6945914 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ホンダT360公道復帰

PR

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >

クラシックカー

2010年08月18日
XML
カテゴリ:クラシックカー

日本海クラシックカーレビュー(CCR)は日本では珍しい
コンクール方式。
どの車が賞を取るのか予想しながらの見学も楽しい。
昨年の軽四輪部門も激戦だが、ほとんどの方が
スバル360コマーシャルだと予想したのでは、予想通りになった。

DSCF0047.JPG
これは雑誌に載ってた車体、まさか実車を拝めるとは思わなかった。
オリジナル度が高く凄いクルマ。
後部窓が倒れ荷物を載せやすくしてる。
スバル360の初期型商用車。ヘッドライトがデメキン。

非常に珍しい個体だが、
なんと、オークションに出品されてた。しかもシングルナンバー。

お値段は?・・・・・ シングルナンバー付きなのだが、
レストア以前のボロボロ車体でこの値段には驚く。

このオークションの質問欄12番にシングルナンバーの維持の仕方が
載ってた。
これだと県が変わってもナンバーは維持できる。

京のシングルナンバーを付けたクルマが北陸に1台有る。
オーナーさんに聞いたら、抹消の予定が京都府から
貴重なナンバーなので引き続き使用して欲しい。
納税通知書は京都から全国どこでも送る。
2年間滞納があれば抹消する、との事だった。
シングルナンバーを維持しようと思えば、出来ない事はない。

まだまだ凄い車が眠っているもんだ。
AKのシングルナンバーだと、これも凄いのでは。







Last updated  2010年08月18日 05時57分53秒
コメント(0) | コメントを書く


2010年05月09日
カテゴリ:クラシックカー

5月23日 「金津創作の森」でのFTPにパーツマーケットもオープンする。
これは第1回からあるが、今年は21店舗出店。
これって昨年の倍の数字。

その中に、6店舗合同で「カングー商店」が出来る。
たぶん・・・昨年カングーで来られたオーナーさん同士で
「来年はいっしょに出店しましょ~」 とか話がまとまり
カングー商店街の出現になった、のでは?

商店街の内訳は、
ヨーロッパ雑貨・ハンドメイド雑貨・本・紅茶・英国生地の雑貨に
手作りパン。
楽しそうな組み合わせだ。
カングーは一箇所に集まってもらう。
6店舗は全て県外から、京都や名古屋・兵庫いろいろ。

DSCF0097.JPG
昨年のショップエリア、センスの良い面白いものが多かった。
今年も期待できそうだ。

パーツマーケットの出展料は1000円、他のイベントと比較するとかなり安い。
そんなに売れそうもないのに、わざわざ福井まで来てくれる。
なので、安い設定にしている。
例外的に物凄く売れたお店も有るみたいだ。
1000円では申し訳ないので・・・カンパしてくれたお店もあった。







Last updated  2010年05月09日 06時40分14秒
コメント(2) | コメントを書く
2008年10月06日
カテゴリ:クラシックカー

最近いそがしく、T360はガレージで惰眠している。

ホンダは三輪車を作らなかった。
たぶん社長の方針で、2輪か4輪、三輪は邪道と考えていたのかも。
中村良夫は三輪得意なのでゴーサインがでれば、ツインカム三輪車も大有り。

ラビットの三輪車は「ラビットスバルRS-3」と「「三輪ラビット」の2種類。
どちらも実物は見たことない。 (日本自動車博物館にもない)
イベントに参加することも無い。
DSCF0013.JPG
これがラビットスバル、走り出すとモーターで前輪が広がる。
ラビットスクーターから4輪車生産までのつなぎの予定だったが、
ホンダと事情は同じで、余計な物を生産する工場がなかった。
(ホンダは軽トラ専用エンジン)
DSCF00171.JPG
販売しても一人乗り、荷物も載せられないのでは売れなかったと思う。
(木村信之作品集から2枚拝借、、昨日の写真は雑誌ラピタ)

三輪ラビットはT7-5BとT7-5Aの2種類、
Aはシフトが座席の後ろにある、Bは前にあるが、ほとんどトラックのシフト。
幸い、ラビットのパーツが使えるので数台生存しているようだ。

三輪ラビットは別の機会に。

 

 







Last updated  2008年10月06日 20時28分25秒
コメント(8) | コメントを書く
2008年07月21日
カテゴリ:クラシックカー

今週末は山代温泉と金沢クラミ見学。
当日、今日みたいなお天気の場合は、AK参加を見合わせる。

愛知、滋賀からAKで来られるので、こちらもAKでないと・・・
1
以前、金沢クラミ参加のお天気は今日みたいだった。
プラスチックボンネットが熱で変形、タオルを載せ、絶えず水をかけてた。

