698330 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

62kgから47kgを目指すおかあさんのダイエットブログ

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿

カテゴリ

カレンダー

サイド自由欄

2017.09.18
XML
カテゴリ:本の感想
2017/9/18(月)
ダイエット無関係!

映画「ダンケルク」を観てきました。

息子くんと。
息子くんの推しで。

これは、、、私的には年明けのアカデミー賞作品賞決定です。

類を見ないタイプの史実(第二次世界大戦)を舞台にした映画でした。

驚いて寒気がする程。

史実の説明はほぼ無し
「ダンケルクの港にイギリス、フランスの兵士40万人が追い詰められた」

その一言だけ。

軽く息子くんが史実のレクチャーをしてくれていたのだけど、それがなければもっと怖かったと思う。

100分ほどと短い映画だとは分かって観始めたけど、、、長い長い恐怖の時間が続きました。


これは、映画史に残ると予感。
少なくとも私の映画史には残る。

普段、マーベルなんかの「お決まりのストーリー」を喜んでみている私ですが、

いつの間にか出来ていた「戦争映画のお決まり」を裏切りまくる展開。

興味のある方は出来るだけ予備知識無しで、映画館で観覧されることをお勧めします。

以下、若干のネタバレというか恐怖の緩和材料になることを記します。








映画をみてからザッとネットでダンケルクの戦いの背景を読むと、おそらく、イギリス中の民間船が救助に向かったという事実以上にドイツ軍の失策が理由になり、40万人が殲滅されることなく帰還できたんだなと理解。

36万人が帰還できたという事実からみて、映画ほどに繰り返し打ち寄せる波のように恐怖からまた恐怖の体験をして生還した人がいたのか?その辺りはファンタジーな感じ。

しかし、映画とは短歌や俳句、また楽曲などと一緒で2時間以内の限られた時間でいかに観客の感情をを弄ぶことができるのか?っていうのが課題の一つだと思う。

この映画にはマジで感情を揺らされまくりました。

アカデミー賞作品賞と音楽賞決定!
決まりー決めた!

楽しくなんかない。
笑いなんかどこにもない。
慰めは最後に少し。



負けたって思ったらダメだな。
完全に敗北でも、一矢報いたと思う、思わせる。
敵にも、勿論、何より自国民に。
そして次に立ち上がる力にする。
それが政治だな。





ランキングに参加していますm(_ _)m
にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村



【ダイエットの経緯】
なんちゃって糖質制限で2014年の初夏から年末までになんとか50kgまで減量できたのですが、最終目標の47kgにどうやっても到達できず、
60kg級超丈夫な胃袋にさいなまれ七転八倒しています。

2014年最大62kg
2014年7月糖質制限開始58kg
最低体重記録 2015/1/31 48.05kg
2014/12/31 49.05kg
2015/12/31 52.40kg
2017/ 1/ 6 54.00kg
16年11月半ば50kg→2017年1月6日に54kgの大リバウンドを取り返すべく再スタートです。

【課題】
これからの人生、「体重何キロで何を食べて生きるの?」をはっきりさせて
食欲に振り回されない生活がしたい。

【2017年の目標】
・49kg台に戻す。戻せたらその後47kgを目指すけれど体調維持重視でこだわり過ぎない。
・離婚


ランキングに参加していますm(_ _)m
にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村





「カロリー収支をマイナスに」を毎日の目標にして2016年の6月から着用しています。
キッチリ収支を管理できれば体重管理はできるー!
けど毎日毎日食欲に負ける。
動いてますよ!毎日10km歩くがノルマかな。

PS-600B【税込】 エプソン ウェアラブル脈拍計(エナジャイズドブラック) EPSON PULSENSE 液晶表示タイプ [PS600B]【返品種別A】【送料無料】【RCP】




2014年の夏、この本に出会わなければ一生60kgBMI25だったに違いない。

炭水化物が人類を滅ぼす [ 夏井睦 ]




2016/2/21私流ナンチャッテ糖質制限ダイエット
日々修正しすぎて最近はカロリー収支を重視しています。糖質制限緩めまくりです。









最終更新日  2017.09.18 22:05:24
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.