1882877 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

あなたのクルマの実力はそんなもんじゃないよ

PR

Free Space

Recent Posts

Category

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Archives

Favorite Blog

やりすぎ都市伝説 20… New! ベル8056さん

連続テレビ小説『エ… New! レベル999さん

マンサクにまで 塩… New! 松下一郎さん

マシンと読書! 花… New! だいちゃん0204さん

【新色】英国 Whiteh… こだわる男の「モノ&ファッション」さん

Rakuten Card

2007.08.27
XML
カテゴリ:レーシング魂
深夜は都会を走るドライバー 朝は寝床でGooGooGoo
昼間は・・・??

こんにちは ブライトです。


「今日からできる!ガソリン代を簡単に節約できるマニュアル」


2007年F1シーズンも今回のトルコGPを含めて6戦。

早いものです。



今年のF1は話題沸騰。

ライバル心むき出しのレースが多く、見る側にとってはとても面白い。

F1は「心理戦」。
そんな言葉も浮かびます。

前戦のハンガリーGPから2週間。
マクラーレンを襲ったアロンソとハミルトンの確執。
そして、フェラーリとの間のスパイ疑惑。

ロンさんもゆっくりできなかったのではないでしょうか?



スパイ疑惑の件は置いておいて、ドライバーに序列をつけずに競わせるという
マクラーレンとロンさんの姿勢はレースを見る者を惹きつける。

チーム・メイト同士でも「速さ」を持っていれば、アイツよりも速く、
ゴール・チェッカーを走り抜けたい。
そう思うのはレーシング・ドライバーの本能なのだろうね。

セナとプロストがそうだった。

そして、プロストが引退し、セナが残ったとき、二人はこう言っていた。
プロスト:「セナがいたから速く走れた」
セナ:「アラン、君がいなくて寂しいよ」

セナが最後の年、心に染み入る言葉だった。

感傷に浸っているときじゃないです(笑)

二人の速いドライバーを擁したマクラーレンとロンさん。
あの頃と変わらない一貫した姿勢は素晴らしい。

我慢強いというか相当なプレッシャーと戦っているのだろうね。
いろいろなタイプのチーム監督はいるけれど、ロンさんの戦う姿勢は学ぶところがあります。



○--オススメギア ----------------------○
わたしの車には燃費計はついていない、という方にオススメです。
楽天 隠れたベストセラー
後付の燃費計


【送料・代引き料無料】
ホンダのディーラーも販売!
レーサーも認める驚きのアイテム!

○-------------------------------------○

トルコGPの決勝はスタートダッシュを決めたフェラーリがマクラーレンを抑えた。

マッサが2年連続の優勝、2位はライコネン。 完走は21台

アロンソもハミルトンの右フロントタイヤの上の層が大きくはがれてしまうというアクシデントのなか、
3位をキープして意地をみせた。

ハミルトンも表彰台こそ逃したが、6位コバライネンの激しいプッシュをしのぎきって5位のポジションを守り抜いた。

トルコGPの結果で、ますます4強、マクラーレン・アロンソとハミルトン、フェラーリのマッサとライコネンの
せめぎあいはヒートアップすることになった。

9月9日(日)はフェラーリの聖地、イタリア。

4強の熱い夏はまだまだ終わらない。











ランキングに参加しています。
応援お願いします
 ↓ ↓ ↓
ホームページランキングネット  

人気blogランキング



車・バイクランキング



クルマでエコ あなたのクルマの実力はそんなもんじゃないよ






Last updated  2007.08.27 05:12:08



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.