046628 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

本の森で呑んだくれ、活字の海で酔っ払い

PR

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >

雑記

2020.11.09
XML
カテゴリ:雑記
・​「暗渠マニアック!」​を読んで興味を持った暗渠の世界。「暗渠探索」入門の初体験の暗渠は「外山排水路」(​レポート​)でそれなりのコーフンやカンドーみたいなものを感じ、第2弾では同じく山崎川に注ぐ「五軒家川」という何だか由緒正しそうなネーミングの暗渠を訪ねた(​レポート​)。娘に「何だか暗い趣味だね」とか言われ、そうかなと思いつつも「そんなことないて」と答えながら、第3弾はその「五軒家川」に注ぐ「滝川用水」をターゲットに選んだ。(2020.11.8探索)


・今回もYaura WakamiさんのTwitter​の​MAP​を活用させていただいた。名古屋の暗渠情報が詳細に記録された素晴らしいMAPです。コメントに「橋跡あり」と書かれていたので期待値上昇、前回の五軒家川探索で合流点は分かっていたのでその合流点から遡っていくことにした。


①五軒家川に流入する滝川用水の合流地点。ここから滝川用水を遡ってみることにした。


②何本か道路の下をくぐっては開渠になって上流を辿っていく


③さあ、いよいよ暗渠っぽくなってきたぞ~


④この小径はたぶん暗渠かな?


⑤と思っていたらその先に橋の跡を発見、やったー!やっぱこの小径は暗渠だったんだと初めての橋跡体験にひっそり一人で興奮してしまったのであった。


⑥wakamiさんのMAPによると橋を越えてから流れはほぼ直角に右に曲がっているのだが、突き当りに石垣があってそのまま右岸に石垣が続いているのは当時の地形を残しているのかもしれないと思えばちょっと興味をそそられる(深読みか?)。


⑦その後は、道がなくて歩けないところもあったけどほぼMAPに忠実に上流を目指したのだけど、暗渠っぽいところは見つけられなかった。


⑧とは言え、小学校の裏にあった敷石の階段は用水に降りる道だったのではないか、昔は小学生がここから用水に降りて遊んだりしたのではないかとこれまた深読みしてしまうのであった。


⑨ここが起点らしいがそれらしいものは何も見つけることができなかった。


wakamiさんの地図をカシミール3Dの地図に移植した。黒二重線は暗渠(埋め立てと区別はできないけど・・・)。


写真を撮った位置を地図上にプロットした。

 名古屋の暗渠探索こっそりシリーズ第3弾(本当はアップしてない八事裏川もあるので第4弾なんだけど)。間は空いたけど前回の山崎川支流の五軒家川のまた支流の滝川用水は、下流の開渠と暗渠の境目にある橋跡がメインで上流は暗渠だか埋め立てだか分からないし不完全燃焼だったが、石垣や階段などでかつての用水をちょっと妄想してしまった。







Last updated  2020.11.10 23:14:10
コメント(3) | コメントを書く


2020.08.10
カテゴリ:雑記
昨日、映画館まで5kmあまり歩いて行った。新コロ第2波で緊急事態宣言中の愛知県なので公共交通機関は使わずに徒歩。しかし暑い!途中、水分補給しながら休憩しているときに、ふと脇道を見れば「これ暗渠のような気がするなあ」と感じる風景が目に入った。通り過ぎたものの気になってまた戻ってパチリと写真を撮っておいた。


新栄小学校南交差点付近

 こんなところに川や用水路はなかったはずだがと思って調べてみたら、現在では埋め立てられてしまった精進川が流れていたことが分かった。絶対にそうだとは断言できないが、この感覚はまず間違いないのではないかと思う。我ながらスゴイと思った。暗渠に関する本を読んで暗渠探索始めたばかりだが、「暗渠を感じる目」が備わってきたようで素直にうれしい。






