175455 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

食とサプリの健康情報館 ☆Information For Healthy Life And Diet☆

2019.01.22
XML
カテゴリ:食の楽しみ
​京都の伝統料理には棒だらやにしん、塩鯖などの塩干物がよく用いられますが、それを支えていたのが鯖街道。

この名前は、日本海側の若狭で取れた新鮮な鯖に一塩して、それを一晩かけて京の都まで運ぶと、塩が程よくなじんでおいしい鯖寿司などができたということに由来しているとのことです。

そして、鯖街道は鯖だけではなく北前船で日本海側に運ばれたにしんや棒だら、昆布などの海産物を内陸部の京都まで運ぶ重要なルートでもありました。

ところで、この鯖街道は一つのルートだけに付けられたものではなく、若狭から京都へ通じるいくつかの通路にこの名が付けられていることはあまり知られておりません。

一番よく知られているルートが、福井県の小浜から上中町の滋賀県の朽木を経て、京都の大原から出町柳に至るいわゆる「若狭街道」と呼ばれている道です。

この他にも、小浜から熊川を経て琵琶湖の今津に至るルートや、同じく小浜から京都・高尾につながる周山街道などがあり、また峠道を越えて鞍馬街道につながるルート福井県の美浜から滋賀の海津へ抜けるルートなど大きく分けると五つのルートがあると言われています。

分厚い昆布で巻いた大きな鯖寿司は食べ応えのある逸品ですが、京都市内だけでなく、鯖街道の一つの若狭街道沿いでは、鯖寿司のお土産を売っている店が沢山あるようです。

さて、楽天市場で「鯖街道」を検索したら、いろいろ出てきました。驚いたのは岩佐美咲という歌手が歌っている「鯖街道」というCDがぞろぞろ出てきました。特別版まで出ているようで、一体どんな曲かYouTubeで聞いてみましょう。その他「鯖街道」関係の本も沢山出ているようです。

さて、食べ物については、おいしそうな鯖ずしの他、今ブームの鯖缶やへしこ、鯖の浜焼き(焼きサバ)などが出てきました。へしこというのはぬかみそ漬けのこと、浜焼きは大きなサバを開きにして串にさして焼いたものです。見ているだけでも楽しいので楽天市場の検索結果を載せておきますね。

「鯖街道」検索結果【楽天】

TOPへ






最終更新日  2019.01.22 10:14:36
コメント(0) | コメントを書く


PR

カテゴリ

フリーページ

サイド自由欄

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.