1029093 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ecococo design life

PR

X

全162件 (162件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 17 >

art

2019.05.16
XML
カテゴリ:art


上野にある国立西洋美術館。
今から60年前の1959年に設立されました。
日本の美術館の最高峰と言ってもよい存在ですね。

今まで、何度となく足を運びました。

貴重な収蔵品はもちろんですが、
企画展も大変充実していますね。

そんな美術館で、
ある有名な建築家の画家的一面と建築を紹介する展覧会を、
観ました。

建築家や画家の展覧会なら、
今までも何度もこの美術館でも国内外の美術館でも、
開催されています。

ここで特筆すべきは、
その建築家が、
今回の器である国立西洋美術館を設計していたことです。

自分が設計した空間に、
自分が描いた絵や設計した建築の模型などが、
並ぶということです。

そう、
その建築家とは、
ル・コルビュジェです。

『ル・コルビュジェ
 絵画から建築へーピュリスムの時代展』です。



チケットを見せると、
通されるのが、
19世紀ホールと言われる場所です。
コルビュジェが拘った、
美術館の見せ場です。

高い吹き抜けの空間、
十字の梁とガラスが特徴的な天井。
そこからは、柔らかな光が注ぎます。
コンクリートの支柱とジグザグなスロープが、
空間を引き締めます。

そこに、
彼が手掛けた建築の模型が並びます。

大変感慨深い展示ですね。








BLOGランキングに参加しています。
お別れ際に、クリックして頂けると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村​​​​​​






最終更新日  2019.12.08 17:01:37
コメント(0) | コメントを書く


2019.05.15
カテゴリ:art
​​

1982年に公開された映画「ブレードランナー」。
その映画の舞台は、
2019年のロサンゼルスという設定です。
東京をモチーフとして入れ込んだ、
独特の都市が描かれました。

この世界観は、圧倒的でした。
後のSF映画やデザイン業界において、
近未来を表現する時に必ず検討、
もしくは、
オマージュされる基準となりました。

その近未来をデザインしたのが、
インダストリアルデザイナーのシド・ミードでした。

彼の肩書きは、
別名ビジュアル・フューチャリストといいます。
未来を透視するかのごとく、
デザインや絵として表現する人を意味します。

まだ誰も見たことない未来を、
空想できる。
これは、何よりの才能です。
文字にしろ、
絵やデザインにしろ、
モノにしろ、考え方にしろ、
現在から未来を展望することで、
人類は進化してきたと言えます。

そういう意味で、
彼を尊敬しています。







彼がかつて描いていた絵の多くは、
時代もありますが、アナログですね。
つまり絵の具を使っていました。
絵の具もいろいろありますが、
ガッシュと呼ばれる不透明水彩絵の具を、
使用しています。

上は、彼が使ったというパレットだそうです。

というかただの厚紙ですね。
何かをスケッチした跡も見えます。

ガッシュでも乾くと耐水性になるアクリルを使っていたかもしれません。
速乾性の絵の具です。
普通のパレットですと、
乾いてしまうと絵具が固まり、洗うのが面倒なんですね。
今でこそ、
使い捨てのペーパーパレットなるものがありますが、
当時だと、
いらない紙などにパパっと絵の具を出して使用して可能性があります。

大変興味深い展示でした。







さて、シド・ミードの存在は、
ブレードランナーで日本中に知らしめたわけです。
そして、その知名度を決定付けた要因だと思っているのが、
日本の大人気アニメ『ガンダム』のデザインを手掛けたことではないでしょうか。

彼は、1999年に発表された『​​​​​​​∀ガンダム(ターンエー​)』​​​​​​​​で、
メカニックデザイナーとし参加しました。

数多くあるガンダムシリーズの中でも、
最も美しく、大好きなガンダムです。
ただ、その革新的過ぎたデザインは、
賛否両論がありました(今でも)。

上は、
そのガンダムなどのメカを創造する上での貴重なスケッチです。

ビジュアル・ヒューチャーリストの描く未来には、
実際の今は、まだ追いつけていなかったかもしれません。
改めて、先を空想したシド・ミードの偉大さを感じました。


BLOGランキングに参加しています。
お別れ際に、クリックして頂けると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村​​​​​​






最終更新日  2019.12.08 17:09:17
コメント(0) | コメントを書く
2019.05.14
カテゴリ:art


6月16日まで、
名古屋の松坂屋で開かれている、
「長靴下のピッピの世界展」を、
覗きました。

北欧ブームは、
もうブームとどまらず、
一つのスタイルとして確立されています。

「洗練された家具や食器、デザイン、家電、
 テキスタイルなどを生み出す北ヨーロッパの地域」
というイメージがまずあります。
一方、素朴で古き良き田舎のイメージも、
北欧にはありますね。