Last updated  2020.08.10 18:38:19
コメント(0) | コメントを書く
2020.07.16
カテゴリ:雑記
・​「暗渠マニアック!」​という本を読んで興味を持った暗渠の世界、先月に初体験した暗渠体験は「外山排水路」(​レポート​)でそれなりのコーフンやカンドーみたいなものを感じて「暗渠探索」に入門したんだなあ思ったのではあったけど、何とも味気ないーミングだったのを残念に感じていたのていたのであった。

 そこで、今回は同じく山崎川の支流である「五軒家川」を辿って探索してみることにした。名称からしてなんだか由緒正しそうで期待できそうな気もする。初回探索は2020年7月5日、未確認の部分が残されたので日を改めてその後7月と8月にも再訪。そうこうしているうちに暗渠を見る目が養われて成長したのか、1回目で見つからなかった暗渠っぽいところそれに繋がる開渠の発見もあった。その内容も併せて今回アップすることにした。



地図上にプロットした番号は以下の写真と解説の番号とリンクしています。

・我が家の近くを流れている山崎川は桜の名所であり、10年以上にわたってランニングコースにしている身近な川である。源流は平和公園にある猫が洞池とされていることは知っていたが、他にも名古屋大学エリアにある鏡池やこの隼人池から流れ込む支流もあるらしいことは今回初めて知った。で、この「五軒家川」は隼人池から合流する支流である。

とりあえず自宅から山崎川上流へ向かっていくことにした


①山崎川(石川橋交差点の南西)




②道路を外れて川沿いに北上して行くと、かつての名勝「檀渓」に達する。
ここまではよく来たところなのだが、この先に五軒家川があるらしい。


③あっ、あった!コンクリートで武装されているが、
これは山崎川支流すなわち五軒家川の合流地点とみて間違いない。


④しばらくは開渠を辿る。こんなところに水路があったとは知らなかったなあ・・・
けっこう新発見で探検気分になって存外に楽しい。


⑤グランドの手前で暗渠に潜った!この先はどこにあるのか不明で、
ここからついに待望の暗渠探索になるのだとわくわくしたのだけど・・・


⑥グランドに沿った道、蓋のある水路があるがこれはちょっと違うか?
暗渠はグランドの下を通っているのかもしれない。分からない!

​​​
​​⑦​そのうちに北から合流してくる支流の開渠を発見して
この辺りを暗渠が流れていることは確信する。


しかし、そこから隼人池まで暗渠が発見できずうろうろ。
きっとこの駐車場の下あたりがそれなんじゃない?とか想像して第1回目終了。
見れば何となく舗装された駐車場の下に暗渠が隠されているような気がしたのだった。


⑧別件で通りかかったときに気になってその目で見てみたら、この歩道って暗渠っぽくない?とひらめいた。写真だけ撮って再訪することにした。


⑨後日再訪して暗渠らしい歩道を進んでいくと右側に手すりが登場、予想通り手すりの下には開渠があったのだ!やったー!


⑩ちょっとだけ地上に姿を現したその開渠はまた道路の下にもぐってしまう。隼人池からの水が流れ込む流入口だ。


⑪隼人池側から見た流出路


⑫隼人池公園


なんでも江戸時代に開墾した新田、藤原さんと成瀬さんの名前をあわせて「藤成新田」と呼んだその地の田畑に水を引くために作った溜池が隼人池で、山崎川(その当時は「川名川」)まで「桶をかけて流し」(意味が分からないけど要するに水路を作ったってことと理解する)「藤成の田んぼを潤した」ということが書いてある。今では辺り一面が開墾された田んぼだったってことすら全く想像もつかない。


「​今昔マップ on the web​」より 1880年代後半ni付近の地図
確かに昔は田んぼばかりだった。これらの新田に水を引くために作られたのが隼人池という溜池と五軒家川だったのだろう。

