301835 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

We're Not Gonna Take It

PR

全62件 (62件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

生き物

2007年08月26日
XML
カテゴリ:生き物
また今日もスズムシが羽化していた。
これでオスが3匹。

しかも休日だったので念願の白い翅のスズムシの写真を撮る事も出来た。
上のほうには脱皮したばかりの抜け殻もある。

・・・ただ、霧吹きで濡れたプラケース越しの写真なので、あまり綺麗とは言えない写真になってしまったが。

数日中には輪唱も聞かせてくれることだろう。
ちょっと楽しみだ。うっしっし
本日のBGM:「散歩道」JUDY AND MARY 1998年






Last updated  2007年08月26日 21時08分25秒
コメント(2) | コメントを書く


2007年08月25日
カテゴリ:生き物
昨夜、気温も下がってきたからと、エアコンをかけずに部屋中のドアや窓を開け放して寝に入ったら、廊下から何か音がする・・・。

20日に羽化したスズムシがとうとう初鳴きしたようだ。スピーカ

時刻は午前2時。

2階から玄関のスズムシの声を聴いている分には、睡眠の妨げになるほどは耳につかない。
まぁこれが輪唱するようになったらどうかは分からないが。

まだまだ途切れ途切れの微かな鳴き声だが、やっとスズムシを飼ってると言う実感が出てきた。
これで、頑張って世話が出来るぞぐー
本日のBGM:「キスして欲しい」THE BLUE HEARTS 1987年






Last updated  2007年08月25日 11時29分33秒
コメント(2) | コメントを書く
2007年08月21日
カテゴリ:生き物
アリ伝説の中で巣を作っていたアリが最近元気がなくなってきた。
元気がないというか、巣の拡張をやめてしまった。涙ぽろり

これではつまらないので、イチかバチかアリを全部開放し、別のアリに入れ替えてみる事に。

しかも、娘の意向で「でっかいアリが良い!!と言う事になった。

今までのアリの倍ほどの大きさ、7mm弱の(たぶん)クロヤマアリを7匹ゲット。
これは観察しやすいなぁと満足していたら、数分後には今までのアリが作っていた巣を自分たちのサイズに拡張し始めていた。

今までの巣の倍以上太い巣が着々と作られていく様はなかなか壮観。
しかも枝分かれする道とか部屋のような空間とか、「アリの巣」と言われて頭に浮かぶ形が見られて面白い。スマイル

はじめからこのアリにすれば良かった。

画像で分かるかどうか不安だが、柱状の太い空間にスパイラル巣まで作ってある。
これだな。これが見たかったんだ。ドラえもんの「アパートごっこの木」みたいな部屋が。
日曜に入れ替えして、僅か2日でこの状態。しかもまだまだ拡張しまくっている。

これから何処まで巣が広がるか楽しみだ。
本日のBGM:「木綿のハンカチーフ」太田裕美 1975年






Last updated  2007年08月21日 21時34分40秒
コメント(4) | コメントを書く
2007年08月20日
カテゴリ:生き物
帰宅してみたら、スズムシが1匹だけ羽化してた。

しかもどうやら出勤直後から午前中位には羽化したようで、翅は既に真っ黒。
う~ん、白い翅の固体も写真に撮りたかった・・・。しょんぼり

でもまぁ羽化第1号が♂だったのは幸先が良い。
これで早ければ明日にもスズムシの声が聞けるだろう。ちょっと楽しみ。

ところで、楽天ブログのテーマに、ペットの昆虫についてのテーマが見当たらなかったので、テーマ『飼っている昆虫のこと』を新たに投稿してみた。
初めてのことなので、本当にこれで良いのかどうか自信が無いが、使っていただけるとちょっと嬉しいかも。
よろしくお願いします。バイバイ
本日のBGM:「GREEN DAYS」槇原敬之 2007年






Last updated  2007年08月20日 21時05分16秒
コメント(10) | コメントを書く
2007年08月19日
カテゴリ:生き物
昨年に引き続き、今年もビオトープにヤゴがやってきた

しかし、今年は慌てない。音符
白メダカの数が去年とは桁違いに多いと言うのもあるが、去年ヤゴを発見した時にネットで調査して、「アジアイトトンボは基本的に草食に近い食性で、動物性の餌はボウフラ程度しか食べないらしい」と言う情報があったからだ。

と言う訳で、ヤゴを見つけても放って置いたのだが、今朝気付くと、スイレンの葉の上にヤゴの抜け殻が沢山あった。
数えてみると、どうやら20匹以上はココで羽化していったようだ。

で、ヤゴの抜け殻を写真に収めていると、目の前をトンボが横切っていった。
ベランダの柱に止まったトンボを見てみるとまさしくアジアイトトンボだ!!

