207967 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

食とサプリの健康情報館 ☆Information For Healthy Life And Diet☆

●めかぶ・もずく【アルギン酸,フコイダン】

〇めかぶは水溶性食物繊維が豊富で、便秘の解消、食後の血糖値の急激な上昇の抑制やコレステロールなどの余分な脂肪分の吸収抑制など、さまざまな健康効果が期待できる



食物繊維には水溶性と不溶性の2種類があり、どのような野菜類にも水溶性と不溶性の食物繊維が含まれていますが、その比率は野菜の種類によって異なります。

海藻類については水溶性と不溶性の正確な分析が難しいということで、その比率は明確ではありませんが、海藻類にはアルギン酸、フコイダンなどの水溶性食物繊維が多く含まれており、めかぶとモズクを比較すると、めかぶはアルギン酸が多く、もずくはフコイダンが多いとされています。

水溶性食物繊維は水に溶けるとゲル状になり粘性が強くなるため、でんぷんなどの炭水化物の消化や吸収を遅くして、食後の血糖の急激な上昇を抑えたり、コレステロールなどの脂質にくっついて腸から吸収させずに排出させるなどの効果があります。

このため糖尿病や動脈硬化を心配される方にはめかぶやもずくはお勧めの食材です。

不溶性食物繊維は、腸で水分を吸収しながら膨んで、便のかさを増やすとともに便を柔らかくしてくれますが、セルロースなどの繊維成分が溶けずに便を固まらせるため、摂りすぎると便が硬くなり、出にくくなることがあります。

不溶性食物繊維はいんげん豆やキノコ類、ゴボウなどに多く含まれ、しっかり嚙まなければならないため、噛む時間が長くなるほど満腹感が得られ、ダイエット効果も期待できます。

便秘の解消には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよく摂ることが重要とされており、水溶性か不溶性かのどちらかに偏らないように注意が必要です。

一般的には、水溶性と不溶性の比率は1 : 2ぐらいがよいのではないかと考えられていますので、これを参考に、めかぶなどの海藻類からは水溶性食物繊維を、ゴボウなどの根菜類からは不溶性食物繊維をバランスよく摂るとよいですね。

めかぶ・もずく厳選品
伊勢志摩産刻みめかぶ伊勢志摩産乾燥めかぶ三陸産湯通しめかぶ極磯めひび
沖縄太もずく天然日本海もずく石垣島天然もずく沖縄産モズクスープ
designed byさごり


© Rakuten Group, Inc.