175070 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

食とサプリの健康情報館 ☆Information For Healthy Life And Diet☆

2019.01.17
XML
カテゴリ:サプリメント
まずは、腸の健康の話によく出てくるプロバイオティックスとプレバイオティクスというまぎらわしい二つの言葉の説明から・・・・・・

〇プロバイオティックスとプレバイオティクスの違い

プロバイオティクスは腸内フローラ(腸内細菌叢)のバランスを改善しカラダに有益な作用をもたらす微生物のことです。例えば乳酸菌やビフィズス菌などがその代表と言えます。よく善玉菌といわれる菌ですね。

プレバイオティクスは、ヒトの腸内に到達して大腸に常在する有益な細菌(善玉菌)を選択的に増殖させるための栄養源になる難消化性(消化されにくい)食品成分とされています。例えば、オリゴ糖とか、食物繊維などはこれに該当しますね。

○プレバイオティクスとしてのオリゴ糖は母乳中に含まれ、赤ちゃんを守っている

オリゴ糖は、少ない数の糖が結合したものであるため、ギリシャ語で「少ない」を意味する「オリゴス」に由来した名前がついています。

野菜・果物の他、動物にも含まれ、母乳には1L当たり1.2gほど含まれており、赤ちゃんの腸内のビフィズス菌を増殖させ、下痢などを防いでいます。

また、オリゴ糖はビフィズス菌の栄養源になるだけではなく、糖の仲間であるにもかかわらず血糖値にほとんど影響を与えないという利点があります。

○オリゴ糖を多く含む食品

野菜にはフラクトオリゴ糖やガラクトオリゴ糖などが含まれ、特に根菜類に多く含まれているようです。

オリゴ糖を多く含む食品の代表としてヤーコンやキクイモがよく知られています。ヤーコンは100g中にオリゴ糖を8g、一方キクイモは5.8g含有しています。ヤーコンはサツマイモのような形をしていますが、生のまま食べると、梨のようなさわやかな甘みがあります。これはフラクトオリゴ糖の甘みによるものです。

私たちの生活の中で日常的に食べられているものとして、きな粉(7g)、、ごぼう(3.6g)、あずき(3.1g)、玉ねぎ(2.8g)などにもオリゴ糖が多く含まれています。果物ではバナナが多いと言われていますが、100g中0.2g程度です。

フラクトオリゴ糖はカロリーが砂糖の半分と低く、またカルシウムの吸収促進や虫歯の予防効果なども期待されています。

​オリゴ糖のランキングをチェック【楽天】​

TOPへ






最終更新日  2019.01.17 10:07:29
コメント(0) | コメントを書く


PR

カテゴリ

フリーページ

サイド自由欄

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.