6862954 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ホンダT360公道復帰

PR

全130件 (130件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >

他のT360情報

2020年08月03日
XML
カテゴリ:他のT360情報

楽天ブログに動画はほとんどUPしないが
ライブスチームなので載せた。
(操作が分からなかった)
YouTube見終わったら次の動画はT360に・・?
昨年の水晶の湯のタナボタクボタさんの動画。
タナボタクボタさんがUPした時に見て以来、
なにが驚いたと言っても
再生回数は6万回以上、たった半年で
凄い視聴率だ。






Last updated  2020年08月03日 06時09分04秒
コメント(0) | コメントを書く


2020年04月27日
カテゴリ:他のT360情報
三樹書房のweb版Mベースに
ホンダT&S登場。
写真収録多し、
リンクはこちらに、車の百科事典。

トップページのイラストはT360設計者
中村良夫、デザインを含めた総括設計者
は、もちろん本田宗一郎。
中村良夫は毎年鈴鹿サーキットで開催される
AHSMのゲストとしてこられたことがある
残念ながら私はT360入手前なので
お会いできなかった。


早朝の鈴鹿サーキット研修棟。

福井から鈴鹿までは国道365号栃峠越えて。
ここは旧道、わざわざ旧道を走る。
信長も秀吉も光秀も駆け抜けた関所跡。

スタート前の鈴鹿サーキットピット、
出撃準備完了。

走行会終了後の集合写真。






Last updated  2020年04月27日 06時44分36秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年07月18日
カテゴリ:他のT360情報
​YouTubeでホンダT360検索すると
動画多い。
瓦屋さんの史上最速T360.
https://youtu.be/Bl9IMBbpQN0

アメリカのT500スノーラ、
T500スノーラ、

https://youtu.be/d7FJiTZwPT0
瓦屋号オンボードカメラ、
AHSMは2時間フルコースを自由に
走れる。

アンマッチさん2018 T360のAHSM動画。
アイボリーのT360は速い。

鈴鹿のピットでスタンバイ






Last updated  2019年07月18日 14時24分55秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年07月03日
カテゴリ:他のT360情報

webを見てたら
昨年、横浜で自動車技術展が有ったそうだ、

リンクはこちらに、自動車技術展の
トップはホンダT360に。


高速道だけで最長はツインリンク茂木往復、
東京オリンピックより古いのに
T360は現在も良く走る。

T360はクラシックカーでなく現行車。

座席の下にDOHC360ccエンジン、
前後輪重量配分は49:51、
完全ミッドシップマウント、
もちろん設計時は50:50だったが
完成した車体を実測したら、1%ズレてた?

これはオプションのスノーラ、
これを履けば無敵、バックだと
45度の傾斜を登る。
なんでバック?
前からだと空しか見えないので怖い。

私の場合、壊れないとこは触らないので
エンジンは開けた事も降ろしたことも無い、
それでも走る。

先月の22日にセルモーター外した、
その時のブラシ交換。
いまだエンジン本体異常なし。







Last updated  2018年07月03日 09時41分23秒
コメント(2) | コメントを書く
2018年04月02日
カテゴリ:他のT360情報

ホンダT360のナンバーは小型白色、

このナンバーは質問が多い。
「ナンバーが古いので昔から乗ってるのですか?」

昔は16歳からとれる軽四免許があった、
普通免許に切り替えた人が多いが
まだ軽四免許だけの人もおられる。

軽四免許は360cc以下しか乗れない
排気量が上がった時、黄色ナンバーになった。
黄色ナンバーは普通免許取得者しか乗れない。

新規(再)に360cc以下の車を登録すると
小型白色ナンバーが発行される。
白色と黄色の違いは排気量。


陸運局で小型白ナンバーは出る、が
希望ナンバーとなると大変な手間がかかる。
T360の型式はAK250なので
250のナンバー。滅多に登録が無いナンバーで
希望番号まで待つと数年から数十年かかる、
これは根性の世界。

近い将来、軽四輪免許取得者はゼロになる、
日本に1枚でも軽免許が生きてれば、
小型白ナンバーは残る。

高齢者マークの360ccを見つけたら
まず、軽四免許オーナー、
煽らないように、神様です。

黄色ナンバーの360ccも稀にある、
これは黄色ナンバーが発行された時
陸運局のミス、指示が徹底してなかった。







Last updated  2018年04月02日 06時00分10秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年07月06日
カテゴリ:他のT360情報

週末は野々市の市までT360でドライブ。
今年、T360で県外に出るのは2度目、
県内はよく走ってる。

野々市までは8号線とバイパス、流れの早い道路なので
快適に走れ、1時間とかからない。

T360は速いのか?
たぶん360ccクラスでは最強だと思う、
最高で120km、100km巡行も可能な
旧軽四輪は無いと思う。

PIC_0044.JPG
日本のチロル、下栗の里もなんなく登坂可能。
IMG_20160412_071525.jpg
T360でプラグは消耗品、電極が融けてなくなる。
一番良い方法は7番で始動させ、温まれば9番使用。
ただし、めんどくさい。

2012_0610ツインリンク0065.JPG
ツインリンク茂木、
福井から片道500kmの高速道、90km巡行、
これ以上回すのは長距離の場合不安。
この時代の軽四輪でこれだけ走る車は無い。
往復故障皆無(サーキット走行除く)。

日本初のツインカムエンジン搭載車。S360のエンジンを
ディチューンして搭載してるので、吸気系の改良でさらにUP。
DSCF1296.JPG
最速のT360は瓦屋号、これは速い、それに腕が良い。
スポーツカーに比べると重心が高いのでサーキット走行は難しい。

