000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ホンダT360公道復帰

PR

全19件 (19件中 1-10件目)

1 2 >

CB125JX

2014年12月22日
XML
カテゴリ:CB125JX

今年は水戸天狗党事件から150周年だった。
天狗党は人気があまりないので、イベント開催は
福井県ぐらいしかないと思ってたら、
H26特別展ポスター.jpg
全国で開催されてるようだ。
私が水戸天狗党に興味を持ったのは別冊MCから、
バイクレストア老舗雑誌も来年休刊するそうだ、残り3号。

51Rv5uXuOlL__SL200_.jpg
今年の直木賞は水戸天狗党事件を題材にした『恋歌』。
読んでみたが文学作品なので・・・・
ルートはほぼ走った、これからさらに細かく走りたい。
下は以前のブログ貼り付け。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回のツーリングは鵜沼(各務原)~太田~御嵩~大井(恵那)~中津川
~馬籠~駒場~伊那までの天狗党の足跡を訪ねて。
旧中山道なので、徒歩か自転車なら道しるべを頼りに進めるが
バイクだとスピードが速すぎる。低速で走ってるのだが、クラッチがだんだん
辛くなって、清内路峠付近で腱鞘炎になった・・
スクーターでないと低速走行は難しい。

2013_05042013伊那0025.JPG
標識はこれで大きいほう。バイクだと見逃して迷子になる、しょっちゅう迷子。
旧中山道はこれくらいの道幅、ハーレーでは無理。CB125ならベストだが
一日中クラッチワークは疲れる。

2013_05042013伊那0019.JPG
御嵩手前の伏見宿は通過しただけ。
恵那までは記念碑と街道だけで昔の町並みは残ってない(当然)

2013_05042013伊那0020.JPG
御嵩には博物館がある。

2013_05042013伊那0027.JPG
大井(恵那)から妻籠までの旧中山道は良く保存されてる。
2013_05042013伊那0045.JPG
伊那の水戸天狗党の石碑。
交番で牛牧の地名を尋ねた、丁寧に教えていただいて地図までいただいた。
水戸天狗党の石碑は知らないが、この場所は旧道らしい。

牛牧のファマーズマーケットで石碑を聞いても誰も知らない。
一人、若い女性が「水戸の石碑ならあったような・・・」
聞いて出かけた場所に石碑。 水戸浪士になってる、
天狗党と聞いても知らないはずだ。
石碑の裏には水戸から贈られた梅の木が、岐阜県・薄墨桜にもあった。

行ってみて驚いたのは当時は脇街道だったのが、今は広域農道15号線。
何回か走ってる、中央高速と平行に走ってる観光ルート。
まさかここに石碑があるとは。地元の人もほとんど知らないので・・・

この手前に駒場があるが連休なのでIC付近は大渋滞、なので避けた。

2013_05042013伊那0043.JPG
清内路峠は、これが清内路峠なの? 何回か走ってる。
観光コースで道が良いので流れは70km以上、快適なツーリングコース。
ここはぶっ飛ばして越えただけ。
ここの旧道探索だけでもバイクで半日かかると思う。
これから数回に別けて訪問予定。
水戸天狗党の奇兵隊。







Last updated  2014年12月22日 06時23分55秒
コメント(0) | コメントを書く


2014年12月20日
カテゴリ:CB125JX

ホンダCB125JXはほとんど乗ってない。
近場の往復ぐらいで長距離は無し。
い~バイクなのですが時間がない、空いた時間に
チョット走るには良いバイク。
バッテリーが逝かれたので非常用電源のMFバッテリーを
つけた。タダでもらってきた物。
5vだが非常によろしい、ヘッドライトが若干暗いかも。
単三乾電池3本のLED懐中電灯を補助に取り付けると
ヘッドライトより明るい、これからのバイクは単三電池。
糸魚川でガス欠を経験してる、今回はパンクだが
いまだJAFに電話した事なし、
ツーリングはサバイバル。
下は今年のミニツーリングのブログ貼り付け。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

華のゴールデンウイークは一瞬で終わってしまった。
毎日出かけはしたが・・・何も無し。
いろんな計画は結局、予想道り覆り、平凡でした。
近場までCB125JXでツーリングというよりも・・・ぶらぶら。

某所でパンク、タンクバックにタイヤパウンド一式入ってるが、
近場なのでガレージにおいてきた。
いろいろ考えたが、サバイバルの方法が思い浮かばない。
スタンドまで押し行き、修理するにもスタンドの店員さんは
パンク修理の経験がないそうだ。 今時、スタンドでパンク修理しません。

工具を借りて後輪を外してみたら、チューブに亀裂があった。
タイヤは交換してるが、チューブは古い。 たぶん30年以上前・・
釘穴ぐらいなら簡単に治るが・・・チューブ交換しかない。
修理はあきらめ、近くのS800オーナーYさんガレージに預けて
数日後回収に行ってきた。

