000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ホンダT360公道復帰

PR

全34件 (34件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

旧車イベント2011~

2011年12月31日
XML

今年もあと一日。
来年は鈴鹿サーキット開場50周年、イベント満載だそうだ。
3月と9月のイベントは見学に行きたい。

今年参加したイベントで一番印象の強かった会場は、
小豆島。
アペで参加予定だったが、暑さでバイクに変更した。

2011_0717BRN20110001.JPG
福井からアペ2台とCB125JX参加。
2011_0717BRN20110042.JPG
小豆島は良いところだ。真ん中に瀬戸内海、日没地点は岡山付近。
来年も参加予定、
極力アペで参加したいと意気込んではいるが・・・当日の気温次第。

2011_0522FTP20110065.JPG
今年のFTPは午前中、大雨だった。
キャンセルは途中で力尽きた2台だけ、ありがとうございます。

_.jpg
最大の話題は、ついにFTP全国放送される。
CGTVの取材はド・デオンブートンだけだと思ってたら、
FTPも詳しく紹介された。 
まさかCGTVでこれほど詳しく紹介されるとは、正直ビックリ。
resize0220.jpg
自転車2台の真ん中に発動機を載せた感じ。
速度調整は圧縮を変える。
若きブガッティはこの車でレースに大活躍。

2011_0522FTP20110054.JPG
田辺さんとアペオーナー御一行さま。

2011_0522FTP20110078.JPG
取材の様子。
夏木さんのファセルベガ・3。

DSC_4478.jpg
FTPスタッフ集合写真。
来年は5月27日に開催予定、お待ちしてます。

 







Last updated  2011年12月31日 09時27分31秒
コメント(6) | コメントを書く


2011年12月17日

ニュイヤーミーティングは650台の参加あるそうだ。
イベントの一番少ない時期に開催は賢い。
名古屋から西の方で、わざわざ見に行く人は非常に少ないと思う。
交通費が高い。
昨年は、北風さんがオーツキダンディ号で参加していた。
岡山からだと遠いが、昨年までは高速1000円だったので
車だと案外楽だったのかも。

会場の様子は雑誌などで知っている。
こちらは、さいたまさんの昨年のレポ。

AKブース協賛者さんにはパスが送られてくる。
一般入場は1時間ほど並ばないと入れないらしい、
開門9時だが、パスがあればそれ以前にも入場できるので
並ばなくても良い。

枠が残ってるのかは不明。
さいたまさんまで連絡下さい。
こちらの「メッセージを送る」かでもかまいません。(メッセージは非公開になる)

太平洋側が晴天でイベント日和なら、
日本海側は大雪、このパターンが標準的な冬のお天気。
そこそこが良い。

DSCF0004.JPG
10年ほど前のOT誌のイベントレポに
NYM参加のスノーラの写真を見てビックリした記憶が。
あの車は・・・今、どこにあるのだろうか?







Last updated  2011年12月17日 06時08分54秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年10月11日

週末は車山高原でFBM開催。

天気予報は土曜日雨、日曜日晴れ、この程度なら当所の予定通り
バイク(CB125JX)で参加予定、自宅出発時に降雨ならT360か。
おそらくバイクが一番楽しい旅行になる。
124ccだと油坂や安房は旧道しか走れない、峠越へになるので
これまた楽しい、だれがトンネルなんか走るか。(125以下は通行禁止)

宿泊場所はグレーンズなんとか、場所も知らないが行ってみれば、なんとかなる。
FBMは1987年から続いている、日本最大のフランス車の祭典。
今年で25回目だそうだ。

車山は標高1600m、以前、見学に行った時は寒くてガスっていた。
日曜日は晴れそうなので楽しみにしてる。

DSCF0107.JPG
こちらはFTP会場。
手前のダイハツソレックスは・・・れっきとしたフランス車。
これで車山までは行っていけないことは無いが、
行っても途中でアホらしくなると思う。

2011_0726BRN20110002.JPG
life4atさんから送っていただいた・・・ダイハツ・ソレックスの当時の看板。
おフランスとパリを強調してる。
アペで来いとも言われてるが、車山の標高1600mは良しとしても、
途中に幾つの峠をこえるのか、たぶん二桁。
酸素の薄いとこは無理。







Last updated  2011年10月11日 06時50分40秒
コメント(8) | コメントを書く
2011年10月04日

10月9日は神戸で「フェスタ360」開催。

9日は都合が悪く参加できない。と思ってたが、
予定が変わり・・・行けるかも? 時間的に厳しい・・・

滋賀県での360は参加したが、神戸が本命みたいだ。
いろんな360が集まるのは楽しそうだ。
DSCF0008.JPG
滋賀県でのフェスタ360。
DSCF0015.JPG
AKは2台参加、復活AKさんはAKで見学に、
ほんとにフットワークが軽く何処にも現れる。
神戸は何台のAKが参加するのか? 少ないと思う。

