちゃったよ。。笑







っで。












彼女「やっぱりつまんなかったねー」



俺「っえぇーっ!?」(やっぱり・・・)










・・・なんとなくこうなる気がしてました♪










________





ここをクリックで、人気blogランキングに投票です。


↑久しぶりの更新ですが、どうぞよろしくお願いしまーす♪




________











俺「ねねっじゃぁ何で見たいって言ったのー??」



彼女「えぇーだってサスペンスとかかと思ってたー」










あぁ~そういうことかーっ











↓折角なので、「バベル」のレビュー書きましたっ!
















【バベル】★★★★☆




みんな友達だ。と、実際はそこの国のこと全然わかってないのに、

まるで親友かのように振る舞って、間違った行為をする偽善者の日本人。




先進国に住んでるうちらにとって、怪我したらすぐに治療受けられるし、

適切な処置されるけど、


発展途上国ではなかなかそうはいかず、

そこで人が死にかけてるのに、「法的に難しい」と処置が遅れてしまうという法律の壁。




発展途上国だからってだけで、事件が起きればテロ扱い。

そこの国にすんでる人たちは、とってもいい人たちなのに、

アメリカ人からは、使い物にならないって呼ばれ、怖がられ…



そして疑われ、暴力をうけ、人権なんてものはない。


そしていざ、助けてもらえば、お礼に金を渡そうと発展途上国を見下している。






メキシコからアメリカに移住したくても、法律、人種差別がそれを許さず、


結局そこで犯罪が起きる。







世界を平和にしようっなんて世の中はかっこいいこと言ってるけど、


人種の壁、貧困の壁、社会格差の壁、文化の壁、宗教の壁…


この世の中は未だに「バベルの塔」そのものだと言うこと。






世の中を極端ではあるけど、

それを肯定するわけでも否定するわけでもなく、淡々とあるがままに描いた作品。






少しもったいないのが、個々のストーリーのお互いの関連付けが少し弱く、


脚本がもう少し、一つにまとまっていれば、

今回のように各賞でノミネートされただけではなく、明らかに受賞レースに載ってた気がします。



















Last updated  2007/06/03 03:45:51 PM
コメント(2) | コメントを書く
2006/12/31
カテゴリ:映画


『2006年映画鑑賞作品一覧』






一年間、見た映画を手帳にメモってました☆


折角なので、ブログにまとめておこうと思います。

一度見ていた映画でも、2006年中に見た映画は全てカウントしています。






星五つで評価もしているので、よかったら参考にしてみてください。










【2006年鑑賞作品一覧】



★★★★★ スタンドバイミー


★★☆☆☆ 蝶の舌


★★★☆☆ パッション


★★★★☆ 君に読む物語


★★★☆☆ キングコング


★★★★☆ アイランド


★★★★☆ エターナルサンシャイン


★★★☆☆ 21グラム


★★★☆☆ ハリーポッターと炎のゴブレット


★★★★☆ マルコビッチの穴


★★★★★ JSA


★★★★☆ THE 有頂天ホテル


★★☆☆☆ ナルニア物語


★★★☆☆ オリバーツイスト


★★★★★ オリバー!


