592327 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

木っ端微塵ドル箱日誌

パチンコ回想録1~5

(その1)1982年3月8日 運命のその日


幼いころから勉強が苦手で、高校もやっとのこと入学。

そんな自分でしたが、どーしても大学に行きたい!という思いになり、

大学進学を目指しておりました。

1浪していたこの頃、世間では「フィーバーブーム」炸裂中で、

バケツに満タンになったとか、心臓発作を起した人がいたとか、

パチンコに縁遠かった私でも「パチンコのデジタル化」は知っていました。

浪人生が3月になっても受験・・・。

国公立2次試験を除けばこのころは「桜咲く」の時期であろうに、

私はいまだもってディーパック?(当時流行ったリック)を当時流行っていたよう

に、だらしなく左肩にかけ、某大学の2期試験(2次ではない、あくまでも2期試験)

会場からため息つきながら出てきました。「ダメだな・・」


最初からこの大学を受ければそれほどでもないのですが、

2次となれば定員50名に対し5000名の受験生がトライするのですから、

狭き門でしょう。

かなりうなだれて中央線某駅に到着。



駅前から軽快な音楽と

「いらっしゃいませ~いらっしゃいませ~奥へ中へとお入りくだ
さいませ~~」
というアナウンスに引かれ、

駅前のパチ屋に吸いこまれました。(笑)。

たしか、「大三元」という3連式のチューリップ台でした。

1000円遊んで、持玉木っ端微塵!(念の為、こっぱみじん)。師匠!これ書いてみたかったんです。(嬉涙)

楽しかったかどうだったか、正直記憶にありませんが、

始めたばかりのタバコも吸いたかったのでどちらかと言うと、

タバコ吸いに入ったようなものでした。




高校時代は別として(あくまでも別)、この頃の自分は初めての大きな目標の為、不思議な位真剣でした。

アレだけ勉強嫌いな自分が・・。回りも天地異変が起きるぞなどと囁いていたな~。

好きなものを自ら制限。趣味の釣り、友達付き合いから、恋愛まで、全てを捨てていました。

今思えばおこがましいことだな~~なんて思いますよ。




さて、時間は16時になりました。最終乗り継ぎの私鉄駅。各駅停車に乗る寸前に、

後ろから肩を叩く人が。全てこれが運命だったのでしょう。

この友人のせいにはしておりませんが、この日、この時間、この場面。

もし、これが無ければ、この時のきっかけは絶対に無かったでしょう。(まあ、イズレはパチンコにのめりこんでいただろうが・・)

この友人も私と同じスタイル(あいつの方がカッコイイかぁ)。

そう、こやつも何処らかの2期試験の帰りだったのです。

お互い「2浪決定だな~」なんて話から、この友人、「ちょっと付き合えよ!、200円が5000円になるぞぉ!」。ナヌゥ?5000円!!。

当然ワケもわからずその話に乗りました。




ついた場所は地元駅徒歩5分のS球殿。

「あとで詳しく教えるからこの台やりな」と指示が入ったのはマルホンのプーマと言う台。「開放台」とあったので、恐らくそう指示したのでしょう。

この台、後年は1発台で世間を沸かせ、各メーカーからも同仕様の台は沢山ありました。

天下に穴があり、その穴に入るとセンターチューリップが逆さか→上向きになり、チューリップ下のケースに導く道が出来、「パンク」するまで続くというもの。

当然ルールなんか解りませんが、200円投資して、間もなく、台が「赤く発光」なんだかテカテカ綺麗になり、玉は出る出る。

丁度1箱(800発)になったころ、例の友人は「千両箱」と書かれた木箱に沢山玉を入れ、カウンターに向かっています。

そして、「今度はお前の番だ」といい、私の箱を持って何やら青っぽいマルホンの台へ。指令が出ます「とにかく弱く打て!、ここに入れたらフツーに打つ」。

打ってすぐにその左チャッカーに入賞。何やらインベーダーゲームのUFO出現の音みたいな音がすると、友人Sは「少し強く!」と叫びます。

センターの大きなチューリップが開き30秒位でしょうか・・・。

既に800発持っていた自分に友人がもう一箱用意してくれます。

この頃の箱は「青箱」と呼ぶ小箱で800~1000発入るものです。
$箱は木製で(今のスロット木箱)約3000発入りました。

チューリップが時間切れで閉じると、友人は玉を下ろそうとします。「移動だ!」???????????。

しかも「あと3台でイケルな?」と意味不明の言葉。次にまた指示された台へ・・・。今度は「メイいっぱい強く打て!」???

