nazoKのヒーリングあ~と  気場補正コイルの創作日記                 

BEP設置依頼者からの手紙

ここに、BEP設置依頼者からの手紙を原文通りにお伝えします。

**********************************



岐阜県内設置

THさん
できるだけ多くの方々にこの事実を知ってもらいたいし、日本に限らず埋設していただきたいと心から祈り、願います。
4月25日岐阜県中津川市付知町の中心部にある田んぼの側道にBEPをnazokさんに埋設していただきました。
nazokさんが帰られた翌日4月27日、たんぼのオーナーさんから3時のお茶に招待され伺った時、BEPを埋設した場の上空に透明感が広がっており、幸せ波動が伝わってきたのです。全てが在る幸せ空間を目の前にして、私の心までが幸せ波動に共振し、笑い出してしまいました。
こんな事が現実に起きてきた喜びでワクワクすると共にnazokさんに心から感謝。
そして4月28日、バスに乗っている時、急に周囲の波動が変わり、精妙で穏やかな波動に包まれました。
驚いて周囲を見渡すと、そこは25日にスティッを埋設していただいた場の近くだったのです。
瞑黙し波動に身を委ねている時、BEPが放出している波動はnazokさんが放出している穏やかな慈愛のエネルギーと同質であることに気づいたのです。
nazokさんの笑顔が見えてくるようです。
nazokさん、本当にありがとうございます。とても嬉しいです。土壌に棲む微生物さんたちの喜びが分かりました。
目には見えない場のエネルギーが一本のBEPで、こんなに上昇するなんて!
たんぼの中に限らず、この慈愛エネルギーは周囲に拡張し、人の心までも自然に調和させていくであろうことが感じとれました。

たんぼにBEPを埋設後、某神社に向かいました。鳥居の傍にあった松が枯れていたことが気になっていて、nazokさんにBEPを設置していただいたのです。
まずは参拝目的を本堂で祈りとして伝えます。個我ではなく全体に対する真剣な祈りは、必ず神風が吹くことで受け取ってもらえたメッセージが伝わってきます。神社の御神体は、バックヤードの森そのものです。森からの承認を受け、枯れている松の木に近づきました。
私の内部意識が、動き出し、松の木に抱きついてしまいました。松の悲しみが身体に入ってきます。涙が頬を伝います。酸性雨等によって枯れていく松に許しを乞い、再生の試みをさせていただくことを伝えました。
松の木の立つ大地は硬く、BEPが入っていきません。スティックを埋設する場所として、松の木の傍である必要はないことを伝えられましたので周囲を見渡すと、ペアであったらしい松の木が根本近くで切り倒されているのが目に入りました。その切り株に手を当てると、またしても悲しみが・・・ 
ごめんなさい、私たちの傲慢さが自然界陰陽の法則を無視し続けてきたことの結果を深く謝りました。切り株の周囲に埋設してもらうべくnazokさんにお願いしましたが、スティックは入っていきません。
そこで目を全体に転じてみると・・・ 
森が望んでいる場所が心に飛び込んできました。nazokさんにその場所を伝え、共にその場所に行きますと、三本の木が生えていましたので、その三角形の中心部へ埋設してくださるようお伝えしたのです。BEPは静かに入っていきました。
再度終了のご報告の為、本殿へ・・・ 
それぞれの祈り・・・ 
祈りが終わり拝殿で語り合っている時、森の上空に風が吹きさわさわと木々が揺らいでくると同時に大きな慈愛のエネルギーが場全体に流れてきました。森の喜びと感じるのは私の勝手な感性かもしれませんが、広がっていく心地良さに身体も心も溶けていき、場との境界が消え一つに融合していきました。
いのちは一つ、全ては繋がっています。森の蘇生は私ー全てのいのちーの蘇生です。
ご一緒にいのちの意味を体験しませんか?
BEPを埋設することで得られる喜びは言葉で得られるものを遥かに凌駕してあなた自身を大きく上昇させてくれることでしょう。
地球環境と同じ運命を生きている私たちのいのちです。一本ずつでも埋設にご参加くださいますよう、体験者としてお願いいたします。

地球と人を同時に癒すnazokさんの開発品BEPに惚れ込んでしまいました。
nazokさん、ありがとうございます。


4月27日~
付知は大荒れの日になっています。雷がかなり頑張っています。
これまでの経験なんですが、意識的な祈りなどのワークをした後必ずと言っても良いほど天候の激変が発生します。台風が発生したこともあります!
人によるエネルギーワークの影響は、直後に起きています。
今日の天候異常が25日の埋設によるものかと・・・