今生活している足元の歴史に触れる切り口となる暗渠探索ってけっこう面白いなと思い始めている。






Last updated  2020.11.09 20:02:55
コメント(2) | コメントを書く
2020.07.05
カテゴリ:雑記
・1か月前に​「暗渠マニアック!」​という本を読んだ。それまで「暗渠」って聞いたこともなかったし、マニアがここ数年の間に増えてきてサブカルチャー的なブームになっているらしいことも知らず、「暗渠」っていう語感から暗くて陰鬱なイメージさえ抱きそうであったが、読んでみればタイトル通り確かにマニアックというかオタク的だけど、そんなに暗くもないし面白そうじゃないですか!とりあえず自分の目で身近なところの暗渠を探索してみたいなあと思わされてしまった。

・ちなみに「暗渠」とは、
​〇地下に埋没したり、ふたをかけたりした水路」のことだが、著者はさらに広い解釈で・・・・地下に水の流れが残っている、いないにかかわらず、「もともと川や水路(あるいはドブ)があったところ」をすべて「暗渠」と捉えていく。​
と定義されている。



2020年6月20日 この日がワシの暗渠記念日となる(かもしれない)
・名古屋市瑞穂区に住むワシにとって身近な川は山崎川。実は源流をたどって猫が洞池まで走ったり、河口まで走ったりしたこともあるのだ。

・その山崎川の支流に暗渠がないものかとグーグルマップで調べた。ちょうど通勤コース途中の新瑞橋付近で南東から合流する支流っぽいのを発見!早速トライしてみた。

・新瑞橋交差点の東、山崎川の左岸に水門があった。今まで全然気が付かなかったけど、これは楽しみな感じだなと先に進むと、


・何だかコンクリートでできた水路は予想以上に細かった。並行する管状のものは下水路??


・道路の脇を開渠のまま水路を遡っていく


・典型的な「ドブ」の懐かしいような悲しいような風景があり、その先に・・・


・おー!これ暗渠ですよね!!コンクリートで蓋をされていて、「ここでは遊ばない」っていう警告の看板こそがまた暗渠であることのお墨付きを頂いているような気になってしまうのだがそれでいいのだろうか?


・その先では庭先の水路に鉄板で蓋をして植木などを置いている生活感のある暗渠も見ることができた。
・さらにその先は初心者で未熟なせいか暗渠が追えなくなってしまった。埋め立てられてしまったのか?

・古い地図で見ると天白川のすぐ近くまで続いていることが分かった。水源は天白川なのだろうか?
・​Yaura WakamiさんのTwitter​の​MAP​によるとこの川は「外山排水路」という名称で「江戸時代の一時期のみ天白川が付け替えられていた名残か」と記載があるがよく意味が分からない。


・今昔マップで見ても天白川とは直接には繋がってないみたい。しかし、水源は天白川のような気がするのだがどうなんだろう?


・暗渠を見失ってしばらく歩いていると中井用水緑道に行きあたって緑道に沿って帰路を歩いた。いつの日かまたこの緑道をたどって歩いてみるのもいいかなと思っている。下流は大江川で、下流には今に今では巨大な暗渠となっている大江川緑地がある。






Last updated  2020.07.06 19:21:40
コメント(2) | コメントを書く
2020.02.18
カテゴリ:雑記
 北八ヶ岳なんて年を取ってから行けばいいやと思っていたのに、還暦を迎え、膝に痛みを抱えて・・・適齢期は予想よりも早くやってきたのだった。ヤマレコのレポートはこちら


​​
「主に宴会目的でちょっとはスノーハイク」的なコンセプトの計画だったのだけど、1日目は北横岳から360度の大展望(南アルプス、中央アルプス、御嶽、乗鞍、北アルプス、妙高-火打、浅間山、谷川連峰、妙義山、奥秩父、そういえば富士山は気がつかなかった)は、こんなことめったにないよねというレベル、2日目は悪天候で縞枯山方面へ向かうのはやめて下山したものの、たまたま寄った下山後の温泉が最高で、2日とも大いに楽しむことができた。もちろん宴会も計画通りに楽しめたので1粒で3度おいしい山行となったのだ。


