000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ドリームナビゲーターの日々

PR

X

全697件 (697件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 70 >

2008.01.27
XML
全然更新せずすいませんでした

最近はもっぱらこちらのブログで書いています

ご興味ある方はどうぞ

http://ameblo.jp/dream-navi/



スペイン巡礼の話やスピリチュアル系の話や
東洋医学的な話など


おもろい方向性になっています。


みなさんのお越しまっています







Last updated  2008.01.27 14:41:02
コメント(0) | コメントを書く


2007.11.05
カテゴリ:ミッション
スペインに行き、何かに気づくと思うので
先回りして講演を企画してもらうことになりました。


どんな講演会になるかは、当日のインスピレーションと
スペインでの実体験がベースになるとおもいます。



たぶん、来ている方々それぞれに意味がある会に
なるのではないかと。



ご興味ある方は是非遊びに来てください。


タイトル
「エネルギーの法則 番外編~スペイン凱旋記念講演会~」

日  時:12月15日(土)13:30~16:30

会  場:東京現代美術館 講堂(地下2階)
      東京都江東区三好4-1-1


料  金:3,000円  *セミナー料金は当日、受付にお渡し下さい。


アクセス:
  東京メトロ半蔵門線清澄白河駅B2出口より徒歩9分
  都営地下鉄大江戸線清澄白河駅A3出口より徒歩13分
  東京メトロ東西線木場駅3番出口より徒歩15分
  都営地下鉄新宿線菊川駅A4出口より徒歩15分
  東京現代美術館のアクセス案内ページ    Googleマップ

お申込方法
E-mailにてお申込下さい。

E-mail:1215@lightworker.jp  ←クリック!
件名「エネルギーの法則申込みの件」
本文にはお名前のみで結構です。

お問合せ先
エネルギーの法則事務局
担当:小山
E-mail:1215@lightworker.jp
携帯:070-5620-6898

*同セミナーは12月28日(金)大阪でも開催します。詳細は決まり次第、お知らせします。

小山







Last updated  2007.11.06 01:10:18
コメント(20) | コメントを書く
2007.11.04
カテゴリ:ミッション
11月7日の出発まであと3日に迫りました。



不思議な流れで導かれるようにして歩く800キロの巡礼の旅。


なぜ自分がその道を歩くことになったのかを説明してくれる
メッセンジャーがまた現れました。


先日二泊三日で福島に遊びにいったときに出会った
ヒーラーのユメカさんからもらったメッセージ。


『あなたがスペインに行く理由は、前世で聖フランチェスカの弟子だったときの修行の続きをしにいくみたいですよ。

 さらに、魂の半分はスペインであなたの到着を待ってますよ。

 向こうに行くと次々と昔のことを思い出すはずなので、
 楽しんできてください』



って、ええ~っと思いながら、なんとも不思議に納得できるような
感じもして、ああ、なるほどなあっという感じでした。



そして、さらに11月2,3,4日とサラさんのマスターコースを受講してきたんですが、そのワーク中にまたメッセージが降ってきました。


『あなたがスペインに行って行う修行の続きというのは、
 天からもらった力を自分の力だと過信せず、人のために使うための
 修行の続きですよ。』っと。




なるほどなあ~。




最近この同じメッセージが何度も何度も先回りするように現れていたので
やっぱり俺はこのスペインの道で何かしらの真理と出会い、
その力の凄さに傲慢になってしまうかもしれないんだなあっと


さらにスペインへの道の深さと意味合いを感じました。





そして、今日セミナーの最終日にサラさんから直接メッセージを
貰いました。




『あなたは愛の光の伝道師です。地球上様々なところへこれからも
 導かれることでしょう。

 その始まりであるスペインでは、神からのギフトとして宇宙との一体を
 何度も味あわせてくれます。


 その体験の中から真理を掴み、またそれを人に伝えていく役割に
 深く気づくことでしょう。』と。




この1ヶ月にもわたるスペインの旅は、確実に自分の人生を変えてくれるたびになりそうです。



さらに、さらに、今回の旅は3つの課題が設定されています。



●一つ目  「龍玄さんからの提案」
 「無言行」

30日間入出国や移動時の必要最低限以外の一切のコミュニケーションをとらず、30日間ひたすら無言で過ごす。


●二つ目
「ヒーリング」  「シンイチさんからの提案」


この3日間で習ったヒーリングを使い、道行く巡礼者の疲労を和らげるヒーリングをさせていただく。ただし、無言で。終わった後も話をせず
ただ去っていく。



●三つ目
「ただ在ること」  「さきちゃんからの提案」



浮かび上がる様々な感情に飲まれることなく、ただ感じ、そのままに
しつづける。

ただ、坦々と30日歩き続ける。


この3つをやりとげようとおもっています。



目標は20日で800キロ。

1日40キロのペースです。


だいたい、1時間4キロなので10時間は歩く。


タイムリミットは途中の飛行機での移動などを含めると
最大26日。


20日で歩く意気込みで6日を予備日として設定して
向かおうと思っています。



行く前にかなり皆さんは綿密な計算をするらしいですが、
私はとにかく歩き、現場で考えるを実践してきます。


さあ、この旅がどうなるか、こうご期待!!