IMG_20140506_103746.jpg
回収されたCB125JX、たかがパンクぐらいで情けない・・・
場所は朝倉遺跡。

IMG_20140506_103912.jpg
これが朝倉遺跡の全景です。
駐車場は朝から満車、凄いお客さんです。
ソフトバンクCMのおかげかも、それまでは県内でも知らない人がいた。

なにもないのでは?  これが朝倉遺跡です。
奇跡の場所。何も無いのに、
金閣寺・宮島・姫路城と同格の国指定三重遺跡。
俗化されてない遺跡なのでオーラが違う・・・

IMG_20140504_131817.jpg
パンクしてYさん宅にバイクを預けてから、
バスで鯖江、福武線で田原町、えち鉄で自宅まで。
ゴールデンウイークはバスと電車の小旅行になった。
写真は、鯖江の西山公園。つつじ満開。
正面が西山公園、公園も見学してきた。
最近、道の駅ができた。
エレベーターも付いて足腰の弱い人にも優しい公園になった。
この道の駅、大きくは無いですが、北陸ドライブ旅行のついでには
非常によろしい・・

河和田漆器祭りをやっていた。Yさんショップで塗り物お盆購入。

DSCF5225.JPG
木地の木目がきれい。
毎日使ってます。さすが河和田塗り
「得助さん」とは当地の有名なあられ。
一袋250円、運が良いと買えます、これはほんとにお得で美味しい。
我が家の常備品。
鯖江・道の駅でも売ってた。







Last updated  2014年12月20日 06時16分36秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年10月25日
カテゴリ:CB125JX

今年の直木賞は『恋歌』、絶対に読まないタイトルだが
水戸天狗党の小説らしい。

51Rv5uXuOlL__SL200_.jpg

まだ読んでないが、
たぶん150周年を意識してかも?

DSCF1168.JPG
茨城から出発して、

DSCF1167.JPG
福井県の新保宿で降伏した。

このルートをツーリングかドライブしようとすると、
下仁田から福井までは快適なルートになる。
特に温見峠から龍双が滝がハイライト。

  以前のブログを貼り付け。
水戸天狗党西へ。 このルートをバイクで走るとなると福井県内は
ほとんど山道になり、県外からのライダーには道探しが難しい。
林道が複雑に入り組んでるので、迷子になりやすい。
前回のブログで木の芽峠のルートを紹介した。

木の芽峠と宝慶寺峠は比較的簡単。
DSCF1197.JPG
宝慶寺  永平寺の第二道場、格式のあるお寺。
ここから龍双ヶ滝までは舗装された1車線の山道、お昼なら簡単なルート。
(対向車があると厳しいがバイクならOK)

DSCF1189.JPG
龍双ヶ滝。 水戸天狗党は真冬に宝慶寺峠を越へ、この滝壺まで降りてきた。
水戸天狗党を映画にすると一番叙情的なシーンになりそうだ。

県内ルートは宝慶寺峠と木の芽峠を組み合わせるしかないのでは?
それ以外のルートはバイクでは無理みたいだ。
雪橇に大砲を載せ、1千名の大部隊が豪雪の中を
進軍してる。この2箇所を走るだけでも当時の苦労がしのばれる。

次回は、天狗党最大の難所だった「蝿帽子峠」。
オンロードバイクでの走行はお勧めしません。
CB125JXでも4時間かかるし、国道157号線なのに林道以下。







Last updated  2014年10月25日 08時11分33秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年10月24日
カテゴリ:CB125JX

T360のキャブは手付かずで作業中止中、
ネタがないので以前の水戸天狗党の焼き直し・・

福井県池田町の『水戸天狗党通行にかかる諸記録』
奇兵隊の名称が数箇所出てくる。
池田町の宿帳には「奇兵隊何名、宿賃幾ら」と載ってる。

写真左の『天狗党追録』の部隊編成表に奇兵隊の名前だけ載ってる。
奇兵隊は高杉晋作が作った革命的民兵、日本陸軍(自衛隊)の元祖。
天狗党にも奇兵隊が有ったのにビックリ。

2013_0310ラコンダ天狗0015.JPG
天狗党の奇兵隊に興味があるが、webで「天狗党の奇兵隊」を検索しても
何も無い。

表紙になってる建物は最後の宿営地、新保宿。

DSCF1163.JPG
これが新保宿。CB125JXはここから長野県まで走った。
そこから先はT360と普通車で行った、 (下仁田には記念館がある)
下仁田から先は天狗党の記念碑はほとんどない?栃木では今でも
天狗党の記念物を建てるのに気兼ねがあるそうだ。
関東では嫌われてる。

