176167 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

あゆみ(2003年)試合編4月

トリニータとのあゆみ(2003年)
試合観戦編
4月


トリニータとともに歩んできた、我が家族のトリニータとの歴史を記録してみました。

  家族でトリニータと関わりを持ち始め4年目。とうとうHPまで開設。
J1での試合。初めての経験。今年も行きます。
イベントにも行ける時にはがんがん行くのでイベント編と試合観戦編にわけました。

今年は、ちょっと詳しくかけるようにがんばります

リーグ戦ホーム観戦H リーグ戦アウェー観戦A ナビスコカップ その他の試合T

分類日時・場所/内 容 ・ 感 想
第2節 ・ 4/5 ・ 対 市原 ・ 会場 ビッグアイ  突風とともに・・・・市原観戦して・・・
他スタジアムは雨の中、大分は快晴。
11時過ぎ、期待を胸にレッツゴー・・・
ローソンに向かうも、トリニータ弁当は売り切れ。
仕方なくおにぎりを持って出発。11時50分に駐車場着。
正面入り口はずらっと人が並んでいる。
歩いて、バックグランド側の入り口へ。その時、開門のアナウンス。
ビジター席の入場口前に到着。がらがらです。
「ここからもはいれますか。」
と、お馬鹿な質問を試みてみる。
入り口のスタッフの方は「?・・・え?・・・」
私「だめですよね。」
と、にこっと笑って、通りすぎた。
この入り口全然混んでないじゃん。遠方からのお客さんには優しいのね。お遊びのしすぎです。ごめんなさい。

さらに歩いて、ようやく入り口。チケットを家族に配布して入場。
ホーム開幕と言うことで、Jリーグノートをもらう。昨年は青のノートだったが、今年は赤。そして、すぐに、プログラムを2部購入。座席を探して、落ち着く。
 さて今日は、風邪が強い。アウェー側のスポンサー立て看板が飛ぶ飛ぶ。それを記念撮影しながら、いつもの買い物へ、息子たちと向かう。
 
今日は息子たちのタオルマフラーと、応援CDを買いました。
息子1号はこだわりのピンバッチ(フラッグ型)を買おうとしたが、なかった。今度、お店で買うことを誓って今日はあきらめさせた。市民後援会のブ-スで、入会記念グッツ(ポスター型のカレンダーと、膝掛け?)を受け取り、サポカード(抽選会の番号がかかれた物)をもらって、席に着く。
 その後、新しくできたオフィシャルショップ(九電工の店)で、プレート型キーホルダーを買いました。
 試合開始まで時間がある。子ども達はご飯を食べたあとも退屈。
今日は、ゲーム(アドバンス)を持ってきていない。「母ちゃんが、宿題してないからできないといった。」と言っていた。
時間つぶし・・・その1
スーパーサッカーの白石美帆さんが登場。タレントさん登場に会場大盛り上がり。
時間つぶし・・・その2
小森田選手のでるDVD、今日も放映。今日こそは探すぞ・・・と、かみさんが発見「白い服を着た彼・・」
時間つぶし・・・その3
会場がビジョンで映されると、旗を振って、自己アピール・・・
残念移りませんでした。

到着後、2時間が過ぎ、選手が練習へ。長かった。
選手への恒例の応援をみんなで始めた。
ようやく燃えてきたぞ・・・
アレオ・トリニータの歌も歌って、胸躍る時間。
試合が開始しました。
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
前半7分、崔 龍洙から偽サンドロのゴール。
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
前半32分、浮気選手のヘッドによるオウンゴール。
浮気選手ゴールを決めたいと行っていたが・・・見てしまった。
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
前半36分、サンドロ対決・・・偽サンドロの勝ち。ゴール。
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
前半終了・・・・・・
後半も・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
後半43分 コーナーキックから、斎藤 大輔のゴール 。
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
終了。

今日の試合内容は、まったく、
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
です。
かみさん、「今日は腰が痛い。」
5時間の観戦で、結果がこれでは・・・しょぼん。