帰ってきたら12月15日で東京、12月28日に大阪で報告会をかねた
講演会を開いてもらうことになりました。


詳細は後日アップします。


お楽しみに。






Last updated  2007.11.05 01:28:14
コメント(2) | コメントを書く
2007.09.12
アルケミストを読み始めてから、どんどんと自分の周りで前兆が起こり始めました。





そんな周りに起こる変化に「へ~」「あっそう」「なるほど~」というような

感じで受け止めていたのですが、




今回は凄すぎるなあ。。。





どう考えても。。。





昨日教えてもらった「帆立貝のマーク」「巡礼」というメッセージから




「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」への巡礼をすることで、自分の道が開くことが

わかり、もっと色々その道に対して調べようっと思ったら・・・




『星の巡礼』というこれまた「アルケミスト」の作者が書いた生涯第一作目の作品がでてきたのです。





『え、何?』




って感じですよね。





それで昨日その事実がわかり、今日早速買ってきて読んでるんですが、もう内容が

今の状態にめっちゃ似てるんです・・・





「あ、この本このタイミングで絶対読まされてる・・・」って思ってしまうくらい深い意味がそこにあって、




パウロさん、あなた知ってたんですか?って聴きたくなるくらいです。






その中でも特に気になった二つの台詞を紹介します。




これは主人公が所属している結社の合言葉なのですが




一人がこういうと

『山が高いか低いかを知るためには、何も山に登る必要は無い』




もう一人がこういう

『船が港で安定しているが、それは船が作られた目的ではない。』













これは深いですよね。



このやりとりができると、お互い結社のものだということが認識できる。



そしてこの言葉は「頭で考えるのではなく、実践してみろ」と私は捉え、

今の私に対するメッセージだなあっと感じたわけです。






まだまだこの本は続くので先が楽しみだなあ・・・











さらに、アルケミストを読み始めた同じタイミングで読んだ人が現れたり、



星の巡礼を同じタイミングで読んでいる人が最近すごく仲良くなった人だったり




不思議なことが起こりすぎて、おもろいです。





今後楽しみです。ワクワク。








Last updated  2007.09.13 03:15:18
コメント(501) | コメントを書く
2007.09.09
カテゴリ:本日の学び
内側とのコミュニケーションをとるため、

昨日は90分ほどジョギングしながら内側との対話をしてみた。





浮き上がってくるイメージや言葉は、どんどん流れていって

今、心底自分が何を求めているのか?



