000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ミーヤの世界 ~ The world according to MIYA

全255件 (255件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 26 >

音楽日記

August 26, 2007
XML
カテゴリ:音楽日記
青山 LOOP 狭かった。

ステージも狭かったけどお客さんスペースも異常に狭い。
リハの時にハウスエンジニアからドラムの音が大きいとクレームが。
普段の半分くらいの音量だったんですけど...。
しかも本番ではずっと左の肘が後ろの壁に当たっててやりにくいやりにくい。

けどそういう逆境に立つと人間は燃えるもの。
演奏は熱かったです。
一体感。
そんな言葉がピッタリの演奏。
最終的に思いっきりフルショットで叩いてしまいました。
大人げないッスねぇ。






Last updated  August 27, 2007 05:59:41 PM


August 24, 2007
カテゴリ:音楽日記
NOA NOA を観てきた。

あまりよくわからずに渋谷のDUOに行ったら、昨日はどうもブラジルっていうかサウダージっていうか、そんな集まりのイベントだったらしく、他の出演者も涼しげな感じでした。

さて NOA NOA ですが。
ちょっと感想書くのが勿体ないくらい良かったです。
歌がねぇ~、歌がハッキリ言ってCDより全然良かった。
鳥肌立った。
演奏も丁寧で。
好感持てる。
いいもん見せてもらいました。

で、今日から情報解禁という事で、ひとつお知らせ。
だいぶ先の話なんですが NOA NOA のサポートでドラムを叩きます。

10月12日金曜日、ディズニーランドの近くっていうか隣にある「club IKSPIARI」って所です。
対バンは「HAREM」というバンド。
詳細がわかったら上のスケジュールのところにアップします。

楽しみ~。

070824a.jpg






Last updated  August 24, 2007 03:34:36 PM
August 23, 2007
カテゴリ:音楽日記
今日は若干涼しいけどね。

これから「NOA NOA」のライヴを観てきます。
今一番気に入ってる日本のバンド。
初めて観るんですごく楽しみ。
やっぱり夏のうちに観ておきたい。

リーダーのBEN君のブログの江ノ島のイベントの様子(8/18付)が凄くいいんだよね。
こういうのがホントは観たかったんだけどさ。
来年、来年。

さて行って来ようっと。
昨日DJをお休みした原因のひとつである頚の痛みは若干まだ残ってるけどね。

070823.jpg
NOA NOA/Sunshine Holiday






Last updated  August 23, 2007 06:22:34 PM
August 22, 2007
カテゴリ:音楽日記
今日の DJ は中止とさせて頂きます。

外苑前がかなり混み合うであろう事と、それに加え今日のラウンドテーブルのリハで少し頚を痛めました。
ヘッドバンギングしたみたいな...。
むち打ちみたいな...。

歳だね、情け無し...。

次回9月4日、外苑前 SIGN で。






Last updated  August 22, 2007 07:26:14 PM
カテゴリ:音楽日記
070822a.jpg
yanomami


矢野顕子とレイハラカミによるコラボ。
音はあくまでもクールなエレクトロニカ。
歌はまったくいつもの矢野顕子。
なのに混ざるととても気持ち良い。
涼しいです。
ドラムンベースになりそうで、ならなそうで、っていう寸止め感もいい。
音色の選択が相変わらずとてもセンスいいなぁ。
あのソウルの名曲(M7)がこんな風になるとは。
iTMSにも何曲かあるんで試聴してみてね。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


今日は今のところ夜21時から外苑前のカフェ OFFICE でDJなんですが、神宮球場で18時からヤクルトー阪神、国立競技場で20時半からサッカーの五輪予選日本ーベトナム、という事で外苑前駅はそれぞれの試合終了後凄く混み合う事必至。
野球が延長したりなんかしたらえらい事になる筈。(その凄い込み具合をちょっと見てみたい気もするけど)

つーわけで今日はDJを聴きにくる事はあまりお勧め出来ないかもなぁ。
って、かなりネガティブ発言ですが...。






Last updated  August 22, 2007 12:06:15 PM
August 21, 2007

カテゴリ:音楽日記
山口小夜子といえば私より少し年上の世代に於けるファション界のカリスマモデルであり、世界に日本女性の美しさを知らしめた最初の女性だった。

ファッションに特に興味がない人でもその存在を認識していたし、音楽的にはやはり1977年の Steely Dan のアルバム「Aja」のジャケット写真で有名でした。

070821a.jpg

初めてこのジャケットを見た時はこれが人間だとは全く気付きませんでしたね。
買って半月後くらいに気が付いたんじゃなかったかなぁ、確か。


マイケルマクドナルドらが抜けて2人組になった Steely Dan が、スタジオミュージシャンを使って作った前作「The Royal Scam」(コレも良い!)に続いて出した傑作アルバムです。

聴き込みましたね、これは。
参加ミュージシャンも凄かった。
特にM2に於けるスティーブガッドのドラムに影響を受けたアマチュアドラマーは当時かなり多かったのではないでしょうか。
私ももちろん影響されました。
完コピしましたね。
もう出来ないけど。
一時期フュージョン的なドラムにハマってたんでね。
すいませんね。
若気の至りってヤツです。

この後「Gaucho」を経て、解散後のドナルドフェイゲンのソロアルバム「The Nightfly」で一応の Steely Dan の音楽の完成を見るんです。
この4枚持ってりゃ良いんじゃないですかね、Steely Dan。
あ、極論?