後半投入の吉田くん・梅田くん光ってました。でもおしい。
突貫工事のFWロドリゴ。連携がほとんどうまくいってなかった。
DFからFWへも出すところを探して、攻撃が遅くなり、機能していない。キャンプ中言っていた、DFから15秒でシュート・・・というのはどこに行ったのやら。
攻撃攻撃で、、、守備の意識が薄い?
昨年の7・8月を思い出した。
攻撃力をアップさせようとして、逆に勝てない試合が続いた。
基本にもどって・・・・
グチは、ここまでにします。

ふうふうふう。

大好きなトリニータ。勝利を信じて
次、ガンバ戦、無失点、初得点をめざすぞ。!!
ガンバレ、トリニータ。
GOGOトリニータ。
4/5
第3節 ・ 4/12 ・ 対 ガンバ大阪 ・ 場所 ビッグアイ   トリニータJ1初勝利
トリニータに関わって、今日は久しぶりの素晴らしい日でした。

今までと違う、勝っても負けてもトリニータをもっと応援して・・・応援して
という気持ちで、今日は望みました。
これは、今日ビッグアイに来ていたお客さんの多くがそう思い来ていたようでした。

今日は、10時15分出発。
先日買ったCD(トリニスタの応援CD)を、聞き歌いながら高速へ。かみさんは高速バスで後ほど落ち合う計画。明野近くで2つ用事を済ませ、スタジアムに着いたのは11時30分。駐車場は最高の場所。荷物を取り出すと、同様のCDをかけながら到着するトリサポ、トリサポ・・・。いいぞ!!

 バックグランド方向の入り口から入場。今日は親戚の親子も来るので、中央最後尾の席をゲット。さっそくお買い物タイム。
今日は、久しぶりの500円くじがあった。久しぶりだったので、子どもは1人2回ずつ。
 まず私。はずれで、今年のトリニータポスターをもらう。(ポスターは今年から有料350円)
 次に、息子2号。2回ともはずれで、レジャーシートとJリーグカードをゲット。カードの袋を開けると、
新潟の神田、札幌の大森、大宮のトニーニョ、横浜FCの臼井、柏の平山、仙台の村田、名古屋の岡山(敬称略)とJ1復帰記念のセレッソ大阪でした。トリの選手はなかった・・・
 最後に期待のかかった(くじ運のいい)息子1号。やりました。1枚は当たりです。選手サイン入りTシャツ。もう1枚ははずれで、レジャーシートをもらいました。Tシャツに書かれていたサインは、前に吉田・アンドラジーニャ・瀬戸・浦本、背中は小林監督・鈴木GKコーチ・手倉森ヘッドコーチ・小山・小森田・金森(敬称略)でした。素晴らしいお宝ゲットです。ちなみに写真集「挑戦」にあるサインを見て、だれのサインかを調べました。
 トリニータの月刊誌(昨年まではパンフレットのような物だったが・・)ウイニングゴール350円も発売されており、それとマッチデイプログラムを読みながら時間を過ごしました。
 怪我で入院なされていたという私設監督さんが、私たちの近くに座り、久しぶりの対面。元気そうにしていて何より。思わず、声をかけました。
 ここまでいいことづくし。試合もこの調子で・・・と。

 きょうは、選手の試合前の練習中はゴ-ル裏からの立ち応援をしようと決めていた。ゴール裏に移動して、選手コールや応援の歌をゴール裏サポにまじって初めてうたってみました。思い切り声を出し、手を動かした。うん、気持ちいい。選手コール、最後のほうはきつかった。このきつさが、選手とともにという一体感がした。
 
 さて試合開始。いつもの場所にもどる。
 今日は前の試合とサポの応援姿勢も違っていた。バックスタンド側でもメガホンをたたく応援が休まず続いていた(前回の試合では結構とぎれることが多かった)。試合中、J1昇格間際の試合のように白熱した応援。それと連動するかのように動きのいいトリ選手。トリ選手の動きの良さに、ますます、白熱した応援。まさしく、今日は選手とサポとが一体となった試合だったです。
 さっそく、前半3分ロドリゴのCKから高松のゲットゴール。初得点。
後に、FKから同点に返されるが、今日は流れがトリニータだった。梅田くんのドリブル強行突破、岡中くんの超ファインプレーの連続。山崎くんの気迫の守り。安定したサンドロ・三木の守り。駆け上がる有村。攻守積極的な動きの寺川。気迫の守りと攻めの吉田くん。ナイスなFK・CKのロドリゴ。ナイスヘッドの高松くん。
 子ども達も今日は張りきって応援。そのため、息子1号のメガホンが壊れる。それと同時に前半終了。ハーフタイムはメガホン6号を買いに急ぐ。
 そして、ジェット風船とばし。今日はカボたんがカウントダウン。カボたんとは、第20回 全国都市緑化おおいたフェアのマスコット。ビッグアイなどで4月28日(月)からある催しです。
詳しくはこのHPで。 http://www.oitayumefesta.jp/