 数年前なら物足りなかっただろう山行も現在では十分すぎるほど楽しかった。膝痛も「気のせい」だと信じて臨んだ膝痛も、心配していたほどには悪化することなく無事下山でき、下山後も仕事に支障をきたしてないので結果オーライ。また行けそうな山を探して計画しようと思う。






Last updated  2020.02.18 22:46:21
コメント(0) | コメントを書く
2020.01.15
カテゴリ:雑記
​​​​ 還暦になっ(てしまっ)た2019年の年末は八ヶ岳本沢温泉に1泊2日で忘年会登山に、明けて2020年1月3日は恒例の鈴鹿藤原岳避難小屋で新年会登山、どちらもピークは踏まない温泉や宴会目的の何だか老人会の旅行みたいな山行になってしまった。リハビリだと思っていたけどいつまでたってもリハビリって言って進歩がないのはやっぱり還暦になって体が「無理無理!」って言ってるのかなぁ・・・

2019年12月28-29日前夜発1泊2日 八ヶ岳本沢温泉ツアー(​ヤマレコの報告​)
ワシら名古屋HOT隊(変なおじさん登山隊)では恒例だった雪山テントで忘年会登山だったけど今年はテントはやめて小屋泊まり計画、しかもKたん師匠と二人きりになってしまった。みんな年を取ったというか歴史は変わろうとしてるんだなとも思うが、まだまだワシはリハビリ中だでまた返り咲きたいという気持ちもまだ捨てきれないのだ。

道の駅こぶちざわで前泊したけどめっちゃ寒かった。風もあったけど結露が凍っていたので気温はずっと氷点下だったと思う。スタッドレスタイヤで稲子湯まで車で入って車を駐車して登山道へ・・・

雪不足だと聞いていたが幸い登山道はしっかり雪があり、本沢温泉露天風呂も雪があって硫黄岳を見上げるシチュエーションは最高だったのだけど、脱衣所はないので決死の裸地獄であった。

露天風呂の後は個人的2人で宴会


 翌朝は本沢温泉外湯を攻め、露天風呂にも準備万端でリベンジ。硫黄岳チャレンジはやめて下山、稲子湯でまたひと風呂浴びるという温泉三昧老人会旅行ツアーになってしまったのだ。(来年はどこにの温泉にするかの~)

2020年1月3日 鈴鹿藤原岳新年会山行(​ヤマレコの報告​)
 恒例の山仲間の新年会山行。メインは避難小屋2階での鍋料理宴会、今年も無事に参加できて良かったです。とは言え下りの遅さを思い知らされた。来年も参加できる体力を維持したいものだと思う。


今年はいったい何日山に入れるのだろう。これまでは仕事がボトルネックだったがこれからは体力的な衰えも考えねばなるまい。悲しいけど現実を受け入れよう。






Last updated  2020.01.15 22:23:06
コメント(0) | コメントを書く
2020.01.13
カテゴリ:雑記
 昨日は約1年ぶりのマラソン大会、新日本スポーツ連盟の新春マラソンでハーフマラソンに参加した。 持病の腰痛に加えて膝まで痛くなって走れなくなっていたのだが、そのうちに足首まで痛くなりだして病院通いでリハビリしたりしていた。リハビリ通院もやめて痛みとは一生の付き合いだなと悟ってまたそれなりに走ろうと思って、新年の占い?とりあえず走ってることにしてエントリーしたのだ。なのに!