プラスチックボンネットは顔料が入っているので無塗装。
しかし、水色に塗り、さらに濃い緑が塗ってあるので熱吸収が良い。
熱膨張で反り上がり・・・・ヤバイ。

45年前のプラスチック強度はすでに限界だと思う。
さらに、直射日光で痛めると、
鈴鹿ストレートで風圧破損、飛散することも考えられる。
これだと赤旗中断間違いなし。
出来るだけ、大事にしないと。

kanazawa
金沢クラミ会場到着。 すでに汗だく。
朝方の国道気温計は36℃を余裕で越していた、
人間はなんとかなっても、車外装が持たない。
このくらいの気温ではエンジン快調。

 







Last updated  2008年07月21日 14時06分37秒
コメント(6) | コメントを書く
2007年11月11日
カテゴリ:クラシックカー

クラシックカーイベントは数多いが、
我が国最高の格式と規模を誇っているのがラ・フェスタミッレミリア。

東京から福島の往復1600Km、100マイルラリー。
本家イタリアのミッレミリアは古都を巡るラリーなので

一番受けるのは、東京~京都往復1600km、これなら面白い。

再来年2009年にラ・フェスタミッレミリア姉妹イベントとして
京都をゴールとしたクラシックカーラリーが開催される。
春に三泊四日の日程で、岐阜・鈴鹿サーキット・京都、
1000kmのレギュレーションラリー。
関東の東京・福島。茂木サーキット・横浜の関西版。
1府8県にまたがる長大なレースとなるので関西中部は盛り上がりそうだ。

5月のゴールデンウィークは国内の めぼしい車はイタリア・ミッレミリアに
行ってしまうので、間口が広くなるかも?
ホンダSは数台なら参加出来るかも?
大会名称もまだ決まっていない。
まだまだ先の話だが、鈴鹿ならSも必要だと思う。

先ほど東京コンコース・デレガンスが終了した、優勝はロールスロイス。
ラ・フェスタミッレミリア姉妹イベントとして2009年の横浜で
コンクール・デレガンス開催予定。
プレビューとして来年10月18~19日に山下公園で内外約100台の
名車が参加予定らしい。
東京とちがい、横浜はイタリアの虫などの貴重な車種が参加する。
たぶん、こっちが派手で内容は濃くなると思う。







Last updated  2007年11月11日 18時46分27秒
コメント(2) | コメントを書く
2007年10月25日
カテゴリ:クラシックカー

AK講習会は大阪で第1回、滋賀、愛知と続き、
次回は関東かも?

車にも貴賎とは言わないが・・・お値段はピンからキリまで。
国産車じゃ 御料車が特級で・・・下は、やっぱし軽トラかな?

今週末から東京で
「東京コンコースデレガンス」 開催される。  今日はパレードランがある。

HPを見ると・・・いやはや凄い車だらけで、総額幾らになるのか。
イタリア、アメリカで開催されている歴史ある大会が
日本でも開催される、将来的には国産車も出場できると思う?

4クラスあるのでDクラスだとSなども参加できるはずだ。
ただし、ヒストリーとオリジナルが重要視されるので、
正確な資料が必要になる。

ヒストリーとオリジナル性の高いT360は何台かあるが、
T360とは正反対のイベント。

これの国産車版も出来るかも?







Last updated  2007年10月25日 15時29分25秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年10月04日
カテゴリ:クラシックカー

軽規格旧車ではミゼット・スバル360・マツダR360クーペが
御三家と呼ばれるかも。
ミゼット・スバルの玉数は比較的多いが、360クーぺは貴重品。

リンクしているR360クーペさんがポルシェを売って何を買ったのかと
思ったら・・・R360クーペ。
1台所有しているので、さらにもう一台購入したわけだ。

今回のクーペはAT車、クーペのATは軽自動車初になり、
実物は見たことない。
しかも生産ラインから出た最後の1台、これだけでも凄いヒストリー付き。

来年のFTPラリーで見れるかも?
ブロブによると、ATは「原付に三人乗り」しているような加速だそうだ。
走り出してしまえば・・・そこそこ走ると思うが?一度見てみたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

T360は生産ラインの第1号車(ホンダ最初の1台になる)から
最後から5番目の車体が確認されている。
ポルシェからR360クーペも凄いが、
イタリア超高級スポーツカーを手放し、T360を購入された方もいます。
本来の逆コースになるが、趣味の問題なので・・・・
それに軽トラは実用的、町内会の清掃など、なにかと役立つ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オークションにT360が3台出品されてると教えてもらった。
探しても1台しかなかった。 1台とは貴重なフラットデッキ。
実働は無いと思っていたが・・・・有るもんだ。
フラットデッキのオーナーさんはR360クーペやら、
珍しい車種を売り出している。

2
FTPに参加していたR360クーペ。
説明会にはこれだけの人だかり、来年はオートマなので?
さらに見学者が多いと思う。







Last updated  2007年10月04日 13時28分34秒
コメント(6) | コメントを書く
2007年08月11日
カテゴリ:クラシックカー

横浜のアペオーナー蒙古の2馬力さんから
雑誌Penに載ったイギリス三輪車特集記事を送ってもらった。

この手のマイナー車種はクルマ雑誌では特集になりにくく
男性総合誌で特集として組まれることが多い。

記事は極めて分かりやすい特集だった。
イギリスには戦後ボンドとリライアントの三輪車メーカーがあった。
日本ではホンダ・ヤマハみたいなもんだ?
もちろん日本同様イギリスも星の数ほど新興メーカーがあった。

まずボンドについて。
ボンドの写真はリンクのマイクロカーにある。
三輪車なのに前が広いのは前輪に取り付けたエンジンが
左右90度に曲がる、360度回転も可能だ。
動画はバークレー日記にある。

凄い発想だ。国産でこのエンジン方法は無かったと思う。
日本で近い乗り物は耕運機に引かれた荷車かな?

