6945931 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ホンダT360公道復帰

PR

全131件 (131件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 14 >

T360・500の話題

2019年01月02日
XML
元日は北陸にしては天気が良かった、
することも無いのでT360初乗り。

武道館にて。
T360は寒いとブログに書いてた、
昨年はガムテープで目貼りを徹底したので
あらら、隙間風無く暖かい。
T360の鉄板はスポット溶接だけなので
溶接隙間から風スース―。

屋根の上部分に白山、
クッキリ見えるのだが写真では見えない。






Last updated  2019年01月02日 07時46分07秒
コメント(3) | コメントを書く


2018年09月21日

T360ゼロ戦号の第1回車検は
2002年9月、27年ぶりの車検になった。

今回の車検で16年だから8回目。
最初の車検時の2002年ブログ。

2002年にT360をwebで検索したら
ヒットした件数は20数件、
写真ぐらいで記事無し、
それでブログを書くようにした。
今は数十万件、T360だけだと数百万ヒット。

ブログやwebは最近の言葉、
インターネット日記だった。
この当時の写真は無し、
日記が始まった時、写真無制限だった。
利用者が増えてきたのか
写真は100枚までに制限され
全てカットされた、無料ブログなら仕方なし。
今は写真も動画も無料無制限に近い。

最近は荷台に発動機が定番になった。







Last updated  2018年09月21日 06時00分31秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年01月24日
日本土木工学敗退した峠が1っか所ある。
152号線 青崩峠。

このリンクでは最新型の車で走行してる、
以前、T360でこの峠を越え、下栗の里も走破。
50年以上前の車にしては、良く走る。
たぶん、50年以上前の車で
ここを走破できるのはT360しかないかも。
それくらい良く走るし、故障知らず。

青崩峠を降りたとこにある道の駅。
峠の下りは「落ちたら死ぬ」というより
おちたら飛びます、になる、
バイクの場合パラッシュート背負ってると
気休めにはなる。

電極が融けてなくなってもT360は
ガンガン走る。


青崩峠最高到達点、ここでUターンして脇の林道で
峠越え。 
下栗の里、もう一度T360で行ってみたい場所。


このルートはお勧めします。
国道157号は酷道日本一となってるが、
距離において比較にならない、152号は長大な酷道。






Last updated  2018年01月24日 06時32分38秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年12月28日

鈴鹿AHSM2017は快調に良く走れた。

アンマッチさんのブログ参照。​ 凄い動画も、

今年のT360動画、

AHSM参加後はT360クラッチ修理、
エンジンは絶対に触らない方針だったが
どんな状態かクラッチを一度見てみたかったので
ミッションを降ろした。
聞いた通りに作業したら・・・・簡単!

初めてミッションを降ろした、
工場出荷以来初めてだと信じてたのに、クラッチに水色のマーキング。
工場出荷時は黄色なのでSFで一度分解してる。


クラッチ板は意外な事に許容範囲内だった。
確認後原状復帰したが、クラッチの空気抜きができない、
何度やっても無理、
お知恵を拝借してやったら簡単だった、こちらのブログに
このページ、AKオーナーさんには超重要。


エンジン本体は触ってない、触るつもりはサラサラ無い、
絶好調は触らない。

何年かのち、次のオーナーさんのお楽しみに残す。 







Last updated  2017年12月28日 06時18分15秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年08月31日

2002年に以前から探していたT360が
県内の敦賀市にあるらしい、との情報を得た。

Tだと見に行ったらTN360だった、こともあり
教えてもらった番号に電話すると、ツインカム軽トラ。
当初、写真だけ撮る予定が、話してるうちに
高齢なので譲ってもらえることになった。

初めて見た時、水色だと思ってたら
ブリティッシュグリーン。なんで?
「これはゼロ戦色」プラモデルの箱を見せて同じ色に全塗装。

オーナーさんのこだわりだろうから、そのまま乗ってる。
4台T360を持ってて、1台づつ処分し最後の1台がゼロ戦号。

webなどでゼロ戦色のT360を何度か見た事がある、
友人から「売ったの?」聞かれたこともある。

ひょっとしたら前オーナーさんは4台ともゼロ戦にしたのかも?
すでに、ゼロ戦色は2~3台webで見てる。

mixiに、京都のワンダーコッコさんがゼロ戦色のT360を入手した。
1962258932_212.jpg
最近購入されたゼロ戦T360号、
_MG_8729.JPG
私のゼロ戦号、荷台以外は全く同じ。
H文字、バンパーはゼロ戦腹側の空色、ツートンの迷彩色。
4台のうち3台は一方開き、最後の1台は三方開きと聞いてる。
写真のゼロ戦号は一方開き。

今年の鈴鹿AHSMは11月11日~12日、参加します。
ゼロ戦色のT360はまだあるはず、
鈴鹿にエントリーしてください。一緒に走りましょう。

ゼロ戦色は日本に4台有る?たぶん・・

日本初のDOHCミッドシップマウント、右コラムに
軽トラなのにハイオク仕様。







Last updated  2017年08月31日 06時03分32秒
コメント(3) | コメントを書く
2017年06月27日

T360の出番は少ない、昨日もエンジンはかけた。
1ヶ月以上エンジンをかけないと故障の原因になるので
月2回は始動してる。
IMG_20160206_171229.jpg
定期的にエンジンさえ回してれば絶好調。

埼玉県のスケルトンT360は実働にするそうだ。
こちらのブログにレストア状況が。

ブレーキパイプの配管をしてるみたいだ。

我がT360もレストア時にはブレーキ配管は腐ってたので
張り替えた。
聞いたら、イギリス製の配管が簡単らしいので使用した。
指で簡単に曲がる、たぶん銅と鉛の合金では?