スウェーデンの画家カール・ラーションンの絵の世界などは、
まさにそれです。
そして、
「長靴下のピッピ」の世界観も、似ています。
アストリッド・リンドグレーンによる、
童話で、9歳の女の子ピッピちゃんが活躍します。

大自然の中、メルヘンチックな建物や馬、
素朴な家具など、、、、、が登場します。

今回の展示で驚くのは、
その原画の量です。

リンドグレーンズの作品の挿絵を担当した画家は、
何人かいます。
中でも、
ピッピのイメージを確立した、
最初期のパートナーと言えば、
イングリッド・ヴァン・ニイマンです。

彼女が遺した沢山の絵は、
人を元気にさせてくれますね。
絵なのに、主人公達の喜々とした声が、
聞こえてきそうです。


●会場内に飾られた模型。


●入口前に設置されたキッズ・プレイ・コーナー


BLOGランキングに参加しています。
お別れ際に、クリックして頂けると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






最終更新日  2019.06.23 10:19:46
コメント(0) | コメントを書く
2019.05.09
カテゴリ:art




京都で、
SANDWICHと言えばという問いに、
「アート集団」とか、
「名和 晃平」さんと答えるとすると、
相当ツーですね(笑)。
「パンに具を挟んだ食べ物」というのは、
フツーですね。

京都BALに行きたかった、
もう一つの理由が、
そのSANDWICHでした。
名和さん率いるアート集団ですね。

彼らが内装を手掛けたSTARBUCSが、
京都BAL内の3Fに3月オープンして、
大変な話題だというのです。

訪れて、すぐに分かりました。
その魅力が。

とにかくアート、アート、アートです。
この正面のオブジェは、
他のお店内の空間との遮断的役割を果たしながらも、
しっかりとアピールしています。

交通がテーマのオブジェかしら。
横断歩道や標識をモチーフにしているのが、
分かります。

どこを切り取っても、
現代アートです。

これは、コーヒーにも付加価値が付き、
一層美味しく感じられます。

それにしても、
京都には、独特のおしゃれなスタバや、
カフェが多いですね。



BLOGランキングに参加しています。
お別れ際に、クリックして頂けると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






最終更新日  2019.06.23 10:09:31
コメント(0) | コメントを書く
2019.04.06
カテゴリ:art


浮世絵の世界は、奥が深く、また広いですね。
いろいろな絵師がいますが、
歌川国芳は、とってもお気に入りの1人です。
数年前、どうしても本物をそばに置きたいと、
一枚購入したほどです。

せて、
名古屋市博物館で開かれている
『挑む浮世絵 国芳から芳年へ 展』へ。
残すところ、
本日も含め、二日。

やっと、訪れることができました。

国芳、そしてその弟子芳年を中心に、
丁寧な展示がされていました。
早い時間に訪れたからでしょうか、
じっくりと作品と対峙できました。

今回、どれも写真撮影オッケーというのも、
更に浮世絵ファンを掴むのには、
よい試みかもしれませんね。

上の写真は、
国芳の『清月の月』という作品です。

女性が来ている着物の模様が、
雪の結晶となっています。
このころ、オランダから顕微鏡が輸入され、
雪の結晶が発表されたころだといいます。
つまり、
最先端のファッションを纏っていることを意味しますね。



こちらは、
弟子の月岡芳年の月百姿シリーズから
『吼噦(こんかい)』という絵です。
『釣狐』という狂言の別名だそうです。

狐の表情が素晴らしいですね。
絵全体の雰囲気も、
シックでかっこよいです。



BLOGランキングに参加しています。
お別れ際に、クリックして頂けると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






最終更新日  2019.12.08 15:46:28
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.10
カテゴリ:art


デザイナーのシド・ミード展が、
東京で開催されますね。
4月27日からですから、
後一か月半。
自分の中では、相当テンションが上がっています。

彼の作品の代表作はいくつもありますが、
日本のアニメ『∀ガンダム(ターンエーガンダム)』の
メカニックデザインを担当したことは、
有名です。

数あるガンダムシリーズの中でも、
異彩を放つ容姿で、
常に賛否両論議論の的となるデザインです。

さて、
そんな『∀ガンダム』のセル画を数枚購入しました。
今の時代セル画と言っても死語に近いですね。
昔はアニメは、セル画を構成して作っていました。
一コマ一コマ、絵具で彩色された絵が動いていたんですね。
もちろん手作業です。



そんなこともあり、
とっても愛着とぬくもりを感じます。
セル画の裏を見ると、
手で塗ったということがよく分かります。
厚く盛られていたり、はみ出したり、、、、。
絵具の臭いもします。
芸術作品とまではいかないけれど、
りっぱな一品ものの作品だと思っています。

