208004 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

食とサプリの健康情報館 ☆Information For Healthy Life And Diet☆

全31件 (31件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

サプリメント

2020.01.08
XML
カテゴリ:サプリメント

コエンザイムQL-カルニチン、アルファリポ酸燃焼系サプリ三兄弟とか三銃士と呼ばれることがありますが、この3つの共通点と作用のメカニズムの違いをまとめてみました。

〇共通点​ ​

これらの3つには、いずれも抗酸化作用があること、そしていずれもエネルギー産生系すなわち燃焼系に関わっているという共通点があります。

〇作用メカニズムの違い​​​ ​

1.CoQは細胞のミトコンドリアというエネルギー産生工場の運転を助けている。


2.L-カルニチンは、エネルギー源の脂肪酸のなかでもミトコンドリアに取り込まれにくい長鎖脂肪酸がミトコンドリアの膜を通過するのを助ける。つまりミトコンドリアというエネルギー産生工場に原料を届きやすくしている


3.アルファリポ酸は、ミトコンドリアというエネルギー産生工場のための別のエネルギー源である炭水化物の燃焼を促進して、炭水化物が脂肪になるのを抑制する。

L-カルニチンは赤身の肉に多く含まれている

以前、テレビの健康番組などで、CoQもアルファリポ酸も、いわゆる必要量とされる量は、普通の食事からはなかなか摂れないと言われていましたが、L-カルニチンは少し違います。

もともとL-カルニチンアミノ酸の一種で、筋肉すなわち赤身の肉などに多く含まれ、1日に牛肉100gも摂れば必要量は充たされると考えられています。

赤身の肉の中でも特に多いのが羊の肉です。最近若い女性に人気のジンギスカン。材料のラム肉には脂肪燃焼系サプリとしても知られるL-カルニチン牛肉の2~3倍のも含まれているとのことです。

〇ジンギスカンは何も味付けしていないものをレアで食べるのが美味しい

さて、私見になりますが、ジンギスカンは赤い生肉をサッと焼いてタレをつけて食べるのが一番美味しい食べ方ではないかと思います。柔らかくてジューシーなラム肉本来の味が楽しめます。肉の色が変わっているような予めタレに漬けたものでは、肉が堅くなりジューシーさも半減します。



(写真は楽天市場より)











最終更新日  2020.12.17 06:56:09
コメント(0) | コメントを書く


2019.02.07
カテゴリ:サプリメント
​​​今朝のNHK(大阪)のニュース番組で、ミミズにも納豆と同じような血栓を溶解する酵素があると聞いてちょっと驚きました。

〇ミミズには血栓を溶かす酵素がある?

テレビの番組では、ミミズが昔から、ゆるい解熱作用のある漢方薬として使われていたという紹介の後、ミミズにはいろいろな酵素があり、なかでも血栓を溶解する酵素(ナットウキナーぜみたい?)やアミラーゼ(デンプン分解酵素)が健康のために役に立ちそうだとの話が、専門家の研究結果も含めて紹介されていました。

〇畑のドバミミズでミミズの丸干しでも作ってみようか

完全無農薬で野菜を作っている(すべて自家用で売ってはいません)私の畑は、暖かくなるとどこの土を掘り起こしてもミミズがちょろちょろ出てきます。小さなものには驚きませんが、ドバミミズというふっとい(太い)大きなミミズがニョロッと出てくると、ときどきビクッとさせられます。

暖かくなったら、ドバミミズを沢山集めて、乾燥させてミミズの丸干しでも作って、スルメ代わりに食べてみようかと本気で思い始めているところです。

それはともかく、ミミズ酵素とはいったい何なのかを少し調べてみました。

○ミミズ酵素発見の由来

発見者は宮崎医科大学(現宮崎大医学部)生理学教室の初代教授の三原恒先生です。

1975年、創立間もない宮崎医科大学に先生が赴任されると同時に、教授と動物実験施設長を兼務され、実験動物の排せつ物の処理の問題に直面することになりました。

そして、実験動物の排せつ物の処理に年間300万円も経費がかかることがわかり、その経費をを節約するため、ビニールハウスを作って、当時宮崎で廃棄物処理に使われていたアメリカ赤ミミズを用いて排せつ物を処理しようとしたのです。