 後半は、ロドリゴからのFKを高松ヘッドでゴール。
その後、ガンバ大阪のPK。これを岡中超ファインセーブでクリア。その1分後。またまたロドリゴのCKからサンドロのヘッドでゴール。後半最後の15分。ガンバの、怒濤の攻めで1点返されたが、そのまま守りきって、ホイスル。
 J2優勝したときのような、サポの喜びの声がスタジアムを包み込んだ。
 今日は3つのゴールと、PKをとめたのと、終了のあわせて5回、立ち上がって、大喜びできた。最高でした。優勝候補の一角をやぶったことは、トリニータの自信になったことでしょう。(今日はガンバの動きが悪かった?)
 あの、ふだんはまじめな(おとなしい?)有村選手が、あいさつに来たとき、ユニホームを脱ぎアンダーシャツに書かれたメッセージをサポーター達我々に見せていました。何とかいてあったかよく見えなかった。。。見た人教えて・・・
 帰りは、全く渋滞とは関係なく、駐車場(5時30分)から20分もかからずに家にたどり着きました。もちろんCDをかけ歌いながら。
4/12

第4節 ・ 4/20 ・ 対 横浜Fマリノス ・ 場所 横浜国際  おしかったけど悔しい横浜戦
今日は、朝、昼と、いろいろな行事に参加し、いそがしい時間を過ごしました。そして、3時を待って、BSで観戦しました。

FWはアンドラと思っていたら、いつものように高松くん。出れてよかったね。
 今日も、前節のガンバ大阪戦の時のような素晴らしい選手達。
 寺川のおしいシュート。前半は押していました。しかし、肝心なときのパスとシュートの精度が今ひとつ。
 後半も同じでしたが、横浜の攻撃のエンジン全開。それでも流れの中から1つもあたえませんでした。
 おしまれるは、FKから中澤の技ありヘディングシュート。
 後半はファールでボ-ルをとめるシーンが目立ち、それがまたピンチをふくらませていました。
 最後は3バックにして、FWを3人にしてから、本当におしいチャンスが続きました。相手GKが、きれきれでした。それでも時間切れで終了。
 もう少しで引き分け以上が出来る試合だったので残念。

 梅田選手、いいですね。
 社会人からトリニータのJFL・J2と、ともにあゆんでいった選手(サブでの出場が多かった)がJ1になってスタメンで活躍できるようになったことが、とてもうれしいです。この調子でがんばって。最後のパスやシュートの精度を高めてね。

西山選手、初めて見る左サイドでしたが、あせらず、気持ちで負けずにがんばってください。
応援しています。

ということで、3日後はナビスコカップ。5人ほど先発を変えるそうですが。若手の選手もガンバレ!!路木・内村選手が見られるかも。
ナビスコ杯 ・ 4/23 ・ 対 京都パープルサンガ ・ 場所 ビッグアイ 別の意味で興味深い試合
昨日は、ナビスコカップ対京都戦でした。
昨日のうちに観戦記をと、思っていましたが、疲れていたのか、欲求不満だったのか、帰宅後風呂にはいると、ソファで爆睡。目が覚めたら2時半でした。疲れていたのね、と、自分に言い聞かせ、そのまま眠ってしまいました。ということで、昨日はHP開設以来初の日記お休みでした。

