6379682 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ホンダT360公道復帰

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

お富さん@ Re:3月のイベント参加自粛(02/25) New! ・・・これだけ、新型コロナウイルスが騒…
越前SR@ Re[1]:発動機愛好会新年会は越美北線で(02/22) 赤いタンクさんへ こんにちは、今年は雪少…
赤いタンク@ Re:発動機愛好会新年会は越美北線で(02/22) うらやまし~~~い。 ( 列車も、雪も …
越前SR@ Re[1]:東京国立市発動機運転会2020(02/16) 日野のがくさんへ おはようございます、 …
日野のがく@ Re:東京国立市発動機運転会2020(02/16) おはようございます。 日曜はお会いできて…
越前SR@ Re[7]:甲州街道日野宿発動機運転会(02/14) 日野のがくさんへ こんばんは。無事帰宅し…
日野のがく@ Re[6]:甲州街道日野宿発動機運転会(02/14) 越前SRさんへ  おはようございます。子…
越前SR@ Re[5]:甲州街道日野宿発動機運転会(02/14) 日野のがくさんへ おはようございます、 8…
日野のがく@ Re[2]:甲州街道日野宿発動機運転会(02/14) 越前SRさんへ 天気悪そうですね。午後に…
越前SR@ Re[1]:甲州街道日野宿発動機運転会(02/14) 日野のがくさんへ おはようございます。 …

Freepage List

Category

カテゴリ未分類

(2039)

T360メンテナンス

(170)

T360のパーツ

(195)

T360歴史

(83)

他のT360情報

(128)

T360の資料

(90)

試作車・初期型・S360

(55)

T360・500の話題

(131)

本の紹介

(232)

旧車イベント2005まで

(119)

ホンダS(AS)

(49)

鈴鹿AHSM

(220)

AK講習会

(100)

走行記録

(10)

ベスパカー・アペ

(457)

フレンチトースト・ピクニック

(363)

クラシックカー

(18)

海外のAK

(3)

石油発動機

(508)

日本海クラシックカーーレビュー

(42)

旧車イベント2011~

(34)

旧車イベント2012~

(86)

旧車イベント2013~

(67)

アペ・ツーリング

(22)

T360友の会

(101)

ダイハツ・ソレックス

(15)

ダイハツソレックス

(8)

旅行

(41)

ラビット

(3)

ラビット Sー25

(25)

旧車イベント2007~

(38)

旧車イベント2006~

(24)

旧車イベント2010~

(53)

ゆめおーれ勝山

(1)

ゆめおーれ勝山・発動機

(23)

CB125JX

(19)

イベント2014~

(55)

越前国発動機愛好会

(82)

ベスパPX200

(18)

イベント2015~

(97)

イベント2016~

(83)

2016

(17)

水戸天狗党

(27)

イベント2017~

(47)

過去のブログ

(1)

北陸のイベント2017~

(60)

水戸天狗党ツーリング

(5)

発動機運転会2017~

(41)

北陸のイベント2018

(95)

発動機運転会2018~

(78)

イベント2018

(19)

発動機運転会 2019

(110)

イベント2019~

(61)

アぺミーティング

(6)

発動機運転会2020

(33)

イベント2020

(3)
2015年10月14日
XML

ブガッティミーティングの続編、
イタリアンジョブ主催者おかんの頭さんの彦根ブログ。

前の日のブログは水鳥公園。

PIC_0451.JPG
熊川宿はクラシックカーには最高です。
琵琶湖、三方五湖などの風光明媚な周遊ルートの一部なので
これからラリーコースとして発展してほしい。

PIC_0463.JPG
観光施設でもない普通の町屋がそのまま残ってるのは貴重。

PIC_0447.JPG
写真はたくさん撮った。
中央のデスビがブガッティらしさ。
PIC_0444.JPG
これも運転席にデスビ。
左は手動オイルポンプ、今は使ってない、すべてのブガッティは
セル付きの12Vに変更されてる、オイルポンプ自動だが
残してある。
PIC_0427.JPG
パネルはほとんどデスビ。
PIC_0431.JPG
1920年代でスーパーチヤージャー付き。
なんでデストリビューターが運転席にあるのかわかる。
OHCなのでカムがまっすぐ伸びた先が運転席、
場所はここしかない。

PIC_0421.JPG
芸術的なエンジン、
こういった休憩所では皆さんボンネットを開けてくれる。
ヘッドはカムとバルブと思うのは今風で単純、
複雑なタペットが入り、この部分、車というより時計に近い、
(推測です)

PIC_0454.JPG
ブガッティはバレーシューズが必要とある、
オーバーとしても普通の靴では狭すぎて運転できない。
シフトが車体外にあるのも理解できる。

PIC_0455.JPG
最初、なんなのか判らなかったブガッティT-57.
おかんの頭さん書き込みで
オールステンレスと思ったが、車体は全てマグネシュウム合金、
リベットでこの造形、気が遠くなりそうな作業になる。
メーターはイエガー、究極のフルレストア車。
このボディ制作に、なんぼかかったのかオーナーさんに聞いてみたい・

PIC_0412.JPG
上品な計器盤。

PIC_0465.JPG
熊川宿の神社。 30分の休憩時間は短いが次があるので。

PIC_0439.JPG
ブガッティ13、わかりやすいナンバー。
たぶん、母国のガレージにはたくさんのクラシックカーがあるのでは。
クラシックカーの頂点がこの車になる。

PIC_0413.JPG
日本の博物館に行けば1台は見れるが
これだけの台数は二度と見れない、面白かった。

PIC_0430.JPG

PIC_0440.JPG

PIC_0446.JPG







Last updated  2015年10月14日 08時11分02秒
コメント(0) | コメントを書く
[イベント2015~] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.