★★★★☆ 海の上のピアニスト


★★★★☆ ウォークザライン


★★☆☆☆ フライトプラン


★★★★☆ アメリ


★★★☆☆ ダビンチコード


★★★★☆ Mr.&Mrs.スミス


★★☆☆☆ 駆け抜ける馬ドリーマー


★★☆☆☆ ターミナル


★★★☆☆ ダーティハリー


★★★★☆ ゴッドファーザー


★★★☆☆ インアメリカ


★★★★★ レイ


★★★★★ シンデレラマン


★★★☆☆ ミッションインポッシブル3


★★★☆☆ レインマン


★★★★☆ 小さな恋のメロディ


★★★☆☆ キャストアウェイ


★★★★☆ サイダーハウスルール


★☆☆☆☆ ゲド戦記


★★★☆☆ パイレーツオブカリビアン デッドマンズチェスト


★★★☆☆ ウォルター少年と夏の休日


★★★★☆ シュリ


★★★★★ アメリカンビューティー


★★★★☆ es


★★★☆☆ 電車男


★★★★★ チョコレート


★★★☆☆ レオン


★★☆☆☆ スウィートノーベンバー


★★★☆☆ NANA


★★★★☆ ショーシャンクの空に


★★★★★ クラッシュ


★★★★☆ ノッティングヒルの恋人


★★★☆☆ シンシティ


★★☆☆☆ みなさんさようなら


★★★☆☆ オールドルーキー


★☆☆☆☆ ダンサーインザダーク


★★★★☆ シャイン


★★★☆☆ ベートーベン


★★★☆☆ 屋根の上のバイオリン弾き


★★★☆☆ トレインスポッティング


★★★☆☆ マジェスティック


★★★★☆ ブロックバークマウンテン


★★☆☆☆ 下弦の月


★★★★☆ 父親たちの星条旗


★★★★★ 硫黄島からの手紙


★★★☆☆ デスノート前編


★★★☆☆ デスノート後編


★★☆☆☆ シリアナ


★★★☆☆ ピアニスト


★★★☆☆ バイオハザード


★★★★★ バタフライエフェクト


★★★☆☆ タイヨウのうた







【2006年鑑賞ベスト作品】

・硫黄島からの手紙



【2006年鑑賞オススメ作品】

・アメリカンビューティー
・クラッシュ
・ブロークバークマウンテン
・チョコレート
・オリバー!





ちなみに2006年の鑑賞作品数は67作品でしたーっ☆







Last updated  2007/01/12 12:43:13 AM
コメント(2) | コメントを書く
2006/05/30
カテゴリ:映画

昨日、今日とテストが連続であり、

リアルに寝てないどりむしです。。


昼寝もしたいけど、とりあえずブログ更新☆




___________





一週間ちょい前に見たダ・ヴィンチコードのレビューです☆






【サウンドトラック】ダ・ヴィンチ・コードSoundtrack / Da Vinci Code (CD) (Aポイント付)(ダ・ヴィンチ・コードサウンドトラック)






いろいろと問題になってるダ・ヴィンチ・コードですが、



映画自体の出来栄えにも、問題あり的な事言われちゃってるダヴィンチコード。













監督は、あの傑作「ビューティフル・マインド」を生み出したロン・ハワード。



ジョージ・ルーカス監督「アメリカン・グラフィティ」出演のきっかけで飛躍した一人です。








ミステリアスなところではダヴィンチコードとも繋がる「ビューティフルマインド」。


この作品で彼はアカデミー賞、作品賞、監督賞をはじめとする数々の賞を受賞した巨匠だし、




やっぱりすごい期待してたわけです☆



そして、なんといっても主演はトム・ハンクス☆








期待しないわけはありません!!









っが、






カンヌ映画祭で上映されたとき、失笑されたとか、拍手すらされなかっただとか・・・



公開直前にして、賛否両論の声があがってきたわけです。。
















そんな中、世界同時公開されたこの作品は、




誰もが予想していたように大ヒットを無事記録し、




やはりいろんな問題が出てきました。







カトリック教会の組織オプス・デイからは、



「映画のラストにフィクションだとしっかりと明記しろ」



と要請し、






公開しない国もいろいろと出てきて、



なんとフィリピンなんて18禁ーっww



イタリアなんて逆見たさに、史上最高の歴代記録作っちゃったり(笑)










もうビックリー☆☆




カンヌで賛否両論の声なんてどうでもよくなってくるわけです(爆)





















そんで、そんな中、見てきました~ww(もう一週間以上前だけどね)






(あっもちネタバレなしだよ。安心して~)









ついに上映が始まって、




異常なまでの緊張感のあるオープニング。













・・・期待が膨らみます。








小説と全く同じオープニング。













・・・期待が膨らみます。







小説のオープニングのシーンがそのまま映像に!!















・・・・期待が膨らみます。











見終わって。







・・・。












面白くないわけじゃないんだけど・・・微妙??


















どうも小説のダイジェスト版としか見えませんでした。





やはり、文庫本三冊という長編を一本の映画化にするのは難しかったかなっ??