という問いをつめればつめるほど、何を求めているのかが分らなくなってきた。





そんなジョギングの帰り道、ゆうこちゃん&宇宙マンに電話してみた。




眠ってたみたいだったので、また明日でいいよっと

伝えたんだけれど、ゆうこちゃん&宇宙マンは快く電話で色々と話してくれた。





そこで言われた一番のメッセージが



『今、内側とのコミュニケーションがはじまって色々と考えているかもしれないけれど、

 目の前に現れる人々に対する『思いやり』がなくなったら、何の意味もないからね。



 自分の幸せや自分の充実感や自分だけの満足でメッセージを貰おうとしても

 本当にあなたが行きたいところにはいけないからね。』




っというメッセージをもらった。





今、宇宙マンが言うには、この地球が宇宙全体に与える影響は相当大きいようだ。




その地球自体に影響を与える一人ひとりの人間もこれまたかなりの影響力を

もっているそうです。




で、その影響力を持っている一人ひとりの人間のなかでなくなってきている

『気持ち』というのが『思いやり』なんだそうです。





この『思いやり』というものを一人ひとりがもっと強く意識すると



・人が人を助ける

・人が人に優しくする

・人がまず自分から人に与える



などの行為が自然と生み出されるようになり、循環しはじめる。




循環しないエネルギーはみんな美しくありません。



全部淀み、腐ります。




今人間一人ひとりが持つエネルギーを一人ひとりが自己完結しようという

意識が増えたことで、色んな問題が発生したようです。





戦争や環境破壊、そこからくる自然現象。






すべて、一人ひとりが『思いやり』という『他を思う心』が薄くなったことで

起こっている現象です。





まずは、私一人からでも。




そんな気持ちで自分がやるべきミッションが感覚的に理解できた1日でした。





まずは一人の人に『思いやり』を持って向き合う。




その人から次の人に『思いやり』が伝わる。





そんなプラスの循環が起こればいいなあっと

思った1日でした。








Last updated  2007.09.09 17:04:05
コメント(244) | コメントを書く
2007.09.05
カテゴリ:本日の学び
心とのコミュニケーションはとても難しい。





だけど、心としっかり調和して生きることができると『幸せ』を感じやすい自分になれる。





『心』は自分自身が本当に必要だと思っている『答え』を知っていると

私はずっと考えている。





定期的に心は私達にメッセージをくれる。



一つ受け取ると、また次の必要なメッセージをくれる。



だけど、受け取らず耳を塞ぐと心は寂しくなり、心の声のボリュームを下げ始める。





一度ボリュームを下げた心の声を人はだんだんと聴くのが難しくなる。。。




その内心が自分に話をしてくれなくなる人も出てくる。





そんな人は聴かれて困る質問がある。





『今何を感じてるの?』



「何がしたいの?」



「夢は何?」



「あなたの幸せは何?」





全部心が答えをくれるもの。




小さな心の声に耳を傾け、澄んだ声を聴いた人に心はまた一つボリュームをあげ、

あなたにあなたが欲しい答えをくれる。





そうやって一つ一つ自分と向き合っていくことが

自分らしく、幸せに、イキイキと生きていく方法なんですね~











Last updated  2007.09.05 18:07:23
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:本日の学び
私の大学時代からお世話になっている方で

『龍玄』さんというおもろい人がいます。


経歴は

12 天才児

14 不良

15 大工

18 プチ投資家

20 冒険家

21 貿易商

22 スーパー営業マン

23 山篭り仙人

24 起業家

26 アーティスト

29 スピリチュアルな旅人

31 自由人&パパ

33 ワークショップ主催人&団体代表

35 出版人

38 経営者&ファシリテーター&アーティスト&パパ


とおもろい人です。


そんな人生をおもろく、生きている人が紹介する
ワークショップが開催されます


龍玄さんに興味もった人はこちらをどうぞ~
      
       ↓



----------20世紀最大の発明といわれたワーク-------------

非構成的エンカウンターグループ   with 橋本久仁彦

--------------------------------------------------------

■日程 2007年9月25日(火)PM6:00集合 
       9月29日(土)PM1:00ごろ解散

■会場 清里 キープ協会 
       フォレスターズキャンプ場内 ハリスホール

■参加費   6万円 

■宿泊&食費 1泊3食 6720円

現地払いですので当日現金でお持ちください。

お申込詳細はこちらのページから↓↓
http://www.workshopland.com/en.html

encounter
【名】 (思いがけない)出会い、巡り合い、遭遇、接触
【発音】enka'untэ(r)、【@】インカウンター、エンカウンター


-------------------------------------------------------
ファシリテーター 橋本久仁彦 さんからのメッセージ
-------------------------------------------------------

エンカウンター・グループとは、
言葉によるコミュニケーションにとどまらず、
人間の全心身の感受性を呼び覚まし、日常的なやりとりが、
そのやりとりをする人の存在の仕方に触れるレベルまで深まり、
生成されていく繊細なエナジーワークであるといえます。

グループでは、コミュニケーションを促進し、
感情を大切にし、お互いの「ありのまま」を受け容れあうことが
基本的なコンセプトとされています。

このグループは特に
「現在に存在するとあらゆる問題は溶ける」
「人生に『問題』を作り出さない在り方を見出す」
「思考(幻想)と現実を見分ける視力・認識力」
といった切り口でのファシリテーションを行います。

関心のある方、ご縁のある方のご参集をお待ちしています。 
    
橋本久仁彦

-------------------------------------------------------
橋本久仁彦さん プロフィール
-------------------------------------------------------

1958年生まれ。大阪市出身。
高校教師時代はカール・ロジャーズの
パーソン・センタード・アプローチに基づく
「教えない授業」を実践。その後アメリカやインドを遊学し、
人間同士の情緒的なつながりや一体感を最大限に生かす組織作りと、
エネルギーの枯渇しない自発的で創造的なコミュニティに関心を持ち続けている。