全くわかりませ~~~ん。

右に先ほど狙った左チャッカーと同じものが付いていてそれを狙うということです。

本当に間もなく、チャッカーに入り、また30秒のチューリップが開きます。
これも役が閉じると「移動!」の指示が・・・。

パチンコって忙しいんだなぁ。(笑)

次の台を指示され、同じ動作をしたあと、友人は「千両箱」を持ってきて「さあ、帰るぞ!」

わけも解らず、カウンターに行き、「ライター石とボールペン」に替え、徒歩で2分の換金所へ。

当時は今みたく、ホールに両替所が隣接しておらず、まさにヤミ取引のような雰囲気が漂っていました。なんだか大人になった雰囲気←アホッ!(爆)



投資200円、換金5250円、プラス5050円。

この5050円が、どんなに高いものに付き、どんなに人生に影響したことだろうか・・・。

知る由もありません。



ここで補足。

何で友人は移動を指示したか?・・・攻略法なんです。

で、ここでその攻略法を説明。

台名「兎と亀」マルホン、ALL15(この店は15)、電役機になるのかな?

ルールは、下に信号機のような3つのランプが付く表示があります。

入賞チャッカーは3箇所。

左入賞=左ランプ点灯+センターチューリップ5秒OPEN

右入賞=右ランプ点灯+センターチューリップ5秒OPEN

中入賞=中ランプ点灯+センターチュリップ10秒OPEN

そして、このランプが3つ点灯すると「大当」で、BIGなチューリップが30秒開く。

つまり、友人が指示した台は「テンパイ」台で、付いていないチャッカーに入賞させて当りを取り、蟹歩きをするというハイエナ打法だったのです。

当時は移動は当然にOKでしたし、一般台が主流でしたので、こういう方法が取れました。

「本日登場した機種」

★プーマ(マルホン)、ALL13

 センターチューリップ入賞でセンターケースに入り易くなる。
 
 センターチューリップ入賞(パンク)迄継続。


★兎と亀(マルホン)、ALL13、15.

 詳細は上記参照。バージョン多数あり。後半は「海賊基盤」が出まわり、1発台 が東京や埼玉に存在。


----------------------------------------------------------------------

(その2)1982年3月末日  代々木ゼミナール



・・・というわけで(どういうわけよ?)2浪決定。(大爆)

友人2名より予備校の申し込みに誘われ代ゼミへ。

とりあえず、この年も、「本科」に参加せず、英語と苦手の国語のみ。

申し込み終了後「さ~行くか!」と誘われ、予備校近くのパチ屋へ。

いきなり先日「攻略法」からの入門だったので、

パチンコに攻略はツキモノという先入観が立ってしまった。

そのパチ屋に先日の「兎と亀」があるか?一通り見まわすが、ナシ。

既に友人HとH2は慣れた手つきで打ち始めている。

タバコ臭い店内、何気に演歌が似合う雰囲気、パンチパーマの店員、

何よりも「ドス」の効いた声でのアナウンス・・・。

どれを取っても不思議な世界でした。

HとH2は三共の「キングスター」でボチボチ出しています。

私は、先日打った「チーター」でイキナリ大当たり。

パチンコって遊べるんだな~・・・。

結局は、タバコ数箱とお菓子に交換。

友人2名はソコソコ換金。なので、たかる。(笑)

2回目の浪人初日がこーなんだから、このあとは良いわけはありません。

友人Hも「初日からコレだもんな・・・これで1年通すんでは?」

その一言が本当になろうとは。

さて、友人の打ったキングスターはとても印象的でした。

早いハネの動きに対し、玉の入り方もダイナミック。

見てて面白いと思ったのはV入賞の瞬間。

奥に吸いこまれるようにして入賞し、一拍置いてから大当たり動作。

新鮮でした。

この時点では「こんなことしていないで、俺は頑張るんだ!」

そう思っていたけど。数ヶ月後には別人のような自分がありました。(汗)


「本日登場の機種」

キングスター(三共)、ハネモノALL13
初代は10カウントナシ、V継続は8Rまで。
最後の開閉でV入賞すれば、「リターン」と呼びW。
チャッカー1で0.3秒のハネ開閉1回
チャッカー2で0.5秒のハネ開閉2回
役モノ中央のレール?のようなものにうまく乗るとVゾーンへ
後半の殆どのバージョンは10カウント機。
10カウントであることを、意外に知らない人が多い。

                                つづく

----------------------------------------------------------------------
<その3>1982年6月末日  初めてのフィーバー


この頃はまだ、「依存症」に迄は至っておりませんでした。(笑)

だけど、週1位で、「兎と亀」を息抜にはしておりました。

予算1000円以内、目標1000発。つまり1~2Kプラスになり、気分が落ち着けばという程度のものです。

友人数名がこの頃、「兎と亀」で稼いでいた為、誰も打っていない日や遅い時間のみ。

あまり早い時間だと、まだ「テンパイ台」が無いため、夕方か閉店間際がチャンスです。

勉強に気が入らない時にはもってこいのリラックスタイムでした。

その程度のパチンコでしたが、私にも初めてセブン台を出す日が来ました。

マルホンの「ビクトリー」というセブン台。

ルーレットがあり、時計の6時がVになっていて、Vに止まると大当たり。

大当は10R継続、その他は全て3秒アタッカーが開く小当です。

その日は地元店S球殿新装17時開店。母と父は先に勝負。

後から私が行くと、既に2人とも持玉遊戯。

セブン台は1万発打ち止めで、母は豊丸の新台「バックファイヤー」で2回当、6000発強の持玉!!