すると、このミミズは元気に排せつ物をパクパク食べてどんどん繁殖したため、今度はそのミミズをどう処理したらよいか考え、研究を開始したとのことです。

そして、ミミズの持っている酵素には血の塊を溶かす作用(線溶作用)のある6種類の酵素(ルンブロキナーゼ)があることがわかり、先生自身と生理学教室のメンバーが飲んだところ、血中の線溶活性の亢進などの効果が確認されたとのことです。

このあたりは、ナトウキナーゼの話とよく似ています。

確かに、ゴミの山などにいるミミズは廃棄物のタンパク質やデンプンを処理するため強力な酵素パワーを持っているのではないかと考えると、何となくイメージがわいてきますよね。

○漢方の国中国からも反響の手紙が来た

この話が中国の人民日報に掲載されたところ、ハルピン師範大学の先生から、先祖代々伝承されているミミズ粉末作製法を用いて作成した粉末を500人の脳血栓患者に投与したところ70%に改善効果があったとの手紙が三原先生のところに届いたとのことです。

また、中国の宋の時代の生薬関係の本に、さらに古い「日華子」という本の記述が引用されており、そこには「ミミズは中風を治す」と書いてあったとのことです。

○日本ではサプリメントとして商品化されている

ルンブロキナーゼを成分とする医薬品とかサプリメントが販売されているのか調べたところ、どうも医薬品としては見当たりませんが(乾燥ミミズが漢方に使われている可能性はありますが)、サプリメントとしてはいろいろな商品が出ているようです。

楽天市場に出ている商品の説明では、ミミズ粉末の特許製法などについては詳しく書かれていますが、血栓溶解などの効能に触れるものはほとんど見当たりません。

医薬品ではなく、また厚生労働省の許可とか届け出が必要な保健機能食品でもないので、効能を表示するのは無理であり、これはサプリメントですから仕方ないでしょう。むしろ好ましいい姿勢と思われます。

​​​​楽天市場検索欄へ​​​​​​

​​​​​






最終更新日  2019.02.07 22:27:28
コメント(0) | コメントを書く
2019.01.17
カテゴリ:サプリメント
まずは、腸の健康の話によく出てくるプロバイオティックスとプレバイオティクスというまぎらわしい二つの言葉の説明から・・・・・・

〇プロバイオティックスとプレバイオティクスの違い

プロバイオティクスは腸内フローラ(腸内細菌叢)のバランスを改善しカラダに有益な作用をもたらす微生物のことです。例えば乳酸菌やビフィズス菌などがその代表と言えます。よく善玉菌といわれる菌ですね。

プレバイオティクスは、ヒトの腸内に到達して大腸に常在する有益な細菌(善玉菌)を選択的に増殖させるための栄養源になる難消化性(消化されにくい)食品成分とされています。例えば、オリゴ糖とか、食物繊維などはこれに該当しますね。

○プレバイオティクスとしてのオリゴ糖は母乳中に含まれ、赤ちゃんを守っている

オリゴ糖は、少ない数の糖が結合したものであるため、ギリシャ語で「少ない」を意味する「オリゴス」に由来した名前がついています。

野菜・果物の他、動物にも含まれ、母乳には1L当たり1.2gほど含まれており、赤ちゃんの腸内のビフィズス菌を増殖させ、下痢などを防いでいます。

また、オリゴ糖はビフィズス菌の栄養源になるだけではなく、糖の仲間であるにもかかわらず血糖値にほとんど影響を与えないという利点があります。

○オリゴ糖を多く含む食品

野菜にはフラクトオリゴ糖やガラクトオリゴ糖などが含まれ、特に根菜類に多く含まれているようです。

オリゴ糖を多く含む食品の代表としてヤーコンやキクイモがよく知られています。ヤーコンは100g中にオリゴ糖を8g、一方キクイモは5.8g含有しています。ヤーコンはサツマイモのような形をしていますが、生のまま食べると、梨のようなさわやかな甘みがあります。これはフラクトオリゴ糖の甘みによるものです。