さてさて、本文です。

年次有給休暇をとって、3時に家に帰ると、子ども達の宿題が待っていた。息子1号の宿題がビッグです。さすが6年生。宿題を終えるのを待つこと終了が4時。ああ、開門の時間になっていた。私みたいな人は少ないだろう、と、安易な考えで家を出発。駐車場についたのは4時35分でした。1番よい駐車場は満車。がっくし。2番目によい駐車場に滑り込む。やはり開門時間前に行かないと最高の駐車場はないのか・・・と、家族で話ながら会場入り口へ。 来週月曜日から第20回全国都市緑化おおいたフェアが、始まるとあって、そこかしこ花花花・・・チューリップはもう終わっていましたが・・・ほとんど完成しており、開幕前に無料で入場出来るみたいな感じがして、得した気分。フェアの入場門から入り、まわりをデジカメでパチパチしながら入場。
荷物調べで・・・カメラは場内では撮らないでください・・・と言われた。ナビスコ杯ではだめなの?・・・・ケチ・・・・・

ゆっくりとバックスタンドに向かいました。今日は席もがらがら。平日なので、こんなものか・・・今日も中央前から7番目くらい・・・・
席についていつもの行事へ。500円くじ。今日は家族4人ともしましたが、玉砕でした。ピンバッチマニア(?)の、息子1号は2号とともにピンバッチ。私はメモ帳、かみさんはシャーペンをゲット。その後、食事を済ませると、私はデジカメを持ってビッグアイから金網越しに外側のフェア飾り付けを、またまたパチパチ。うちの職場からも出展しているので、オープン前の花々を撮影。これなら文句ないだろう・・・と、ガードマンさん前でもパチパチ・・・。
 席に戻ると、見た顔が・・知り合いに出くわす。あれ、お仕事は?お互い年休です・・

スタメンが気になる時間になってきました。今日も選手入場時にゴール裏へ。今日は人数が少ないので、より大きな声で、選手コールをしました。
スタメン発表。
大分
GK 江角 浩司
DF 片野坂 知宏・三木 隆司・若松 大樹・路木 龍次
MF 小森田友明・瀬戸 春樹・西山 哲平・内村 圭宏
FW アンドラジーニャ・小島 宏美
SUB GK川本 良二・DF金守 智哉・MF金本 圭太・FW柿本 倫明・松橋 章太
 
予想以上にメンバーを変えてきました。いつもの選手は鉄人(?)三木選手のみ。若松くんがセンターバック、内村くん初出場(応援がすごかった。さすが地元出身ルーキー)、元日本代表ペアー路木・小島選手。彼らがどんな動きをするのか、いつもとは違う意味で、見所あり、楽しみでした。

京都
GK 平井 直人
DF鈴木 和裕・手島 和希・角田 誠
MF森 勇介・斉藤 大介・石丸 清隆・鈴木 慎吾・高 宗秀
FW 町田 忠道・美尾 敦
SUB GK上野 秀章・MF中村 忠・MF冨田 晋矢・MF中払 大介・FW田原 豊

いつものメンバーが、少なからずいます。J初スタメン元韓国の高 宗秀、Naoto HEADsさんお薦めの森 勇介、SUBではブーイングを一時占めにしていた中払選手。注目です。

さて、いつもの場所にもどって、試合開始。
さっそく、内村くんが左サイドからドリブルで上がってきました。最後はDFからつぶされましたが、なかなかやるな・・・。
その後、一進一退の攻防が・・・と言いたいところですが、トリニータはミスが目立つ。中盤はすっかり京都に支配され、相手はどんどんパスがつながる。DFで、何とかしのぎ、カウンターで・・・という流れ。観戦者の中に「あ・・・」というため息が多い。でも、今日はバックスタンド中央付近でも大きな声で、応援の歌を歌う人がいました(大声でやじる人もいましたが・・・)。
 そんな中でアンドラジーニャのロングシュート。ゴーーーーール。久しぶりのゴール。アンドラの喜びも私たちに伝わる。バックスタンドに向かってアピール。最高!!
その直後、京都の注目の森 勇介選手が右サイドからセンタリング・・・・のように見えたが・・・なぜかゴールにそのまま一直線。入ってしまった。森 勇介選手へのマークが甘い。右サイド同じ場所でいつもフリーでボールがわたる。相手へのマークがたりない。その1分後にもまたまた今度は元韓国の高 宗秀にゴールを決められる。
シュンとなってしまうが・・・、なんか、今日はまだまだ得点の予感が・・・大分のカンウターは、結構見られていたので。
そして、前半終了間際、再びアンドラジーニャのヘッド。ゴーーーール。やったーー!!そこで、前半終了。

