1561596 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ecococo design life

PR

全416件 (416件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 42 >

書籍

2022.05.21
XML
テーマ:読書(5531)
カテゴリ:書籍


美味しいものがあると、
どんどん食べたくなる。
そんな状態を、
「箸が進む」と言いますね。

では、
読んでいる本が、
面白すぎる時は、
何と言うのでしょうか。
「活字が進む」とでも呼ぶのでしょうか。

さて、
本日あっという間に、
ページを捲ってしまったのが、
新川帆立さんの『剣持麗子のワンナイト推理』でした。
新川さんは、『元彼の遺言状』で、
2021年・第19回「このミステリーがすごい! 大賞」の大賞を、
受賞しています。

5話のショートミステリーが、
綴られます。
それぞれで、
弁護士・剣持麗子が活躍します。

そして、それらが最後に、、、、、。

実に心地よい文体です。
波長が合います。
どんどん活字が進むのでした。










BLOGランキングに参加しています。
お別れ際に、クリックして頂けると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村​​​​​​






最終更新日  2022.05.21 22:59:39
コメント(0) | コメントを書く


2022.05.17
テーマ:読書(5531)
カテゴリ:書籍


アートが注目される社会が、
やっときた。
そう感じます。

なんとなく、
アートとか美術というと、
絵が上手いとか、
手先が器用とか、
綺麗なものが作れるという意味だけで捉えている場合が、
多かった気がします。
他方、一般人とはかけ離れた、
破天荒なことをするという解釈もあったかもしれません。

でも今では、
等身大に近づいた印象を受けます。
もっと深く生活や社会、
ビジネスに溶け込んでいます。

雑誌Forbesの別冊、
『アート・ドリブンな未来入門』を、
読みました。

アートとビジネス、
アートと社会の繋がりが、
多角的に紹介されています。

アートには、
こんなにも可能性があるのか?
改めてそう思わせてくれた一冊でした。










BLOGランキングに参加しています。
お別れ際に、クリックして頂けると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村​​​​​​






最終更新日  2022.05.17 22:39:10
コメント(0) | コメントを書く
2022.05.16
テーマ:読書(5531)
カテゴリ:書籍


生まれた年代の違いで、
なになに世代と呼ぶのは、
昔からあったことです。

ただ、
昨今叫ばれるZ世代は、
1990年代の中頃以降に誕生した若者を差すのだとか。
そのZという響も相まって、
かなりのジェネレーションギャップがあるように感じます。

彼らの習慣や思考を読み解くことで、
現代というものの一側面が、
理解できるのかもしれません。

稲田豊史さんの、
『映画を早送りで観る人たち』という新書を、
手にしました。

映画というコンテンツを柱に、
Z世代の理解に挑みます。

答は書けませんが、
彼らが、
早送りして映画を観る理由が、
結論付けられます。

そして、
少しだけでしょうが、
彼らに近づけた気もしたのでした。









BLOGランキングに参加しています。
お別れ際に、クリックして頂けると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村​​​​​​






最終更新日  2022.05.16 21:24:33
コメント(0) | コメントを書く
2022.05.15
テーマ:読書(5531)
カテゴリ:書籍


その作品の裏、
出来上がる過程を知ると、
更にその作品の面白さが増す。

『シン・ウルトラマン デザインワークス』という本を、
読みました。

映画『シン・ウルトラマン』を、
よりよく知るための本です。

初期のアイデアや、
CG画像や検証用立体造形、
設定イメージパースや平面図など、
500点以上の資料が、
詰まっていました。

例えば、
庵野秀明さんが、
イメージイラストに指示を書き込んだ写真が、
いくつも掲載されていました。
完成までの道程を垣間見られるのは、
興奮しますね。

庵野さんの手記や企画メモが、
最後を飾ります。
とても読み応えがありました。

ますます、
もう一度鑑賞したくなりました。






BLOGランキングに参加しています。
お別れ際に、クリックして頂けると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村​​​​​​






最終更新日  2022.05.15 21:49:07
コメント(0) | コメントを書く
2022.05.10
テーマ:読書(5531)
カテゴリ:書籍


動画配信サービスの躍進は、
想像を遥かに超えていたように、
今更ながらに感じます。

サービスの利点は、
沢山あります。

なかでも、
国内外のドラマを沢山視聴できるのは、
刺激的です。

現在も、
多くのドラマを、
配信サービスのお世話になりながら、
観ています。

さて、
そんなドラマを、
セットという側面から切り取った、
面白い本を購入しました。

6年前に発行された、
『海外ドラマの間取りとインテリア』
小野まどか・イエマガ編集部著です。

ドラマのセットが、
イラストと3Dで、
再構築されています。

「よーく観察しているなー」と、
感心してしまいます。
ページを捲る度に、
「おお、そうそう、
こんな感じだった!!。
こんなシーンあった。
こんな部屋だった」と、
記憶の蘇りを楽しませてもらいました。

そして、
もう一度、
ドラマを見直したい衝動に駆られるのでした。









BLOGランキングに参加しています。
お別れ際に、クリックして頂けると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村​​​​​​