昔好きだったアニメのセル画を見つけると、
時より手にするのでした。
とっても幸せな気持ちになります。

あと一か月半、
気分を盛り上げます。


BLOGランキングに参加しています。
お別れ際に、クリックして頂けると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






最終更新日  2019.12.08 14:45:48
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.03
カテゴリ:art


若い人の発想や力を前にした時、
本当に感心するし、
こちらも刺激をいただきます。

本日は、
愛知県長久手市にある、
愛知県立芸術大学の卒業・修了制作展を、
覗いてきました。

ユニークな作品が多く展示されていました。
一回一通り見学して、しばらく歩いてから、
また見直したものもあるほど、
彼らが生み出した作品は、輝いていました。

受付の方に聞くと、
基本写真もネットへの書き込みも問題ないとのことでした。
ただ、数名写真を禁止している学生もいるので、
そこだけ気を付けてくださいとの注意がありました。

どれも素晴らしく、
沢山紹介したいです。
が、スペースもあります。
数人だけご紹介。


川角大和さん・「そして、また会おう」





田口薫さん・「ハリボテのくに」



坂下万智さん・「Your love is too much for me」



大東忍さん・「踊れ!夜は明けない!」

今後の彼らの活躍が、
楽しみです。


BLOGランキングに参加しています。
お別れ際に、クリックして頂けると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






最終更新日  2019.12.08 14:54:57
コメント(0) | コメントを書く
2019.02.10
カテゴリ:art


やっぱりアニメは、
面白い!
無くなってしまってはもったいない。
日本のアニメを見ていると、
そう思います。

MAPPAは、
日本のアニメ制作会社です。
2011年に誕生していますから、
まだ若いと言えます。
生き残るには、若い力が必要ですね。

と言いつつ、
MAPPAのMは、丸山正雄さんのMです。
虫プロで活躍したアニメ界の重鎮!!
その遺伝子を引き継ぎながらも、
若さ溢れる作品を作る!!!
素敵です。

そんなMAPPA展が、
池袋のパルコで開かれています。





昨年話題になったアニメのひとつ、
ゾンビランドサガ。

佐賀県を救うご当地アイドル、
ただしゾンビという設定、
ユニークでしたね。

可愛らしさとホラーが、
絶妙にミックスされていました。

昨今海外からのインバウンドで人気なのが、
佐賀県だそうです。
実は、行ったことないです。
興味湧きますね。


BLOGランキングに参加しています。
お別れ際に、クリックして頂けると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






最終更新日  2019.02.10 09:14:43
コメント(0) | コメントを書く
2019.01.25
カテゴリ:art


フィンランドが生んだ建築界の大巨匠、
アルヴァ・アアルト。
尊敬する建築家の1人です。

その展覧会が、
名古屋市美術館で、
開かれています。

ヴィトラ・デザイン・ミュージアムと
アルヴァ・アアルト美術館によって企画された展覧会だそうです。
アアルトの大回顧展は、20年振りとか。

なかなか行けずでした。
金曜日は、会館時間が延長されていました。
良いですね。このサービス。

図面フェチです。
巨匠達の手描きの図面を、
見る喜びは、この上ないです。

今では、図面はパソコンで描くことが多いですが、
かつては、ほとんどが鉛筆やペンで描かれていましたね。
そこには、当然、その人の癖が出やすいわけです。

物凄く丁寧に仕上げる人もいれば、
物凄くラフな人も。
筆圧が強い人、弱い人、
字の下手な人、ロボットみたいに書く人、、、、

生を感じますね。

アアルトの描いた図面、
建てた建物の写真、
デザインした家具などを、
堪能しました。





アルテックのスツール60が、
ズラリと。


BLOGランキングに参加しています。
お別れ際に、クリックして頂けると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






最終更新日  2019.07.06 20:44:00
コメント(0) | コメントを書く
2019.01.12
カテゴリ:art


昨年、新国立美術館で開かれ、
大変人気だった展覧会の一つが、
『荒木飛呂彦原画展~JOJO冒険の波紋~』です。

期間中、
何度か東京には行ったのですが、
スケジュール的にどうしても、
観覧できませんでした。
というのも日時指定チケットだったため、
隙間にちょっとというわけには行かなかったのです。

11月からは、大阪に舞台を移しました。

やっと、行けました。

ミケランジェロや、
ファッション誌VOGUEからの影響を認める、
荒木さん。

マンガでありながら、
独特のセンスを一コマ一コマに感じますね。
そのポージングや、表情、
色使いには、西洋的な解釈がありますね。
古い言いましかもしれませんが、
日本人が憧れる西洋文化を、
日本的に噛み砕くといいうのでしょうか。
そこが好きです。

物凄く充実した展示でした。



BLOGランキングに参加しています。
お別れ際に、クリックして頂けると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






最終更新日  2019.12.04 16:16:54
コメント(0) | コメントを書く

全162件 (162件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 17 >


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.