っていう感想を持ちます。






ハリーポッターの本を読んだことないんでわかりませんが、


多分おんなじような気持ちなんじゃないかな~って思いますww








しかも、特に日本人に言えることですが、


宗教に対して、キリスト教にたいして全然知識がありません。



小説だと、説明されながらすすんでいくので、「えぇーっ!!ww」


とビックリして、感動することができるわけですが、



そういった説明を完全に省いているこの映画を見て、


驚くこともなく、単調にただの謎解きが進んでいく、あたかも、






実写版名探偵コナン。






みたいな(笑)


そんな感じになっちゃうのではないかと思います。











なら、小説を読んでから見ればいいのか?



というわけでもないわけです。





さっきも言ったとおり、小説を読んでからだと、


ただのダイジェスト版というように見えてしまいます。







つまりこの映画は、特に日本人に言えることですが、


小説を読んでも読まなくても、十分に楽しむことができない。



ということです。















しかし、やはり「ロン・ハワード」「トムハンクス」というハリウッド界のスターたちだけに、


異常なまでの期待をしたというのが事実です。







正直、ほかの映画とも平等に評価をするならば、


普通に楽しめる映画だと思います☆









事実、ヤフーの平均評価も少しずつあがってますし、


これだけ世界中を騒がせた小説の映画だし、






見る価値はありますよぉー☆










ダ・ヴィンチ・コード・・・★★★☆☆(星三つ♪)









最後に「この作品はフィクションです」って出たよ♪









Last updated  2006/05/30 04:40:51 PM
コメント(4) | コメントを書く
2006/05/17
カテゴリ:映画

今週の月曜日、久しぶりにチャント運動しようと、

コスポに泳ぎにいったのはいいものの、

急に運動したせいか、完全に体調崩しちゃったり。。(爆)

風邪ひいちゃったり・・頭がすごく重かったり。。。









↓そんな中、見た映画はコレ

アメリ



2001年フランス映画。アカデミー賞で輝かしい受賞は惜しくもできなかったものの、数々の賞を受賞した名作♪


見たいなぁーwwって思ってたんだけど、やっとこさ今日みました☆










不器用で、空想好きなアメリの頑張りっぷりを、

遊び心満載の斬新なカメラワークと、脚本で描ききる☆☆






心温まるストーリーで、俺好みー♪♪


全編、中だるみなどもなく、とても楽しく見ることのできる作品だと思います♪









いやぁ~それにしてもステキな世界☆

いつまでも浸っていたくなるような、この世界を作り出した監督に拍手♪♪











ある意味、現実逃避できる、落ち込んだときなどにみるとまたイイかもしれない作品です☆











・・・っていうか久しぶりの映画レビュー。。

勘が戻らず、何をいったらいいかわからなかったり(笑)






ってことで、短いけどこれで終わりにしちゃいます(爆)ww















「アメリ」・・・★★★★☆(星4っつー♪)


なんであの男性に恋をしたのかってとこが、

少し説得力に欠けてた気がするので星一個欠けです(笑)☆























見終わった後、彼女にメール。




「アメリ可愛いぃー!!」

「え~じゃあアメリと付き合えば~?」

「あぁーΣ( ̄□ ̄;!…ごめん(;-ω-)。。」

「じょーだんだから~笑」










Last updated  2006/05/18 11:26:03 AM
コメント(10) | コメントを書く
2006/03/02
カテゴリ:映画

ここをクリックで、人気blogランキングに投票です。現在41位ー!!上昇傾向だぁー♪今日もよろしくお願いします♪♪いつもありがとうございます☆



数日前に例の酔っ払いに襲われた日に見た映画ですショック





あの予告編見て、やっぱり気になっちゃうあの映画です☆














その名も




「フライトプラン」オリジナル・サウンドトラックフライトプラン







映画館のスタンプが全部溜まったのでタダでみました♪


ってかタダじゃなきゃこの映画見ません。。(爆)













なんだかB級漂うけど、やっぱり気になっちゃうあの予告編。。











女の子がいなくなった??

えっ飛行機で??




ん??女の子は死んでたの??


ってことは、あのお母さんの妄想・・・??

えーwwなになにー??












っと誰もが気になってしまうわけです。。



もちこのレビューでそのポイントのネタバレはしないようにしますね!!














ではレビューです♪♪




この映画、











B級漂うなぁ~・・



なんて思ったりしましたが、全然そんなことありませんでした!!








