212061 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

食とサプリの健康情報館 ☆Information For Healthy Life And Diet☆

2021.01.13
XML
カテゴリ:時事・社会
​​飲食が諸悪の根源のような風潮の今の世の中、子供の頃母親によく言われた言葉を思い出しました。

食事中に話をすると、親父から「黙って食べろ!」と一喝されたこともよくあります。

このような強い言葉を、総理大臣や、知事や、大企業の社長など世の中のリーダーはなぜ発しないのか、不思議でなりません。

世の中のリーダーたちは、そんなに「優しいい人」「いい人」でいたいのでしょうか。

「食事中は話は止めろ!」
「酒を飲むときは話は止めろ!」
「話をするときは必ずマスクをしろ!」

非現実的であっても構いません、こういうワンフレーズの明快なメッセージリーダーたちが出せば、飲食店の経営者ももっと客に言いにくいことが言いやすくなるのでは。

「飲食中はお話をお控えください」
「お話をされるときはマスクの着用をお願いします」
こう言えばよいのです。

世の中のリーダーが、覚悟を持って力強いメッセージを発信しないから、税金の無駄使いでしかない、それほど有効性の期待できない場当たり的ばらまき対策でその場をしのぐしかないのではないでしょうか。

そう言えば京都市からこんなPOPが出ています。元々は福岡の飲食店で出されたもので、その許可を得て京都市が飲食店に使用を勧めているそうです。既にほかの自治体でも「黙食」運動は始まっているようです。




コロナの問題が発生して1年たってようやく「特措法」の改正をしているような、日本の政治家たちの無能さは、今や世界中に知れ渡っていることと思いますが、もうそろそろ政治家の皆さんも覚悟を決めて取り組まないと、次の総選挙は大変厳しいことになるでしょう。無能政治家のリストが出回る落選運動がもう始まっているかもしれません。

先日、「記憶にございません」という面白い映画がテレビで放映されていましたが、せめて菅総理大臣には笑っておしまいにしてほしくはありません。

菅さんへの応援メッセージを一つ。

「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」

「きばりやーっ!」



​​






最終更新日  2021.02.18 09:00:30
コメント(0) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


PR

X

カテゴリ

フリーページ

サイド自由欄

キーワードサーチ

▼キーワード検索


© Rakuten Group, Inc.