047377 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

本の森で呑んだくれ、活字の海で酔っ払い

PR

Profile


呑んだら読むな_読むなら呑むな

Recent Posts

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

Favorite Blog

Penny J. Cole, The … New! のぽねこさん

映画「こんな夜更け… New! みらい0614さん

『ジーヴズの事件簿… ばあチャルさん

梨割山(加治田城址… kiki2406さん

びわ湖ホール「マタ… はざくら2005さん

2020.10.16
XML
・訪問診療(いわゆる往診)ではこれまでポケットエコーであるVscanを使っていたが、見え方に限界を感じて高額だけど高機能で良く見える機種のエコーを購入したところ。高機能だからと言っても検者の手技や知識が伴わないとその機能が発揮できないと改めて知らされて、学び直しの日々である。で、こんなコミックがると知って箸休め的に読んでみた。それなりに面白かった。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハイパーソノグラファーK 1 エコーのWeb動画が見られる! [ 山田 博胤 ]
価格:2750円(税込、送料無料) (2020/10/16時点)

楽天で購入

2020.10.13読了


・昔のコミック「スーパードクターK」をモジったタイトルだろうと思う。超音波検査の達人である検査技師Kが主人公、前編では急性心筋梗塞、後編では大動脈解離、医師でも見逃しそうな疾患を見事に診断して患者を助けるというストーリー。その主人公の名前「響極和音」ってそれらしいけど作りすぎ?まあ許そう。この私、在宅医ではありますがエコーを使う身としては、①エコーで心筋梗塞をある程度でも診断できるような眼を養う必要があるのだなということ、②下降大動脈も見えるんだというか見なくちゃイカンのだなということ、など勉強になった。

・ただ、これを読む読者って誰?どんな人をターゲットにした本なの?対象は一部の医師または検査技師だけだと思うが、それで商業的に成り立つのかなど、大きなお世話かもしれないが、ちと疑問に思った。






Last updated  2020.10.16 21:28:31
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.