私たちの生活の中で日常的に食べられているものとして、きな粉(7g)、、ごぼう(3.6g)、あずき(3.1g)、玉ねぎ(2.8g)などにもオリゴ糖が多く含まれています。果物ではバナナが多いと言われていますが、100g中0.2g程度です。

フラクトオリゴ糖はカロリーが砂糖の半分と低く、またカルシウムの吸収促進や虫歯の予防効果なども期待されています。

​オリゴ糖のランキングをチェック【楽天】​

TOPへ






最終更新日  2019.01.17 10:07:29
コメント(0) | コメントを書く
2019.01.10
カテゴリ:サプリメント
今日(2019年1月10日)の日経産業新聞に、「臓器活性化物質NMN、吸収メカニズム解明・・・」という記事が出ていました。

NMNと言えば、長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)活性化物質という言葉が使われることが多いようですが、エネルギー代謝を活性化するという意味からは「臓器活性化物質」の方がしっくりきますね。

さて、記事はNMNについて研究しておられるワシントン大学の今井真一郎教授らのグループが新しい研究成果を、Nature Metabolismという雑誌(科学雑誌として評価の高いNatureの系列です)に発表した内容のポイントだけですが、興味深く読ませてもらいました。

NMNは生体内のエネルギー産生系に関わるNADという物質(代謝系の重要な酵素の補酵素として役割を果たしている)の前駆物質ですが、このNMNを選択的に吸収するのを助ける特殊なタンパク質がマウスの小腸に存在することが分かったということです。さらにこのタンパク質の働きを助ける作用のある化学物質も見つかったということです。

将来、サプリメントとしてのNMNをこの化学物質と一緒に飲めば、NMNの吸収がより高められ、服用量が少なくなることにより、消費者の負担を減らすことができるようになるといいですね。

もっとも、それより先に、NMNをどの程度の量まで飲めば、エネルギー代謝が改善されて若々しくなれるのかを、精密かつ客観的な臨床試験で確かめる必要があり、またその量を長期間飲んでも人体に有害作用をもたらさないこともしっかりと確かめる必要がありますね。

いずれにしても、NMNについては今後も注意深く見守っていく必要がありそうです。
TOPへ






最終更新日  2019.01.10 10:29:13
コメント(0) | コメントを書く
2019.01.05
カテゴリ:サプリメント
​​​​​​​​​​1月3日の日経新聞に、長寿遺伝子がつくる酵素(タンパク質)の働きを調節する物質についての興味深い記事が出ていました。

アメリカのワシントン大学の今井真一郎教授らのグループが、その物質NMNをマウスに投与したところ、老化を抑える効果が確認されたという話です。

NMNという物質は枝豆などにもわずかに含まれているそうですが、日清製粉グループのオリエンタル酵母工業という会社が大量生産に成功しています。

​○NMNとは?​

NMNはニコチンアミドモノヌクレオチドと呼ばれ、生体内のエネルギー産生系の酸化還元反応に関わるNADという物質の前駆体です。NADは体内での糖や脂質の代謝過程に関わっている重要な物質(補酵素)です。
このNADの前駆物質であるNMNが注目されているのは、この物質が、長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)に作用するということがわかってきたからです。

長寿遺伝子とは、一言で言えば、老化を遅らせ、寿命を延ばす遺伝子のことです。ヒトの細胞内にも存在するこの長寿遺伝子は、普段は休眠中で働いていませんが、そのスイッチがオンになると、老化のスピードを抑え寿命を延長させる働きがあると考えられています。サーチュイン遺伝子もこれらの長寿遺伝子の一種とされています。

