047375 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

本の森で呑んだくれ、活字の海で酔っ払い

PR

全6件 (6件中 1-6件目)

1

アンソロジーなど

2019.11.16
XML
カテゴリ:アンソロジーなど
​ 月間小説誌「すばる」に掲載された短編小説から選んだアンソロジーのシリーズ、今回は16人の作家の作品でちょっとお買い得感あり?半分くらいの作家さんは初読みなのでまた新分野開拓もできそうと期待して読んだ。つまみ食い的にあちこち順不同で、このアンソロジーは読む順序にはこだわりなく編集したのだろうかと疑問というか心配になったが、なんと!単純に作家の名前があいうえお順で掲載されているだけだった。何となくもっと考えてほしいとも思ったのだけど、シリーズ初読みの「短篇工場」もあいうえお順だった。それのほうが何となく角が立たなくていいのかも?

・回想電車(赤川次郎)
 もの悲しいファンタジー、回想は回送だった。乗り合わせた電車で次々に懐かしい人たちにあって自分の人生を振り返って懐かしむ、どこまでが現実でどこからが非現実なのかがあいまい。男の死に顔が幸せそうだったというのが救いでこの短篇の余韻を良くしていると思う。悲しいけどちょっとうれしいような読後感の良い作品。

・角筈にて(浅田次郎)
 「つのはず」と読むこと自体をまず知らなかったし、当時の東京がそんなに荒地だったことなど全く想像できない。寿司屋で父親に捨てられたことがトラウマになっていた主人公が、父親の苦悩や自分に対する愛情を知る捨てられた後全く交わることのなかった父と子の人生が父の死後になってやっと共有できるという話。それまでトラウマのために寿司が食べられなくなっていた主人公が「寿司でも食おう」と思ったというラストがよかった。

・特別料理(綾辻行人)
 密室ミステリーの人だと思って油断して読んでいたら・・・ラストはまさか!??でも、たぶんそういう意味?ゲテモノ食いのレストランで徐々にそのランクを上げていく、ついには自分の体の一部である指を食べることに喜びを・・・そしてラストに「そろそろ子どもを作ろうか」!ゾワゾワで終わる。後味は悪いけど衝撃的で印象に残る作品だった。乙一さんが書いたらもっとどろどろになっていただろうなとは思った。

・蛍ぶくろ(伊集院静)
 Audibleの対談で阿川さんと2人でホストをつとめる強面の作家というのが私の伊集院さんの唯一の印象だったけど、作品は1冊も読んだことがなかったので楽しみだった。
 お嬢様育ちだった女性がホームレスになった話で、「足音」のイメージが強調されていたように思う。こういう小説は「純文学」って言うんでしょうか?(って誰に聞いてんねん!) あまり楽しめないというか共感できない世界のような気がする。もちろん、作品が悪いわけではなく、相性とか自分の読書力の問題だと思う。

・岩(北方謙三)
 Audibleの対談にも登場したハードボイルド作家の北方さんは実はこれが初読み。ま、なるほどなぁと言った感じ。それなりだったけどちょっとのめり込むほどではないというか方向性が違うなと思った。

・猫舐祭(椎名誠)
 椎名誠は大ファンなんだけどこれはなぁ・・・って感じ。彼はSF好きで自分でも書いちゃうんだけど、エッセイや怪しい探検隊シリーズのほうが断然面白いと思う。「アドバード」だjけはちょっと面白かったような気がするけど前半を読むのがつらかった。やっぱ怪しい探検隊シリーズを全うしてほしい。

・38階の黄泉の国(篠田節子)
 篠田節子さん初読み。男と女の不条理な世界、死後の世界が不倫の場所、ホテルの38階で・・・印象に残ったっ小説ではあったと思うが、あまり好きな世界でななかった。

・プレーオフ(志水辰夫)
 プロゴルファーか女子大生と結婚か?ハッピーエンドもいいよね。

・苦労判官大変記(清水義範)
 一時期はまった作家の清水さん、これもそれなり。弁慶が実は義経で義経はそのへんの不良少年だったっていう設定は面白かったし、弁慶が義経を守って死ぬラストもうまくまとまっていたと思う。まあ昔こういう作家にはまったことがあったなという感じ。当時はあんなに笑えたのに・・・

