000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ドリームナビゲーターの日々

PR

X

全25件 (25件中 1-10件目)

1 2 3 >

最近考えていること

2008.01.27
XML
全然更新せずすいませんでした

最近はもっぱらこちらのブログで書いています

ご興味ある方はどうぞ

http://ameblo.jp/dream-navi/



スペイン巡礼の話やスピリチュアル系の話や
東洋医学的な話など


おもろい方向性になっています。


みなさんのお越しまっています







Last updated  2008.01.27 14:41:02
コメント(0) | コメントを書く


2007.09.12
アルケミストを読み始めてから、どんどんと自分の周りで前兆が起こり始めました。





そんな周りに起こる変化に「へ~」「あっそう」「なるほど~」というような

感じで受け止めていたのですが、




今回は凄すぎるなあ。。。





どう考えても。。。





昨日教えてもらった「帆立貝のマーク」「巡礼」というメッセージから




「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」への巡礼をすることで、自分の道が開くことが

わかり、もっと色々その道に対して調べようっと思ったら・・・




『星の巡礼』というこれまた「アルケミスト」の作者が書いた生涯第一作目の作品がでてきたのです。





『え、何?』




って感じですよね。





それで昨日その事実がわかり、今日早速買ってきて読んでるんですが、もう内容が

今の状態にめっちゃ似てるんです・・・





「あ、この本このタイミングで絶対読まされてる・・・」って思ってしまうくらい深い意味がそこにあって、




パウロさん、あなた知ってたんですか?って聴きたくなるくらいです。






その中でも特に気になった二つの台詞を紹介します。




これは主人公が所属している結社の合言葉なのですが




一人がこういうと

『山が高いか低いかを知るためには、何も山に登る必要は無い』




もう一人がこういう

『船が港で安定しているが、それは船が作られた目的ではない。』













これは深いですよね。



このやりとりができると、お互い結社のものだということが認識できる。



そしてこの言葉は「頭で考えるのではなく、実践してみろ」と私は捉え、

今の私に対するメッセージだなあっと感じたわけです。






まだまだこの本は続くので先が楽しみだなあ・・・











さらに、アルケミストを読み始めた同じタイミングで読んだ人が現れたり、



星の巡礼を同じタイミングで読んでいる人が最近すごく仲良くなった人だったり




不思議なことが起こりすぎて、おもろいです。





今後楽しみです。ワクワク。








Last updated  2007.09.13 03:15:18
コメント(501) | コメントを書く
2007.08.22
瞑想を繰り返しているとだんだん『直観力』が高まってくる。





最近は一時間くらいは自分との対話をするように意識しているが、

すこぶる調子が良い。





どうして瞑想が効果的なのかを考えてみた。





●自己との対話ができる

●落ち着いて今目の前で起こっていることが分析できる

●未来へ落ち着いた気分で自分の想念を飛ばすことができる

●ただ今、ここ、へ意識を戻すことが出来る

●ただ、落ち着いた気持ちになれる

●ピーンっとインスピレーションが湧いてくる





不思議と瞑想後って何をするにしても調子がいいんですよね




じゃあ、瞑想ってどうするの?ってことなんですが

詳しくはまた9月23日にお話するとして、




さわりだけお話しておくと、



●ステップ1

目をつぶり体中をリラックスさせる







●ステップ2

鼻から息を吸い、丹田までいきわたるイメージをして、口から吐く







●ステップ3

手のひらを上向きにひざの上におく







●ステップ4

天から一筋の光が自分の頭の中心におりてきて、その光が脊髄をとおり、

カラダの下へ抜けていくようなイメージをもつ









このような状態で好きなイメージをドンドンわかせたり、

ただただ、何も考えず、無になり呼吸を整える。




ほかにも色々あるのですが実践でまたお伝えしますね

ご興味あるかたは。




こんな瞑想の仕方だけではなく色んな方法もあるので

自分に向いた方法をお試しくださいね~











Last updated  2007.08.22 10:34:30
コメント(0) | コメントを書く
2007.08.03
9月にセミナーを開催することになって、
エンジンがどんどん入ってきた。



結局俺が世の中に伝えたいメッセージは一体何なのか?


自分がこの世で任されている役割は何なのか?



瞑想をして、心を落ち着かせたときに湧き上がってくる
この気持ちは何なのか?