​「しまった、靴の中敷き忘れてしまった!」出走前に気づいたけどもう遅い!最近はワラーチなどというサンダルで走る人たちもいるし流行りの「ベアフットランニング」に近いじゃんと強がりながら、膝や足や腰に悪いような気はしたけどどういせ手遅れなので気にしないことにしてスターラインについた。 

 ここのところ、走るたびにワースト記録更新。去年の犬山ハーフでは初の2時間超だったけど、膝を心配してはじめゆっくり入りすぎたせいで後半でスピードアップしたけど間に合わなかったって感じだったので、今回ははじめから早めに走り出せばと思ったのだけど・・・


「練習は嘘つかない」ってのは本当だねということと、年には勝てないね、という現実を思い知らされた21kmの走りだった。



そりゃ練習してないんだから当たり前なんだけど長年の貯金を使い果たしてしまった感じ。ハーフが2時間切れなくなってしまった。今回もやはりワースト記録更新で、しかも走った後のダメージがひどい。それも健康的な筋肉痛じゃなくて腰痛悪化だったり足首の痛みだったり腰痛悪化だったり、こんなんじゃウルトラ復活どころかフルマラソンも厳しそうだな​あ・・・でも、しかしとりあえず今年はフルマラソン復活にチャレンジするつもりだ。タイムは気にしない。






Last updated  2020.01.15 07:35:26
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.16
カテゴリ:雑記
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1954264.html

4泊5日北アルプスの山旅、予定通り昨日、何とか無事下山しましたが、最終日5日目の下山ではへろへろ、膝もさることながら体力的にもかなり危機感を感じ、わが身の現実を知ることになりました。山はまだ続けられそうだけど、は4泊5日はもう無理だなあと思い知らされました。



とは言え、
憧れだった黒部五郎岳に行けたこと、オプションで3度目の槍に登ったこと、計画通り折立から新穂高まで縦走できたことなど還暦記念山旅としては上出来だったと思います。
 
膝は治らないしそうかといって悪化もしないので少し山に行ける自信を取り戻せました。ぼちぼちできる範囲で復活したいと思います。あと何年山に登ったりできるのだろう?10年くらいかもしれないなと思う還暦の夏です。
 
あと、やっぱ北アルプスは人が多いですね。平日なのに余りの人の多さにびっくりしました。夏休みだから??山小屋営業シーズンは高いとはいえビールが買えるので嬉しいけど、人が多い山はあまり好きでないので来年はまた季節を外すか南アルプスとか東北や北海道に行くとか考えようかなと思っています。






Last updated  2019.08.16 22:03:22
コメント(0) | コメントを書く
2019.04.21
カテゴリ:雑記
・膝を傷めてかれこれ2年、リハビリハイキング。近郊の名古屋在住でアプローチは車で2時間以内といえばテリトリーなのだけど、行きたい山リストにいつも入っていた霊仙山。初でしたが、天候に恵まれたこともあり、予想以上の収穫を感じて充実感に浸っている​(山行記)​。


展望に恵まれて琵琶湖から伊吹山、白山、北アルプス・・・南アルプスまで見えて大満足!(写真は琵琶湖)



榑ヶ畑の廃村跡

・榑ヶ畑や今畑の廃村跡を見て感じる歴史というか人々の生活に郷愁を感じた旅でもあったのだった。たぶん、高桑さんの​「山の仕事、山の暮らし」​を読んだ影響も大きいのかなと思うけど、そんなことが感じられる人になった自分が面白いと思う。山の廃村マニアになるかも?






Last updated  2020.01.15 07:37:15
コメント(0) | コメントを書く
2019.02.24
カテゴリ:雑記
 もともと読書は好き、というか活字有毒的なところがあって、膝を傷めて走れくなって山に登らなくなってからまた読書の量が増えて読む分野も広がって、読書に関係したブログでも作ろうか、できたら感想文や書評的なもにとどまらない何かを創作したいと思って立ち上げたブログだけどあんまり・・・