後半もお互いが得点を重ねるのか?後半試合開始。予想を裏切り、後半は点が入らない。すぱすぱ通る京都のパス。安定した三木選手により、何とかはじく・・・という流れで終始流れる。選手交代で、さらにDFが危ない状態に。いつ点が入ってもおかしくない。そんな中で、松橋選手、ナイスでした。木島選手ばりの高速ドリブル(それ以上!!)。絶好のチャンスもありましたが、相手DF必死のクリア。さらに、カウンター攻撃となったとき、味方ペナルティーエリア付近から全速で駆け上がり、次々と他の選手を追い抜きあっという間に京都ゴール前まで高速移動。ボールを奪いましたが、その後が・・・残念でした。この走りを見ていると章太くんの応援歌を思い出す。いいものを見せてもらった。
結局後半は得点の変化はなく終了。

 引き分けでしたが試合内容から見ると、ちょっと欲求不満。 J1リーグ戦を見慣れると、ね・・・

小林監督のコメント
前半は京都の高選手を警戒して、両トップが引き気味になっていた。
アンドラジーニャが2点取られた後1点とってくれたのでリズムに乗れたと思う。
特に後半残り15分は積極的にプレーできたことが評価できる。ただ、もう少しプレーの精度が上がっていれば追加点がとれたのでは思えるので、このあたりを時間をかけて修正していきたい。
今回の試合で試してみたい選手がいたが、いい結果をだしてくれたので満足している。

京都
エンゲルス監督
○内容は悪くなかったので、引き分けには満足できない。ただここ3試合ノーゴールだったので、2点とったことは大事。逆に細かいミスが2つ3つ続いて2失点したけど。
○後半もマイペースだったが、フィニッシュやセンタリングで決定的なシーンを作ることが出来なかった。(最終戦の)名古屋に勝てば、決勝トーナメントに行けるが、今日の試合で勝てばもっと可能性が上がったので、アウェイとはいえ勝ちたかった。

30高宗秀
○いくつかゴールを入れられたのがあったので、もったいない。
○自分はシュートでは大体インサイドで蹴っているが、(得点となったシーンは)イメージ通り。初先発だろうが途中出場だろうがチームが勝つために努力するだけ。今日は勝てたゲームだっただけに引き分けで残念。(シュートをお膳立てするというより、自らシュートすることが多かったが)自分よりシュートのポジションにいる選手がいれば当然パスするし、今日は自分がシュートできるポジションにいたからシュートした。

私の意見?
しかし、このメンバーで京都を引き分けに終わらせることが出来たのは、すごいことです。サテのメンバーも実力を付けています。よりパスの精度や相手選手へのアプローチを身につけて試合に参加できるようにがんばってほしいです。内村くんはそろそろSUBとしてリーグ戦にも出れそう。松橋選手も後半出場出来ると、試合もおもしろそう。

ということで、お疲れで帰ってきました。帰ってからも息子1号の宿題の続き(算数)にお付き合い。さらに疲れました。

さあ、次のリーグ戦も近い。次はネット応援して、夜中12時から放送を見ます。
では・・・
第5節 ・ 4/26 ・ 対 東京V ・ 会場 味の素スタジアム  アウェー初勝利
今日は、TV観戦をしました。
12時からBS-i、そして、今日朝起きて、録画したTOS(日本テレビ)の放送を見ました。
二つの放送、内容はまったく違うものでした。司会から解説者まで違う方でした。映像はほとんど同じようでしたが・・・。
結論から言うと、BS-iのほうがまともでした。ともに、東京V寄りのないようでしたが・・・。
トリが勝ったので気持ちよく見られましたけど・・・
 まずBS-iについて・・・
ケーブルTVからの画像なのであまりよく映っていないけど・・・ワイド画面でした。
試合開始から前半終了までノーカット。後半も同様でした。(いつもの中継放送と、同じような感じ)
前半はエムボマ中心の報道。全国向けということで、コメントも(解説者福田さん)トリのことも褒めていました。最後は梅田選手へのインタビューでした。
 次にTOS。日本テレビ=東京Vという内容。しょっちゅう、CMになり、東京Vの選手説明のVTRが流れる。見ていて、流れも途切れるし、一部カットされている。アンドラジーニャのシュート(ゴールポストに当たったとても惜しかったもの)も、放送されなかったような。親方キー放送局なので、大分での放送は、まったく考慮されていない内容。ま、勝った試合だったので、なんでもよし(かえって気持ちいい。)でも、TOSさん、これからも放送してください。うちのようなBS-iが見られるところは少ないのですから。