アジアイトトンボ

家のビオトープ産アジアイトトンボだろうか。そう考えると嬉しくなってくる。スマイル
こう言うのがビオトープの醍醐味なんだろうな~。

来年も再来年も、このビオトープで生まれた自然の生き物が巣立ち、帰って来て、生物サイクルが出来てくれると面白い。
ちょっと嬉しい発見だった。
本日のBGM:「あの鐘を鳴らすのはあなた」和田アキ子 1972年






Last updated  2007年08月19日 21時00分07秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年08月18日
カテゴリ:生き物
今朝は早起きして撮影散歩へ。珍しく上の娘も一緒に行く事になった。
娘の案内で普段なら気付かないような脇道も探検。
気温が低いせいか、朝早かったせいか、虫も魚も少ない。

そんな中、下の娘が見つけたのは「ハートの葉っぱと朝顔」だった。
ハートの葉っぱと朝顔

なかなか良い写真が取れたと満足しながらの帰り道。
クロアゲハを発見!!
しかし、上手く写真を撮る事は出来なかった。NG
俺はアゲハ系と相性が悪いのかも知れない・・・。

しかし、モンシロチョウは上手く撮る事が出来た。
止まってる蝶にも、飛んでいる蝶にもキッチリピントが合って、何か今までで最高の出来かもしれない。
でも、縮小しちゃうと何て事無い写真になってしまうので、ちょっと大きめな写真もアップ。
写真をクリックするとVGAサイズの写真を見れるようにしたので、興味があれば見てやってください。
モンシロチョウ

本日のBGM:「シクラメンのかほり」布施明 1975年






Last updated  2007年08月18日 21時08分33秒
コメント(2) | コメントを書く
2007年08月17日
カテゴリ:生き物
と言う事でやってきた謎の生物5匹。

一応飼育方法や生態などは事前に調べてはいるものの・・・やっぱりこんなゴキブリに近い形をした生き物を飼うのはちょっと腰が引けるなぁ・・・。しょんぼり
まぁ何にせよとにかく俺の家にやってきた生き物なのだから、精一杯の世話はさせてもらおう。
俺の中の線引きでの精一杯ではあるけれど。雫

まずここに断言しておく。
俺は絶対に触らないぞ。炎
餌とか水分とかそういう世話はするけれど、絶対絶対触らない。
って言うか触れない。涙ぽろり

腹はぶよぶよしてるし、触角はふよふよ動いてるし、もう・・・

これで鳴かなかったらキモイだけなのに、「芸は身を助ける」とはまさにこの事だ。
おいスズムシよ、ゴキブリ同様に駆除されたくなかったら、せいぜい良い声で鳴く事だな。どくろ
本日のBGM:「しょげないでよBaby」B.B.クィーンズ 1991年






Last updated  2007年08月20日 21時15分28秒
コメント(15) | コメントを書く
2007年08月16日
カテゴリ:生き物
平和に暮らす俺の家に、明日、何か得体の知れない生物がやって来る事になりそうだ。

その生き物は、前足の内側に耳があり、胴体に開いている穴から呼吸し、翅についたヤスリをこすり合わせて高周波の音を発する。
強力な牙を2本持ち、主に昆虫や小動物の死体などを好んで食べ、食べ物が見つからないと共食いをする。
成長するにつれ、自分の背中の皮を突き破って巨大化し、さらには自分で自分の翅をむしりとる。


