903327 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ecococo design life

PR

サイド自由欄

BLOGランキングに参加しています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ


にほんブログ村 インテリアブログへ


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

まだ登録されていません

ニューストピックス

2020.10.26
XML
テーマ:読書(4338)
カテゴリ:書籍


日本でよく囁かれるのが、
お金について語るのは、
タブーだということです。

確かにあまり表立って、
それを語り合うことは、
少ないかもしれません。

アートの世界でも、
それは同じことですね。

そんなお金とアートの関係を紐解く、
面白い本に出合いました。

東京画廊代表の山本豊津さんと、
公認会計士の田中靖浩さんが、
それらについて対談するという形式の本です。
『教養としてのお金とアート』と題がついています。

どうしても今の日本のアート界は、
数人のスーパースターの存在を認めながらも、
世界のそれでは、出遅れていると言われています。

その理由を端的に要約した一文を、
見つけました。

「わが国の美術教育は、制作することに重心が置かれ、
 観ることの大切さを疎かにしています。
 観る教育を大切にしなければ一流のアーティストは育ちません。
                     (23頁より抜粋)」

そんな問題定義から始まり、
歴史やお金、会計、経済の話までが結びついていきます。

今、
アート、
最高(再考)!という思いですね。










BLOGランキングに参加しています。
お別れ際に、クリックして頂けると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






最終更新日  2020.11.07 23:25:02
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.