そんなことを日々問いながら生きることにしました。



そして、やはり問いを出すとちゃんと答えは返ってくるものですね。面白い。



9月23日に伝えたいと思っているメッセージは

・矢印の法則
・エネルギーの法則
・スペース理論
・内的神と外的神
・周波数と呼吸の関係


なんかをより分りやすく、日常で使える形で
自分も周りも同時にハッピーにできてしまうような
具体的生活の処方箋をお届けしたいと考えています。



9月までたっぷりあるから、最近は一つ一つ落ちてきた
インスピレーションを『心理学』『教育学』『経済学』『物理学』『超心理学』『精神世界』など様々な方面からちゃんと
裏づけを取りながら話せるようにしていきたいと思っています。


それで、今月は時間があるので、楽しみながら
研究に時間を割こうと思っています。



ああ、楽しみ。
そして、こういう役割をもらえたことが幸せだなあ。



ありがとうございます。






Last updated  2007.08.03 23:55:29
コメント(0) | コメントを書く
2007.07.20
やっと最近おさまったんですが、なぜか7月5日くらいから18日くらいまでの間なぜか後頭部あたりに、変なエネルギーが
たまり、色んなことが(主に仕事)調子悪くなりました。



過去に何度も経験した4回のうつ病の始りと同じような状態になり、少し慌てていたのですが、スポーツをしたり、
朝走ってみたり、メンターたちに相談してみたり、
色々としてみたのですが、



やっぱり一番効果的だったのが・・・・




『人へエネルギーを渡すこと』でした。



人の相談にのったり、セミナーをしたり、研修をしたり、
エネルギーを自分のうちから湧かせ、人へドンドンパスして
行くことが一番後頭部の痛みをとる方法でした。



たぶん湧き出る自分のエネルギーを出すことで治ってきたんだと思います。


やはりエネルギーを人へ渡すことが新たなエネルギーを生む
キッカケになったんだとおもいます。


矢印を人へ向けることの大切さを改めて気づかされた
痛みでした。


後頭部ありがとう。







Last updated  2007.07.20 22:08:14
コメント(0) | コメントを書く
2007.05.26
2005年12月に自分がやっているビジネスが大失敗していることが明確になり、

方向転換を決意してから、はや1年半が経った。





最近の自分はどうなんだろうっと振り返ってみたら



●人間関係  10点中10点満点

●夢       10点中10点満点

●健康     10点中8点満点

●美容     10点中8点満点

●お金     10点中9点満点





とかなりの満足のいく人生が送れるようになっている。







ドリームナビゲーター時代も上手くいっているときと、上手くいっていないときには

共通点があった。







現在も含め、上手く言っているときにはすべて









『意識が今目の前のお客さまに集中している』







逆に、悪い流れに

なるときというのは、





『意識が自分のことばかり』に向いているときに起こります。









これは如実に現実化してきたので人間世界ってのは、ちゃんと修行するように

できているんだなあっと感じています。









これを私は、『→の法則』と呼んでいます。







自分の矢印をどちらに向けるかで全ての流れが変わってくるという法則です。









人へ矢印を向けていると、(つまり意識をお客様や友達)流れが良くなり

自分へ矢印を向けていると、(意識を自分へ)流れが悪くなるのです。







今あなたはどちらに矢印が向いていますか?






Last updated  2007.05.26 11:01:46
コメント(0) | コメントを書く
2007.05.25
最近、採用コンサルティングの現場や、ドリームカレッジという学校の現場で感じることがある。




それは、時代は理論、ロジックより「感覚」を大切にするようになってきている。ということである。




例えば、採用コンサルティング現場で学生達に企業を選ぶときに一番大切にしているポイントは?と聞くと




全員が口をそろえてこう言う。










『雰囲気です。』





え~~そんな漠然としたもので決めちゃうの?っと言いながら、俺なんか「ビビっときた感覚」と言ってたから

もっと「感覚」で決めてるわなっと思い納得しました。





さらに、ドリームカレッジなんかもどんな学校って説明をするとめっちゃあいまいな説明になって

しまうんだけれど、どんどん毎月生徒が増えていっている。




みんな無料体験セミナーに来て、『雰囲気』が良いからという感じで入ってくるのである。




最終的にはみんな「自分の感性と合うかどうか?」で決定している。






時代はドンドンそんな「感覚」のほうへ進んでいる気がする。

そして、そのほうが良いと自分も感じている。




あなたは、何で物事を決定していますか?








Last updated  2007.05.25 16:02:16
コメント(0) | コメントを書く
2007.04.14
4月5日から4月8日まで久し振りに沖縄に行ってきました。



当初の目的は、研修のコンテンツ作りとシンノスケの会社の一周年パーティのお祝いだったのですが、最近の流れの通り
スピリチュアルツアーになったのでした。



まず初日からメッセージはおりてきました。


5日。


沖縄の始めての夜は、
シンノスケの学校でもあり、活動の拠点でもあり、愛ある夫婦のお店「母屋」で7時から夜中の2時までに渡る長い長い楽しい飲み会からスタートしました。


7時くらいから徐々にメンバーが集り始め、最終的には10数名の飲み会に変わり、話は次から次へと面白いほうへ展開していきました。


一気に空気が変わったのは、母屋のオーナーでもあり、
20代の頃は売れっ子のバンドボーカルでもあり、
30代から17年も禅寺で修行をしながら、ワークショップを
開催していたという遍歴をおもちの、「阿部」さんの登場で場はどんどんスピリチュアルな方向へ流れていきました。