B級というより、












駄作。




です(笑)。。
























しかし、この映画を見ててとにかく感じることがありました。




それは何かというと、











懐かしい。




この一言です☆




















ホントすごいんです!!2006年の映画とは思えません!!




この映画がDVD化され、2006年の映画とは知らずに見せられたら、










90年代後半の映画かなぁ~・・



って思ってしまいます!!

















脚本といい、演技といい、演出といい、



全てが






90年代のアクション映画。




















ある意味ホント貴重です!









ダイ・ハードやら



スピードやら




フェイス・オフやら







イレイザーやら・・・











身代金やら・・
















エアフォースワンやら・・・・








小学生の時ドキドキしながら見ていたあの感覚



見事に蘇ってきました。。
















いやぁー凄かった☆☆




ホント凄かった!!







・上映時間中、ずーっと起伏のない緊張感(ノンストップアクション)、



・キャストのヒステリックな演技



・微妙だけど意外なストーリー展開



・舞台が飛行機の中という密室



・やっぱり爆弾は欠かせないポイント、



・実は黒幕がいて、何故か美人な金髪女性













全てが90年代のブームとなったアクション映画の




お決まりパターンに一致!!


















そして、ここまで一緒なのか!!



2006年の映画とはかなり疑ってしまう設定が一つ。







映画の途中、















アナタが娘をさらったんだわ!!


どこにやったのよ!!













と、犯人と疑われる人がいます。



その人はなんと























アラブ人。



















えぇー!!!!





敵=アラブ人





というこれまた今じゃ絶対考えられない


90年代のアクション映画のお決まり

















今の時代にアラブ人を悪人扱いしたら本気ヤバイでしょ・・



と心配になってくる。












アラブ人は結局悪人じゃなかった。というストーリー。。

















よかったよかった!


全然よくないけど、一応最悪の結果には終わらなかったなぁww







って思いながらのラストのラストを迎えます・・















お母さんとそのアラブ人が向かい合います・・・










あぁーここが90年代の映画と違う所になるんだな!


と納得する僕。













そのお母さん、アラブ人に対し、






















無言でスルー。




そしてエンドロール。



















え??謝んないのー!!













おそらくこのシーンで95%の人が突っ込みを入れていたと思います(爆)














フライトプラン・・・★★☆☆☆(星二つ♪)










まぁ~・・酷かったといえば酷かったんですが・・



結構楽しめたってのが本音です(@v@)ww










b log
←現在41位。


ランキング.gif←微妙なランキング










肩凝りやばいよぉー














Last updated  2006/03/02 11:57:28 PM
コメント(8) | コメントを書く
2006/02/27
カテゴリ:映画

ここをクリックで、人気blogランキングに投票です。
現在46位ー!!いつもありがとうございます☆☆今日もよろしくお願いします♪♪




最近のどうでもいい映画レビューが原因なのか、



くだらないジュウレンジャーの記事が原因だったのか・・・








最近下降傾向です。。






もうこうなったら



今夜はストレートにお願いします(笑)









→ココ←





クリックしてください!!




ってか















しろ。→ココ










わぁ~ ヒョロイ僕が頑張って強気に出ましたよvー☆☆








いつも応援してくれている方、ありがとうございます♪♪


↑やっぱり感謝しちゃうww











ここをクリックで、人気blogランキングに投票です♪♪













ついにトリノが終わってしまい、



今夜から何を楽しみにしてチューハイ飲めばいいの??



寂しいです。。






ちなみに今夜飲むのは、沖縄マンゴーチューハイ


おいしそー♪♪












ってことで今日も映画レビュー☆☆








本年度アカデミー賞最有力候補の作品の一つ。










Walk The Line 君に続く道/サウンドトラック

ウォーク・ザ・ライン 君に続く道










残念ながら、作品賞、監督賞のノミネートは逃してしまいましたが、


主演男優賞主演女優賞を初めとする5部門にノミネートされ、


本年度の絶賛されている映画の一つであることは間違いなし。










ちなみに授賞式は3月5日です☆ もうすぐですねー☆☆











この映画は予告編などを見ている限り、カップル向けのようにも見えますが、




そんなわけでもなかったです☆



ってかこの日本版の予告編は完全なる






興行収入目当て。




といえるでしょう。 完全に映画の内容を歪ませて予告編を作成しています。。


よくありますよね、そういう映画☆












でもこの映画はいい意味で裏切ってくれました♪♪














兄弟愛に弱い僕はオープニングで早速涙涙・・・






オープニングで涙してどうするんだ??