鈴鹿サーキットの車載動画がUPされてるのでご見聞、
これがT360の走り、だが、

普通のドライバーでこれだけの走りはできない、
まず横転する。







Last updated  2017年07月06日 05時53分23秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年02月17日
カテゴリ:他のT360情報

このT360ブログ内ランキング1位は
アクティクローラ、ダントツの1位。

ホンダアクティだと数が多すぎて不明。
アクティクローラだと5番目に載ってたので
ここから来てるのだと思う。

クローラのヒット件数は多い、
アクティスノーラだとアクティスになり
数は多いが車関係はそ~とう後ろになるのでは。

アクティクローラとはハーフトラック。

検索すると写真点数は12800枚と凄い数。

今年のお台場NYMで初めてM3ハーフトラックを見た。
IMG_20170129_105257.jpg
ハーフトラックとはトラック後輪をゴム製キャタピラにしたもの。
ドイツ軍のハーフトラックは戦車に近いシステム。

IMG_20170129_104912.jpg
実物は一度も見た事なかった、最近、輸入されたのかと思ったら、
自衛隊の払下げだそうだ。素晴らしい!

IMG_20170129_104947.jpg
IMG_20170129_105025.jpg
こんなデカい車体で運転席はT360より狭い。
どこかのイベントに参加するようだったら教えて下さい、
見学に行きます。
たぶん規模の大きなサバゲ―に出るのでは?







Last updated  2017年02月17日 06時24分56秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年01月24日
カテゴリ:他のT360情報

ネタもないので10年前のブログを下記にコピペ。
T360/500は輸出もされてるので
何台か残っている、
オーストラリアは右ハンドルなのでかなり残ってる。
ヨーロッパにもかなり残ってるみたいだ。
日本でT360にも脚光?が当たったせいで?
世界中でレストアが進んでる、数は少ない。

ベルギーにはホンダ初の海外工場があったので
T500もかなり販売されてる。
ドイツにも何台かあるそうだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ヨーロッパのAKはイギリスとベルギーに生存が確認されている。
新たにオランダでT500が1台確認された。

この話は・・・オランダのSマニアさんがT500を入手、
ツインカムクラブ会長 谷村さんに連絡があった。
そこからT500のKさんに連絡があり、
下の写真はKさんから送られたもの。

これからレストアしていくそうだ。コレクションホールでもT500の
レストアが始まったので、タイミングが良い。
私が確認している動態T500は滋賀県、郡山で1台ずつの2台。
コレクションホールのT500も間違いなく動態保存になる。
合わせてもこれだけしかない。

オランダ6.JPG
発見されたオランダのT500。
T500は英語カタログもあったので輸出されたが、
台数的には少ないと思う。 (輸出台数は不明)

オランダ5.JPG
湿式オイルバスフィルターの初期型ショートデッキ。
状態はかなり良いので十分レストア可能、
オーナーさんは何台もSを持っているので
技術的にも部品問題もクリアー出来るはずだ。

オランダ10.JPG
Kさんの話では、
後部ウインカーはバンパーと一体になっている最初期型。
AKの後部にバンパーが有ったとは初めて知った。
バンパーはナンバープレートも一体になっている。

Kさんはこのタイプが欲しかったそうだが、売り切れで現在のT500を
購入したそうだ。
今まで現存は確認されてないので、最も古いT500になる。
国内に残ってないのが残念だ。

オランダで最初期型、コレクションホールで最後のT500が
期せずして東西でレストアが始まる。 
 (コレクションホールのT500後期型BKは後日)

この2台が完成すると、世界のT500は一気に倍増する。
それでも合計4台だけ。
 (実際はまだまだ在るはず)

イギリス2.JPG 
イギリスで確認されたT360、
(バンパーのナンバー部分でT360と分かる)
旧車の世界的祭典グッドウッド・スピードフェスティバルに
参加した唯一の日本車だそうだ。







Last updated  2017年01月24日 06時55分17秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年01月23日
カテゴリ:他のT360情報

東京オートサロンにT880が出品されてるそうだ。
S0170622-T8802.jpg
合成写真だがwebに写真多数あり、
他の写真をみるとカッコいい。
ホンダからの出品になってるT880.

T360とは似ても似つかないがアクティ改造、
出れば面白いがメーカーでは出辛い。

軽トラは農業専門車、
デザイン次第では新たな分野もあるのでは。
軽トラは2台目の車としては非常に便利、
荷物も人も運べる、基本的に車は1~2名乗車になる、
軽い車体は燃費も良い、値段も安くなる。
これからは軽トラの時代が来るかも?







Last updated  2017年01月23日 06時07分44秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年12月15日
カテゴリ:他のT360情報

オークションサイトに稀にT360が
出品される。
今回出てたT360は初期型の4名乗車、

4名定員は名古屋に1台だけある。
軽トラなので通常は2名乗車だが
新車登録の時に荷台にオプションの補助席を
付ければ4名登録できた。
新車登録時だけなので、今から変更はできない、
なので極めて貴重なAK。


DSCF0102.JPG
名古屋にあるレストア済みの4名乗車T360。

合法的に荷台に2名乗れる、
お天気の良い日は一番気持ちの良い場所になる。
一度、荷台に乗ってドライブしてみたい。

0004498M.jpg
これだけ状態の良い個体がまだ眠っていたとは、
日本全国探せばまだまだありそうだ。
荷台のヘッドレストは初めて見た、
オプションではなかったので、後付けか。

公道復帰は案外早そうだ、期待してます。
鈴鹿AHSM最初のパレードランに
荷台に乗ってサーキット1周するのも面白そうだ。







Last updated  2016年12月15日 06時08分45秒
コメント(4) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全130件 (130件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.