*******************************************************

富士山の設置

ASさん

こちらからお礼のメールをしようと思いつつ、遅くなって申し訳ありませんでした。富士山設置から帰ってきました。信じられないような出来事ばかりおきる旅でした。BEPを作って頂いて本当に助かりました!ありがとうございました。


*******************************************************

5月9日
岐阜県内設置のTHさん

凄いと言うか、不思議な現象が・・・。

BEPが見つかりません(><)
大地と同化したかのように、どんなに探しても見つかりません。
諦めて三角形の中心部分に六角錐のミニミューア(ハイバージョン化付属品)を単独で置いた途端(まだ私の手と繋がっている状態)の時!
その場に突風が発生!小型竜巻のようにぐるぐる風が動き回り始めたのです。

私の口から祈りの力強い言葉が自然に出てきました。
祈りの言葉は風と一つになっており、言葉が終わると風も消えました。

見えないけれどBEPと一体になっている六角錐の喜びを受け取り、感謝の涙。

その場に感謝の言葉を伝え、黙礼した時も、突風のお返しが~感謝です(^^)
拝殿でこのメールを打っています・・・静かです。

ここに居るのは私一人ですが、すべての息吹に包まれています。
陽、風、複数の鳥たち、蝶、木が発する音、梢のささやき、枯れ葉のゆらぎ、・・・・・
自然が醸し出すあらゆる調和のエネルギーが身体に染み込んできます。

さっきの出来事が夢のよう~右手の指先と爪の中に残っている泥が夢ではなかったことを伝えてくれます。

またまた凄~い!「そうですよぉ~」とでも言ってくれてるのでしょうか?
この瞬間、また突風です。

こんなにも愛されて嬉涙~(笑)

BEPを打ってから、神社に散歩に来るのが日課になっています(^^)


*******************************************************
与那国島に設置 10本
Tさん(10/5)

○まずは大地のその後・・・・・
1、 大地が柔らかくなった感じがするし、人も従来の固さが消え、柔らかくなってきた感じを受けている。

2、 台風がたくさん来ているけれど、どんなに強い風でも不安が起きない。
作物に被害は出るけれど、それは元々弱体化しているから倒されて当然と感じるし、むしろ害虫が去ってくれて今後の楽しみを感じている。

それと、これまでは、与那国に来た台風は途中で方向転換することが多かったけれど、今年はなぜか本州をキレイに巻き込んでいくよね。

(与那国を蘇生させることは、その蘇生エネルギーを与那国から南風に載せて、琉球、九州、本州、北海道と運び、その後左右に別れ、地球全域を包み込む風となる。それは宇宙の中心ポイント桃源郷にまで及んでいくというヴィジョンに沿っている・・・・)


3、 台風については、もう一つ感じることがある。
今年の台風は、彼女が子供の頃に経験した同じ匂いがすると言う・・・・
強い風であってもその匂いは懐かしく、子供の頃の心が蘇ると・・・・
今年以前の台風とは、まったく異質であり、別のものだと感じるし、嬉しさがあると・・・

4、 自然が下から上に向かって、回復してきているのが見ていてわかる。

○人のその後・・・・
1、 周囲が静かになってきた。

2、 恐れが強くて、反撥心が強い島民が柔らかくなってきて、受け入れるという流れが起きてきている。

3、 外部からの声として「与那国島は興味があって行きたいのだけれど、何だか波動が重くて暗くて入りたくても入れない感じが強かったけれど、今は暗さもなく重い波動も感じなくなった。今からなら入れそうよ。」と言われたとのこと。

*******************************************************
aさん

私もミューアッチのブログを読んで知りました^^
主人が忌野清志郎のファンなんで、ガンと知った時はショックを受けていました。
おそろのペンダント・・なんか嬉しくなっちゃいます。
このペンダントの良さが分かる人には分かっちゃうんですね~。
ミューアッチの輪がもっともっと広がりますように^^

一昨日風邪で早退してきた息子にペンダントを貸してあげました。
よっぽど具合が悪かったようで、半信半疑ながらも「うわっなんだコレ?熱い!」と言いながら一晩着けて寝てましたわ。
おかげで翌朝は頭痛と節々の痛みがすっかり取れ復活。
これからは奪い合いになりそうです^^;
やっぱり子供は早いですね(*^^)v

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.