そんな生き物がやって来る・・・。

怖いよぉ~~~。
今日のBGM:「Mirror」Mr.Children 1996年






Last updated  2007年08月16日 20時54分48秒
コメント(8) | コメントを書く
2007年08月13日
カテゴリ:生き物
通勤時、セミに関する小ネタを沢山見ることが出来た。
一つ一つはブログネタにするほどの事ではないが、これだけ纏まってやってくるとネタになる。

まず、家を出た瞬間に鳴り響くセミ時雨。
日が高くなる前に、こんなにセミが鳴くのも珍しいなと思いながら自転車で駅へ向かった。晴れ

駅へ向かう途中、橋の上にセミの死骸。死骸。死骸・・・どくろ
僅か20mほどの細長い歩道に5~6匹の死骸が転がっていた。1匹なら「あぁ可愛そうに」で済むが、これだけまとめて死んでると何か気持ち悪い。
間を縫うように走り、JR仙石線へ乗り込む。

お盆の期間と言う事だろう、いつもより空いている車内。珍しく座って仙台へ向かう事が出来た。
のんびり座っていると、向かい側の席の乗客たちが突然ウェーブを始める。荒波
左端の客が身を乗り出したかと思うと、次はその隣の客、隣の客と右端まで。
ちょっとざわめく車内。
ざわめきが収まったかと思った2~3分後、今度は右端から左へ向けてウェーブ。荒波
しかも今度は左端のサラリーマンが身を乗り出した体勢のまま固まっている。
何事かと思い、その富永一郎に良く似たサラリーマンの背もたれ部分を見ると、そこにアブラゼミが止まっていた。
どうやら、乗客のウェーブはこのアブラゼミを避ける為に行われていたらしい。
結局仙台に着いてもセミはその場所に止まりっぱなしだった。

福島に到着して県庁前を歩いていると、大きな杉の木が生えているのだが、ある1本の木だけにセミの抜け殻が大量にくっついている。
会社の先輩の説明によると、セミにも脱皮の名所みたいなのがあるらしく、こう言う抜け殻の大量にある場所って言うのは結構良くあるらしい。
でも1本の枝に10個以上の抜け殻がくっついている様は、ちょっと異常で気持ち悪かった。それの一部が上の写真。

そのまま抜け殻地帯を通り過ぎて県庁の入り口に差し掛かると、玄関先に何故かアブラゼミの翅だけが7~8枚散らばっている。
体はアリにでも食われたのだろうか?
良く見なければ枯葉と見間違うので特に問題にはなっていない様だが、気付いてしまった俺としてはやっぱりちょっと気持ち悪かった。どくろ

セミの数が多いからなのかもしれないが、これだけまとめてセミネタが来ると、やっぱりちょっと気持ち悪い一日だった。
本日のBGM:「探偵物語」薬師丸ひろ子 1983年






Last updated  2007年08月13日 21時21分30秒
コメント(4) | コメントを書く
2007年08月09日
カテゴリ:生き物
仕事中、目の端を黒い物体が横切った。

何だ?結構でかいぞ?と思って窓の方を見ると、壁にアブラゼミが止まっていた。

「おおぉぉ!セミセミセミセミ・・・」
とか、我ながら意味不明のセリフを口走りながら買ったばかりのFinePixF10をイソイソと取り出して撮影したのがこの写真。

う~ん、綺麗に写るねぇうっしっし

写真を撮っていると、会社の先輩が「うん、これはアブラゼミだね。」「お、これは、羽化したばかりの成体だ」などと、何でそんな事をわかるのだ?と聞き返したくなる言葉を連発。
翅が透明じゃないからアブラゼミだって事くらいは分かるけど・・・

俺「なんで羽化したばかりだって分かるんです?」
先輩「翅脈が緑色してるだろ?羽化したての時は翅が緑色がかってるから・・・」

・・・なるほど、納得。
この画像で見えるかどうかは微妙だけど、確かに翅脈が淡い緑色をしている。
う~ん、勉強になるな~うっしっし

写真を撮って、しばらく仕事をしていたら、蝉はどこかへ飛び去っていた。
もう2度と会う事は無いだろうけど、頑張って子孫残せよ蝉。






Last updated  2007年08月09日 00時38分20秒
コメント(4) | コメントを書く

全62件 (62件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.