909306 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ecococo design life

PR

サイド自由欄

BLOGランキングに参加しています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ


にほんブログ村 インテリアブログへ


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

まだ登録されていません

ニューストピックス

2020.11.27
XML
カテゴリ:映画


コロナ禍の中、
世の中は、どこも必死になって、
頑張っています。

映画業界も一緒です。
『鬼滅の刃』の空前のヒットは、
特別です。
実際には、そのヒットまでの間は、
自粛ムードが漂い、
映画館に足を運ぶことが憚れていたわけです。

ただ、感染予防の徹底、
充実した換気システムや従業員方々のご苦労もあり、
やっと盛り返してきた感がありました。

公開が延期されていた、
『STAND BY ME ドラえもん2』。

やっと封切られました。

あまり詳しくは書けませんが、
家族の絆という芯が、そこにありました。
これくらいは、想像しうるし、
お伝えしても良いかもしれません。
ドラえもんを捉えた場合、
それは普遍的なテーマの一つと言っても良いかもしれませんね。

逆説的にはなるのですが、
コロナ禍で苦しむ今、
世界中が、絆や愛の大切さを自問しています。
そんな中求められるべき物語だと、
感じました。

主人公のび太くんの大人バージョンの声は、
妻夫木聡さんが担当されていました。
とっても合っていますね。
のび太らしい、すこし抜けている雰囲気がありながらも、
実は曲がらぬ一本軸があるところ。
不安定ながら、正義感が強くたくましいところもある。
妻夫木さんは、
あらゆるパーソナリティを上手く融合させ、
表現していると思いました。

また、
最後に流れる、
菅田将暉さんが歌う『虹』。
これが、とっても良いです。
一言目の歌詞から、泣けますね。

素敵な映画は、
未来に希望を抱かせてくれますね。

映画を普通に鑑賞できない世の中なんて、
受け入れられません。
はやく、
収束して欲しいと祈るばかりです。





BLOGランキングに参加しています。
お別れ際に、クリックして頂けると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ






最終更新日  2020.11.28 08:35:31
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.