2002年のブログで作業状況を載せたら、
あの配管素材は問題があると聞いた。

でも、プロのイギリス車レストアはあの銅管を使うらしいので?
今まで何の問題もなし。
T360は2002年からレストア、

2002年のブレーキパイプのブログ。
この時期のブログに写真は無い。
これは楽天ブログが始まった時は写真無制限だったが、
ある日突然、1ブログ、写真100枚に制限されて大量の写真が
消滅した。

フレアナットも外れない、
ど~しても回らないので、KTCのフレアナットレンチ購入。
なんと一発で回った さすが専用工具、
さすがKTC。

IMG_20170423_083222_resized_20170424_052038529.jpg
IMG_20170129_112604.jpg
マニュキュアにもなってる・・







Last updated  2017年06月27日 06時30分29秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年12月09日

北陸に雪はまだ降ってない、
スタッドには交換してるので何時でもOK。
T360にスノータイヤは用意してるが
最近はつけた事ない。

DSCF00113.JPG
日曜日の道の駅も、吹雪ではガラガラ。

T360は一度だけ2月に鈴鹿まで走ったことがある。
鈴鹿サーキットもスノータイヤで走行。
確か、アイハート・ホンダのイベント。
行も帰りも吹雪だった。
T360は超クールエンジン、ラジエターは雪で真っ白、
エンジンも雪と氷の塊、水温が上がらず
室内寒いのは何とかなっても、窓ガラスをタオルで
拭いてないと前が見えない。

冬は走らないことにしてる、
道路に撒く融雪剤は塩なので車体に悪い、
特に最近は大量に撒くので真っ白になる。
車体に極めて悪い。
51L2upPfMYL__SX347_BO1,204,203,200_.jpg
アメリカでは融雪剤を一冬1000万トン撒くそうだ。
最近の車は防錆処理が完璧なので錆びないが
鉄橋とか道路の痛みが凄いらしい。

大昔の車は1年に錆で4キロ軽くなる、
人間と錆との闘い。

この本は最近の新刊、読み物としては面白かった。
ステンレス開発の歴史などは意外。
厚くて高い本なので図書館で見る方法もあり。







Last updated  2016年12月09日 06時36分51秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年09月02日

T360の荷台は基本形が低床式一方開き、
img_6_m.jpg
現存するT360(型式AK)はほとんどこのタイプ。
さらに高床式三方開とフラットデッキ、パネルバンの種類。
20151108_140443.jpg
パネルバンは最近まで実在しないと思われていたが
最近、新潟でレストアされた。
一方開きの上にオプションの箱が載ってる。

車体横のラインに注目。
一方開きは前から後ろまで一直に伸びている。

IMG_20160828_130528.jpg
我が三方開き荷台のラインに注目、
ドアの方のラインが高く、荷台とのラインに
約3cmのずれがある。
これの原因を推測すると、設計ミス。
金型ができて製品もでき、組み立てたらラインが合わない。

三方開きは市場の声にあわせ大急ぎで作ったのでは?
本田宗一郎が気が付けば、たぶんやり直しだろうが
誰も気が付かなかった・・・

当時はだれも気にしなくて、50年後に私が
気にしてるのかも。
こちらのリンク先に一方開き荷台の詳しい写真







Last updated  2016年09月02日 07時28分36秒
コメント(2) | コメントを書く
2016年08月05日

発売中のCG誌にT360写真が載ってた。
湘南ヒストリックカークラブの大磯ロングビーチ
ジムカーナ、年2回開催されてる
老舗のイベントである。

o0400028513665183736.jpg
この写真はこちらのブログから1枚勝手に拝借。

大磯では珍しい雨天の開催だった。
瓦屋号は1000cc以下のAクラス優勝、
このイベントでは何度か優勝してるので、常連さん。
1063210.jpg
こちらも頑張ってます。
軽トラは重心が上にあるのでジムカーナ向きの車体ではないが
DOHC・ミッドシップ(49:51)だと、
360cc軽トラといえども、かなりの成績が出る。

私は腕がないし、ジムカーナは車体を壊しそうだし
参加することはないが
一度も見たことがないので秋にでも見学に行ってみたい。
T360はコラムシフト、これは時間ロスが大きい、
ミッションは荷台の下なので
電子式パドルシフトしかなさそうだ。

瓦屋号は各サーキットに合わせギアの組み換えしてる。







Last updated  2016年08月05日 06時11分24秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年07月30日

今日、チャレンジ1000がスタートしたそうだ。
チャレンジ1000とは24時間で1000km走る。
参加車両は原則OHVのスーパーカブになる。
規模が大きくなり過ぎたのか、現在は非公開のイベント。
猛暑の中頑張ってください。

5年ほど前T360のTV番組収録があった。
レポーターは歌手の高橋ジョージさん、
実は取材日までこの歌手は良く知らなかった。
奥さんが三船敏郎の娘さんと聞いて、さらに??

IMG_20160206_171229.jpg

10分ぐらいの映像だが良い記念になった。
番組には写ってないが、
高橋ジョージさんにもT360を実際に運転してもらった、
右シフトは難しいのだが、シフトパターンを見て簡単に走らせた。
かなりの車マニアさん。
T360を絶賛してた!!
バイクはもっと詳しいそうだ、車・バイク番組のレポーターだと
面白い番組ができそうだが、ほとんど毎日TVに出演してる
超売れっ子さんなので、
マイナーなクルマ番組では無理か。

高橋ジョージさんの名曲「ロード」は1988年の
2月にコンサートで福井に来て、
帰りの東京までの車中で全13章を書き上げた。
本人も忘れてたが、福井に来て突然思い出したそうだ。

T360のテーマソングは「ロード」に決まり。







Last updated  2016年07月30日 06時46分42秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全131件 (131件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 14 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.