・梅試合(高橋克彦)
 初読み作家だけど、いまいち印象に残らなかった

・盛夏の毒(坂東真砂子)
 初読み作家だけど、いまいち印象に残らなかった

・超たぬき理論(東野圭吾)
 これだけは既読だった。そんなに面白いとは思えないんだけどなあ・・・

・さよなら、キリハラさん(宮部みゆき)
 宮部作品なので期待したのだけど、イマイチだった。

​・キャンパスの掟(群ようこ)​
 群さんも実は初読み。何となく敬遠していたのだけどこれは面白かった。真面目で質素な女子大生が主人公なのだけど、勉強はできないけどお金持ちで派手な同級生と仲良くなって高級な服やなんかをもらったりするのだけど、その代償が・・・カンニング!?そう書いてしまえばつまらないんだけど、リアルな心情描写があって面白かった。

・いるか療法―突発性難聴(山本文緒)
 初読みの作家さんだけど、じめじめ・・・心の病の話、でも後味は悪くなかったけど、疲れているときには読みたくないかも。

・青の使者(唯川恵)
 エッセイは面白かったのに、暗くて不気味だった。

最初の3作と群ようこさんの作品が面白かったと思う。伊集院さんの小説を初読みできたのもうれしい。






Last updated  2019.11.17 18:17:21
コメント(0) | コメントを書く


2019.10.19
カテゴリ:アンソロジーなど
​​2000年から2008年までの間に「小説すばる」で掲載された短編作品12編のアンソロジー。いつでも読めると思って購入したけど1年以上たってから読了した。


 

アンソロジーらしく新たな作家の発見もあってそれなりには良かったのだけど不完全燃焼っぽい感じがする。アンソロジーってまだ知らない作家の作品に触れて発見する機会だったり今まで知っていた作家の読んだことのない作品や読んだことのある作品でも再発見や新発見をする機会だと思うので、ちくま文庫の短篇集シリーズでの宮部みゆきさんと北村薫さんの対談のようなものがあればまた印象が違ったのかも?と思う。

●いちばんの発見は「川崎船(ジャツベ)」(熊谷達也)だった。戦後間もないころの東北が舞台で漁師の生きざまを書いた素朴で力強い作品。サスペンスでもないのにページをめくる手が止まらず読み応えのある作品だった。この作家さんは初読みだと思っていたが、「おやじエイジロックンロール」を読んだ記憶がよみがえってきたので初読みではないらしい。「おやじエイジロックンロール」は何となく奥田英朗の作品だったと勘違いしていたし、あまりにも「川崎船」とは作風が違いすぎ!ほかにも純文学方面にある熊谷達也作品を読んでみたいと思った。

・「かみさまの娘」(桜木紫乃)●初読みだけどアンソロジーのトップに掲載されているので1年位前に読んだはずなので再読?確かに読んだことがあるような気もした。母と子の関係、男女関係、全体的な雰囲気が釧路的で桜木紫乃的なテースト。

・「ゆがんだ子供」(道尾秀介)●不思議な短篇、もしかしたら2回目だけど読みなおして新たな発見あり?

・「ここが青山」(奥田英朗)●これははっきり記憶にある既読作品。「人間(じんかん)いたるところに青山(せいざん)あり」という読み間違えがちな言葉が絡んだ男が主夫になる話。雰囲気は覚えていて面白かった読後感も覚えていたのだけど・・・ストーリーもだけど「人間いたるところに・・・・」の意味もすっかり忘れてました。ま、読書ってそんなもんですかね?

・「じごくゆきっ」(桜庭一樹)●うーん、悪くわないけど趣味ではない

・「太陽のシール」(伊坂幸太郎)●伊坂ファンではあるけどこっちのほうに行ってしまうのは好みではないかなと思った。

・「チヨ子」(宮部みゆき)●宮部ファンとしては肩透かし?

