112348 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

バイクと過ごす日々

6日目 9/10

富良野→旭川→サロマ湖


朝わりと早く起き、顔洗いコンタクト付けてすぐ出発。


のはずがバイクのキーを紛失(><)

予備キーとか持ってきてないし!!(笑


一回積んだ荷物を全部バラし、あらゆる所を探す。

それで時間かかりました。


けっこう焦ったものの、実はすぐ見つかるとこに入ってました(^^;)


そんなわけで出発。

まずはお風呂入るために温泉へ行くことに。

しかし朝早くはやっておらず、コンビニで朝食食べてから旭川目指しました。


まぁそんなわけで、有名な「ファーム富田」やラベンダー畑の看板はシカトしてました。。

咲く時期とっくに終わってたらしいから、別に平気でしたが。


しかし、富良野の空気を味わえてだいぶ嬉しかったですよ。

富良野、特に何があるってわけじゃないけどどことなく惹かれる。

「北の国から」のロケ地も行ってないっす。

何しに富良野行ったんだって話ですが(汗


キャプテン翼に出てくる、松山君の学校「富良野小学校」「富良野中学校」はしっかり探しました(^^;)

昔サッカー少年でしたので;


その学校は見つからなかったんですけど、似たような学校や町役場を目にできたので、

もう素直に旭川目指しました。


途中寄った道の駅にあった花畑をラベンダーかと思い撮影しましたが違ったようですね。(後で知った;;;


富良野国道で自然を満喫しつつ、ほどなくして旭川到着☆


とりあえず温泉探すもなかなか無く、普通の健康ランドへ行きました。

駐車場にバイク停めて、徒歩でコインランドリーへ。

この旅最初で最後の洗濯です。

革ジャンの中といえど雨浴び続けてたから、濡れて雨臭くなったTシャツが箱の中に押し込んでありましたし。

洗濯機を回して、また健康ランドへ。


ここでゆっくり湯船につかりリラックス。

やっぱ気持ちよいですね☆


お風呂を出て、一服して、またコインランドリーへ行き今度は乾燥機を回し
、バイクでラーメン村へ。

旭川っていうとラーメン村ですよね??


しかしなかなか見つからず、洗濯物を取り戻しに行き、またラーメン村探索。

旭川はやはり大きな街、その市街地を走るのはストレス感じました。

今まで田舎道ばかりでしたから。


なんとかラーメン村に着くも、意外にショボい。。。

青葉とか、関東で食べれるとこに行列できてたり(^^;)


既に時間を大分無駄にしていたので、すぐ入れる店行ってすぐ食べ終わりました。

味はもちろん普通。。。


思えば、自分がラーメンを美味しく感じるとこって少ない気がする。

友達に勧められたとことかも、行ってみると・・・っていう。

まぁ第三京浜・保土ヶ谷パーキングのラーメンはわりと好きだったりします(笑



そんなこんなで旭川を後にし、旭川紋別自動車道で海の方を目指すことに。

自動車道乗る手前で、白バイの格好して

「交通安全」みたいな旗付けてるゴールドウイング集団がいてビビリました;

そういや日曜だったけって。だから旭川周辺混んでたんですね。


まぁそんなわけで開発中だからと無料の自動車道をひた走る。。。

パーキングでは、アメリカンに乗る女性を久々に見て和んだり。(マグナだったかな)


開発中なのでその自動車道も途中で終わり、後は下道をひた走る。


北海道で有名な湖というとやはりサロマ湖ですよね??

だからこの日はサロマ湖を目的地としました。


途中チューリップ公園で風車の写真を撮り、日が暮れるかとヒヤヒヤしながらまた走る。

夕暮れも終わるかという頃にサロマ湖湖畔へ付き、とりあえず宿を探し東の方へ走りました。


ライダーハウスをいくつか見過ごし、カニ・ホタテの直売所の北勝水産は閉店時間を迎えており、

サロマ湖より東の方のライダーハウス目指しました。


なんとか到着。



あれ??

普通にレストランじゃん!!


と、自分が地図見間違えてました(+_+;)

まぁそこでカニ丼というのを食し、来た道Uターンして民宿へ。

そこは来る時に目に付いた場所だったんですけど、「旅人の宿」みたいな看板出てて、

いかにもって雰囲気の良い民宿でした。

後で知った話、オーナーさんは北海道に移り住んで民宿を開業したとか。

「さろまにあん」って民宿です。素泊まり3600円ほど。


談話室みたいなとこへ行って何人かと話を交わしました。

まぁ選挙日だったのでみんな選挙速報に夢中ですよ。


そんな中自分が何に夢中になったかと言うと、


「湘南爆走族」


であります(笑

ミタケのカフェでちょびっと見た時はそんな惹かれなかったんですけど、

ちゃんと読んでみるとおもしろい事この上ない!!


そんなわけで、深夜までずっと漫画読み続けてました。

わざわざ北海道でねぇ。。。


そして一人部屋の布団で就寝。。。


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.