ってカンジですが、それぐらいイイオープニング♪






一気にお客さんを引き寄せます♪













ちょいちょい使われている時間軸交差テク







程よいスパイス



になっていてコレまたイイ!!













ジョニーキャッシュの生涯を描いたドラマですが、



ぶっちゃけ僕はジョニーキャッシュを全然知りません。。



しかし、予備知識なんて全くなくて全然オッケー♪








ノリノリの音楽で、もう気分がハイ!!











ジョニー・キャッシュ役のホアキンによる


骨の髄から湧き出てくるような熱唱ぶりには感激!!











HELLO!!


I’m ジョニー・キャッシュ !!
(スミマセン・・名前の綴り分かりません・・)





ジョニーキャッシュのCDというより、



この映画のサントラを買いたくなっちゃうくらいww














アカデミー賞最有力候補の一つ、ミュンヘンのディープな美とはまた違い、





この映画は






パワフルな美


というのを感じました☆








まぁ分かりやすく例えると、


この映画は










スルツカヤ選手のジャンプ。





そしてミュンヘンは





荒川選手の









イナバウアー



と言ったトコでしょうね(笑)




イナバウアー・・・ 流行語になりそうです(爆)













ただちょっとイマイチだなぁーって思ったのが、



ラスト近くの、ジョニーキャッシュが一度落ちぶれちゃう所。。





少し長かったです・・。。









せっかく気分がハイになっていたのですが、




このシーンによって、盛り下がり切っちゃって、







ラストの感動が絶頂になりきれないんですね。。。















もう少し、このシーンを短くして、




少し余熱を持たせるようにすればもっとよかったのになぁーって思いましたww















ウォーク・ザ・ライン・・・★★★★☆(星4つー!)














b log
←おかげ様で46位ー☆


ランキング.gif←クリックで投票です☆











ジュウレンジャー♪ジュウレンジャー♪♪





もうマイブームですよぉ(笑)















Last updated  2006/02/28 12:44:18 AM
コメント(7) | コメントを書く
2006/02/24
カテゴリ:映画

ここをクリックで、人気blogランキングに投票です。
おかげ様でなんと現在38位ー!!チョット上昇ー♪いつもありがとうございます☆☆





昨夜は、3時から始まるフィギアが楽しみで楽しみでなかなか寝付けず、


結局ほとんど寝ずに3時を迎え、




安藤選手村主選手コーエンスルツカヤ選手





そして





荒川選手☆




素晴らしい演技に感動し、興奮し、結局一睡もしなかったどりむしです(笑)




ではでは目を擦りながらの更新です☆









_____________________







今日はなんと映画でも感動してしまいました・・・









その名も、



スピルバーグ監督




ミュンヘン。







ミュンヘン








別に今日、映画を見に行く予定ではなかったのですが、


金曜日はなんとメンズデーで1000円だということを知り、



前から気になったので、ちょいちょいバイト帰りに見てきました。。















ぶっちゃけ最近のスピルバーグの作品は






微妙。



だと思っていた僕。。










いつからでしょうか??キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン辺りからでしょうか??












シンドラーのリストやら、プライベートライアンやらで見せた、





超常的(笑)とも言える




彼の異常な才能




は何処へ行ってしまったのか・・・??













そんな風に思っていたのは僕だけじゃないと思います。











宇宙戦争なんて、









いえ、やめときます(笑)












なんだかすっごいけなしている様ですが、決してそんなつもりじゃないですよ♪


僕もやっぱりスピルバーグ大好きで、映画に関して神の領域に入りつつある人だと思っています。


だから、なんていうか・・・異常なまでの期待をしてしまうんですね♪














そして、完全極秘で製作が進められ、公開間近になってやっとこさ全貌が明らかになったという作品。







この作品についてスピルバーグは





自分の為に作った作品。宇宙戦争は会社の為に作ったんだ。


ってコメント残してました♪













そんなことまで言っちゃって、



自虐的にハードルを上げてしまったスピルバーグ。





さぁさぁ~気になる所です♪

















長い前置きご清聴ありがとうございました(笑)

それでは今からレビュー入ります☆












舞台は、1972年ミュンヘンオリンピックにて起きた、


イスラエル選手11人がテロリストによって殺害されてしまった事件




イスラエル側は、テロリスト報復を実行することに。。



その報復を実行する暗殺者のリーダーにアヴナーが選ばれ、


標的としてあげた11人を次々に殺していく・・・














コレは来ました!!




