065584 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

ぷりぷログ

2008.01.12
XML
カテゴリ:フレンチ
今日はシュマン、久しぶりのフレンチだ。この店は連れがいたく気に入っていて、私もいつか行きたいと思っていた。

私は赤坂近辺で10年以上勤めており今のシュマンのあるビルにも勤務していたことがあるので、連れに限らずこの店の評判が良いのは知っていた。なにしろ、元職の舌の肥えた女性陣にえらく人気があったからだ。

ただ、私はどういう訳かこちらの店には縁が無かった。こちらのオーナー兼ソムリエのS田氏が独立前に居た西麻布のフレンチには彼が在籍中に行っているが、その店は雰囲気が私の趣味に合わないので1度しか行かずそちらの店でS田氏とは顔馴染みにはなることが出来なかった。

そうはいっても、仕事柄、外人と飯を食うことも多いので、使い勝手の良いフレンチも作っておきたいなという政治的な思惑?もあり、場所が近いこちらの店はなんとしても仲良くなっておきたいなと思っていたのだ。

さて、店が年明けの営業を開始して最初の週末であったせいか大変な盛況。まだ一つ星の効果は強いようで、サービススタッフはかなり忙しそうだった。

ただ、幸いなことに店が混む前にS田氏と挨拶がてらの会話をすることが出来たので、早めに料理やワインを決めることが出来た。

ワインリストを見た限りでは、RMシャンパンにも力を入れているのが伺える。それから、ワインの価格設定はかなり良心的なのにはびっくり。

正月に頂き物の赤ワインを在庫処分がてらにガンガン飲んで撃沈した余韻が残っているので、今日は魚料理までシャンパンボトルで通し、肉とチーズは赤のグラスを戴くことにした。

連れから濃い目の料理と聞いていたので、魚までと言ってもシャンパンは重厚なものが良さそうなので、S田氏と相談の上、ガティノワのミレジメを戴く。これはNVより重厚かつ品の良い重めの酸味が印象的。これなら重めのソースでも負けないと思ったが実際そうだった。
気に入ったので我が家のセラーにもストックすることにした。

さて、料理は初めて戴くので、コースではなくアラカルトで店のスペシャリテを戴いた。

私が頼んだのは・・・
前菜:人参のムースとコンソメジュレ うに添え
魚:本日の特選鮮魚をシェフお勧めの調理法で:アンコウ、金目鯛
肉:スペシャリテ、野鳩のロースト 紫蘇の香りの内臓ソースで

連れは
前菜:能登産黄金蟹、大根とリコッタチーズの冷製ラヴィオリ 季節野菜添え
魚:アンコウと金目鯛をシェアしていただいた。
肉:ソテーした丹波篠山産野生猪のテリーヌ ナッツと牛蒡

料理は前評判どおりにしっかりとしている。日本に多い軽めでヘルシーなフレンチではなく、ワインとのマリュアージュを前提にしたソースが印象的。この店の料理はワインが飲めるか飲めないかで印象が結構違うのではないか?

いずれも美味かったが、特に人参ムースのコンソメジュレは気に入った。また、スペシャリテの鳩のローストは、今まで食べた野鳩の中では相当に食べやすくしている。超濃厚なソースが臭みをかなり消してくれていた。私はジビエの臭みが良いというほどの通じゃないので、こちらの店の野鳩は美味しくいただけた部類だ。

魚もアンコウの火の通し加減が絶妙で下味がしっかり付いているのでこれだけでもかなり美味しかったが、ソースにもう少し工夫があると良かったかなと思った。

総じて、料理はかなり好みの部類で、なるほど人気店なのも頷ける。

チーズもしっかりと戴きエスプレッソも飲んで、〆て2人で42000円。
口コミサイトでの、こちらの店の一人あたりの参考価格よりだいぶ高目になったが、これはコースじゃなかったのと、チーズのせいかもしれない。

ただ、こちらはアラカルトの方がはるかにいいように思えた。

コースは品数の割りに値段は安めだが、一品あたりのポーションが少なく、傍で見ていてもさびしい。2,3口で食べ終わってしまう分量では、ワインとのマリュアージュを楽しむどころではない。

なお、グラスワインは、最初は99年のシャンベルタン。これは良いとしても、その後の赤が軽くなったのは少々戸惑った。次は重いほうが助かるのだが。

今日はS田氏とゆっくり話せなかったが、今度はRMの話とか聞かせて欲しいと思った。

この店と仲良くなっておくと近場の使い勝手の良いフレンチで利用できるので、今年の課題だな。。。

-評価-
料理 :4.0/5.0
雰囲気:4.0/5.0 ディナーなのに音を立てて携帯写真撮りまくっていた隣のテーブルの輩以外、客層は問題なし
接客 :4.5/5.0 
CP :3.0/5.0
総合 :4.0/5.0 

-特徴-
全席禁煙
ドレスコードあり
12歳以下は入店できず。
比較的落ち着いた年齢層
写真を撮っていると、スタッフや周囲の客がちゃんと白い目で見るマナーのある客層やスタッフ






最終更新日  2008.01.14 18:57:51
コメント(0) | コメントを書く
[フレンチ] カテゴリの最新記事


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.