000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

We're Not Gonna Take It

PR

Profile


おおおこうち

Freepage List

Category

Archives

2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

2007年08月01日
XML
カテゴリ:
アール・ヌーヴォーを代表する画家、アルフォンス・マリア・ミュシャのオリジナル・グラスネガを元に製作された「写真」を集めた写真集。

当時の画家が芸術としての絵画を無くしてしまうものとして毛嫌いした「写真」と言う新技術を当時のアール・ヌーヴォーの巨匠として名高いミュシャが「日記をつけるように写真を撮った」と言うほど写真を身近に撮っていたと言う事実が面白い。
まぁミュシャの場合は、工業デザインやなんかの分野でも巨匠な訳だから色々な物に興味を持ってしかるべきだとは思うが。

残念な事にこの本にはミュシャの絵が表紙にしか載ってないのだが、それでもモデルの背景に「ジスモンダ」が飾られていたり、いかにもミュシャ的な構図の写真があったりしてなかなか楽しめる。
アトリエの写真なんか「あぁ!ミュシャはこう言う花を見て書いてたのか!」と納得出来る。花だらけ。

そのほかにもミュシャの個人的なポートレート、家族の写真であったり、自画像であったり、友人の写真も見る事が出来る。
友人の中に「ゴーギャン」とか「ロダン」とかが写ってるあたり、歴史を感じさせられる。
って言うか、ロダンってミュシャと親交があったのか~。

ちなみにミュシャが愛用したのは「イーストマン・コダック社」の「フォールディング・ポケット・コダック」だそうで、カメラや写真に興味の無い俺でも、ちょっと見てみたいと思わせるデザインだった。

ミュシャ好きな人にはなかなか興味深い本だと言える。オススメ。






Last updated  2007年08月01日 22時29分15秒
コメント(0) | コメントを書く
[本] カテゴリの最新記事


Calendar

Favorite Blog

JOH page JOH55さん
ベガサポ日記from東京 vega0828さん
泣ける、笑える映画… kappa-ksemiさん
わらしべ工房 畳屋… わらしべ01さん
おへなBLOG へなへなおさん

Comments

 福田好昭39@ 所さんのファンは遊んで暮せ どうもはじめましてこんにちわ、日本全国…
 tenkinママ@ Re:弁当(05/10) はじめましてヾ(@~▽~@)ノ 素敵なお弁当で…
 おおおこうち@ NAKASHI2003-KEKSさん 干物も良いですね! 脂の乗った魚を一夜…
 NAKASHI2003-KEKS@ Re:揚げ物(08/30) 酒の肴はやっぱり干物ですかね~・・おっ…
 おおおこうち@ 通りすがり子さん 美味しいですよね~。子供に食べさせる時…

Recent Posts


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.