000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Dr. Martens(ドクター・マーチン) ブーツ・靴専門

PR

全3件 (3件中 1-3件目)

1

ワークブーツ

2013.01.30
XML
カテゴリ:ワークブーツ
気取らず愉しむ男のブーツ
ワークブーツの代表的なメーカーでもあるドクターマーチン。十分に確保された耐久性とエアークッション効果によって履き心地にも優れた通称バウンシングソールからなるワイルドでタフなスタイル。70年代からのパンクムーブメントを代表とするストリートスタイルには必須だったこのブーツは今も尚十分な存在感とスタイリッシュなデザインでカジュアルスタイリングには無くてはならないアイテムとなっております。今回ご紹介するのは定番として長く愛され続けている8-EYEBootより僅かにエクステンデッドした9インチモデル10-EYEBoot。レース部分のアイレットが片側に10つある事から名づけられたシンプルなモデルネーミング同様スタイルもあくまでフラットでプレーンな仕上がり。カラーもオシャレなチェリーレッドにイエローのステッチが映えるスタイリッシュな構成。シンプルなコーディネイトから本格的なワークスタイルまでご自由にお楽しみ下さい。













Dr. Martens(ドクター・マーチン)

1945年クラウス・マーチンが暇中、バイエルン地方のアルプス山脈でスキーをしている最中に足首に怪我を負った事をきっかけに、柔らかい革と空気を充満させた靴底を用いたブーツの改良案を設計。快適で長持ちする靴底は人気を博しドイツ国内で有名に。その後イギリスの靴製造メーカーR. Griggs Group Ltd.がイギリスにおける靴製作のための特許権を買い名称を英国化。よりぴったり合うように踵を細くし、トレードマークである黄色の縫い目を加え、靴底をAirWairとして商標登録した。これが現在でも人気を博す『Dr.Martens』の始まりである。1970年中頃にはイギリスのパンクロックスターの間でブームとなり、そのファンもまたドクターマーチンのブーツを履くようになった。これらが若者のサブカルチャーとして人気を集めるようになった。その名前はアレクセイ・セイルの歌の題名としても使われ、マッドネスのCDボックスセットThe Businessのカバーアートにも登場する程。





ドクターマーチンショップDMS・・・ドクターマーチン-Dr.Martens専門店 通販可能な実店舗も運営









Last updated  2013.01.30 12:43:02
コメント(0) | コメントを書く


カテゴリ:ワークブーツ
スタイリッシュに愉しむワークスタイル
ワークブーツの代表的なメーカーであるドクターマーチン。十分な耐久性とエアークッション効果によって履き心地に優れた通称バウンシングソールからなるワイルドでタフなスタイル。70年代からのパンクムーブメントを代表とするストリートスタイルには必須だったこのブーツは今も尚十分な存在感とスタイリッシュなデザインでカジュアルスタイリングには無くてはならないアイテムといえます。本モデルは定番として長く愛され続けている8-EYEBOOT。使用されているのはパテントレザーで、艶やかな発色とともにモードな個性をアピ―ルする華やかな素材遣いです。
レース部分のアイレットが片側に8つある事から名づけられたシンプルなモデルネーミング同様スタイルもあくまでフラットでプレーンな仕上がり。イエローのステッチがキャッチーなアクセントになっています。シンプルなコーディネイトから本格的なワークスタイルまで、自由なスタイリングをお楽しみ下さい。









Dr. Martens(ドクター・マーチン)

1945年クラウス・マーチンが暇中、バイエルン地方のアルプス山脈でスキーをしている最中に足首に怪我を負った事をきっかけに、柔らかい革と空気を充満させた靴底を用いたブーツの改良案を設計。快適で長持ちする靴底は人気を博しドイツ国内で有名に。その後イギリスの靴製造メーカーR. Griggs Group Ltd.がイギリスにおける靴製作のための特許権を買い名称を英国化。よりぴったり合うように踵を細くし、トレードマークである黄色の縫い目を加え、靴底をAirWairとして商標登録した。これが現在でも人気を博す『Dr.Martens』の始まりである。1970年中頃にはイギリスのパンクロックスターの間でブームとなり、そのファンもまたドクターマーチンのブーツを履くようになった。これらが若者のサブカルチャーとして人気を集めるようになった。その名前はアレクセイ・セイルの歌の題名としても使われ、マッドネスのCDボックスセットThe Businessのカバーアートにも登場する程。





ドクターマーチンショップDMS・・・ドクターマーチン-Dr.Martens専門店 通販可能な実店舗も運営








Last updated  2013.01.30 12:41:45
コメント(0) | コメントを書く
2013.01.11
カテゴリ:ワークブーツ
気取らず愉しむタフシューズ
ワークブーツの代表的なメーカーでもあるドクターマーチンからレギュラーモデルとして知名度のあるワークブーツのご案内です。
アッパーに採用されたのは艶やかなパテントレザーで、クロコダイルの鱗調柄が描かれた圧倒的存在感を放っています。
十分に確保された耐久性とエアークッション効果によって履き心地にも優れた通称バウンシングソールからなるワイルドでタフなスタイル。70年代からのパンクムーブメントを代表とするストリートスタイルには必須だったこのブーツは今も尚十分な存在感とスタイリッシュなデザインでカジュアルスタイリングには無くてはならないアイテムとなっております。今回ご紹介するのは定番として長く愛され続けている8-EYEBoot。レース部分のアイレットが片側に8つある事から名づけられたシンプルなモデルネーミング同様スタイルもあくまでフラットでプレーンな仕上がり。シンプルなコーディネイトから本格的なワークスタイルまでご自由にお楽しみ下さい










Dr. Martens(ドクター・マーチン)

1945年クラウス・マーチンが暇中、バイエルン地方のアルプス山脈でスキーをしている最中に足首に怪我を負った事をきっかけに、柔らかい革と空気を充満させた靴底を用いたブーツの改良案を設計。快適で長持ちする靴底は人気を博しドイツ国内で有名に。その後イギリスの靴製造メーカーR. Griggs Group Ltd.がイギリスにおける靴製作のための特許権を買い名称を英国化。よりぴったり合うように踵を細くし、トレードマークである黄色の縫い目を加え、靴底をAirWairとして商標登録した。これが現在でも人気を博す『Dr.Martens』の始まりである。1970年中頃にはイギリスのパンクロックスターの間でブームとなり、そのファンもまたドクターマーチンのブーツを履くようになった。これらが若者のサブカルチャーとして人気を集めるようになった。その名前はアレクセイ・セイルの歌の題名としても使われ、マッドネスのCDボックスセットThe Businessのカバーアートにも登場する程。





ドクターマーチンショップDMS・・・ドクターマーチン-Dr.Martens専門店 通販可能な実店舗も運営









Last updated  2013.01.11 18:23:44
コメント(0) | コメントを書く

全3件 (3件中 1-3件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.