さて、試合内容について、
 ガンバの試合からだんだん出てきた、昨年の連勝していた頃のトリニータの姿。
迷ったときの原点へ。これが、効いてきました。
堅守速攻。まさしく、トリニータの戦い方ができるようになった試合でした。
そして、プラスアルファも!!
FW 高松 ロドリゴ
MF 寺川  浮気 梅田   吉田
DF 有村  三木  サンドロ  山崎
GK 岡中
前半試合開始すぐ、相手から決定的なシュート。岡中選手のナイスな股間での守備。
これから、安定した守備。ボールはほとんど東京Vでしたが、大分のDF網にかかってことごとく跳ね返されました。エムボマへほとんどボールが渡りませんでした。
そして、前半16分。東京Vから奪ったボールを、梅田がドリブル、右前方の高松選手へパス。高松から梅田へナイスパス。梅田からミドルシュート。DF4人の間を抜けさらにGKを抜け、左隅へのゴール!!(トリニータ初シュート)きょうも、光っている梅田君。
 今日はサイドチェンジ・サイド攻撃・速攻ともに光っています。
 前半終了前41分有村のサイド攻撃、ペナルティーエリア内でDFと交錯倒れる。これがなんとシュミレーションでイエロー。二つの放送ともこれは???と解説の人も言っていましたが、小林監督・選手も抗議。吉田君が抗議?でイエローになってしまいました。なんでかな?今日の審判さんは(29歳若い)シュミレーションをよくとる。試合の中のイエロー7枚のうち3枚がそうでした。
 後半になっても、流れは同じ。いいぞ!!
 東京Vの平野から飯尾にかわって、縦への攻撃がやや見られるようになったが・・・。
 東京Vも、勝つために動いてくる。後半24分ボランチの小林を下げ、DF富沢を投入。DFロペスを前線へ(パワープレーです)。さらに、今日機能しなかったエムボマを下げ平本を入れる。
 しかし、大分のDFは相変わらず。日本テレビ解説では、大分が疲れて動けなくなるのを待つしかないようなコメント。(ははは・・・トリは最後まで動きはいいことを知らないな、これで、昨年は勝ってきたのだ。体力ならどこにも負けない!!)
 大分も攻撃の流れを変えるために、ロドリゴからアンドラジーニャへ。次節のため?疲れてきたであろう山崎から若松へ。
 寺川が、今日は切れきれ。すばらしい上がりを何度となく見せ始める。
そして、有村(?)からのセンタリング(サイドチェンジ)を吉田がダイレクトに中へパス。走りこんでフリーになった寺川がヘッドでゴーーーール!!!
 アンドラもナイスなプレーで、惜しいシーンが何度かありました。
 後半36分相手をかき乱すために、疲れた高松から小森田へ。
 危ないシーンもありましたが(3連続CK)岡中のファインセーブや全員守備で、切り抜けました。
 後半40分過ぎには相手の動きも止まりつつあり、トリニータボールが続く。
そして、試合終了。アウェー初勝利。初完封。トリニータらしい試合ができました。
東京V、今期初の二桁シュート数ということを日本テレビでは強調。(よかったのはこれしかない)
トリニータからすれば、打たせて勝つ試合でした。
 最後にBS-iでは、梅田選手へのインタビュー。梅田選手は淡々と答え、冷静でした。「自分が得点したことより勝てたことがうれしかった。」解説者は、「もっと喜んでいいのに。」と、コメント。
 今乗りのりの梅田選手が得点できたこと。とってもよかったです。今日は2得点とも流れからの得点で、さらに、次節以降期待を持たせるものでした。