DSCF1165.JPG
新保宿の陣屋は当時のまま保存されてる。
天狗党の不人気は最後は降伏したから。

ここから先の藩は長州と仲が良い、もうチョット頑張れば
維新で活躍できたのに・・これが普通の考えだが、
地元民とすれば、これは大間違い、
福井の大雪を知らない。
あの雪の中では気が萎える、
厳冬期にココまで来ただけでも凄いことだ。

2011_1121AHSM20110087.JPG
新保宿手前の板取宿、ここは通過しただけ。
この付近は大雪になる、
当時は今より寒く、たぶん2m以上の積雪だったのでは。







Last updated  2014年10月24日 06時25分41秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年10月23日
カテゴリ:CB125JX

水戸天狗党の挙兵から150年だそうだ。
別冊MCに水戸~福井スーパーカブで走行、
なんと24時間で走るとの記事を見てから
水戸天狗党がきになった。
今年で150周年なので福井ではイベントが開催されてる。
地元の水戸では無いだろうと思い、
検索すると各地でいろんなイベントが開催されてる。

H26特別展ポスター.jpg
リンクはこちらに。

5e00f56f14c11dd67608e72c074d55c2c0817834_51_2_2_2.jpg
水戸天狗党のルートはほとんど走った。
長野県まではCB125JX、その先はT360と普通車で。
ほぼ1000kmある。
水戸天狗党ツーリングのブログはこちらに。

幕末維新は水戸天狗党から始まる。
もし幕府が水戸天狗党を温情ある処置をしてれば、高杉晋作の
挙兵はなかった。
天狗党約800人が降伏したとき、槍・鉄砲などは人数分あるのに
日本刀は12本、つまりサムライは極めて少ない。

百姓町人主体なので、同じ体質の奇兵隊も降伏すれば
殺されると思うのは当然。
奇兵隊は打って出る。







Last updated  2014年10月23日 06時30分20秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年05月08日
カテゴリ:CB125JX

華のゴールデンウイークは一瞬で終わってしまった。
毎日出かけはしたが・・・何も無し。
いろんな計画は結局、予想道り覆り、平凡でした。
近場までCB125JXでツーリングというよりも・・・ぶらぶら。

某所でパンク、タンクバックにタイヤパウンド一式入ってるが、
近場なのでガレージにおいてきた。
いろいろ考えたが、サバイバルの方法が思い浮かばない。
スタンドまで押し行き、修理するにもスタンドの店員さんは
パンク修理の経験がないそうだ。 今時、スタンドでパンク修理しません。

工具を借りて後輪を外してみたら、チューブに亀裂があった。
タイヤは交換してるが、チューブは古い。 たぶん30年以上前・・
釘穴ぐらいなら簡単に治るが・・・チューブ交換しかない。
修理はあきらめ、近くのS800オーナーYさんガレージに預けて
数日後回収に行ってきた。

IMG_20140506_103746.jpg
回収されたCB125JX、たかがパンクぐらいで情けない・・・
場所は朝倉遺跡。

IMG_20140506_103912.jpg
これが朝倉遺跡の全景です。
駐車場は朝から満車、凄いお客さんです。
ソフトバンクCMのおかげかも、それまでは県内でも知らない人がいた。

なにもないのでは?  これが朝倉遺跡です。
奇跡の場所。何も無いのに、
金閣寺・宮島・姫路城と同格の国指定三重遺跡。
俗化されてない遺跡なのでオーラが違う・・・

IMG_20140504_131817.jpg
パンクしてYさん宅にバイクを預けてから、
バスで鯖江、福武線で田原町、えち鉄で自宅まで。
ゴールデンウイークはバスと電車の小旅行になった。
写真は、鯖江の西山公園。つつじ満開。
正面が西山公園、公園も見学してきた。
最近、道の駅ができた。
エレベーターも付いて足腰の弱い人にも優しい公園になった。
この道の駅、大きくは無いですが、北陸ドライブ旅行のついでには
非常によろしい・・

河和田漆器祭りをやっていた。Yさんショップで塗り物お盆購入。

DSCF5225.JPG
木地の木目がきれい。
毎日使ってます。さすが河和田塗り
「得助さん」とは当地の有名なあられ。
一袋250円、運が良いと買えます、これはほんとにお得で美味しい。
我が家の常備品。
鯖江・道の駅でも売ってた。







Last updated  2014年05月08日 06時29分17秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年03月12日
カテゴリ:CB125JX

CB125JXのエンジンをかけてみた。
今年初、しかも気温が低いのでなかなかかからない。
そこで思いついたのは、ブレーキクリーナーをエアフイルター付近に少し噴霧。
1発で始動、あんちょく。