マサチューセッツ工科大学のレオナルド・ガランテ教授らが酵母の研究で、サーチュイン遺伝子が減ると寿命が縮み、増えると寿命が伸びることを発見したことから、長寿遺伝子としてサーチュイン遺伝子の研究が急速に発達し、最近ではサーチュイン遺伝子を活性化させる方法までわかってきました。

​○長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)を活性化させる方法

​1. カロリー制限​
ウィスコンシン大学で行われたサルについての研究で、エサを7割に制限したサルでは通常のエサを与えたサルよりも生存率が高く、見た目も毛並みにツヤがあり、全体的に若々しかった、という結果が得られました。以前から線虫などについては、このような現象が認められていたのですが、哺乳類でも認められたことから、ヒトの老化防止にもカロリー制限が役立つのではないかと注目されています。

​2.レスベラトロール​
ワインに含まれるポリフェノールの一種のレスベラトロール という物質が、長寿遺伝子であるサーチュイン遺伝子を活性化させのではいう結果が最近の研究で認められ、この物質にはカロリー制限と同じように寿命の延長効果があるのではないかと注目されています。レスベラトロールについては、すでにサプリメントが沢山出ていますね。

​3.NMN​
ワシントン大学の今井眞一郎教授らのグループは、マウスにNMNを投与すると、マウスの健康寿命がメスで16.4%、オスで9.1%伸びたことを報告しています。また、NMNを投与されていたマウスでは体重が減少したにもかかわらず、副作用や毒性は見られなかったとのことです。そして、エネルギー代謝の目安となる酸素消費量が増えていたとことから、NMNの投与によって脂肪の燃焼が促進されなど、エネルギー代謝にも若返り効果があったのではないかと考えられています。
すでに日本では慶応大学のグループが臨床試験を開始しているそうです。

ちなみに、NMNはすでにサプリメントとして輸入品の他に日本の製薬会社からも販売されていますが、中には、60カプセル入りで11万円という高価格のものもあります。今後NMNが国内で量産化されて普及していけば価格はもっと安くなることでしょう。その前に、さらに基礎研究や臨床研究によって有効性や安全性が確認されることを期待したいですね。


​NMNサプリメントの商品一覧(楽天市場)​​​​​​​​

TOPへ






最終更新日  2019.01.10 09:11:35
コメント(0) | コメントを書く
2018.12.27
カテゴリ:サプリメント
フコイダンとは、コンブやもずくなどの独特のぬるぬる成分の一つ。

フコイダンは藻類コロイドの一種です。ぬるぬるした粘質性と保水性がが特徴で、糖類や脂肪分を包み込んでくれます。このため、糖分の吸収をゆるやかにして、食後の血糖値の急激な上昇を抑制するはたらきや、コレステロールなどの脂肪の吸収を抑え、血液中のコレステロールや中性脂肪も抑制するはたらきがあることが知られています。

フコイダンは以前に日本癌学会で、「ガン細胞をアポトーシス(細胞死)に導く」という研究が発表されたこともあり、一躍注目を浴びるようになりました。今後の研究成果が待たれています。

また、フコイダンに含まれる食物繊維は水溶性なので、便を柔らかくして便秘の解消にも役立つことが期待できます。

海藻類の中では、もずくが一番多くフコイダンを含有しており、もずくのフコイダン含有量はめかぶ(ワカメの胞子葉部)の約3倍程度、さらに南太平洋のトンガ王国で栽培されているもずくは、フコイダンの含有量が日本のモヅクの5~6倍あると言われています。

〇主な海藻類のフコイダン含有量(1キログラムあたりのグラム数)

わかめ(葉の部分)15g
わかめ(めかぶの部分)80g
真昆布 15g
あらめ 70g
もずく 250g

トンガ王国のもずくが日本で売られていないのか楽天市場で探したところ、面白そうな商品を見つけました。

名前は ネバーエイジ NEVER AGE 。植物のネバネバ成分に多く含まれるムコ多糖類は保水性が強く、皮膚の結合組織を満たす重要な成分なので、プルンプルンの若いお肌を保つのによいのではいうことで、このような商品名がついているのでしょうか?

