000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

2004年ナビスコ対市原戦(ホーム)

トリニータ試合観戦日記

2004年 4月 29日 ナビスコ杯 大分トリニータ 対 市原 (ホーム)ビッグアイ 15:00

思い出したくもない試合。
昨年もリーグ戦ホームで1-4で負けてしまいました。今年も同様な結果ということで・・・
ポイントを整理して・・・・・短めに、短めに・・・

お客は少なく15000人強。ちょっと寂しい。
カンカン照りで、あつい。子どもたちは試合開始まで日陰の席に避難。
試合開始とともにいつもの観戦場へ。

市原の素早い動きにDFを中心に対応できずに・・・(DFミスで)次々得点。
動きもプレスも今期最悪でした。
その中で、木島選手が攻撃参加すると流れが変わる。
後半43分、DFを振り切ろうとしてこかされて、KP。本人がけってゴール!!
彼の勢いよいドリブルに相手はファールでしか止められないシーンが多かった。

今回、ロスタイム8分でした。
相手キーパーとマグノ選手が交錯し、マグノ選手の足がGKの左目下にあたって倒れました。
その後のことは会場では遠いのでよくわかりませんでしたが、TVによると、
左目のしたが少し切れてはれていました。
マグノ選手に対し、相当お怒りのようで、ずっと叫んでおりました。
その後、コンタクトレンズを入れようと試みておりましたがうまく入らないようで、時間が過ぎる。
ゴール裏のサポからは「(GKを)変えれ。(大分方言変えろの意味)」コールが・・・
GK本人には、「帰れ!!」コールのように聞こえ、(実は私も・・)さらに荒れる・・・
中断して、3分を過ぎる頃、私の近くの方は「審判しっかりしろ・・・インスタントラーメンがもう出来たぞ」と、ヤジ。
最終的には交代となりました。

今回の審判。今日もカードが出まくりでした。合計8枚。
よく止めます。
でもPKをとってくれたので少し、落ち着きました。
その中で、ビチュヘ選手の初めてのノーカードの日でした。

さあ、この日の試合のことはサポとして、すっかり忘れて、C大阪戦へゴー!!


© Rakuten Group, Inc.
X