再結成以降はちょっと興味無し。
今、偶然にも来日してるみたいですけどね。
しかしチケット料金が¥23000円って、どんだ◯~(自重)。



山口小夜子さんのご冥福をお祈り致します。






Last updated  August 21, 2007 11:11:53 AM
August 18, 2007
カテゴリ:音楽日記
やってきました、J-WAVE LIVE 。

気持ち良かったね。
やりきった。
今日は昨日より気温が10℃くらい低かったらしいけど、ホールの中は熱かった。
倖田さんも気持ち良さそうでした。(と、思う)

伊藤由奈ちゃん&バンドの皆さん明日頑張ってね。


そうそう、DJ TARO を初めて見ました。
あんな顔だったのね。
意外にぽっちゃりしてた。


ライヴが終わってドラムを積み込んだ時点で時間は7時10分。
これはひょっとして最後の方が見れるかも。
そう、今日は多摩川の花火大会の日でもあったんです。


急いで第三京浜を飛ばして川崎で降りると、まさに佳境に入ったあたり。
第三京浜寄りの会場は車が入れなくなってたんで、久地寄りの会場へ向かう。
こっちは3年前まで住んでた事もあって、勝手知ったる何とやらでうまい具合に良いポイントで見れました。
ラスト15分位しか見れなかったけど、最後の派手な花火は良かった。
来年はまた河川敷で見たいなぁ。

070818b.jpg






Last updated  August 18, 2007 10:05:40 PM
August 17, 2007
カテゴリ:音楽日記
明日のJ-WAVEのライヴの前日リハをやってきた。

ちょうど入り時間に新横浜周辺だけ土砂降りの雨。
嫌がらせか!
その後パタっと止む。
うん、嫌がらせだな。

お弁当が出たんだけど、何だか通常とパッケージが違う崎陽軒のシウマイ弁当。

070817a.jpg

中身的には漬け物以外通常と同じ。
う~ん、これはアウトレット物なのかな?


今日リハをやったのは倖田組だけ。
しかし明日も午前中リハがあるのだ。
早く寝よっと。

070817b.jpg






Last updated  August 18, 2007 12:19:11 AM
August 16, 2007
カテゴリ:音楽日記
と、いうわけでトミーゲレロの1stアルバムを昨日紹介したらアクセス数がいつもの半分に激減。

みんな音楽ネタ興味ないのね...。

070816.jpg


って事でトミーゲレロの最新アルバムについて。

070815a.jpg


このアルバムは昨日も書いたように彼の10年前の1stアルバムにかなり近い。
”Back To Basic” って事ですね。
基本的にギタリストのトミーゲレロ&リズム隊みたいなシンプルさ。
マイナー系の循環コード(抗えない)。
物悲しい&物憂い(抗えない)。
ヤバいです。
この夏の定番になりました。

ぜひ







Last updated  August 17, 2007 08:03:13 AM
August 15, 2007
カテゴリ:音楽日記
昔むかし、といっても1998年~2001年くらいの話。

J-WAVEでUAが「カピバラレストラン」という番組をやってました。
日曜日の深夜。
UAのある意味ダルな感じのお喋りと新鮮な選曲で結構毎週楽しみに聴いていたものです。


そのダルな感じの喋りにピッタリだったオープニングテーマがトミーゲレロの1stアルバムの2曲目、「So Blue Its Black」でした。
アコースティックギターのDUO+リズム隊というシンプルな編成、何とも物憂げ且つ物悲しいそのメロディーはとても印象的で、この曲が始まると「あぁ日曜の夜が終わるんだなぁ」なんてセツナイ気持ちになったものです。


その頃はよくアレンジャーのHさんとお酒を呑んでいて、いつだったか彼に連れて行かれたあるロック系のバーで突然その曲がかかって驚喜したのを思い出します。
まだ実はトミーゲレロを知らなかったんですよ、その頃。
その後その店で何とかお願いして、めでたくそのトミーゲレロのLPをMDにダビングして貰いました。(当時はまだアナログをCDRに落とすなんて技は手の届かないものだったので)


だからその数年後ジャックジョンソンのブームが来て、その流れでトミーゲレロも注目されだした時は何となくピンと来ませんでした。(その頃出てたアルバムが1stとは全く雰囲気が変わっていたのでね)


で、この夏トミーゲレロのニューアルバム(これは良いです、1stっぽい)が発表されたんですが、それと同時にこの1stも再発されました。
改めて聴いてみましたよ。
なんだろうこの2曲目のせいなのか、何故か日曜の深夜のUAの番組の事や10年位前の出来事なんかを思い出してしまいました。


ちょっとやっぱりセツナイ感じだなぁ...。


070815b.jpg
再発されたジャケットはバックがピンク色になってた。






Last updated  August 15, 2007 07:34:26 PM

全255件 (255件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 26 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.