000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

嘔吐112.

全90件 (90件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

感情論理。

November 28, 2007
XML
カテゴリ:感情論理。

戯れを繰り返す。甘く、とろけるほどに柔らかいきみの肉塊に施されて。存在の不純にいかされる、そんな、こんな、僕は。一体どのようにすれば朽ちていけるというのだろうか。

ああ、明日は彩りさえ欠けて観えるだろう。不埒に富んだそらいろの慕情。理由なき呼吸の乱れよ。美徳染みた悪徳の、悪徳染みた美徳の、面影が揺らぎ暮れて。そうしてただ痛み入るのだ。存在の腐 … [続きを読む >>]





Last updated  November 28, 2007 09:43:44 PM
コメント(6) | コメントを書く
September 17, 2007
カテゴリ:感情論理。

唇を噛んだその時に浮かんだ、夢の矛先の翳りは、貴方の柔らかな腕を模っているようで、僕は思わず放心とした。言葉を紡ぐその唇、白色にさえ分類出来ずにいるその手のうつくしさ。繊細な、繊細な、痛みを知る貴方の指先。ただ知っている、君の瞳の奥の揺らぎを思いながら、わたしは此処で情緒に揺らぐ。



臆病な僕は、臆病なわたしは、それでも此処で君の言葉に揺 … [続きを読む >>]





Last updated  September 17, 2007 01:39:17 PM
コメント(0) | コメントを書く
July 13, 2007
カテゴリ:感情論理。

夢が夢を押し付け、そのまた別の夢が処理し切れなかった思惑をもをまた押し付けていくという始末。僕はこの狭い部屋の中で、ちっぽけな、このちっぽけな思考力の限界を試そうと、何度か爛れた筆先に手を伸ばしてみるのだけれど、それもまた、息途切れることで惨めに終局を導き、簡素な完結の形を持って、僕は僕の空想に一人身を沈める他道はなく。そうして現実に身を戻し、こ … [続きを読む >>]





Last updated  July 17, 2007 04:36:59 AM
コメント(0) | コメントを書く
April 8, 2007
カテゴリ:感情論理。

幾等僕がこの場所で、幾つもの夢砕くことが在ろうとも、
きみだけはあの空を眺めたりはしないで。

全てが偽りであることを、きみだけは憶えていて欲しい。
ただきみだけは、夜の狭間、独りわたしを抱いていて。

碧。

ああ、もうすべてをこわしてしまいたくなる。





Last updated  April 8, 2007 11:39:07 PM
コメント(1) | コメントを書く
March 4, 2007
カテゴリ:感情論理。

まどろんだ夢の、ほんの先っぽを手でちょいと掴むみたいに、自分の影を掴むことが出来たらいいのに。そうして影のない自己を連れて、君の後姿を眺めていたいと想う。

僕は僕が想っているよりも深く、君のことがすきみたいだった。それは僕だけじゃあなく、僕の中の多数に分かれた存在も、風を肌に感じるようにそのことを知っているみたいだった。

当たり前のように存在 … [続きを読む >>]





Last updated  March 6, 2007 09:46:55 PM
コメント(0) | コメントを書く
November 21, 2006
カテゴリ:感情論理。

今日もへこへこ学校に行って参りました、碧です。

ほぼ徹夜のまま学校に行ってきた僕ですが、テンションだけ無駄に高く(笑)
体育のソフトボールの試合もバッチ来い、な感じでした。

まぁ、鈍くささと動作がのろのろな所は変わらないんですけど(笑)
へこへこ頑張ってきました、はい。因みに試合は負けました(爆

相変わらず身体の節々に痛みを感じるけども、
今日 … [続きを読む >>]





Last updated  November 22, 2006 01:17:31 AM
コメント(2) | コメントを書く
July 25, 2006
カテゴリ:感情論理。

ねぇ、この世界の何処に僕の活きられる世界が在ると言うの。

偽善者よ、僕の同志達よ、誰か教えやがれ。

ねぇ、この世界の何に僕の生きられる言葉が在ると言うの。

性同者達よ、僕の忌むべき者達よ、なぁ、誰も知らないって言うのか?


この世界、この黙する世界。


その全てが全て亡くなってしまったら、
僕は本当にこの瞳に涙を浮かべて死ぬことが出来る … [続きを読む >>]





Last updated  July 25, 2006 11:56:52 PM
コメント(0) | コメントを書く
July 10, 2006
カテゴリ:感情論理。

それでも貴方が空虚なる涙に濡れるなら、
『私』はその頬を優しく撫でるから。

だから御願い、忘れたりしないで。

貴方の心の中の想いは、貴方が本当に望まない限り決して死んだりはしないこと。


碧。


願わくは、どうか僕が私を赦せるように。







Last updated  July 11, 2006 12:09:23 AM
コメント(0) | コメントを書く
May 25, 2006
カテゴリ:感情論理。

もう謝らなくていいんだよ、パパ。

パパやママが本当はただ普通に暮らしたいだけだ、ってことも解ってる。

だから謝らなくていいんだよ、パパ。
僕はもう、ママ達が想っているよりも子供じゃあないんだから。

気遣ってくれてありがと7う、パパも頑張って。

じゃあね、おやすみ。


碧。


もう謝らんなくていいんだよ。

君達が想っている以上に、僕は … [続きを読む >>]





Last updated  May 25, 2006 09:43:01 PM
コメント(0) | コメントを書く
April 30, 2006
カテゴリ:感情論理。

殺してやる、だってさ。

本当に殺そうと想うのなら、
あの人を置いてこの家を出ていけばいい。

たったそれだけの話なのにね。


碧。





Last updated  April 30, 2006 01:40:50 PM
コメント(0) | コメントを書く

全90件 (90件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

PR

Profile


- 碧 -

Favorite Blog

閉鎖的空間 苹果さん
宵闇劇場 ー紫陽花ーさん
milestone ブログ milestone2005さん
暇粒 Mr.暇ンさん
君の中で僕は… 如月 永久さん

Freepage List

Category


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.