ネバーエイジ NEVER AGE に使われている3つの食材は、メキシコ産アロエベラ、琉球自然薯、そしてトンガ王国産の天然もずく。
カラダにやさしいオーガニックサプリとして注目されています。その他グアバ、セスパニア、ホーリーバジルなどのビタミン。ミネラルを豊富に含むオーガニックハーブも配合されているとのこと。

他にもトンガ王国産もずくを原料としたフコイダンにコエンザイムQを配合した製品もありました。

【国内最安値挑戦中!】20倍ポイント還元!コエンザイムQ10配合・フコイダン「AHフコイダンF85」トンガ産・沖縄産の数倍!

TOPへ






最終更新日  2019.01.08 14:54:41
コメント(0) | コメントを書く
2016.12.25
カテゴリ:サプリメント
2016年12月22日に厚生労働省から以下の健康食品について、医薬品成分が検出されたというプレスリリースが出ています。
これは平成26年度「無許可医薬品等買い上げ調査」の結果に基づくもので、健康食品171製品中9製品(5商品名)から医薬品成分が検出されたとのことです。この「無許可医薬品等買い上げ調査」は平成13年度から定期的に行われているものです。

<今回医薬品成分が検出された健康食品の商品名と成分>
VANTEN G(タダラフィル)
龍(タダラフィル)
男快(シルデナフィル)
2H&2D(タダラフィル)
HASキング(ホモタダラフィル)

今回検出された医薬品成分は3種類(シルデナフィル、タダラフィル、ホモタダラフィル)で、シルデナフィルはバイアグラの成分で、他の医薬品成分もその仲間です。
シルデナフィルには狭心症の薬などとの併用による急激な血圧低下などの重篤な副作用や、動悸、頻脈、視覚異常などの副作用がありますので、注意が必要です。

今回の調査では健康被害の事例は報告されていないとのことですが、これらは販売停止・回収等を命令される製品であり、以前からこのような無許可医薬品についての類似の事例は沢山報告されていますので、男性用強壮剤を始めとする成分の不明確な、あるいは含有成分の安全性が分からないようなサプリメントの購入にはくれぐれも注意しましょう。

なお、厚生労働省のサイトで、平成25年度以前の調査結果などについても「健康被害情報・無承認無許可医薬品情報」として発表されていますので、参考にしてください。

厚生労働省のサイトへ






最終更新日  2016.12.25 08:23:49
コメント(0) | コメントを書く
2014.11.13
カテゴリ:サプリメント
カゴメが販売している植物性乳酸菌のサプリメントや飲料の成分のラブレ菌(ラクトバチルス・ブレビス)は以前から免疫力を向上させる(細胞傷害活性やインターフェロン‐α産生能、抗体産生などを高などを高める)ことが注目されていますが、今回、栃木県那須塩原市での2,926名の小学生を対象とした調査においてを行い、ラブレ菌の継続投与でインフルエンザに感染するリスクを減らせる可能性があることが明らかになったという報告がイギリスの科学雑誌に発表されています。

詳細は以下のカゴメのサイトを参照してください。

http://www.kagome.co.jp/company/news/2014/11/002094.html








最終更新日  2014.11.13 19:05:22
コメント(0) | コメントを書く
2014.03.19
カテゴリ:サプリメント
更年期サプリとして外国から輸入されているエストロモンという未承認医薬品(日本の薬事法では承認されていません)についての警告が厚生労働省から出ています。