 今日は犬山ハーフを走った。右膝に痛みを自覚するようになって、そして痛みを我慢して走ることの意味が分からなくなって大会に参加するのを止めてから何とちょうど丸2年。それまで30年くらい続けていた山登りも止めてしまっていた。仕事以外では走ることと山に登ることが自分の人生だったことに、走れなくなって、登れなくなってから気が付いた。仕事のストレスももちろんあるのだけど、それを解消する出口を失っていた感じなのか、気分はとっても抑うつ状態だった。どうしても視野が狭くなって閉じこもって自信を無くしてしまう。
 自分のアイデンティティをどうやって取り戻すか?そんな中でエントリーしたマラソン大会でした。というか本当は、初ハーフを走る知り合いに、一人じゃ心細かろうと思ってつき合いでエントリーしたのに、当の本人から急な仕事で参加できなくなった!って連絡があったもののせっかくエントリーしたので一人で出場することにしたのだった。
 たぶん制限時間ぎりぎりだろうと思ってエントリーしたカテゴリーは「初陣」、実は年寄りなのでなんとなく気恥ずかしかったけど、案外にお年寄り(ごめんなさい、でもたぶん見た目で自分よりも年上かな?という人)がちらほら周りにおられて、おかげで違和感なく(あくまで、たぶんだけど)スタートを待つ。



今までの大会で並んでいた陸連登録とか自己申告タイムが速い、要するに先頭に近いところでスタートを待つ集団の、あの緊張感のあるというか何だか背中を腕で押されるようなぎすぎすした感じがない、のんびりした空気がけっこう馴染める感じ。あと、気になったのが、明らかに過剰装備なランナー。給水所があるのにペットボトルを腰につけている人、何が入っているのか分からないリュックを背負った人(自分も荷物を預けるのが面倒で背負って走ったりしたことはあるけど見た感じ違う、着替えや食料??)、「あんたの種目はトレラン?東海自然歩道のオプションコースでっか?」と聞きただしてみたくなる人もいた(失礼なので実際には聞けなかったし、本当はトレランの練習で参加したのかもしれないので、だったらごめんなさいねですけど)、服装も先頭集団のようにランシャツにランパンは違うだろうと思うけど、明らかに厚着でしょうという人がたくさん、スマホを持っている人が多いとか、仮装している人が少ないとか・・・ストレッチも気合が入ってない感じ(それは好感持ってます)、会話のトーンも何だかゆったり・・・

ほぼ最後尾の集団に交じってスタート。走り出したらアドレナリンが出たのか膝の痛みが全然ない? 徐々にペースアップもできて気持ちよく完走できた。そのうちにフルも復活できそうな予感!? とりあえずその前になんちゃって日帰り冬山第2弾もできたらやっておきたい。それにしても2時間7秒は上出来と言えばそうなんだけど・・・ハーフで初めて2時間越え、残念!しまった!というのが正直な気持ち。そう思えるようになったのが今回の収穫ということしておこうと思う。

そうそう忘れるところだったけど、2年ぶりの大会参加で声をかけて頂いた懐かしいランナーの方々とのうれしい再会がありました。スタート前にはウルトラランナーの大先輩に声をかけていただきましたが、心の準備ができてなくて何となく気恥ずかしい感じで正直、戸惑って何をしゃべったのか覚えてない。スタート直後、今度はランだけではなく小田原高校の先輩でもある人から声をかけて頂きしばらく談笑などしながら並走、「アドレナリンが出ているうちが勝負ですからどうぞお先に」と言われてお別れ、その後もナイショで出走していたはずなのに何故か沿道から声をかけてくれた知り合いだったり、シリアスに懸命に走っている知り合いと目が合ったり・・・走り終わってから会場でもまた応援来ていた知り合いにばったり会ったり、最初は気恥ずかしかったけど、だんだんと何だかランナーの世界に戻ってきたのかなと嬉しくなった。「たかがハーフ、されどハーフ」でした。






Last updated  2020.01.15 07:36:19
コメント(0) | コメントを書く

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.