古い大型重機では始動専用のスプレーがある、通称「きつけ薬」揮発性の高いガスなので
ブレーキクリーナーとほとんど同じ?
発動機運転会では必需品、バイク乗りならこんなものは使わない。
でも、使ってみると便利、何度もキックするより一度でも回ってしまえば後は楽。

2013_05042013伊那0050.JPG
125JXは良く走る。

2013_05042013伊那0047.JPG
バイクは将来的なボケ防止に良いのでは。
バランス、先を読む目、緊張感と開放感、どれもボケ対策になりそうだ。
特に、パワーの少ない小排気量が良いかと、大型は乗せられてるだけ。
あれは若向き、小型なら取り回しがらくちん。
今年も何度かツーリングに行く予定。







Last updated  2014年03月12日 06時28分28秒
コメント(2) | コメントを書く
2014年01月30日
カテゴリ:CB125JX

書店で発売中のバイク雑誌を見ると、冬なのでツーリング記事が
少なく、代わりに高齢者のバイク愛好家の記事が多い。
80、90歳でもバイクに乗ってる人がいるのには驚く!

TV番組で90歳の人がハーレーサイドカーでデイサービスに出かけてる。
サイドカーなので転倒しないが、出し入れは大変そうだ。
バックギィアは当然ついてると思う。
NHKのアルツハイマー予防番組で運動と計算を同時にすると効果があるそうだ。
バイクならさらに効果があるのでは?
運動になるし、絶えず計算している。
CB125JXだと5段変速、小排気量なのでトップでの巡航は少なく、
変速が多い、アクセルも馬力がないので大きく開けてもドンとは出ない、
慎重に計算されたアクセルワークが必要になる。

特に、125cc以下はボケ防止になるような気がする・・?

2013_05042013伊那0045.JPG
CB125JX、小回りが利き良く走る。
発売中の、あるバイク雑誌ツーリング記事で下仁田が載ってた。
DSCF2292.JPG
下仁田の中心部。銀座の柳の二世だそうだ。
下仁田は小さい街、ほぼ徒歩で一回りできる。
雑誌を見るといってない場所もあった。ギザギザ山、のこぎり山が多く
景色の良いロケーション、また行きたくなった・・・







Last updated  2014年01月30日 06時01分31秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年01月19日
カテゴリ:CB125JX

kingdom-cafeさんHPを見てたら面白いリンク先が・・
「125ccがイイ理由」のマンガ。
ヤマハの125ccバイクの宣伝、この漫画は・・・たぶん「デザインあ」に
出てくる漫画では?

いかに125ccバイク・スクーターは良いのか解説している。
これからは125ccが楽しい・・・

50ccでは遠距離に辛い、250ccだと万能ではあるが、
400以上と大差ないので中型・大型でもかまわないのでは。
高速に乗れて、車検がいらないのは250ccなので便利ではあるが
なぜか・・・・・

DSCF1208.JPG
岐阜県で一番有名な銘木「薄墨桜」、この桜を見るのに福井県から入るには
オフロード車かオンロードだと125ccまで、これ以上は危険、死にます。と
看板に書いてある。
この桜の横を水戸天狗党一行も通った。

2013_05042013伊那0050.JPG
CB125JXは良く走り、故障皆無、ガソリン・税金安い。
軽くて取り回しは楽なのだが、車格は原付並み、原付にしか見えない。
ここが弱点と言うか躊躇するところ、その分は気構えでカバー。
最近の125ccだと、ホンダPCXが街を走ってるのを見るとリッパに見える。
あれは良いバイクだ。
(バイクは安全上・押し出し感・も必要)

cb125.JPG
T360三方開荷台ならCB125JX、3台積める。(実証済み)







Last updated  2014年01月19日 06時54分01秒
コメント(2) | コメントを書く
2014年01月16日
カテゴリ:CB125JX

昨年は所用でCB125JXの乗る機会が少なかった。
水戸天狗党を訪ねてのツーリングは2回、次回は諏訪から。
2013_05042013伊那0047.JPG
CB125JXは良く走る、これ1台で日本一周は楽勝。
2013_05042013伊那0035.JPG
水戸天狗党一行が大歓迎を受けた唯一の場所が、甚平坂。
このルートは当時のまま残されてる。
リンク先の写真にもあるがルートが一部階段になってる(迂回路あり)

125ccはピンクナンバー、最近はピンクナンバーを良く見る。
走って楽しいのがこのクラスのバイク、維持費も安い。

2013_05042013伊那0025.JPG
中山道を旧道で行くと道幅はこれくらい、125ccが一番良い。
今年は、諏訪から下仁田までの予定。
その先は都会になってるのでルート不明、点で行くしかない。

DSCF2285.JPG
昨年、モテギに行くのに下道を走った、下仁田駅前。
ここから福井県までは楽しいツーリングルートになる。







Last updated  2014年01月16日 07時17分33秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全19件 (19件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.