・「二人の名前」(石田衣良)●文学的かもしれないがあまり共感できる世界ではなかった

・「陽だまりの詩」(乙一)●乙一作品なので警戒して読んだけどAIの悲哀を感じる案外にヒューマンな作品だった。こんな作風もあるのかとちょっと意外だった。

・「金鵄のもとに」(浅田次郎)●既読、自分の肉を食って一緒に日本に連れて帰ってくれと言われて戦友の肉を食らって生き延びた人の話だということは鮮明に覚えていた。再読して改めてそれぞれの複雑な心情があるのだなと思ったが、すべてを理解できて共感できるわけではない。

・「しんちゃんの自転車」(荻原浩)●不思議だけどちょっと怖くて心が温まるお話。まあまあですね。

・「約束」(村山由佳)●難病で死んでしまう親友と仲間、タイムマシン・・・「バックトゥザフューチャー」よりもむしろ「スタンドバイミー」を思い出すかも?
​​






Last updated  2019.11.17 18:18:05
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.08
カテゴリ:アンソロジーなど
●北村薫さんと宮部みゆきさんが選んだ名作短編のアンソロジーのシリーズもので、読んだのは金魚が表紙の「名短篇、ここにあり」に続いてシリーズ2作目になる。今回は変な犬が表紙。実は18篇のうち3分の1くらいは読んで積読にしたはずなんだけど、恥ずかしながら新鮮な気持ちで読んだり、記憶に残っていた印象と違ったりすることも多々あったりした。しかし、少し前に読んだ​「読んでいない本について堂々と語る方法 | ピエール・バイヤール」​に書いてあった、読んだ本と読んでない本の境界が曖昧であること、読んでもどんどん忘れて当然であること、みたいなことを思い出しながらがっかりはしないのだ。



●第五部がこのアンソロジーのメインだと思う。松本清張の「張り込み」と、それを題材にした倉本聰の脚本の2作品。清張の原作を読むのは2回目かな?刑事が逃亡犯の昔の女を張り込みながら感情移入してしまう話だということは覚えていたけど、幸せでもない現在の夫のもとに戻らせたのは温情といえるのかと不消化な感覚が改めて記憶に加えられた。で、倉本聰脚本の「武州糸くり唄」はこのストーリーを時代劇にして全く別な作品にしているがイメージは残っている。でも「若狭、宮津浜」となると主題となるテーマも全然違うし全く別作品だと感じる。いずれも余韻の残る悲しい話ではある。

・「類人猿」「しこまれた動物」/「動物のぞき」より(幸田文)、「デューク」(江口香織):
●解説対談で書かれているように2世作家によって書かれたゆえの上品な世界。今まであまり触れることのなかった世界。これからもちょっと触れてみてもいいかもと思った。生身の女性なら触れられないけど、本であれば気軽に触れられるし気に入らなければ捨てられるし?

・「その木戸を通って」(山本周五郎):
●たぶん再読なのだけどすっかりストーリーは忘れてしまって新鮮な気持ちで読んだ。何となく全体の印象しか残ってなかった。記憶喪失の女、愛情、不安、人情。解説ではSFかとも言っているがなるほどと思った。いいな。

・「焚火」(ジャック・ロンドン)
●凍傷からやがて凍死に至るまでの実況中継的小説でとってもリアル。何を語りたかったはともかくリアルで印象的、強烈だった。(「まん丸顔」は同じ作者の作品で犬を利用した殺人の話だけどイマイチ殺したい理由も不明だし変な印象だった)

・「蜜柑の皮」(尾崎士郎)
●大逆事件に」かかわったらしい死刑囚を1日で大量に見送った教誨師の告白だけどあまり共感できなかったというか理解できなかった。

その他「馬を飲み込んだ男」(クレイブ・ライス)、「蠅取紙」(エリザベス・テイラー)、「処刑の日」(ヘンリィ・スレッサー)、「幸福」「夫婦」(中島敦)、「百足」(小池百合子)、「百足殺せし女の話」(吉田直哉)






Last updated  2019.11.17 18:19:11
コメント(0) | コメントを書く
2019.09.26
カテゴリ:アンソロジーなど
BookOffで偶然目に入って買っておいた本。青をテーマにしたホラー/ミステリーのアンソロジー



●恩田陸さんが目当てだったと思うのだけど読んでみたら「水晶の夜、翡翠の朝」は既読だった。とは言え記憶があいまいで新鮮な気持ちでの再読になった。読んだ後味というか感触は残っているのに、ストーリーはほとんど記憶に残ってなかった。そんなものなのかな?

●近藤史恵さんの「水仙の季節」も途中で既読だったことに気が付いたけど、テイストは思い出すけどストーリーは思い出せないみたいな感じだった。やっぱそんなものなのか?