平成2年より龍谷大学学生相談室カウンセラー、
平成8年より龍谷大学カウンセリング課程の講師を兼職。
この間非構成的エンカウンターグループを何度も定期的に行う。
カール・ロジャーズの流れを本気で受け継いでいる
数少ないファシリテーター。また仏教にも精通している。

-------------------------------------------------------
コーディネータ 龍玄の思い・・・・・・
-------------------------------------------------------

自分を知り 相手を知り 
相手との関係の中での自分を知る

なにかの縁で集まった人々
その人たちと共に時間をすごしていく中で
見えなかったものが見えていく

そしてハートが動き出す 人生が動き出す
その時間はその後の私の人生の質に大きな変容をもたらした。

非構成的エンカウンター・グループは 20世紀中ごろに
カウンセリングの世界では有名な天才カウンセラー、
カール・ロジャースが中心となって作られたワークです。 

数百のワークショップに参加した僕ですが
あらゆるワークショップやファシリテーションの核、
あり方の原点がエンカウンターグループの 特に
非構成のエンカウンターグループの中にあると思います。

ロジャースは本気でこれで世界を平和にできると信じ
この手法を使ってさまざまな紛争を解決するなどの活動を行い
ノーベル平和賞にノミネートまでされています。

その意志を受け継いだ、本当にあったかい橋本さんのファシリテートで
このグループが開催されること、本当にウレシク思っています。

僕自身、ワークショップリーダーや
ファシリテーターをたくさん見てきましたが、
橋本さんはファシリテーターとして
本当にお勧めの本物だと感じています。。

また人間としてもその存在自体がとっても素敵な方です。


ご縁のある皆さんと素敵な出会いができること楽しみにしています。

川北龍玄英樹


お申込詳細はこちらのページからできます。↓↓
http://www.workshopland.com/en.html

------------------------------------------------------
主催 ワークショップ・ランド
03-5687-0909
mail@workshopland.com


担当 川北龍玄英樹 (りゅうげん)
----------------------------------







Last updated  2007.09.05 17:10:08
コメント(503) | コメントを書く
2007.09.04
カテゴリ:本日の学び
今日、去年からずっと気になっていたメッセージを持っている人と再会した。




会って話したいっと言われていながらタイミングがあわず、会えないまま月日が流れ、

最高のタイミングでメッセージを持ってきてくれた。





貰ったメッセージは、




『今あなたに必要なメッセージは、外側から来るのではなく、いつも内側から来るんだよ。



だから、今あなたに一番必要なのは、静けさの中での内側とのコミュニケーションだよ。』





というメッセージでした。





そのメッセージをもらったあとに、神社めぐりのお誘いがあり、これはタイミングということで

乗ることにしました。





気づくと、ちゃんと流れが想ったように出来ている。





そして、運ばれているような気持ちよい感じ。

これが運命。






それから、他にもたくさんメッセージをもらった。



『君は、食べ物でエネルギーがかなり左右されるからもっとカラダの声を聴いたほうがいいね。




昨日食べた「チンゲン菜」や「なすび」や「きゅうり」や「トマト」なんかはいいね。




さらにエネルギーをこめて、楽しみながら野菜を作っている人の有機野菜なんかは最高に合うよ』




これでピンっと来ました。今年の6月までお願いをしていたけど復活していなかった有機野菜の配達を

復活させることを。





さらにさらに貰ったのが

 『この話を君に話すとプレッシャーになっちゃうかもしれないけれど、今君が気づこうとしていることは

 私を含めて色んな存在が期待をしていることなんだ。




 だからすっごい楽しみでワクワクしているんだよ。




 だけど、君がその大いなる気づきを貰うことで、調子に乗ってしまう可能性があるんだ。

 そのときには僕がまた君に一喝してあげるから、きづきを貰ったら一報ちょうだいね。





 君が大いなる気づきを得るステップは、内側とのコミュニケーションを通して

 一つ一つのピースが徐々に見えてくる。




 その一つ一つのピースを大切に扱い、向き合い、味わうことで目の前で起こる現実の結びつきが

 見えるようになり、徐々にピース一つ一つの全体像が把握できるようになってくる。




 そして、その全体像が見えたとき、君はあることに気づくはずだ。




 それは、この世の一つの真理真実だよ。』





なんと、興味深く、そしてワクワクするメッセージなんでしょうか?