1969年のボンドはリライアントに吸収され、
現在でも毎年100台生産しているそうだ。
今でも売れるのは普通車税金160ポンドにたいして三輪車は65ポンド。
1973年以前の三輪車は無税だそうだ。
日本では1971年以前?のクルマは重量税がかからない
なんか日本と似ているが、さすがに日本で無税はありえない。

現在のイギリスで5千台の三輪車が走っているそうだ。
思ったほど多くは無いが、日本に比べれば10倍はありそうだ。
さすが産業革命発祥の地 イギリス。

イタリアはアペが有るので三輪車は数万台だと思う。







Last updated  2007年08月11日 13時28分17秒
コメント(2) | コメントを書く
2007年07月21日
カテゴリ:クラシックカー

今月号のオールドタイマー誌は「消えた軽自動車」特集。
ど・マイナーな軽4輪が紹介されている。
甲賀さんの記事では、
「オートサンダル誕生から57年、・・・そこに至るまでに無数の試行錯誤が
 繰り返され、何百というクルマが生まれては消えたことを忘れてはならない」

昨日ブログに情報を頂いた、軽4輪にもディーゼルはあった。
「年配の人なら知ってるのでは? よく走っていた?」 そうだ。

ヤンマーが自動車を作っていたのはありそうな話。
建設機械のコマツも軽4輪を作ってたぐらいなので、当然だと思う。

ヤンマーポニーについては まったく知らなかったので、
現在でも書店で入手できる本でポニーを探してみた。

一番ポピュラーな八重洲出版の旧車図鑑「ニッポンのクルマ20世紀」には
載ってない。

『懐かしの軽4輪』(4-87687ー189-2)50ページにヤンマーKT型が
紹介されている。 あくまでも試作車らしい。

『小型・軽トラック年代記』(4-87687-283)130ページには
写真入りでKT型が紹介されているが、これも市販予定されてなく、
あくまでも試作車と書いてある。

昨日紹介したヤンマーポニーの写真は車検付きで保存されている。
市販はされてたことになる。 
KT型とポニーは形が違う、ポニーについては・・探しても何んも載ってない。

昨日情報では・・昔、見たことがあるそうだ。
ヤンマーの本社は大阪、工場は滋賀県なので
関西方面では売っていたのかも? 情報は大阪からだった。
ヤンマーの社史には書いてあると思う。?

ディーゼル4.5馬力農業用発動機で時速何キロ出たのか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

金沢クラミ前夜祭・AS講習会に県外から参加するオーナーさんは
すでに出発していると思う。
降水確率50%だが雨はなく、路面も乾いている。
明日も何とか持ちそうだ。







Last updated  2007年07月21日 13時10分58秒
コメント(10) | コメントを書く
2007年03月30日
カテゴリ:クラシックカー

今年の金沢クラシックカーミーティングは7月22日。
会場は今までの「芸術村」から、
なんと・・・自動車博物舘に変更になった。

日本最大のクラシクカーイベントは東京で開催される
ニューイヤーミーティングなのだが、

金沢クラミが日本一のクラシックカーイベントになるのは
間違い無い。
募集100台だが、館内には500台展示してあるし、
なによりも、車種とその濃さは・・文句無く日本最大。

R360クーペオーナーさんのブログに詳しく書いてあった。

日本自動車博物館で小さいイベントは何回もあったが、
金沢クラミ開催となれば鬼に金棒、無敵のイベントになるはず、
これは凄い!
ffh
日本自動車博物舘全景。
この写真は以前、駐車場でフレンチフレンチ開催した時の写真。

博物舘
質量共に日本最大の博物舘。
夏の観光シーズンなので見学者が多そうだ。
館内はエアコンが効いているので逃げ込める。

入館料を払わなくても入り口の休憩所には入れるが
ココまで来て見学しないのは損だ。

FTP会場「創作の森」から15キロと近い。

ffh
日本自動車博物舘フレンチフレンチ参加の我がT360。
国産車なのに?
隣りにあるのがダイハツソレックス。
ダイハツが昔ノックダウン生産したフランス製モペット。
これでもフランス車・・
T360は参加者さんのおもちゃになり、皆さん乗り回していた。







Last updated  2007年03月30日 14時34分41秒
コメント(4) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.