503686 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

たこちゃん地震日記&安心防災マート

PR

カレンダー

カテゴリ

たこちゃん地震日記

(258)

防災用品・グッズ

(0)

天文・宇宙

(1)

その他

(2)

写真

(0)

たこちゃんの禁煙日記

(0)

そら みたことか

(25)

日記/記事の投稿

バックナンバー

2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

ランキング市場

ニューストピックス

お気に入りブログ

リンガメタリカの特… New! 科学寅さん

ビックカメラの「ビ… 保険屋No.1さん

太秦のブログ(音楽・… 太秦8315さん
・・・好き。 CRALAさん
 癒し 適正価格良… ジェスロ デラックスさん
2005年02月04日
XML
地震はいつくるかわかりません。
もしかして、今晩大きな地震に見舞われるかもしれません。
そのとき、あなたは? 家族は?

 大きな地震が来た場合、もしかするとタンスが倒れ、ガラスが飛び散り、テレビが飛び、天井から破片が落ちてくるかも知れません。
いざという時、そういった危険から身を守るには、日頃から【安全地帯】
を確保しておくことが大事です。
 家の中を見回してみてください。食器戸棚、本棚、壁掛け時計、テレビ、パソコンラック、ストーブ、電気ポット・・・・地震が来たらどうなるか、ちょっと想像してみて下さい。全部倒れ、飛び散り、割れて散乱してしまっためっちゃくちゃな部屋の中を想像しましょう。
 そうした想像の中から、一番安全な場所を決めるのです。居間であればこたつの南側、台所は居間への入り口付近、廊下だったら玄関前をのぞく全域、寝室は押入の下、書斎は机の下・・・というふうに、どこが安全か、そしてどこが危険か、洗いざらい点検します。
 もし、安全な場所が極端に少ないときは、戸棚の場所を変えたり、掛け時計の場所を変えたり、とにかく安全な場所【安全地帯】
を確保しておくのです。

 もし大きな揺れに襲われたときのために、とっさに自分の身を隠すための安全地帯の確保。小さな子どもがいる場合、家族が大勢いる場合も、人数分以上の【安全地帯】
を確保しておくべきです。
 これだけは今すぐにでもできますし、今すぐ行うべきです。そして、いざというとき、誰がどこに逃げるかを話し合い、またそのための「避難訓練(後述)」もしておくことにしましょう。

次回は「今晩できる家庭の地震対策」です。






最終更新日  2005年02月09日 18時10分59秒
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.