264094 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

江別市ブログ

Profile


江別市

Calendar

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

まだ登録されていません
2018.12.06
XML
カテゴリ:募集関係
【 北海道ふっこう割による宿泊助成事業 】
宿泊助成事業参加宿泊施設募集について

●宿泊助成事業参加宿泊施設の募集について
 平成30年北海道胆振東部地震により落ち込んだ旅行需要の早期回復を図るため、国が交付する補助金等を活用して実施する「北海道ふっこう割事業」の財源を活用し、管内の宿泊施設が利用者に対して行う宿泊費の一部を助成する費用に対し、観光協会が助成金を交付いたします。
 つきましては、以下の事業概要や対象宿泊施設の要件などをご覧いただき、本事業へ参加希望がございましたら、期限までに必要書類等をご提出ください。

●宿泊助成事業の概要
 ・宿泊助成金額:1人1泊6,000円以上(税込み)の宿泊をした場合、3,000円の定額助成をいたします。
 ・連泊は1回当たり3泊まで(外国人の方は5泊まで)助成対象とし、回数に制限無し。
 ・1施設当たりの助成金額は最大30人泊分(事業費最大9万円)まで対象。
 ・事業実施期間は、交付決定を受けた日から平成31年1月31日(木)までの宿泊を対象。
  ※平成31年1月31日(木)チェックアウト分まで(予約受付期間も同様)対象。

●対象宿泊施設の要件
 ・旅館業法(昭和23年法律第138号)の規定により旅館業(下宿営業を除く。)の許可を受けた者
 ・宿泊助成事業参加申込書(様式第1号)を提出し、その許可を受けた者
 ・「北海道ふっこう割事業」の補助事業者として交付決定を受けているOTAや旅行会社と宿泊に係る契約をしていない者

●参加募集期間
 平成30年12月6日(木)~12月13日(木)

●参加応募方法
 「北海道ふっこう割事業に係る江別観光協会等宿泊助成事業実施要綱」及び「宿泊助成事業実施に当たっての留意事項(宿泊施設向け)」を参照いただき、以下の書類を郵送または持参により提出。

●提出書類
(1)宿泊助成事業参加申込書(様式第1号)
(2)宿泊に係る定価表等の書類(宿泊料金体系のわかるもの)

●提出先・問合わせ先
 江別観光協会事務局 担当 河辺、林
 住所:〒067-8674 北海道江別市高砂町6番地
 電話番号:011-381-1091


*******************************************************************************
北海道ふっこう割事業に係る江別観光協会宿泊助成事業実施要綱
*******************************************************************************

(趣旨)
第1条 江別観光協会(以下、「観光協会」という。)は、平成30年北海道胆振東部地震により落ち込んだ旅行需要の早期回復を図るため、公益社団法人北海道観光振興機構(以下、「機構」という。)が交付する「北海道ふっこう割事業補助金」を活用し、管内で旅館業を営むものが、利用者に対して行う宿泊助成に対し、予算の範囲内において、助成金を交付することとし、その実施については、本要綱の定めるところによる。

 (定義)
第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。
 (1)宿泊助成事業 参加事業者が管内に設置する宿泊施設に利用者が宿泊した場合に、当該宿泊に係る料金の一部を観光協会が助成する事業をいう。
 (2)参加事業者 旅館業法(昭和23年法律第138号)第3条の規定により旅館業(下宿営業を除く。)の許可を受けた者で、次のいずれにも該当するものをいう。
  ア 観光協会に次に掲げる書類を事前提出し、その許可を得た者
   (ア)宿泊助成事業参加申込書(様式第1号)
   (イ)宿泊に係る定価表等の書類(宿泊料金体系のわかるもの)
  イ 「北海道ふっこう割事業」の補助事業者として交付決定を受けている旅行会社等と宿泊に係る契約をしていない者
  ウ 宿泊助成事業の対象として適当と認められる者

(助成対象事業(助成金額))
第3条 宿泊助成事業の対象は、管内の旅行に伴う宿泊費用とする。
2 助成金の交付対象者は、第2条第1項第2号の許可を受けた者とする。
3 宿泊助成事業の対象は、観光協会が交付決定を受けた日から開始し、平成31年1月31日に宿泊を終える分までとする。
4 参加事業者は、別表1の範囲内で宿泊代金から割引額を差し引いて販売するものとし、助成金額は割引額とする。
5 参加事業者は、宿泊助成事業の対象となる商品の販売に際しては、宿泊助成事業であることを明らかにするため、本来の価格又は助成を受けた後の販売価格と併せ、助成金額を明記すること。
6 助成対象事業のうち、次の各号のいずれかに該当するものは、対象から除く。
(1)ビジネス目的での宿泊
(2)その他、機構が不適当と認めるもの


 (実績報告等)
第4条 参加事業者は、宿泊実績報告書(様式第2号)、宿泊助成申請書(様式第3号)を月毎に取りまとめ、翌月10日までに観光協会に提出しなければならない。
2 観光協会は、前項の規定による書類の写しと事業実績書を作成し、当該事業が完了した日から15日以内に機構に提出しなければならない。

 (助成金の支払等)
第5条 観光協会は、前条に規定による適正な書類を受理した日から45日以内に参加事業者に助成金を支払うものとする。

(助成金の交付条件)
第6条 補助金の交付に付する条件は、次の各号に掲げるとおりとする。
(1)本要綱の規定に従うこと。
(2)参加事業者は、助成対象事業の経費について、帳簿及びすべての証拠書類を備え、他の経費と明確に区分して整理し、常にその収支の状況を明らかにしておかなければならない。
(3)参加事業者は、助成対象事業に関する帳簿及び証拠書類を整備し、助成金の交付を受けた年度の翌年度から5年間保管しておくこと。
  
(その他)
第7条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は別に定める。

  附 則
   この要綱は、平成30年12月6日から施行する。



 別表1
【宿泊の割引額】
対象事業 宿泊
宿泊料金 1人当たり 6,000円以上/泊
1泊1人当たり割引額 3,000円
1人当たり最大割引額 15,000円

※留意事項
・宿泊補助について、1人3泊まで(外国人にあっては5泊まで)とする。(購入回数に制限なし。)






Last updated  2018.12.06 14:17:53
コメント(0) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.