spiritual studio ~sore~

サイド自由欄

sore ( ソア )

福井市在住 1972年10月14日生まれタロットとの出会いは29歳の頃、鑑定をしもらった無名の占い師との出会いを境に修行をはじめる。活動は2008年まではイベントやボランティアで動いていたが、2009年に正式にプロデビューを果たす。自宅サロンにて平日は鑑定をしており、日曜日は各地の展示会出店・ボランティア活動をしている。占い師名鑑にも登録、メンタルケア心理士資格取得等、豊富な経験による鑑定をすすめている。
2013.03.09
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
世の中には悪徳商法が多いといえども、逆に、占い・霊感のお店を騙そうとする人が存在することも事実です。後払いのお店をターゲットにして、色々なところで鑑定を受けまくり、意図的に鑑定料を踏み倒そうとする人達です。その中には、現役の占いの先生がいるなんてことも事実です。また、結果が気に入らないから、払わないなんて考えを持っている人は話しになりません。

普通、警察は民事不介入ですが、意図的に最初から払う意志がなく鑑定を受け、結果的に支払いが行われなかった場合、刑事罰、詐欺罪が適用されます。それは、鑑定料金が発生しているのが明らかな場合(通信履歴、メール履歴等の証拠が確定)、請求をおこしても何の返答もなされなかった場合、それだけでも、明らかに詐欺行為になります。対面鑑定で、その場で支払いをせずにお店から逃げる場合も同じです。鑑定と言う目に見えないとは言え、そこにサービスが存在する以上は、支払い意志を持たない場合、意図的に詐取する目的と結論づけられます。

民事請求する手間と費用を考えると刑事にした方が、そういう悪質な人には効果的かも分かりません。勿論、被害届は無料ですからね。それも自分の近くの警察に行けば問題ないのですから。金額の大小に関らず、最終的には刑事罰が成立しますので、お店を経営する側も、これを利用する側も知っておくべきです。告訴されてから知らなかったでは通用しません。詐欺は詐欺。はじめから払わないのに払う振りをして、契約(鑑定も契約です)をしたりすると、「人を欺いて」「財産上不当な利益」を得た(刑法246条1項・2項)ことになり、詐欺罪が成立します。無賃宿泊、無賃乗車、無銭飲食なども同じ詐欺罪です。告訴した側が取り下げない限り、警察から色々と調べられたりすることもあります。結局、弁護士やなんなかんやで、鑑定料以上のお金を払うはめになります。100%負けるのですから。

ところで、払う意志がなく、鑑定を受けた場合は、明らかに詐欺ですが、払えない場合はどうかと言うと同じです。お店側が営業をしてお客さんを集めた場合は対象外になりますが、ネット上での宣伝(Webページ等)は、それを利用した側に意志と責任があります。ネット販売もそうですが、購入ボタンを押した時点で商取引が成立し、かつ、クーリングオフの法律適用外です。だから、利用する側もこれらのことを知った上で活用すべきです。鑑定の申し込みは本人の意志です。だから、払えない場合も、それを知って行ったことになり、詐欺罪が成立します。

また、これも実際の話しですが、他人の個人情報を元に鑑定を受けて、未払いを重ねて、逮捕された方もいます。悪いことはできないものですね。他人の個人情報を使わずとも、罰金で済めばまだましですが、未払いで逮捕されている人も意外と多いんです。

自分が利用したものの代金を支払うのは当たり前のことです。こう言う悪質な行為を行う人達に対しては、店側も断固とした態度を示すことが、結果的にはその人のためになるのではないのかと思います。






最終更新日  2013.03.09 21:22:46


PR


© Rakuten Group, Inc.