スピルバーグの芸当炸裂です☆☆










まるでそこで本当に事件が起こっている様に見せるカメラワーク、


全編手に汗を握り、心臓バクバクの緊張感溢れるリアリティ。


そして、この映画から伝わってくる物凄い主張。。。








全てにおいて、








シンドラーのリスト、プライベートライアンに









並ぶのではないか?




と僕は思います。














そして今回の作品は、



ノルマンディーやらナチスドイツやらに比べると、


やっぱり映画の舞台がミュンヘンは小さい。



11人の殺害と、11人に対する報復ですから。。






しかし、シンドラーやライアンに比べても


この映画の主題は2作品よりも上回るくらいに重く、心に響きます。。















テロと報復。





こんなこと繰り返してどうするのでしょう??




爪は切っても切っても伸びてくる。


そんな様に映画では言ってましたが、恐ろしいほどその通りではないかと思います。











この映画は30年ほど前の出来事を題材にしていますが、



この映画のテーマはとても鋭いものですよね。。














ラストで映る、ニューヨークの町並みがホント印象的でした。



















それでは評価ー☆




ミュンヘン・・・



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★・・・(星5つでは表現しきれません。。)









とりあえずこの映画の評価は












収束しません!








発散です。。

















b log
←おかげ様で38位ー☆


ランキング.gif←チョットマイナーなランキングサイト☆






今日はホントマジメなレビューでしたぁ(@v@)☆



みんなも見てみてねー♪















Last updated  2006/02/25 11:13:48 AM
コメント(12) | コメントを書く
2006/02/19
カテゴリ:映画

ここをクリックで、人気blogランキングに投票です。
おかげ様でなんと現在42位でーす!!ちょいちょい上昇??いつもありがとうございます♪♪






今日は映画レビュー☆☆





ささぽんたさんが以前に紹介していた映画です♪



是非見てみたいなぁ~っと思い、見てみました♪















その映画とは



海の上のピアニスト ◆20%OFF!海の上のピアニスト













ちなみに監督はあの



ジュゼッペ・トルナトーレ









僕の大好きな映画



ニュー・シネマ・パラダイス ツインパック <10000セット限定生産>ニュー・シネマ・パラダイス




の監督です☆




















いやぁー最初はただの









戦場のピアニストのアレ?




とでも思ってましたが、



いやいや









明らかにこっちの方が古い映画でした














しかもジョゼッペトルトナーレ監督の映画。




期待が膨らみます☆☆

















ストーリーは、








海の上で一生を過ごしたピアニスト。



海の上で育ち、ピアノに出会い、天才的な才能で乗客を魅了していく。。



友人に、陸に降りピアノを弾き、普通の生活をするべきだとすすめられるけれど、


彼の世界は船の上。


果てしなく続く陸に降りることができない。


彼は、船を降りるなら、人生を終わりにすると言う・・・



















別に彼は臆病じゃないんですよね。



問題は見えるものじゃない。目に見えないものだ。



陸の世界は終わりなき鍵盤なんだ。と・・。。















いやぁーそれにしても期待以上の芸術的作品でした☆











ピアノでコーヒーカップやっちゃうし、



むっちゃ弾きすぎて、弦の熱でタバコに火をつけちゃうし



弾いてる時に手が4本になっちゃうし。。。














そしてなんと言っても、彼はノスタルジィを描き込むのがホントにうまい!




















ニューシネマパラダイスといい、



海の上のピアニストといい、






他の映画では流せない涙があります。



















この映画も、もう一度劇場公開してくれないかな??