私に500発ほど玉をくれ、その玉で「ビクトリー」に挑戦。

出てしまったんですよ。5分もしないうちに・・・

でもね・・・。Vゾーンに玉が入らないんですよ。

Vゾーンが細工してあって、入りにくく加工されてるんです。

で・・・2Rでパンク!!!

私らしいと言えばそれまでなんですが、初フィーバーがパンク!


この頃の台は1回の当りで2500~3000発出ます。

2Rパンクなんて洒落になりません。(大涙)

頑張ってみましたが、21時の閉店時間。

投資はゼロ。だけど、1000発近くの精算だったと思います。

当時のセブン台は大当確率が1/500とも1/1000とも言われておりました。

しかし、ALL13であること。回る度にアタッカーが開くこと。チューリップが連動式であることなどなど。ものすご~く遊べました。

従い、当らなくても3000発位は出ることもあります。

射幸心をアオルという理由で徹底マークされ、その後の業界の流れに影響したわけですが、玉持ちに関しては抜群なモノがありました。



初めて大当たりを体験したけど、いまだに悔しい1日でありました。


「本日登場の機種」
ビクトリー(マルホン)ALL13、セブン機。確率不明。
24個だったと記憶しておりますが、コマがあり、「V」で止まると大当。
大当=30秒のアタッカーオープン、最大10R継続。約2500発。
小当=上記以外の位置で停止、3秒オープン。
天=左チューリップに連動
左と右チューリップは左右落し上チューリップに連動
両肩=左右チューリップに連動。

マルホンの台は大当たりするとあらゆるランプが点滅し、台枠ランプの非常にカラフルでした。当時台枠ランプを有する台は少なく、非常にハデでした。
ルーレット式は恐らくこの台が初めてでは?と思います。その後、西陣からターボRというルーレット式が登場致します。

----------------------------------------------------------------------
                          
その4パチンコに凝り出した頃の台

1982年、どんな台があったか・・・。書いてみます。
記憶での作成なので、誤りがあるかもしれません。ご指摘戴ければ幸いです。

写真があれば登載すると良いのでしょうが、そのようなものありませんし、そのような技術がありません。(爆)

種別は正規にあるのでしょうが、ドル式に4つのカテゴリーに致しました。

セブン台=「777」などで大当する「超特電機」。概ね、ALL13、10R継続。

ハネモノ=所謂ゼロ戦式のもの。玉持ち抜群。このころは10カウントなし。

権利モノ=丁度、この年の前後よりHITしました。Vに入賞後、8R継続かVに再度入賞迄権利あり。

平台=今回は1発台式の台をあげさせて頂きました。

「三共」

セブン台=   フィーバー(ALL13、大当30秒×10R,その他10、5、3秒のオープン)

ハネモノ=   ギャラクシーダイバー(ALL13)

権利モノ=   スペースバロン(天下、両脇、時々役モノの隙間から入賞、ヤクモノには穴が複数有り、ピンボールのように穴から穴へ渡る

平台=     チーター(天下、両脇から入賞、センターチューリップOPEN,パンクまで継続)

「平和」

セブン台=   ブラボー(ALL15、大当は333.777で30秒×10R、中当10秒、小当1秒)

ハネモノ=   ゼロタイガー(ALL13。ハネモノの元祖。大HIT)

権利モノ=   バトルエース(ALL15、天、天両サイド、脇から入賞)

平台=     エンジェル(ALL13、天脇、珠に天から、入賞。天使が万歳し、その脇の下が入り易くなる。)


「西陣」

セブン台=   ターボR(ALL13、大当はルーレットの777と小デジ7、中、小当あり)

ハネモノ=   スペースジャガー(ALL13,本当に玩具のような役だが、性能抜群。その為、落しがキツイ)

権利モノ=   エレックスタイフーン(ALL15,下に小さな風車のある役に入り、V入賞で権利獲得。ALL[15なので、凄いパワー)

平台=     エレックスファイヤーバード(ALL13、平和のエンジェルに似た台)

「京楽」

セブン台=   サンダッシュ(ALL13、777+7で大当、30秒×10R、中、小当あり)

ハネモノ=   スーパーワンダー(ALL13、V入賞は他社よりも入りやすい分、ゲージがきつい。名機)

権利モノ=   コスモアルファ(ALL13、2/6の赤穴入賞で権利発生。止め打ちで攻略)

平台=     すんません、思い出せません。あえて言えば「アトミック1」

「大一」

セブン台=   アイドルセブン(ALL13、大当777+7、中当りなし、小当1秒)

ハネモノ=   記憶にありません。何かありましたか??

