618308 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ecococo design life

PR

サイド自由欄

BLOGランキングに参加しています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ


にほんブログ村 インテリアブログへ


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

28平米の1Kから。 TAMAKI-Mさん

ニューストピックス

2019.09.11
XML
カテゴリ:書籍



放送禁止用語とか、
放送コードと言われるものがあります。

公共の場では、
こんなこと、あんなことは、
言うべきでないという基準ですね。

昨今、
テレビにおけるそれが、
昔に比べ、
相当厳しくなってきている印象を受けます。

『最近テレビじゃ「本当に言いたいこと」が何も言えなくて
イライラしているんだ』

お笑い界の重鎮、ビートたけしさんは、
嘆きます。

そんなたけしさんが、
テレビでは言えないようなことを集めたという一冊を、
読みました。
「テレビじゃ言えない」ビートたけし著です。

下ネタだったり、ブラックジョークだったりが、
とにかく満載です。
普通に考えると、
今のテレビでは、
やはり放送しずらそうなネタがたっぷり詰まっています(笑)。

ただ、その裏に見える、
真面目で正統的な意見や、
人に対する優しさを見逃してはいけないと思います。

たけしさんがバカやっても、
人に愛される秘密や、
許される器なのは、
そこにあるのだと思います。

決して、
人を見捨てていないんですよね。




さて、
そんなたけしさんが、
この本の内容のような話題を、
思いっきり話せる場として、
ライブを選んでいます。

先日、
名古屋でも、
トークライブが開かれました。

これが、開口一番、お下劣なネタで、
始まりました。
2時間ずっと、
まるで子供のようにはしゃぎ続けるのは、
パワーのいることです。

多言厳禁だよ!と冗談まじりに、
観客に訴えます(笑)。

まるで、
秘密結社の儀式のような空間と時間が、
過ぎました。
ただし、その中心にあるのは、笑いです。

こんなおっさんがたまには、
居たっていいじゃないですか。
お客さんたちの、あたたかい歓声と、
笑い声を聞いていると、そう思うのでした。






BLOGランキングに参加しています。
お別れ際に、クリックして頂けると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村​​​​​​






最終更新日  2019.09.11 22:33:18
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.