1115270 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ecococo design life

PR

X

サイド自由欄

BLOGランキングに参加しています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ


にほんブログ村 インテリアブログへ


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

まだ登録されていません

ニューストピックス

2021.05.14
XML
テーマ:読書
カテゴリ:書籍


外国人と話していると、
年収や物価について指摘されることが、
実に多いです。

日本のそれらが、
あまりにも安すぎないかというのです。

また昨今海外に行った時、
物価の高さに驚くことがしばしばです。

遠い昔のイメージですが、
日本は、
世界一物価が高いと言われたこともあったかと。
金持ち日本。
それが、今では、、、、、、、。

そんな疑問を紐解く本を、
読みました。

中藤玲さんが記した、
『安いニッポン「価格」が示す停滞』です。
なかなか衝撃的な題名と内容でした。

この30年間、水準が変化しなかった日本は、
実に珍しい例です。
本当にこのままで良いのだろうか。
とても心配になります。

自分が何かを購入する時、
「安い」を嫌う人はいないと思います。
でも、裏返せば、
売り側の利益は少ない訳です。
人は、売り側でも買い側でもあります。
実に難しい問題です。

この停滞からどのようにしたら、
脱出できるのか。









BLOGランキングに参加しています。
お別れ際に、クリックして頂けると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ






最終更新日  2021.05.14 23:19:07
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.