106062 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

帰ってきた?レッドビーシュリンプのえびねっと

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(1)

ビーシュリンプ飼育

(26)

おすすめ商品

(4)

今日の出来事

(0)

お買い物

(0)

サイト運営

(1)

街歩き・旅行

(0)

デジカメ

(0)

Apple関連

(0)

日記/記事の投稿

バックナンバー

2018.11
2018.10
2018.09
2018.08
2018.07
2018.06
2018.05
2018.04
2018.03
2018.02

お気に入りブログ

まだ登録されていません
2005.06.24
XML
通常のアクア飼育の場合、水道水をいれて、カルキ抜きをいれる。これにより有害物質を取り除く。そして、生体をいれておしまい!私も、昔はそうでした。
少し、気をつかっても、温度調整、水あわせ(時間をかけて)までがいいところ。
でも、レッドビーシュリンプでは、それでは、おそらく1週間後には全滅になってしまいます。
いろいろな要素がありますが、一言で、水作りが重要になります。いい水にするために、密接に関係する者としてバクテリアがあります。バクテリアは、糞や食べ残しのものを分解し、有毒とされる物質を、無害化してくれる役割を果たします。また、NO2亜硝酸塩,NO3硝酸塩などの物質の存在にも大きな影響を与えます。
バクテリアは水道水には存在しません。そのため、バクテリアを増やすきっかけ作りが必要になります。
その次に増やすため、すみかを作る必要があります。これらは、一般的には外部濾過装置のなかの濾過材やソイルなどが、役目を果たします。
では、どのようにバクテリアは生まれるでしょうか。
長い時間をかけるのであれば、水につよい魚を数匹飼い、1,2週間、飼育することで発生してきます。2,3日でなんとかという場合であれば、市販でバクテリアそのものを販売されています。






最終更新日  2005.06.26 13:04:39
コメント(0) | コメントを書く
[ビーシュリンプ飼育] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.