サプリメントというものの、中身は医薬品成分の女性ホルモンの一種の卵胞ホルモンが含まれている未承認の医薬品です。本来は医師の処方により使用されるものです。

今回は、「子宮からの不正出血」の健康被害が出たそうですが、医薬品としてのエストロゲンについては血栓症などの副作用も問題となっています。

最近、ネットで身元不詳なベビーシッターに子供を預けるという信じがたい事件がありましたが、いつも目にするネットの広告であれば安心という錯覚のようなものを抱くことがあるのでしょうか。ネットの広告をそのまま鵜呑みにして
危険なサプリメントを購入しないよう注意する必要があります。

エストロモンについての厚生労働省の報道発表資料は以下のサイトから
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000040620.html











最終更新日  2014.03.19 08:54:11
コメント(0) | コメントを書く
2013.03.27
カテゴリ:サプリメント
 これまで、といっても数ヶ月間ですが、英文のわけのわからないブログタイトルをつけていましたが、このたび日本語を加えて、その代わり英文を短縮した(楽天ブログのタイトルは全角で50字以内と字数制限がありますので)タイトルに変更しました。

 もっと以前は、長い間「サプリメント情報展示館」というタイトルだったのですが、私の好きなコエンザイムQの人気が低調になってきたこともあり、だんだんモチベーションが下がってきて、いろいろなテーマに手を出しはじめたため、羊頭狗肉(ちょっと意味が違うかな?)というか看板倒れになってはいけないなと、勝手に自分で考えて変更した次第です。

 ところが、最近CNNのニュースを見ていたら、アメリカの有名な女優が、インタビュアーから「サプリメントは何か飲んでるの?」と聞かれて「コーキュー」と答えたところだけしっかり聞き取れたことが刺激となり、いろいろ調べたところ、アメリカではサプリメントの人気は依然衰えておらず、中でもCoQは美容サプリメントとして広く愛用されていることがわかりました。そこで、今後はもっといろいろなサプリメントの情報を集めて紹介していこうかなと、少しばかりモチベーションが上がってきましたので、気分一新でブログタイトルも変えることにしました。

 さて、ブログの冒頭に3つのサプリメントの写真を載せていますが、いずれも現在私が一番注目しているサプリメントです。

 還元型コエンザイムQは世界にCoQの原末を提供しているカネカが開発した新しいタイプのコエンザイムQ、マカは、最近は男性だけでなく女性にも注目されているアンチエイジングサプリメント、ウコン(秋ウコン)はその成分のクルクミンが脳の活性化によいのではないかと注目されているということで、今後その研究成果をいろいろ調べてみようと考えています。

 ところで、以前テレビのバラエティー番組でも話題になった、「カレーをよく食べるインド人はアメリカ人よりもアルツハイマー病にかかりにくい」という話ですが、一応根拠となると論文があります。

“Lower Incidence of Alzheimer Disease in an Indian Community Compared With an American Community” (Steven R. Brenner, MD, Arch Neurol. 2001;58(3):517)
 
この論文にはカレーのことまでは書かれていませんが、「インド人はアメリカ人の4分の1しかアルツハイマー病にかからないということが疫学的な研究でわかった」と書かれています。カレー粉の黄色いスパイスのターメリックはウコン(秋ウコン)のことであり、クルクミンはその成分ですから、話題になったわけです。

 ただ、あくまでも統計的に分析した結果なので、この研究に対するいろいろな批判もあり、真実はどうかということは分からないということです。

 もっとも、クルクミンについては日本の金沢大学の研究チームが、「アルツハイマー病の発症と関連があるとされるベータアミロイドというたんぱく質の生成を抑制して神経細胞を守る作用がある」という報告をしており、インド人がアメリカ人よりもアルツハイマーに罹りにくいという話も、それほど荒唐無稽な話でもないのかなという気がしています。







最終更新日  2013.03.27 11:43:16
コメント(0) | コメントを書く

全31件 (31件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.