000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

人生3万日しかない(土曜日)

2014.09.01
XML
カテゴリ:日記
プレミアムシアター C.P.E.バッハ生誕300年記念コンサート/ロ短調ミサからクレド、ヘンデル、C.P.E.バッハの交響曲・モテットなど。大バッハの音楽の厚みに比べるとC.P.E.バッハは矢張り薄いなどと先入観で聴く。

プール/新学期が始まったので普段の老人たちの静けさ。府中ロイホ、聖蹟/銀行にてエク定期チケット代金振り込もうとして暗証2回ミス、窓口で教えてもらい無事終了。


サバイバル宗教論-【電子書籍】
図書館リクエスト待ちの方がつかえているだろうと佐藤優「サバイバル宗教論」。

人間は神ではない。しかし、人間が神になれると勘違いしたのが宗教だ。だから人間は宗教というものを徹底的に批判していかなければならない。人間は、自分が手に触れることができる世界の外側について、どうしても考えてしまう。そこで重要なのは、人間が神について語ることはやめて、神が人間について語ることに謙虚に耳を傾けることだ。そして牧師という立場にいる人は、説教壇の上から神の言葉を語るように努力せよ。それは不可能なことかもしれないが、不可能の可能性に挑めと。

これは別の言い方をすると、天才の時代が終わって使徒の時代に帰れということです。


にどういう意味かと考えこみ、結局、「科学は帰納、宗教は演繹」と取り敢えず理解。後刻、「使徒的人間」なる言葉があったなあと思い出し検索して次の記事発見。

バルトによれば、人間の言葉で神を語ることは不可能であり、人間の言葉で語られるものは本当の神ではありません。神学の研究とは、「信仰するために理解する」という“哲学的人間”ではなく、「信仰の先に理解がある」という“使徒的人間”による探求であり、それは神と相対することでなく、神の中に入って理解するということであるというのです。

なるほど、「信仰の先に理解がある」が使徒的人間=「科学は帰納、宗教は演繹」とメモっておこう。「信仰するために理解する」から態度変更出来るかどうかは分からぬが収穫だった。

朝ドラ、歌謡曲、新婚さん×定量寝落ち。11328歩×朝80.25夜80.75。米与野党の有力議員がロシア批判、「ウクライナに武器供与を」

201409020505_1577_iphone.jpg






Last updated  2014.09.02 05:09:30
コメント(0) | コメントを書く
[日記] カテゴリの最新記事

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile


土曜日7654さん

キャッチフレーズは未入力です。

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
無趣味 

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

土曜日7654@ Re:ノヴェンバー・ステップスとユニクロと吉田秀和(03/04) あ、こんなところまでわざわざ。こちらこ…
nomomania@ Re:ノヴェンバー・ステップスとユニクロと吉田秀和(03/04) 拝聴させて戴きました。 この度は本当にあ…

Freepage List

Headline News

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.