権利モノ=   エースナイン(ALL13、3/9の赤穴で権利発生)

平台=     これも記憶にありません。

「マルホン」

セブン台=   ビクトリー(ALL13、表示上は1/24?だったけど、なかなかVに止まらない)

ハネモノ=   グラマン(ALL13、えっ?と思われた方も・・。三洋版とマルホンがありました。こちらの方が辛い)

権利モノ=   ロータリー(ALL13、1/3の穴に入賞、権利発生。)

平台=     プーマ(ALL13、天下入賞、センターチューリップOPEN)

「三洋」

セブン台=   パニック(ALL13、所謂カニパニック。蠍?のヤクモノで、Vゾーンはヤクモノ以外のところにあり)

ハネモノ=   グラマン(ALL13、マルホンのよりVゾーンが広い)

権利モノ=   覚えていない(笑)

平台=     ワンワン(ALL13、正式名称判らず。台にワンワンと書いてあったような・・。チーター型)

「その他」

セブン台=   バックファイヤー(豊丸)、スーパーヒーロー(ニューギン)

ハネモノ=   零戦(豊丸)、スクランブル(奥村)

権利モノ=   スコーピオン(西陣)、バカチョンチューリップ(三共)

こんなところでしょうか??
きっとパチンコ博物館に行けば目と耳で確認出来るでしょう! 

--------------------------------------------------------------------

その5 無気力

さすがに2浪もすると、机に向かっているのがイヤになります。

夏頃からなんだかやる気が失せ、気分転換のパチンコに足が向くようになりました。

この頃、事情があって引越しが連続してあり、大ゴミで机も捨てられ、尚更何もしたくない頃であります。そーいう理由に付け込み。(笑)。

ついには朝一番でホールに並ぶ自分の姿がありました。(爆)

そーは言うものの受験シーズンはやって来ます。

先に受けた5校中4校は自信があったのだけど、ことごとく落ち、諦めと、方向性の失いつつある自分に、相当な嫌気がさしておりました。

最後の受験の某大学は難関。都の西北に位置するなんでドルが受験するんだよっ!というような名門。

もうそれが最後と発表待ち1つだけなので、完全に諦め状態。

なので、受験の前日は、「やる気出ない」を理由に、朝からホールへ。

西陣のターボXというセブン台。

スタートチャッカーは3つあり、アタッカーは4つのロケットでタックルを組んで役に入れるという仕組み。

3つあるスタートチャッカーも左は左の2つのロケットがL字になり、玉を導く。
中央は中央の2つのロケットが玉を拾う。しかも、チャッカーの下にチューリップがあり、回る度にチューリップも開く。右は右2つのロケットが逆Lになって玉を拾う。

中央入賞の場合はつまり、チャッカー入賞→回る→チューリップ開く→ハズレなら2つのロケットが3秒間玉を受ける・・・という仕組み。

1スタートで26球+拾い(平均2つ)で約50発の玉が期待できちゃうんです。

そんな台を朝から昼飯「ヌキ」で19時迄粘る。

そんなことしているんだから受かるわけは無い。

19時頃、店員がやってきて「打ち止め」札を。

3000発定量だけど、実際は2600発しかない。でも打ち止め。1回も当らないのに。

この台を打つときは大当は期待しません。それよりも、小当の3秒と中当の10秒(7以外の同数字3つ又は77×)で玉を増やす事しか考えません。

当時はチューリップがたくさん有ったし、ハズレでもアタッカーが開くので、釘が良いとソコソコ出たものです。

打ち止め時、かなりの疲労感と絶望感、寒かったことは今でもはっきり覚えています。確かに6K程の勝ちではあったけど、負けたような感覚だったな~。

後日、この台に攻略法があることを知ります。

しかし・・・。

<本日登場の機種>
ターボX(西陣)。大当確率噂で1/500、ALL13

3つあるスタートチャッカーは右肩=A,Bのロケットでタックル。
中央=B,Cのロケットでタックル。
左=DとC(あえてC,Dではない)のロケットタックル。但し、このDCは玉を拾うことは難しい。単なるアクションみたいなもの。

天=ヘソ下チューリップに連動。

左右にチューリップ連動の入賞口あり。
ちなみに風車がメインのゲージには無く、全く意味の無い飾りの風車でした。

--------------------------------------------------------------








© Rakuten Group, Inc.