阿部さんがそもそもバンドの売れっ子から禅寺に修行へ入られたのは、あるキッカケがあったからそうです。


売れっ子になり、両親も自分のところへ呼び、家族も両親も食べさせなければ行けなくなった状態に徐々に自分の中で不安を感じるようになってこられたのです。


売れっ子とはいえ、そのころ若手のバンドブームがおこり
次々と自分たちを追い抜く若手が現れはじめ、
家族を支えなければいけないプレッシャーと、
売れなくなってきたことによる、自信喪失で
自殺さえも考えられたそうです。


そんなもう死のうっと思っているときに、
ある人生でこれ以上は無いという神秘体験をされたのでした。


続く。






Last updated  2007.04.14 14:16:18
コメント(0) | コメントを書く
2007.01.20

遅くなりましたが、2007年初ブログです。

 

 あまりに更新をしていなかったので、何をやってるのかな?ゴルゴなんて思っている方がいらっしゃった場合ありがとうございます。

 

 

当たり前のように元気にしています。

 

今年はどんな年にしていこうかなあっと考えながら一月をスーっと生きていました。

 

何か見えてきたものがあったので、久しぶりに更新することにしました。

 

まず私が今年発揮する私の天才性は

『次の時代を作るエネルギーを循環させ、広げていく』ことです。

 

 

え?って思った方一杯いらっしゃるとおもいます。

 

まず、天才性ってなに?

 

はい。これは最近私が超仲良しにさせてもらっている大切な友人の一人である

「和久ユタカ」さんから貰った言葉なんですが、『人には皆自分なりの天才性が存在する』

それをどう活かして生きるかが21世紀は大切な時代になると教えてもらいました。

 

そんなワークショップが昨日あって自分は何の天才性があるかなあっとこれまた大切な友人である「鈴木惣士郎』に聞いてみたところ

 

『ゴルゴは、ヒーラーであり、何でも話しちゃっていい空気のあるコーチであり、直観のするどいチャネラーでしょ。』と

 

2006年もっとも時間を過ごし、プライベートでもビジネスでも絡みまくった親友から言われ何かが自分の中で統合されました。

 

去年から徐々に自分の中に溢れつつあった、何かしらの確信がストンっと自分の中に落ちてきた瞬間でした。

 

『ああ、これをやるんだなあ』っと肩の力を抜き、自然と自分がそこにいる感じがしたのです。

 

間違いなく、自分はこういう役割をするために『生まれてきた』。なぜだかそういう無限の確信と強さと柔らかさと自然な力が沸いてきたのです。

 

そんな中で、溢れてきた言葉。

『次の時代を作るエネルギーを循環させ、広げていく』

 

エネルギーとは、人のことであり、情報のことであり、物のことであり、お金であり、時間のことであり、現象世界に現れている「形」や人と人の間にあるもののことをさしています。

 

循環と広げるとは、そのまま字のごとくなのですが、ポイントは如何に必要なタイミングで必要な人や場所へ届けるか?ということだと思っています。

 

2007年はそんな意識を持ちながら、歩いていこうと思っています。

応援よろしくお願いします。

 

 

どんな展開が待っているか楽しみだなあ。

 







Last updated  2007.01.20 16:52:40
コメント(0) | コメントを書く
2006.12.12
最近は、出会いに恵まれ、これぞ21世紀に活きる人だなあ
と直感で感じる人にご縁を頂いています。


では、20世紀型と21世紀型の感覚の違いとは何なのか?


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1、誰に対しても対等に接し、人間関係が上下ではなく、左右の関係性である。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これはどういうことかというと、本物の人ほど人を見下さないし、卑屈になって見上げることも無く、役割分担であなたと私は違う場所、つまり左右に分かれているんですよね。

という気持ちで人と接しています。

だから、そういう上下関係のないコミュニケーションを取れる人と話すとすごい気持ちいいんですね。


上下関係を作ってしまうとマイナス要因が発生します。

●上になったものに驕りが訪れる
●上になったものは、学ぶことを忘れる
●下になったものは、卑屈になる。
●下になったものは、自分をまだまだとセルフイメージを下げる


このようにいいことがありません。

時代としてはもう終わっている封建型のスタイルです。

21世紀は全ての人が対等に平等に生きていく時代です。

対等に生きていくと

●会う人全てが仲間になる可能性がある
●お互いを認め合い、活かしあうことができる
●全ての人の才能をお互いが認め合うことができる
●触れ合う人全てからアイデンティティを引き上げられ、お互い成長し合える関係性がつくれる


ととても魅力的な人間関係を作ることが出来ます。


これから21世紀型の生き方をしたい方はぜひ、どんな人とあっても対等に生きていく生き方をしていきましょう!


編集






Last updated  2006.12.12 19:36:14
コメント(0) | コメントを書く

全25件 (25件中 1-10件目)

1 2 3 >


© Rakuten Group, Inc.