映画館でゆったりと見たい☆



と願うどりむしでした☆☆




















では評価ー☆☆




海の上のピアニスト・・・★★★★☆(星4つー♪♪)











もう少し、見終わった後に心が温かくなるような何かが欲しかったです♪



なので星4つということで~ww












b log
←おかげ様で42位ー☆


ランキング.gif←こちらも応援お願いします☆









ちなみに僕のナンバー1映画「ニューシネマパラダイス」の公式サイトはコチラ









ニューシネマパラダイスのレビュー→ココ


特別劇場公開で見たときの日記→ココ

















Last updated  2006/02/19 08:50:37 PM
コメント(18) | コメントを書く
2006/02/15
カテゴリ:映画

ここをクリックで、人気blogランキングに投票です。
おかげ様で現在52位ー!!いつもありがとうございます♪♪おかげ様でちょいちょい上昇です☆☆






もう一度、50位以内に行けるといいなぁーww



って期待しちゃってるどりむしです(笑)☆☆







_____________










チョー久しぶりに映画レビューでーす☆☆










このブログの本来のテーマは、




大学生活の日記と









映画レビュー☆



でしたんで。。(笑)ww












春休みは、ちょいちょい映画レビューもしていきます♪















それで、今日は別に映画館に行く予定でもなかったのですが、





ネットでいろいろと見ていたら、



衝動的にオリバーを見に行きたくなり、いってきました☆☆













オリバー・ツイスト(上)オリバー・ツイスト

↑もちDVDは無いんで、小説のリンクです☆














なんといってもオリバー役のバーニー・クラーク君がいい雰囲気だしてるー!!







2006-02-15 20:11:19

↑映画の1シーンですが、真ん中の子です。 可愛らしいですねー

















やはり、子供が主演の映画は、















その子役のフィーリング





って大切じゃないかな??って思います☆☆













例えば、ハリーポッターを見ても、




子供たちのキャスティング成功の第一歩となったと考えられますよね。



中心メンバーの3人は特徴的で、そして可愛らしく



彼らはそのキャラクターとして存在しています。













ラドクリフの顔=ハリー




ってなわけですね☆☆




















では、今度公開のナルニア国物語はどうでしょうか?










↓主演の子達です
2006-02-15 20:23:12



・・・。。






この写真を見る限り、










超普通。











ですね。。。












普通すぎて顔が覚えられません。。














もちろんまだ見ていないので何ともいえませんが、




予告編を見る限り、












なんでこの子達が抜擢されたのかなー






って疑問に思ってしまうのは僕だけでしょうか(@v@)??
















________________









では、オリバー・ツイストのレビューですが、








僕は、すごく感動しました☆☆







世間では6割くらいの人が










ダメ。




といってるようですが、





僕は全然そんなことないと思いますよ☆☆

















超正統派な映画で、音楽もステキです( ̄▽ ̄)ww
















それにしてもロマンポランスキー監督は、映画の上映時間である




2時間ちょいにストーリーを詰め込むのが得意ですよね☆☆







内容としては、3時間を軽く越えそうなのですが、上映時間は2時間ちょい☆






いい加減、ピータージャクソン監督も見習ってほしいものです(笑)






















批判している方たちは、






オリバーは何もしないで勝手に幸せになってて~、周りの人はさぁ~(以下略)



といっているようですが、この映画はとにかく










純粋に、人を疑わず、感謝し、そして素直に生きる。


そうすれば、いつかきっと幸せがやってくるものなんだよ。








ってことなんだと思います♪ 
















つまり、ディズニーのピノキオと同じ香りですww






この映画の不評レビューだと、







他の盗みやらかしてた子達はどうなったんだ??意味分からん。






と書いてありますが、そんなことどうでもいいんですよー












だって、ピノキオの友達で









途中で、ロバになっちゃった哀れな子



その後なんてどうでもイイでしょ??









同じことですよ~(笑)





















ってなわけで、オリバーくんの真直ぐな心に感動したわけですが、







ドジャー役のハリー・イーデンという子の演技力にもビックリしました!!













彼にはホントこれからも期待ですねー☆☆












ではでは評価☆




オリバー・ツイスト・・・★★★★★(星5つー!!)












b log
←おかげ様で52位☆


ランキング.gif←新規参入ランキングサイトです☆










でも、ドジャーは結局どうなったんだ?? ←やっぱり知りたい(@v@)☆











Last updated  2006/02/15 10:55:31 PM
コメント(8) | コメントを書く

全131件 (131件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 14 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.