その次の週は車山高原でFBM、FTPスタッフさんが何名か参加するので参加。
なんで行くかは未定、フランス車は持ってないし、唯一のフランス製は
ダイハツ・ソレックス、これで車山高原は無理。
CB125JXが最有力、これなら確実に時間通り到着できる。
アペで来いとの話も有るが、、ムチャでは無いにしても必然性が・・・
お天気しだいなので数日前に決める。

さらに次の週、23日は滋賀県マキノでのベスパツーリング。
アペで参加予定(雨の場合は?)。

浜名湖に参加されてたベスパ教信者さんのブログ。

DSCF0040.JPG
昨年の様子。







Last updated  2011年10月04日 06時23分55秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年09月03日

日曜日は福井県・河和田町で「うるしの里」イベント開催。
本日、土曜日は台風接近で中止になり、日曜日だけの開催になった。

このイベントに旧車も何台か展示されるので、
我がAKも出展、YさんのS8Cと並べて展示される。
昨晩、と言っても夕方だったが台風接近で大雨。

2011_0902BRN20110002.JPG
Yさん自宅前に到着。ピンボケ。 (高湿度でレンズが曇ってた)
2011_0902BRN20110007.JPG
この場所は旧街道。
約700mに漆器屋さんが点在している、今年初めて、この通りだけで
お祭り開催だったが、メインの土曜日夜は中止になってしまった。
たぶん、来年は第2回があるので・・スケールUPすると思う。

自宅前で話しているお二人は、Yさんと、知らない人。
知らない人は、豪雨の中、T360が走ってるのを見つけ、なんと河和田まで
追っかけて来たそうだ。
これには驚いた、話しているとYさんの噂も知っているそうだ、
「Sに乗ってる」人がいる!
「何かあるのですか?」 4日は旧車展示もあります。
来てください。 見に来るそうだ。

2011_0902BRN20110011.JPG
初めて自宅に入らせてもらった。
各自宅に工芸品を展示、これって京都の、なんとかとか言う展示方法。
面白い企画だと思う。

2011_0902BRN20110008.JPG
河和田塗り
準備が大変だったと思うのに、台風接近は残念。

2011_0902BRN20110015.JPG
さすが旧家、ケヤキ?の柱やハリは半端な太さでない。
ドア(襖)も漆塗り。
2011_0902BRN20110017.JPG

それからガレージでうだうだ。
「うるしの里」イベント内の旧車展示はYさんが出した企画と思ったら、
違うそうだ。
伝統工芸産業はなぜか、バイクや車マニアさんが多いような気がする。

ご当地B級グルメ「さばえドック」も販売するそうだ。

休日にはTVを見た県外ナンバーが多く訪れるそうだが、
お店は休日休業。
「うるしの里」で食べれるのでは?







Last updated  2011年09月03日 08時16分45秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年09月02日

今週末は福井県・河和田でイベントあり。

T360を展示することになったが、台風直撃しそうだ。
3日のイベントは中止になったそうだ。
同日、糸魚川は前夜祭、こちらは予定通りだと思うが、
皆さん旧車、強風・豪雨のなか全国から糸魚川を目指して来られる。
道中は大変だと思う、安全運転で。

T360は足代わりに使い調子を出している、
エンジン快調・まったく故障の気配無し、絶好調!
これだけ静かで、一気に吹き上げるエンジンは無いだろな~
(360ccなのでたいしたことは無い)

4日は台風一過、イベント日和になるのでは?
福井県・河和田か新潟県・糸魚川(日本海CCR)がお勧め。

糸魚川は原則・雨天決行。(災害になりそうな場合は除く)
来られても中止ということは無いと思うが、
台風なので?

DSCF0041.JPG
うるしの里から10分ほどで一乗谷。
ここから数分で明智光秀の神社がある。

主君殺し、逆臣でも神社があります、さすがに小さい。
この場所は、明智光秀が住んでいた場所。
週末の大河ドラマで死ぬことになる、細川ガラシャが生まれた場所。

なぜ明智光秀の神社が?
信長が一乗谷を焼き払った時、光秀はこの村の住人だけは逃がした。







Last updated  2011年09月02日 05時46分07秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年08月27日

昨晩、NHK総合7時半から「一乗谷」のドキュメンタリー放送。
これってローカル番組かと思ったら中部7県で放送されたそうだ。

まだの方は明日28日再放送あり。

一乗谷は・・・ほんとになにもない。
中世がそっくり、そのまんまタイムカプセルになってる。
キャッチコピーは「観光地になるとは思わなかった・・・」
なので何も無いですが、い~場所です。

DSCF0010.JPG
これが一乗谷、なんにもありません。
一万人の大都市だったが、織田信長に全て焼かれた。
水田を掘ると、当時の街並みがそっくり現れる。
ほとんどタイムカプセル。
礎石だけなので観光地にならない、のだが、手付かずの遺跡なのに
驚いた事に、昨年は75万人の観光客だそうだ。
これも困ったもんだ。