最終更新日  2022.05.10 23:02:34
コメント(0) | コメントを書く
2022.04.30
テーマ:読書(5531)
カテゴリ:書籍


テレビ局の元気が、
少し落ちている。
そんな風に言われ始めて、
久しいですね。

それでも、
まだまだ、
その報道力や、
スポーツ、面白い企画や、
ドラマ、圧倒的なスケール感などは、
メディアの中では、十分すぎる存在感があります。

例えば、
昨今のテレビ東京さんなどは、
独自の企画を立ちあげ、
ユニークな個性を確立していますね。

そんな中、
テレビ東京を代表するプロデューサーが、
佐久間宜行さんです。

昨年テレビ東京からは、独立されています。

彼が手掛けてきた番組は、
沢山あります。
『ピラメキーノ』、『ゴッドタン』、
『あちこちオードリー』、『ウレロ☆シリーズ』などなど。
若い世代にはも訴求力がある、
魅力的なものが多いですね。

さて、
そんな佐久間さんが、
書いたビジネス書を読みました。

『ずるい仕事術』です。

成功者の心得が、
丁寧に書かれています。
と言いながら、
実は、小さな心がけの積み重ねです。
ただ、それが難しい。
だからこそ、
それらが出来る人が、
チャンスを掴めるわけです。

ビジネス書というのは、
実は、社会を生き抜く術も兼ねていることが常です。

ビジネスでも人生にも通じる、
参考書でした。









BLOGランキングに参加しています。
お別れ際に、クリックして頂けると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村​​​​​​






最終更新日  2022.04.30 22:14:26
コメント(2) | コメントを書く
2022.04.26
カテゴリ:書籍


「このミステリーがすごい!大賞」、
こちらの受賞作には、
いつも楽しませてもらっています。

もう、
第20回目だそうです。

大賞受賞作品は、
『特許やぶりの女王 弁理士・大鳳未来』。
南原永(なんばら えい)さんの作品です。

書名からも分かる通り、
特許に関わる物語です。

あまり知らない世界ということもあり、
とても興味が湧きました。

南原さんは、企業内弁護士さんだそうです。
その知識に長けているわけです。
単なる想像ではなく、
専門性が散らばめられると、
物語に説得力が増しますね。

主人公の存在感と活躍に、
引き込まれました。
一気読みでした。











BLOGランキングに参加しています。
お別れ際に、クリックして頂けると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村​​​​​​






最終更新日  2022.04.26 23:17:22
コメント(0) | コメントを書く
2022.04.19
カテゴリ:書籍


文章には、
あらゆる種類があります。
取り扱い説明書もあれば、
選挙演説の原稿もある。
裁判所で語られる言葉もあれば、
絵本も小説も。
同じ言葉を使いながらも、
自在にそのスタイルを変えます。

だから面白いですね。

もう少し絞れば、
所謂本になるような文章があります。

人は自分の人生しか歩けません。
ですから、読書することによって、
他者の生き方や考え方を知り、
ほんの少しだけ背伸びしたりします。

さて、
随筆というジャンルがあります。

作家さんが記す随筆って、
魅力に溢れています。

随筆の面白いところは、
作者の視点が多角的になるところです。

様々なモチーフに対し、
物事を捉えてくれる。
すると、
更にその人を少しだけでも深く知れたような気になります。

前振りが長くて、すみません。

伊集院静さんの大人気シリーズの随筆があります。
『大人の流儀』です。
その最新刊『もう一度、歩きだすために』を読みました。

彼が、身近なものや人、ペット、
ニュースなどに触れ、
彼独特の視点で語っていきます。

実に読みやすく、
あたたかく、時に癖があり、かっこよい。
そしてなんと言っても根底に優しさがあります。

読後のさわやかさが、
至極の時間です。















BLOGランキングに参加しています。
お別れ際に、クリックして頂けると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村​​​​​​






最終更新日  2022.04.19 22:34:01
コメント(0) | コメントを書く
2022.04.05
テーマ:読書(5531)
カテゴリ:書籍


デザインという概念は、
とても難しいです。
かつ、変動しています。
ただ言えるのは、
その可能性は無限大だと思えることです。

だからこそ、
大変惹かれます。

デザインについて語られる本を読むのが、
好きです。

山中俊二さんが書かれた
『だれでもデザイン 未来をつくる教室』を、
楽しみました。

山中さんは、東大の工学部のご出身。
そこから、
日産自動車にデザイナーとして入社したとのこと。
その後独立。
現在は、東大の教授だそうです。

高校生を対象にしたデザインの特別授業を、
書籍化したものだそうです。

デザインとは何かを、
ワークショップを通じて、
多角的に説明しています。

自分もその授業を受けているような、
わくわくする流れがあります。

若い子達が、
是非デザインに興味を持ってくれたら、
嬉しいですね。













BLOGランキングに参加しています。
お別れ際に、クリックして頂けると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村​​​​​​






最終更新日  2022.04.05 22:54:23
コメント(0) | コメントを書く
2022.03.23
カテゴリ:書籍


人が作ると言う行為ほど、
尊いものはないと思っています。

結果的には、
機械やロボット、
コンピューターが作ったとしても、
その原点には、
人の考えや手から生み出したものがある。

『Spider-Man: Into the Spider-Verse -The Art of the Movie』
という美術本を、
購入しました。

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』
の美術的制作背景を、
知ることができます。

どのページも芸術的であり、
デザイン性に富んでいました。

制作の過程にさへ、
このレベルの高さがあるわけです。
映画やアニメに関わる人達の素晴らしき才能に、
驚嘆します。

映画のクオリティが高いのも、
頷けます。

改めて、
映画に惹かれています。
直ぐにもう一度、
見直したくなりました。




BLOGランキングに参加しています。
お別れ際に、クリックして頂けると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村​​​​​​






最終更新日  2022.03.23 23:37:15
コメント(0) | コメントを書く

全416件 (416件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 42 >


© Rakuten Group, Inc.