000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

帰ってきた?レッドビーシュリンプのえびねっと

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(1)

ビーシュリンプ飼育

(26)

おすすめ商品

(4)

今日の出来事

(0)

お買い物

(0)

サイト運営

(1)

街歩き・旅行

(0)

デジカメ

(0)

Apple関連

(0)

日記/記事の投稿

バックナンバー

2017.10
2017.09
2017.08
2017.07
2017.06
2017.05
2017.04
2017.03
2017.02
2017.01

お気に入りブログ

まだ登録されていません
2005.06.20
XML
種類はいろいろあります。外部フィルタや外掛けフィルタ、水中フィルタ、上層フィルタ、底面フィルタと種類はいろいろあります。レッドビーシュリンプの飼育には、十分な濾過能力がもとめられます。水容量によって、濾過能力に応じた必要な機材の選択が必要です。いずれの選択であっても濾過は十分すぎるぐらい、できれば2つ以上の機器を利用することをおすすめします。濾過装置の故障=死亡にならないようにするためです。
濾過とバクテリアの繁殖、水作りとは大きな関係があります。
私の水槽では、大きな水槽(90cm)と小さな水槽(30cm)が調子がいいです。
いろいろな要因はありますが、濾過とバクテリアの関係が大きいのではないかと思っています。45cmの細長水槽(容量:16リットル)に、外掛けフィルタ×2基、これも濾過能力はとても高いですね。小さな水槽では、購入費用もおさえられ行き届く良さがあります。でも、小さすぎると別の問題がありますが。。
外部フィルタにいれる濾過材は、バクテリアの住まいになります。
できるだけ、実績のあるいいものを選びください。
私は、標準品プラス、パワーハウスのソフトタイプの濾過材を使用しています。
PH上昇をおさえ。。。いろいろ効果を実感出来る製品の1つです。
外掛けフィルタを使用する場合、レッドビーシュリンプは、水の流れに逆らいのぼります。それを避ける工夫をされているのが、テトラオートワンタッチフィルターAT-20です。使ってみてわかったこと、いろいろありました。底面フィルタも、ソイルとの関係にあったら便利な機器です。いづれのフィルターも稚えびの吸い込み防止のために吸い込み口に、スポンジはつけてくださいね。
わが家もいろいろな構成で飼育しています。
参考まで、ご覧になってください。60cm水槽が一番立ち上がるのに時間が、かかりました。おそらく、底面フィルタがないからでしょうね。

飼育環境 http://www.ebi-net.jp/siiku.html

わが家では、
 上部フィルターは、水作
 底面フィルターは、ニッソ
 外部フィルターは、エイハイム
 外掛け・スポンジフィルターは、テトラ を使用しています。


おすすめフィルター・ポンプ



ろ材(パワーハウス ソフトタイプがおすすめです)









最終更新日  2005.06.26 13:41:52
コメント(0) | コメントを書く
[ビーシュリンプ飼育] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.