DSCF0005.JPG
一部町屋が復元されてるが、当時はこんな建物だと思う。
映画のロケ地とは違う。

このポスターが日本一になった。 シリーズでたくさんある。

一乗谷まで我が家から30分ほど。
yamasadaさんからだと10分もかからない。
朝倉氏の勢力範囲だから、工芸品が発達している。

来週イベントがあります。 我がAKも参加。

一乗谷と河和田漆器見学はお勧めのコース。
(うるしの里ポスターの建物は、某さん自宅、これは内密に)

iamdate
近くの「和紙の里」
現在の紙幣や、昔の藩札の紙はここで作られていた。

ソフトバンクのCMブログ。







Last updated  2011年08月27日 07時02分55秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年08月16日

今年の日本海クラシックレビューの超目玉車は
マツダ787B、1991年のルマン優勝車。

詳しくは日本海CCR(糸魚川)のブログに。

ロータリーエンジンは排気温度が高すぎるのでターボが装着できないそうだ。
なので、可変ファンネルを装備、回転数に応じて
トロンボーンみたいに長さが変化する。
これって、life4atさんのホンダZと同じ。
たぶんルマン優勝でインスパイアされたのでは?
オールドタイマー誌に詳しく載ってた。

糸魚川は展示だけでなく、実際にエンジンを回す。
たぶんカウルを開けてのエンジン始動も有ると思うので
可変ファンネルの動きを見てみたいものだ。

可変ファンネルで馬力は20%UP、燃費も良くなるそうだ。
20%だとターボと同じくらいなので、エアファンネルだけでそんなに違うの。
SやAKの可変ファンネルはまだ見たこと無い。
どなたかチャレンジしてください、何もしなくて120%の馬力は魅力。

DSCF0091.JPG
昨年の入賞者さん。

DSCF0050.JPG
Sは5台参加。応募車が多いので各車種5台までが原則。
スカイラインやZ同様、Sでの参加は難関。







Last updated  2011年08月16日 06時55分22秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年08月06日

10月15~16日は車山高原で

フレンチブルーミーティング(FBM)開催される

このイベントは日本最大のフランス車の祭典。
今まで一度も参加したことが無い。
(旅行のついでに見学はある)
毎年、FTPスタッフ何名か参加しているので、
今年は参加することになった。
宿泊場所はFTPスタッフと同じ宿の予定。
別の宿も誘われたが・・・灰泥知識と酒量について行けそうも無い。

今まで行けなかった最大の訳は、フランス車が無い。
2CVは長く乗っていたが今は無い。
唯一のフランス車はダイハツソレックス、これも有りだが
車に積んでいっても山の中では使えない。
もし、ソレックスで参加するグループがあるようなら考える。
ソレックスは歴史が長いので種類も多い。
いろんな種類を見てみたいものだ。

2011_0726BRN20110002.JPG
ダイハツソレックスの看板。
これはオーツキダンディー号オーナーさんから頂いたもの。

solex2.JPG
本国用ソレックスについているリンリン。
どこのメーカーだろ?
624548035_204.jpg

アペに積んで行く方法もあるが、車山高原までは遠すぎるのでパス。
ソレックスの調子は最高、タイヤはソレックス純正ミシュランに交換済み。

ダイハツソレックスはノックダウン生産(部品輸入の国内組み立て)。
座席(サドル)の下の箱は工具要れ、今も純正工具が入っている。







Last updated  2011年08月06日 15時18分44秒
コメント(6) | コメントを書く
2011年08月01日

金沢クラシックカーミーティングは10時~14時半まで。
展示だけで特別なイベントは無いが、博物館は絶えず模様替えしてるので
館内見学が一番時間をとる、それに冷房が効いてるので
逃げ込むには一番。
会費2000円には弁当とお茶にお土産、それに博物館入場パス。

2011_0731BRN20110042.JPG
開会式。
マイクは日本自動車博物館館長。

2011_0731BRN20110044.JPG
会場風景、参加車は国産車率が高い。
緑のダットラさんとは会場でご一緒する機会が多い。
(今年で3度目)
2011_0731BRN20110065.JPG
T360も見学者が多い。
下を覗く人多し、床下のマフラー見学はAK見学の儀式になってる。

2011_0731BRN20110053.JPG
毎年恒例のホンダ車コーナー。
綺麗な固体が多い、他の参加車さんと違うのは、いつも会場内で
キャブ交換やエンジン分解をしてる、メンテナンス会場になってる。
ホンダオーナーさんと他車オーナーさんとの大きな違いかも。

2011_0731BRN20110059.JPG
ほとんど国産、その中でも軽四輪の参加率が高い。

2011_0731BRN20110060.JPG
愛車の前でのパーツ販売が多い。
この場所で、面白い部品を発見「これ、いくらですか?」・・・・「タダ」
ありがとうございました。

 







Last updated  2011年08月01日 06時40分41秒
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全34件 (34件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.