そんなメッセージをくれた人の力になんとかなりたいなあっとおもい、

プロジェクトを立ち上げることになりました。





今回メッセージをくれた 『Y 』ちゃんの個人セッション受けたい人は

ご連絡くださいね。





彼女は本物ですよ~





彼女が貰っているメッセンジャーは「宇宙マン」というらしいです。




かなりお茶目で、神聖なるメッセージをくれる人です。





ああ



これからの流れが楽しみ~








Last updated  2007.09.05 01:53:21
コメント(46) | コメントを書く
2007.09.03
今日自分の役割や向かいたい方向性についての話し合いをしている中で

自分の特性、強みは何か?という話になった。




人は何が強みか?という自分のことになると、途端に見えなくなるんですよね





そこでパートナーの惣士郎から貰ったフィードバックは、



『ゴルゴは、どんな人でもなぜか、誰にも言えなかった自分の中でのタブーだったり、秘密だったり、

辛かったことを話してしまう 聴き役としての力があるよね。



それが最高の強みじゃないかな?』




というフィードバックをもらい、確かにそうだなあっとおもいながら、だんだん自分が歩いていく道が

見えてきました。





・今来ている前兆と

・したいと思っていること、

・回りから貰っているフィードバック



を併せ持つと

どんどん今からスピリチュアルな方面での力を身につけることで




『色々見えるけど、結局あなたは『大丈夫』って言っているよ』っと人に伝えたときの説得力を

もちたかったり、



所謂一線で活躍している経営者や芸能人など自分の中で囚われやこうあらないといけないという

決め付けなんか、見える力で『あなたは、あなたのままでいいんだよ』ってことを伝えてあげることで、





その人から、その人を尊敬しているたくさんの人たちへ『あなたは、あなたのままで完璧で大丈夫』という

メッセージが広がっていくんじゃないか?という直感がきているんです。





ということで、言う暇があったら実践ということで早速今日ロビンからもった



『スピリチュアルをする人の多くが哲学をするという素地を築かずに、安易に走るから深みをつけたらええで~」




という教えをもらったので、教えてもらった本で哲学しながら現象で起こることをしっかり

受け止めて、己の力を鍛えていこうと思います。









Last updated  2007.09.04 01:21:17
コメント(0) | コメントを書く
2007.09.02
カテゴリ:本日の学び
今回は、昨日の講演会の振り返りで「決断力を如何に磨くか?」というテーマでお伝えします。





羽生さんが一手、一手を考えるときにどうやって決断し、そして、その決断力はどこから来るのか?





そんな答えをこう語ってくれました。



━━━━━━━━━

●決断力その1

━━━━━━━━━




『忘れること。本当に必要なものしか残らない。』





人は忘れることを恐れる。しかし、本当に必要なことしか人には残らないから

安心してよい。



何かを決断するときの本当に必要な情報はその忘れないものの中から現れる。





━━━━━━━━━

●決断力その2

━━━━━━━━━

『日々の生活の中に一つ新たな発見をする癖を身につけること』





決断力というのは直感力と近い所があります。

その直感力を高めるためには、日々の中に新たな発見を繰り返すことで磨かれます。




『今日私はどんな新たなことに気づいたか?』



この問いを持ち続けることです。




そのことの繰り返しで日々感性が磨かれます。




━━━━━━━━━

●決断力その3

━━━━━━━━━

『ミスしていいから、動いてみる』







自分の判断が正しかったどうかは、実際に動いてみないとチェックすることはできません。



まずは、動いてみることでその決断が正しかったかどうかが分ります。




ミス後の反省は大いなる学びと考え、まずは動くことが大切ですね。




━━━━━━━━━

●決断力その4

━━━━━━━━━

『マジョリティにならない、個性やアイデアを大切にする』




決断に迷ったときに、メジャーなもので判断しつづけると感性が鈍ります。




マイノリティーな考え方にこそ正解があったりします。



常に自分の中のマイノリティーを大切にしてください。







━━━━━━━━━

●決断力その5

━━━━━━━━━




『想定外の繰り返しを楽しむ』





常に将棋をしていると想定外のことが起こります。

しかし、そのたびごとに焦ったり、動揺していると決断力が働きません。




むしろ、その想定外を楽しむぐらいの気持ちでいるほうが、決断力は磨かれます。




想定を超えたところでの決断を繰り返すことで、決断力は磨かれます。






以上の5点から羽生さんの凄さ感じてもらえます?





勉強になりますね。




ありがとうございました。





(注意・・・実際の講演の話をかなり、小堀的見方から解釈をして小堀用語に直しているところがあるので悪しからず・・・・)










Last updated  2007.09.02 16:05:44
コメント(0) | コメントを書く

全697件 (697件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 70 >


© Rakuten Group, Inc.