000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ホンダT360公道復帰

PR

全3件 (3件中 1-3件目)

1

ラビット

2017年05月12日
XML
カテゴリ:ラビット

さいたまさんBBSに

ラビット三輪車RS-3の写真。
日本で1台だけ現存、個人所有かと思ったら
スバルのコレクションにあるそうだ。

2013年のブログが、T360公道復帰ブログランキング
昨日の6位ぐらいになってた。
私も忘れてたブログなので下記に貼り付け。

RSー3はラビットスクーターからスバル360までの
つなぎとして設計されたが、
スバル360の大ヒットで日の目を見なかった。

・・・・・・・・・・・・・・

ダイナスターは図鑑で見た事あるが実存してるとはビックリ。
間違いなく日本で1台だけだと思う。
昭和28年製、ラビットS48のエンジンを流用してるそうだ。

荷物の積める三輪車の需要は多く、作ってはみたが
スタイルが良くない?、イタリアにはアペがあるのでアペと同じ方法で
三輪車を作ったのがラビットT75、これは何台か実存してる。
90d3e7ee345e6f508c453d1aceeab5714a37d0c2_51_2_2_2.jpg
これも実存してるラビットスバルRS-3。
ラビットのエンジンで作ってる、ユニークなのは速度に応じて前輪幅が変化する。
さすが中島飛行機製作所、前輪は飛行機の着陸装置なみ。
駐車する時、前輪は電動で格納できる。

img7990b05czik1zj.jpg
これはメッサーシュミットから来てるのでは?
メッサーシュミットよりはるかに航空機的。







Last updated  2017年05月12日 08時06分59秒
コメント(0) | コメントを書く


2015年07月01日
カテゴリ:ラビット

ジュノオ・ミーティングは10台集まったので大成功なのでは。
過去、M85が3台集まった事はあるらしい。
詳しいレポはこちらのブログに、
その下にはラビットのレストア記事も、S-2ですよ、

ジュノオK型は福岡からの参加だそうだ。
九州にありましたか、各県に1台ぐらいは残ってそうなので
このミーティングが毎年定例になれば、さらに増える。
というか・・その日を目標に仕上げそうだ。

0003045_3M.jpg
T360荷台にジュノオ、
滅多に拝めないシーン、それにしてもT360オーナーさんは
荷台に積める、そ~とう珍しい車種も持っている。
CR110がたぶん一番だと思うが、M85もかなりの物だ。







Last updated  2015年07月01日 06時17分07秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年02月16日
カテゴリ:ラビット

某オークションにラビットS2が出品されたそうだ。
S2を検索したら、当ブログも何点かヒットした。
読み返したら・・・こんなの書いたっけ?なんてのもあった。
10年ほぼ毎日書いてるので、自分でも、へ~そうなの・・
 下記は2008年のブログのコピペ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

3日連続でハンドルロック。
国産4輪に初めてハンドルロックが付いたのはS、
S500から付いていたのか不明だがS800オープンには付いている。

オープンカーなので2~3人で押していけば盗られてしまう、
必要なので装着したと思う、 たぶん社長の思いつきだな?
クーペにはドアロックがあるので付いてないそうだ。

yamasadaさんに聞いたら、確かにクーペにハンドルロックは無いそうだ。
クーペオリジナルでなく、オープンと共通パーツだが付いていないだけ。
ケチっているより、必要性が無かったからだと思う。

ベテランさんから面白い話を聞いた。
すでに時効の話?

ベテランさんは販売店でSやAKの修理をしていた。
ある時、本社から2人の社員が来て、
Sオーナーさん宅に巡廻サービス訪問したいので、強力して欲しい・・・

そこで社員と3名でSオーナーさんを訪問。
ベテランさんはSオーナーさんと顔なじみ、
ボンネットを開け、ラジエターやオイル点検をしながら雑談。
その隙に・・・本社社員はハンドルロックの交換をしたそうだ。

こんな作業を5件ほどこなしたそうだ。
今ならリコールがあるが、当時はこっそり交換したみたいだ。
たぶん、どこかでトラブルが有り社長命令で全車、対策ロックに交換
したのだろう。

走行中のハンドルロックは死ぬほど怖い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ラビット 021.JPG
ラビットS25のジュラルミン車体。
中島飛行機製なので全てリベット、しかも外装部分は
リベットが平らになっている、スクーターにここまでするか。
空気抵抗とは無縁の車体だが、飛行機屋さんが作ると手抜きなし。
隼戦闘機もこんな機体だったのでは。







Last updated  2012年02月16日 07時42分12秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全3件 (3件中 1-3件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.