000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Dorimushi world

全5件 (5件中 1-5件目)

1

ネット

2008/11/20
XML
カテゴリ:ネット




実は実は、あともうチョットで10万アクセス突破します。(おそらく明日中には…)





ってことで、記念にブログのデザイン変えてみました。





タイトルに旅の写真貼り付けてみたりーっ



プロフィールの写真も変えてみたりーっ



らじばんだりー!







一応完成ですが、またいろいろ変えていくかも…面倒くさくてやんないかも…





でも、トップの写真は「あぁーこれにしようか…」「いや、こっちもいいなー」

ってすっごく悩んだので、

むしろ定期的に何枚かのサイクルで変えていこうと思ってます。



とりあえず、今はエジプトの砂漠に行った時の写真です。

あっあとプロフィールの写真はスロヴァキアです。(こっちは変えないかも)





いつも読んでくださってる方々、


これからもよろしくお願いしますーっ












Last updated  2008/11/21 03:41:35 AM
コメント(1) | コメントを書く


2007/08/02
カテゴリ:ネット




まだまだテスト期間な毎日ー・・







そんな中、


まだまだ人気がなかったときからずーーーーーっと読んでた、


人気ブログ「腐女子彼女。」













もちろん書籍化したときも、買ったよ。








070803_1324~01.jpg














そんな腐女子彼女も、最近ずーーっと更新されなくなって。








7月になって、「やっと更新されたー」思いきや、



「今月で、最終回迎えます」みたいな告知があって。













もう、本にもなって、漫画にもなって、


もうやりきった感があってやめるのかな?


思ってた。














そんなで、最近更新されてた、最終回。






それが、なんと!!


最高のハッピーエンドっ!!













もう、俺感動しちゃったよーっ☆











顔も、本名も全くしらない、都内に住んでるカップルなわけだけど。


こうやって、二人の幸せに感動しちゃって、


応援したくなるこの気持ちってなんだか不思議だよね。











ブログっていう存在がなかった時代では、


ありえなかったことだけど。。









やっぱりブログってすごいものだと思うなーっ












これがそのブログだよ。→「腐女子彼女。








二人がいつまでも幸せでありますようにー♪







________





ここをクリックで、人気blogランキングに投票です。


↑今日も応援クリックよろしくお願いしまーす♪




________








ついに来週でテスト終了っ!!




またボチボチ、部活の話とか、彼女の話とか、夏の旅の話とか。


いろいろ更新していきます。













Last updated  2007/08/03 01:41:01 PM
コメント(0) | コメントを書く
2006/10/22
カテゴリ:ネット



今日は広告です☆






なんとうちの父親がビジネス本を出しましたーっ☆


今月18日より、全国書店にて好評発売中ー♪



成功する! NPOビジネス成功する! NPOビジネス



表紙にもしっかり名前が載ってます♪(ちなみに右っ)







父親曰く・・


・NPOを設立する上での心構えから、設立、運営まで一貫してわかりやすく解説。

・単なるNPOの運営ではなく、
 パブリックマーケットという時代の大きなうねりを示し、その方向での活躍が具体的に提案。

・地域経済の活性化に焦点を当て、コミュニティビジネス、指定管理者制度の開設も詳しく掲載。



らしいです。




応援で買ってくれたりしたらすっごく嬉しいでーすっ☆


NPOビジネスに興味ある人は是非是非買ってみてくださいっ☆


楽天ブックス→成功する! NPOビジネス





______________



ちなみに、過去にも出した本もあります♪

指定管理者制度の本です。


これで勝てる!指定管理者制度これで勝てる!指定管理者制度


よかったらこちらの本もどうぞ♪





_____________________________________




【今日のオススメ映画】




「ブロークバック・マウンテン」★★★★☆



ブロークバック・マウンテン プレミアム・エディション[2枚組]


グリーン・デスティニーのアン・リー監督。


2005年、映画賞レースを走り続け、数多くの賞を独占し続けた作品。

しかし、アカデミー賞ではクラッシュに作品賞を譲り、監督賞脚色賞作曲賞受賞。



1963年、

ブロークバックマウンテンで羊の放牧の管理をする短期バイト(みたいなもの)で知り合った

二人の青年。

彼らは二人でキャンプをしながら、仕事を協力してこなし、友情を深め合っていく。。

そんなある日いつしか二人の感情がその友情を超えてしまうものになる。

そして、任期を無事終了し、彼らはそれぞれ里に帰り、別々の人生を送っていくのだが・・・






テーマが「同性愛」というだけに、どうしても引いてしまいそうだけれども、

この作品は男同士の「純愛」を美しくも切なく描ききっています。

最後には、深い深い共感さえ覚えます。



ブロークバック山があまりにも美しく、音楽も美しい旋律で、心に残る作品です。

この映画も、前回紹介したクラッシュに並ぶ、オススメ映画です。




ちなみにDVDはコチラ→ブロークバック・マウンテン プレミアム・エディション[2枚組]