 さて、あさっては早くもセレッソ大阪戦。昨年戦って、勝ち越していたトリニータ。さらに練習試合では3-0。次節は大久保が累積で出場停止らしいし。楽しみです。とはいっても、油断は禁物。
今日のような流れの試合ができるといいですね。
応援に行くぞ!!!
第6節 ・ 4/29 ・ 対 セレッソ大阪 ・ 会場 ビッグアイ  悔しいね観戦記
 悔しい結果でしたが、・・・我が家も喜怒哀楽さまざまドラマがありました。
 この日は、息子2号の学級レクがありました。体育館でゲームや親子ドッチ。汗をかいたその後はそうめんを食べました。おいしかったです。
 それから家に帰って、トリニータ応援CD2号を作って(前回作ったものは親戚に取られました。子供と歌うそうです。)完成した頃、出発用意をして、出発しました。今日は出発前ローソンにより、おにぎり5個買って、キティちゃん弁当箱をもらいました。
 昨日から全国緑化フェアーがビッグアイで行われ、駐車場はいっぱいです。(フェアー中、昼間は駐車場の様子がライブ中継されています。http://live.coara.or.jp/ ライブの様子を見ると、待てば、近場の駐車場には入れるかもという結論に達し、実行しました。運良く、3台くらいしか待っている人はいなくて、すんなり停められました。車を停めた後は、10台以上車が並んでいて、この後停められたか不明。ラッキー。緑化フェアー会場について、緑化フェアーの入場券(フリーパス券)も持ってきていたので、入場後スタンプを押してもらい花々を見ながらバックスタンド側入場口にいきました。早くも100人近くの行列が・・・。
 1時間以上時間があったので、息子1号とフェアーの会場を回ることにしました。2号はゲームに夢中。 階段を下りて、右側、いろいろなガーデンがありました。息子のお気に入りは、自然浄化の水を使った公園のような庭です。その後、巨砲のアイスを食べてまったりとした時間をすごし、行列にもどりました。行列は1000人以上に膨れ上がっていました。
 開門の時間。家族は二手に分かれ、私が席取りに走り、後で子供たちとかみさんが着きました。今日もいつもの場所。いつもより1時間遅い会場なので、今日は急いで買い物などに行く。いつもの500円くじ。今日は息子2号がタオルマフラー(大)をゲット(2000円)息子1号はピンバッチ、私は鉛筆4本を手に入れました。
 今日は、買い物が大変でした。息子1号、ピンバッチマニアになっています。今日は、自分の小遣いで、まだ持っていなかったピンバッチを買いました。(650円が二つ)2号も負けじと1号の持っていないピンバッチがほしいといっていた。しかし、どこにもない。最後はFCの販売員と、いろいろお話しながら、キーホルダーがいいよ。持っているバックにつけたら。ということで、ようやく一応納得。私はかみさんに説得してトリニータDVDを買いました。買い物だけで1時間近くかかりました。あわててご飯を食べたら、練習に選手登場。ゴール裏に行って応援開始。今日も大きな声で歌って、選手退場とともにバックグランドの席に戻りました。きょうは、ゴール裏の客もとても多かったです。

さて、試合開始です。
昨年まで共にJ2で戦った相手。だからこそ負けたくない。今日は、一段と声援が大きい。
バックスタンドの中央でも声を出す人がいました。
その気持ちが・・・吉田君のゴールへ!!
森島君あいかわらず、ちょこまかと動き、審判になにやら言っている。セレッソは、反則が多い。赤紙も出たなあ。
後半、惜しいシュートがいっぱいでした。
選手は疲れていたのか(特に高齢の選手)
それとも先取点で油断したのか。
内村・吉田・アンドラ選手きれていました。
・・・・・後は、私の記憶、とんでいってます。
くやしい!!というのだけ覚えています。

 試合も終わって、家に帰って、今までゲットしたピンバッチをボードにさして、玄関に飾りました。
今日は、この時間が、1番楽しかったかな?
 次節は名古屋戦。1勝5引き分けの負けなし名古屋に初の土をつけるのはトリニータであってほしい。
 どうも負け試合になると、試合中のことが飛んでしまう。というか、書く気力がなくなる。今回は特に悔しい試合でしたし、文がなんか変でした。
ということで、次節は試合のことがいっぱいかけるようになってほしい。




© Rakuten Group, Inc.
X