●乙一さんの「階段」は初読みだけどやっぱ乙一さんは合わないなああと思ったし、ホラー/ミステリーは自分には合わないような気がする。(とか言いつつ時々読んでしまうのだけど・・・)

●小林泰三さんって「たいぞう」じゃなくて「やすみ」って実は男性はなくて女性?「攫われて」は芥川賞的な不思議な小説。初読みの作家かと思ったら以前に別なアンソロジーで読んだことがあるみたい。

その他の作品
「みたびのサマータイム」(若竹七海) 「ふたり遊び」(篠田真由美) 「還ってきた少女」(新津きよみ) 「闇の羽音」(岡本賢一) 「ラベンダーサマー」(瀬川ことび) 「天狗と宿題、幼なじみ」(はやみねかおる)

●好きな人は好きかもしれないし自分的にも嫌いではないけど、というか大好物ではないけどたまには味見してみたい的な分野のアンソロジーだった。






Last updated  2019.11.17 18:19:40
コメント(0) | コメントを書く
2019.05.04
カテゴリ:アンソロジーなど
​​●ホラーだった(当然だけど)。何がとは言えないけど中途半端でスッキリしないというか自分の理解を越えている感じ。やっぱ自分、ホラーは好きじゃないんだろうな再認識しながら読んだ。既知だったのは恩田陸さんと北村薫さんだけどどちらも「ナニコレ?」って感じ、さやかさんのは小説ではなくイラストだったが残念ながら意味不明で、自分はイメージというか感受性が乏しいんだろうかと不安な気持ちにもさせられるが、ここは自分とはテリトリーが違う作品なんだということで無理にでも納得することにすした。

​恩田陸, 芦沢央, 海猫沢めろん, 織守きょうや, 小林 泰三, 澤村伊智, 前川知大, 北村薫, さやか、の9人によるアンソロジー

〇「とわの家の女に恋をしてはいけない、と彼は言った」●で始まる「とわの家の女」(織守きょうや)はファンタジーがちょっとかかったホラーとしても理解の範囲内で良かった。

●「高速怪談」(澤村伊智)は分かりやすくて一番面白かったのだけど、逆に分かりやす過ぎてこのアンソロジーの中では異質かも?と思ったりする。高速道路の車中でそれぞれが怪談話をしていくが、運転中の彼は実は別人の殺人鬼・・・と思ったらウソだぴょ~ん。で安心していたら例の女の顔が・・・キャー!てな感じで陳腐と言われるかもしれないけど自分的にはテリトリー内で面白かった。文句あるか!どうせあたしゃあ素人ですよ。(ワシはいったい誰にケンカ売ってんじゃい?)






Last updated  2019.12.05 20:47:48
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.31
カテゴリ:アンソロジーなど
​​●「100万回生きたねこ」(佐野洋子)という名作絵本をテーマにしたアンソロジー。愛する人ことができなくて百万回生きた猫が、愛することを知って死んでしまうという絵本なので、感銘を受けた作家さんがそれをテーマに書いたアンソロジー。


●絵本も以前に読んでみたことはあるのだけど正直言ってあまりピンとこなかったし、心に響いてくるものもなかった。感受性が足りないとか理解が及ばないのだろうけどやっぱり合わないっていうか世界観が違うのかなのかなと思った。必ずしも嫌いではないし関心もあるのだけどちょっと違う世界かなと言う感じだった。また年を重ねれば世界は重なり合うのかもしれないし、さらに離れていくのかもしれない。

とはいえ読んで気になった作家さんは何人かいる、

〇「百万円もらった男」(町田康):●自分の才能に気づかずにそれを売ってしまった男の話、この本の中で一番ふさわしくないように感じる作品だけど、何となく違和感を感じずにこの本の中に納まっているのはやはりふさわしい作品だということなのだろう。

●一時話題になった作家の綿矢りささんの初読みになった「黒ねこ」は案外すっと入ってきて面白かったし、これまた初読み作家の広瀬弦さんの「博士とねこ」も、詩人谷川俊太郎さんの「虎白カップル譚」も味わい深く面白かった。







Last updated  2019.12.01 10:38:57
コメント(0) | コメントを書く

全6件 (6件中 1-6件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.