2020.10.20

『デザインの小骨話』山中俊治著を勧められました

テーマ:読書(4569)
カテゴリ:書籍


アートの話、芸術の話で、
必ず盛り上がる先輩がいます。
2人の間では、
それらに関係する本を紹介し合うのが常です。

先日も、
最近読んだ本の情報を、
交換しました。

その内の一冊を、
読みました。

山中俊治さんの『デザインの小骨話』です。

彼に対して、
東大出身の工業デザイナーという印象が、
まず思い浮かびます。
彼のものやデザインに対する思いを、
綴ったエッセイです。
そこに、
美しいスケッチが添えられています。

東大生時代には、
漫画家になることも夢みたとか。
どうりで、
スケッチの線が、
素人のそれではありません。

短い文で、
びしっと決める端的な文章です。
綴られた空気感と、
スケッチの相性が良いですね。
心地よい本でした。










BLOGランキングに参加しています。
お別れ際に、クリックして頂けると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





TWITTER

最終更新日  2020.10.22 21:06:57
コメント(0) | コメントを書く