119433 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

行住坐臥

2007年10月17日
XML
カテゴリ:検見川送信所関連
高校生の頃、書店で見つけてそのタイトルに思わず手が伸びたのが、
花見川のハック



いやぁ、いくら何でもあの花見川のわけないよなぁ、と思ったが、
あの花見川だった。エッセイでなく小説の舞台になっていたので、
本当に驚いた。

この本を書いた作家が、稲見一良(いなみいつら)氏。
大好きな作家だったが、残念ながら13年ほど前に亡くなられた。


稲見氏は兼業作家だった性か、非常に寡作だ。でも、特にリアリズ
ムをメルヘンで包んだような短編の作風が大好きだった。あまり本
を読まなかった高校生の自分は、この作家に短編の面白さを教えて
もらった気がする。


「花見川のハック」も短編集で、表題作であり花見川が舞台となっ
ている作品は、SFとメルヘンとが混ざり合った不思議な作品。好み
は分かれるかも知れない。ただ、稲見氏の作風はかなり多彩だ。

氏は猟銃による狩猟が趣味であったらしく、他の作品には豊富な銃
の知識や、ハードボイルドで不器用な男達が出てくるものが多い。
個人的にも、そっちが好み。


残念ながら絶版の作品が多い。
でも山本周五郎賞を受賞した「ダック・コール」をはじめ、文庫で入
手出来る作品も多い。


読み終えた後、優しい気持ちになれる作品が多いです。


musenhozon.jpg






最終更新日  2007年10月17日 18時09分06秒
コメント(4) | コメントを書く
[検見川送信所関連] カテゴリの最新記事

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

早寝は体のために、… なし6060さん
今日はいい日だ G3(じーさん)さん
一日一冊:読書日記… 本のソムリエさん
小遣い5000円脱出プ… jack_endlessさん
(ほぼ習慣)企業人… 湘南太郎。さん

フリーページ


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.