__________________





ここをクリックで、人気blogランキングに投票です。


↑おかげ様で112位ですっ☆いつもありがとうございま~す♪











Last updated  2006/10/23 08:50:28 PM
コメント(6) | コメントを書く
2006/08/23
カテゴリ:ネット


【女子大生クリエイター】“はあちゅう”プロデュース 2,000部限定!!レビューキャンペーン実...【はあちゅうプロデュース、2007年手帳】



僕も買っちゃった、「はあちゅう手帳」笑♪♪



慶応大学3年生で、大学生活を送りながらいろんな仕事をこなし、

同じ大学生として、尊敬、憧れをもつ

超有名ブロガーのはあちゅうさんが今度は手帳をプロデュースしたらしいです。



ってことで、すごいなぁすごいなぁ~って感動しちゃったので、ブログで紹介しちゃいました☆

あまりに感動しちゃったんで自分も買っちゃいました(笑)♪2000部限定らしいです。







【女子大生クリエイター】“はあちゅう”プロデュース 2007年手帳 ←詳しくはコチラ。








(はあちゅうさんへ)

手帳プロデュース、すごく感動したので記事にさせていただきました。

プレゼントキャンペーンはC賞のはあちゅう賞を希望しまーす☆☆よろしくお願いします♪









________________





<富士登山日記完成しました☆>(せっかくなのでまとめときます)

富士登山その1

富士登山その2

富士登山完結編





________________





ここをクリックで、人気blogランキングに投票です。


↑現在おかげ様で152位です☆











Last updated  2006/08/28 02:03:57 AM
コメント(4) | コメントを書く
2005/10/14
カテゴリ:ネット
今日の日常の日記を適当に流したのは、このことを書きたかったからです。
今日は、いつもと違い、少しまじめな文章です。

僕が、このブログに出会ったのは数日前。

「ブログランキング」からだった。


大学生のカテゴリでトップ3にあった「親父の最期から・・・」というブログのタイトル。


どんな内容なのかと、興味をそそり、読んでみた。


そうしたら、そこには、癌で亡くなってしまう親父さんのことが克明に刻まれていたのです。

そのブログを書いている息子さんは、なんと19歳。僕より一つ上だが、同年代。


それだけでも衝撃だった。


人のブログを読んでいて、号泣してしまったのは、もちろん初めてだ。

ただただ、そこに刻まれている人の死が悲しいからだけではない。

もちろん、その悲しさが伝わってきて涙してしまうのもあるのだが、

その19歳のアンドリーさんの愛する親父さんの死を、ブログに書き込み、そして懸命に認めようと努力している姿、
そして、亡くなったお父さんのことを尊敬している姿、
そのまっすぐさ、
そしてこのブログから教えてもらえたこと、
このブログで改めて考えさせられたこと、
そんないろいろな事が一気に頭のなかで駆け巡り、感極まってしまったんだと思う。



アンドリーさんは、お父さんが亡くなる寸前に記事のなかでこんな言葉を残しています。


親父・・・もうすぐいけるかなぁ・・・楽になれるかなぁ。

凄いと思った。本当に凄い。。
アンドリーさんは心から、父の事を愛し、想っているのが伝わってくる。その愛は並ではない。

僕は、お父さんがもしもそういう状況になってしまったら、そう言える自信がありません。
お父さんに少しでも長生きしてほしい。
そう願ってしまいます。

でも、それは自分に都合のいい考え方。
苦しんでもがいている父にとってそれは拷問のような物なのかもしれません。



亡くなった後、こんな言葉も刻んでいます。


骨はしっかり残ってた。ぶっとかった。親父らしかった。頭蓋骨もほぼのこった。

だからさ、骨壷に入りきらないから骨つぶしたり、折ったりして入れた。

最期まで、でっかいでっかい父ちゃんだった。

そう、棺も入らなくて、でかいのにしたんだよ。なにもかもでかいな父ちゃんは。

体も、人間も、懐も、存在も、俺はそんな親父に守れられ育てられてきた。だからここまでこれたし、俺も今たくさんの仲間に囲まれている。

<略>

自慢の父ちゃんだから、みんなに自慢したい。

<略>

俺は、一生かけて、父ちゃんを超える。



道徳の教科書に載せてほしいくらい胸にグッと来ます。
父親、母親の大切さ。
そういうのを改めて考えさせられた。

よく、お父さんと口を利かない。またその逆で、お母さんと口を利かない。

そんな人をよく見かける。

そういう人にも是非読んでほしいと思います。

リンクです。
最期の時から・・・







Last updated  2005/10/15 12:26:09 AM
コメント(4) | コメントを書く

全5件 (5件中 1-5件目)

1

PR

X

© Rakuten Group, Inc.