000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

トリニータとのあゆみ(~2001年)

トリニータとのあゆみ(その1)


トリニータとともに歩んできた、我が家族のトリニータとの歴史を記録してみました。

   1994~1999年

1994年 テレビで、ワールドカップを大分で誘致するというニュースを聞く。それにあわせて、トリニータの前進大分トリニティが発足したことを知る。この当時はその程度の認識しかなかった。
                大分県1部リーグ 10勝0敗 1位
1995年         各県リーグ決勝大会 優勝    KYUリーグ 16勝2敗 1位
1996年         日本サッカーリーグ(JFL) 13勝17敗 10位
1997年         日本サッカーリーグ(JFL) 11勝19敗 12位
1998年         日本サッカーリーグ(JFL) 16勝14敗 6位
1999年 J2参入。春頃からインターネットを始める。トリサイト「しらしんけん!大分トリニータ」を読み、トリニータに興味を持つ。
最終戦の試合をTVで見て、翌年から応援に行くぞ、と思う。しかし、家族にどう誘おうか、この時は未定。
J2リーグ 21勝(3V勝)12敗3分け 勝ち点63 J2リーグ3位


   2000年

この年から家族でトリニータと関わりを持ち始めました。そこで、2000年から表に書きます。

リーグ戦ホーム観戦H リーグ戦アウェー観戦A その他の試合T 練習見学R イベント その他E

市陸~大分市営陸上競技場   佐伯~佐伯陸上競技場

分類 月 日 イベント名 場  所 内 容 ・ 感 想
 3月?日 ファンとの集い(?) オアシス広場 選手との初めての出会い。選手とユニホームの披露がある。
家族も興味を持ってくれた。次は試合にも行ける。
第3節H  3月26日 対 湘南ベルマーレ 市陸 1-2V負け。家族で初観戦。アウェーゴール裏で、ごろごろ。
第5節
 4月 2日 対 サガン鳥栖 佐伯 2-0 勝ち試合は気持ちいい。鳥栖の方。ペットボトルを投げ込んでは行けません。アウェーゴール裏がすいているわけを初めて知りました。
第17節
 6月 4日 対 ヴァンフォーレ甲府 佐伯 2-0 今日も勝ち試合。初めてホーム側バックグランドで観戦。子ども達は芝生で遊ぶのが大好き。
第24節
 7月22日 対 サガン鳥栖 市陸 1-0 久しぶりの大分市陸。臼杵からは遠い。子どもが車に酔う。ホームゴール裏すみっこが、これからの定位置に。
第26節
 8月 2日 対 コンサドーレ札幌 市陸 1-0 この年優勝チームとの大切な試合。勝ててよかった。J1へ向けヒートアップ。
第28節
 8月12日 対 ベカルタ仙台 市陸 5-0 大勝。シジクレイ・竹村・アンドラジーニャ・吉田・庄司の得点。子どもが、ウイル・シジクレイ・アンドラジーニャの名前を覚える。すごいメンバーだ。
第31節
 9月 2日 対 モンテディオ山形 市陸 2-1 アンドラ爆発2得点。次回からナイトゲーム。夜の試合は帰りの時間が10時すぎ、遅くなるので行けません。
J2リーグ 26勝11敗3分け 勝ち点81 J2リーグ3位



   2001年

家族でトリニータと関わりを持ち始め2年目。お父さんがレプユニを着て、応援始めました。
子ども達も青い服で、観戦するようになりました。かみさんもはまってきました。

リーグ戦ホーム観戦H リーグ戦アウェー観戦A その他の試合T 練習見学R イベント その他E

市陸~大分市営陸上競技場   佐伯~佐伯陸上競技場

分類 月 日 イベント名 場  所 内 容 ・ 感 想
第5節
 4月 7日 対 サガン鳥栖 市陸 2-0 吉田選手の名前をかみさんが言い出す。スターレンスを初めてみた。おひげのおじさんです。
第9節
 5月 3日 対 湘南ベルマーレ 市陸 1-0 竹村と山根もお気に入りのお父さん。今日から、試合のよく見える西日の当たらないメインスタンドはしA席で観戦。
第11節
 5月12日 対 モンテディオ山形 市陸 0-1V負け 初のナイター観戦。土曜日だと明日の心配がいらない。かみさん曰く「あの前で、背が高いだけで動きの遅い人はだれ。」と、言うようになる。石崎監督最後の試合でした。
第14節
 5月26日 対 京都パープルサンガ ビッグアイ 3-1ビッグアイオープニングマッチ。スタジアムがすごい。いっぺんに家族が気に入る。第一、市陸より近い。この日の客は29926人。小林監督を初めてみる。前売りで駐車場代が500円かかった。さらに駐車場からの徒歩の道のりも長いが、徐々に見えてくるビッグアイの姿に気にならなかった。楽しい散歩の時間だった。券はメインスタンドのはしっこA席。だったが、座ったのはゴール裏。座席が小さいからお尻がつかれる。
第21節
 7月21日 対 ヴァンフォーレ甲府 市陸 5-0大勝 ベンチーニョ・高松いいぞ。弟がかぜなので、お父さんと兄ちゃん二人で行った。すこし、さびしいぞ。
第23節
 7月28日 対 モンテディオ山形 ビッグアイ 1-2 ビッグアイはやっぱりいい。スカイカメラが走り、観客席をとらえモニターに映し出す。いい雰囲気だ。勝ったらもっとよかった。今日からは駐車券はないぞ。座席はメインスタンドのはしっこA席にすわる。
第26節
 8月14日 対 湘南ベルマーレ 市陸 1-0 お盆で、今日は1人観戦。さびしすぎる。やっぱり、家族4人そろっての観戦が1番とつくづく思う。今日は芝生席の定位置で応援。
第34節
 9月22日 対 川崎フロンターレ ビッグアイ 2-1 おかえり石崎監督。対戦相手の監督になったのね。メインスタンドのはしっこA席が定位置。お父さん「よく見える。」お母さん「ゆっくり座れる。」メインスタンドのサポーター軍団水浴びをする
第43節
11月10日 対 ヴァンフォーレ甲府 ビッグアイ 3-0 お父さんは今日お仕事。お母さんと子どもで、臼杵市の無料観戦ツアーででかける。しっかりいい試合を見てきた。うらやましい。
天皇杯
2回戦
12月 2日 対 SC鳥取 市陸 2-1 ちょっと動きがわるいな。昇格ができなくモチベーションわるい。今年の試合もこれで終わりです。
J2リーグ 25勝(1V勝)15敗4分け 勝ち点78 J2リーグ6位




© Rakuten Group, Inc.
X